ドメイン 取るならお名前.com

利用規約

お名前.comレジストラ・トランスファー規約

第1章  総則

第1条(本規約の適用,サービスの定義)

  1. GMOインターネット株式会社(以下,「当社」とします)は,当社が「お名前.comドメイン登録規約」(以下,「登録規約」とします)に基づき「ドメイン名のレジストラ・トランスファー」のうち「トランスファーイン」サービス(以下,「本サービス」とします)を提供するにあたり,「お名前.comレジストラ・トランスファー規約」(以下,「本規約」とします)を以下の通り規定します。会員,および登録者は本規約の内容を十分に読み,理解し,同意した上で本サービスを利用するものとします。
  2. 現在のレジストラが当社であり,かつ,当社と「お名前.comドメイン登録サービス」のリセールパートナーとの間またはリセールパートナー相互間でドメイン名の管理を移動する場合も,本規約が適用されます。

第2条(用語の定義)

本規約における用語の定義は,本規約により特段の定めのない場合,登録規約の規定に準じることとします。

第3条(取り扱いドメインの種類)

本サービスの対象となるドメインは,登録規約第3条の規定に準じることとします。ただし,以下の種類については対象から除くこととします。

  1. .nameドメイン
  2. .ukドメイン
  3. .beドメイン
  4. .inドメイン
  5. .laドメイン
  6. .cxドメイン
  7. .wsドメイン
  8. .amドメイン
  9. .fmドメイン
  10. .czドメイン
  11. .muドメイン
  12. .vgドメイン
  13. .acドメイン
  14. .msドメイン
  15. .gsドメイン

第4条(法令等の遵守)

  1. 当社とICANNとの間で締結されたレジストラ認定契約(今後当該契約が修正または更新された場合,修正または更新後の契約を含むものとし,以下,「ICANN契約」とします),および当社とレジストリとの間で締結されたレジストラのライセンス契約(今後当該契約が修正または更新された場合,修正または更新後の契約を含むものとし,以下,「レジストリ契約」とします),ならびに,ICANN およびレジストリが随時採用するドメインに関するポリシー,指示,指針,その他の取り決め(以下,「ポリシー等」とします)は,本規約に優先する効力を有するものとします。
  2. 登録者が本サービスを利用する場合,当社は,登録者が,本規約,当社プライバシーポリシー(個人情報保護の取り組みについて),「登録規約」ならびに本サービスを運営および管理する目的で定められた本規約に付属する規約,規定,規則,方針,前項のポリシー等およびガイドライン等(以下,「規約等」とします)および法令等に従うことに同意したものとみなします。
  3. 登録者が本サービスを利用してドメイン名のレジストラを当社へ変更した場合,当社は,第2項に定める規約等および法令等に加え,登録規約第29条に定める「UDRP」およびその他本サービスにおいて登録されたドメイン名に関し適用される紛争処理方針(以下,これらを合わせて「紛争処理方針」とします)に従うことに同意したものとみなします。

第5条(通知)

  1. 当社が会員,登録者,管理担当者,公開連絡窓口(以下,「会員等」とします)のいずれかに対して本サービスに関する各種通知を行う必要があると判断した場合,当社のホームページへの掲載,電子メール,書面等,当社が適当と判断する方法により随時これを行います。なお,本サービスによる手続中における当社からの通知は,全て会員等宛の電子メールにて行うものとします。
  2. 前項の通知は,電子メールおよび書面により行う場合は,当社が発信した時点,当社のホームページへの掲載により行う場合は,当該通知の内容を当社のホームページに掲載した時点をもって,会員等に到達したものとみなします。ただし,利用申込に対する承諾の通知を電子メールにより行う場合は,当該通知が,会員等の指定した,または会員等が通常使用するメールサーバー中のメールボックス読み取り可能な状態で記録された時点で到達したものとみなします。

第2章  レジストラ・トランスファー

第6条(レジストラ・トランスファーの手続)

  1. 本サービスにより,ドメイン名のレジストラを当社へ変更することを希望する登録者は,当社が定める方法により,当該ドメイン名の文字列および当該ドメイン名の登録情報として記載される情報(レジストラ・トランスファー手続の際,レジストリが識別コードの一種である「AuthCode」の入力を義務付けているドメイン名については,「AuthCode」を含みます)を届け出ることで,当社に対しレジストラ・トランスファー申請を行います。
  2. 前項の申請は,会員がこれを行うことができます。ただし,ドメイン名のトランスファーインとともに新たに会員資格が付与されることを希望する場合は,この限りではありません。
  3. 当社は,レジストラ・トランスファーが申請されたドメイン名に関して,登録者の情報の正確性を確認することがあります。登録者情報の正確性を確認できなかった場合は,レジストラ・トランスファーが申請されたドメイン名の利用制限を実施することがあります。
  4. 第1項の申請の対象となるドメイン名は,以下各号の条件の全てを満たすものとします。当社は,以下各号の条件のいずれか一つでも満たさないと判断した時は,当該ドメイン名のレジストラ・トランスファー手続を拒むことができるものとします。
    1. 登録日から60日以上経過していること(.jpドメインを除く)
    2. 直近のレジストラ・トランスファー完了日から60日以上経過していること(.jpドメインを除く)
    3. 登録期限日を経過しておらず,かつ,登録期限日までの残存期間が14日以上(.jpドメインは30日以上)であること
    4. 第7条の規定により延長された登録期間が,当該ドメイン名の最大登録可能年数を超えていないこと
    5. レジストリおよび現在のレジストラによって,レジストラ・トランスファーが認められていること
    6. 法令等の定めによりレジストラ・トランスファーが禁止されていないこと
    7. ドメイン名紛争またはそれに類する訴訟等の対象となっていないこと
    8. 現在のレジストラにて,Whois情報の公開を代行するサービスを受けていないこと。また,属性型JPドメインで正当な理由がある場合を除き,Whois情報が誤った,不正確なまたは曖昧な情報ではないこと
    9. 汎用JPドメインの場合,申請時に当社に届け出た登録者および公開連絡窓口の情報が,現在のWhois情報に記載された情報と同一であること
    10. 汎用JPドメインの場合,当該ドメイン名の登録者番号(株式会社日本レジストリサービスより発行される「REG」で始まる番号を指し,以下単に「登録者番号」とします)にて他のドメイン名が管理されていないこと
  5. 当社は,第1項の申請があった時は,レジストラ・トランスファー料金その他利用料金のうちドメイン名のレジストラ・トランスファーに必要な料金,費用等の支払いを確認したのち,レジストリに対して所定のレジストラ・トランスファー手続を行います。
  6. 前項のレジストラ・トランスファー手続は,レジストリのデータベースにおいて当該ドメイン名のレジストラが当社に変更された時点で完了するものとします。

第7条(手続完了時の登録期間の取り扱い)

レジストラ・トランスファーの手続が完了した場合,当社は,当該ドメイン名の登録期間を以下の通り取り扱うこととします。

  1. .jpドメイン以外の場合は,1年後の同日まで延長
  2. .jpドメインのうち,汎用JPドメインについて登録者番号の変更を伴う場合(移転)は,手続完了日の属する月の1年後の同月末日まで延長
  3. .jpドメインのうち属性型JPドメインの場合,または汎用JPドメインについて登録者番号の変更を伴わない場合(指定事業者変更)は,手続前と同一

第8条(登録情報に関する制限事項)

  1. 本サービスを利用するにあたり,登録者は,レジストラ・トランスファー手続と同時には,登録情報の変更ができないことに同意するものとします。
  2. 当社は,会員および登録者が,トランスファーインの申請を行ったときは,その申請時又は当社が別途定める時期における登録者情報を,Whois情報から取得するものとし,これを,本サービス及び当社が「お名前.com」の名称で提供するドメイン名登録サービスにおける,当初の登録者情報として登録するものとします。登録者は,トンラスファーインの申請を行う前に,登録者情報が正しく入力されていること(登録者情報の秘匿等を目的としてレジストラ等が提供するいわゆるWhois情報公開代行サービス等の解除を含みます。)を確認するものとします。当社は,Whois情報から登録情報を正しく取得できない場合には,当社指定の方法にて登録情報を入力してレジストラ・トランスファーを完了させることがあるものとし,登録者はそれに同意するものとします。

第9条(手続の取消)

当社は,当社が現在の登録情報に管理担当者(汎用JPドメインの場合は公開連絡窓口,属性型JPドメインの場合は登録者)として登録されているメールアドレス宛に送信する電子メールにおいて定めた承認手続が行われない場合,当該ドメイン名のレジストラ・トランスファー手続を取り消すことができるものとします。

第3章  料金

第10条(利用料金)

  1. 登録者は,本サービスの利用に際し,当社が別表の通り定める料金表に従い,対応する料金,費用等(以下,これらを「利用料金」と総称します)を当社に対し当社の定める方法および期限に従い支払うことに同意します。
  2. 第1項に従い当社に対し支払われた利用料金は,対応する手続が完了した場合はいかなる理由があっても返還を行いません。
  3. 当社が利用料金を変更した場合は,第5条の規定に従い登録者に通知します。

第4章  その他

第11条(責任の制限,損害賠償)

  1. 当社は,本規約に定めるレジストラ・トランスファー不能事由に該当する場合やコンピュータシステムの停止等,当社の責に帰さない事由によりレジストラ・トランスファーの手続が行われず,または手続が遅延したことによるあらゆる損害について,一切の責任を負いません。
  2. 当社は,レジストラ・トランスファー手続中に,現在のレジストラによって当該ドメイン名の登録が削除されたことに起因するあらゆる損害について,一切の責任を負いません。
  3. 当社は,本サービス提供における当社の債務不履行または不法行為に基づく損害に対しては,登録者がドメイン名のレジストラ・トランスファーのために当社に支払った合計金額を超えない範囲内においてのみ責任を負うものとします。ただし,当社は,登録者が法人その他の団体である場合,あるいは,事業としてまたは事業のために本サービスを利用する場合(以下,事業者登録者といいます)には一切の責任を負わないものとします。
  4. 前項の場合において,当社の故意または重大な過失により発生した損害の場合には,前項の規定は適用せず,当社は,直接かつ通常の損害について賠償するものとします。ただし,事業者登録者に対しては当社は一切の責任を負わないものとします。
  5. 第3項以外の理由に基づき当社が責任を負担することとなった場合における当社の責任の範囲は,登録者がドメイン名のレジストラ・トランスファーのために当社に支払った合計金額を超えない範囲とします。ただし,事業者登録者に対しては当社は一切の責任を負わないものとします。
  6. 登録者と同一人でない会員に損害が発生した場合,当社は,前5項の規定に準じて責任を負うものとします。
  7. 当社は,本規約第8条及び登録規約の第25条第3項に定める登録者情報の変更において、登録者、及び会員に損害が発生した場合、一切の責任を負いません。

第12条(補償)

登録者および会員が,当社,ICANN,レジストリに対して,本サービスに関連して何らかの損失を発生させ,または,当社,ICANN,レジストリが損害を被りまたは費用(当該登録者によるドメイン名の使用に関して第三者からの何らかの請求あるいは訴訟がなされた場合において,その防御のために依頼した弁護士報酬や費用のうち合理的な額を含みます)を支出した場合,登録者および会員は,これらの損失,損害または費用を全額補償し,これらの者を免責することおよびこれらの者の責任を回避するため最善の努力をすることに同意します。かかる補償は,紛争処理方針に基づいて要求される補償と別になされるものとします。

第13条(登録規約の準用)

登録規約第31条(免責),第34条(本規約の変更),第36条(準拠法),第37条(協議および管轄裁判所)の規定は,本サービスについて準用します。

以 上

(附則)
本規約は2015年06月29日から改訂実施します。