ドメインから始めるWebブランディング

サイト戦略の第一歩は、キーワード×ドメイン×ブランディングから:いま、ネットの世界で「キーワード」ほど重視されているものはない。検索エンジンの隆盛で、集客の決め手がキーワード戦略にあるからだ。ここに、ブランド戦略が加われば、集めた顧客に対し、次なるアクションを喚起できる。そしてキーワードとブランド、2つの戦略を結ぶポイントになるのがドメインである


ネットでは「キーワード」がサイト間、ひいては人と人との間を結んでいく!

アクセスアップのために欠かせないのが、検索エンジンの検索結果の上位に自サイトを表示させること。しかし、よく検索される一般的な言葉で、上位に表示させるのは一朝一夕にはできません。

そこで、最近よく使われているのが「○○と検索してみてください」と、自サイトが上位に来ることがわかっているキーワードを宣伝・告知する手法。
この手法のメリットは、自サイトに誘導するだけでなく、開発した新商品や新素材、あるいはコンセプトなど自社にとっての大きな訴求ポイントを同時にアピールできる点。
そのキーワードが広く認知されれば、「○○といえば△△会社」というふうに、自社のブランディングが可能になります。

ネットの世界では、人は「知っているキーワード」で探し、安心できる「ブランド」でアクションを起こします。したがって、ここに「ドメイン」というサイトが加われば、キーワードとの連携で、よりキーワードの存在を認知させるいっぽう、ブランディング力を強化させることができます。そのキーワードが、自分のサイトならではの特化されたものであれば、口コミ効果もおおいに期待できるでしょう。仮にそこまでいかなくても、「キーワード×ドメイン×ブランド」を一致させる戦略のもとに、ネット広告展開をすれば、知名度向上、アクセスアップに貢献することは間違いありません。

このページは、【インターネット販売活!Vol.02】に掲載された内容をもとに構成しています