1. ドメイン取るなら お名前.com
  2.  ドメインの使い方
  3.  検索結果で目立つ「日本語ドメイン」
  4.  入り口はひとつじゃない

いまがチャンス!ネットショップの集客力アップのため日本語ドメインを活用しようビジネス目的のウェブ活用の重要性が高まるなか、URL(ドメイン名)も重要なマーケティング・ツールとして注目されている。eマーケティング効果を存分に発揮するには、何より「覚えやすい」「入力しやすい」ことが大切。この両方の特徴を兼ね備えるものとして、最近注目が高まっている日本語ドメイン。特に日本語.jpについて、いま一度、メリットと活用法をおさらいしておきましょう!


「覚えやすい」「入力しやすい」ドメインが欠かせない

新聞広告やテレビCMで「○○と検索してみてください」「○○(URL)にアクセスしてください」というコピーを見かけることが多くなりました。後者の場合、URL(=ドメイン名)が、そのままサイトへの集客ツールとなっています。

一般にインターネットでは、リンクをたどってサイトを行き来するため、URL自体はどんなものでも関係ないように思いがちです。

しかし、実際にはネットをよく使う人ほどリンク先のURLには敏感なのです。
たとえば下の図のように、検索エンジンを利用した場合でも、検索結果に表示されるURLを見て、「ああ、これは個人のサイトだな」とか「これはショップサイトだな」と一瞬で判断し、求める情報がありそうなサイト先をクリックします。したがって、覚えやすく、サイトの情報がイメージしやすいものほどクリックされやすくなるのです。
また、そのサイトの情報が有益でまた来ようと思ったとき、あるいは人にそのサイトの情報を伝えるときも、URLが覚えやすく、入力しやすいものであれば、それだけ人に伝わりやすく、結果アクセスされやすくなるわけです。

そして、ユーザーを目的のサイト、つまり自分のサイトに確実に到達させるための「わかりやすいドメイン」として、いま注目されているのが日本語.jpドメインです。それでは日本語.jpの特徴について説明していきましょう。

自サイト訪問の経路や入り口はひとつではない

さまざまなアクセス方法・アクセス心理に対応することがポイント!

別サイトからのリンクをたどって訪問

URLはあまり意識しない:ここでサイト名を覚えてもらったり、ブックマークしてもらわなければ、再びリンクをたどらないとアクセスしてもらえない。再訪の可能性が低くなる。

検索エンジンから訪問

ユーザーは意外にURLもチェックしている:ここでサイト名を覚えてもらったり、ブックマークしてもらわなければ、再び検索しないとアクセスしてもらえない。検索順位は変化するので再訪の可能性が低くなる。

クチコミやチラシ、CMなどから訪問

URLを目で見たり、耳で聞いて、その記憶から訪問/URL(ドメイン)が覚えやすいものなら確実にサイトに誘導できる:仮に1回目の訪問でサイト名を覚えてもらったり、ブックマークしてもらわなくても、URLが記憶に残っていれば再訪は容易。

「検索エンジンも認識する?」日本語.jpの基礎知識

このページは、【インターネットでお店やろうよ!No.14 まるごと一冊ショップ運営のコツ】に掲載された内容をもとに構成しています