1. ドメイン取るなら お名前.com
  2.  ドメインの使い方
  3.  検索結果で目立つ「日本語ドメイン」
  4.  今なら取れる日本語ドメイン

いまがチャンス!ネットショップの集客力アップのため日本語ドメインを活用しようビジネス目的のウェブ活用の重要性が高まるなか、URL(ドメイン名)も重要なマーケティング・ツールとして注目されている。eマーケティング効果を存分に発揮するには、何より「覚えやすい」「入力しやすい」ことが大切。この両方の特徴を兼ね備えるものとして、最近注目が高まっている日本語ドメイン。特に日本語.jpについて、いま一度、メリットと活用法をおさらいしておきましょう!


アクセスしやすい日本語.jpの基礎知識

急いでお目当てのドメインを登録しよう!

現在、一般的なキーワードを英数字にしただけでは、まず「.com」や「.jp」ドメインは登録できません。 そのため、いろいろなキーワードを加える必要がありますが、その結果、ドメインが長くなったり、綴りが複雑になったりしては意味がありません。その点日本語.jpでは、「お名前商店」と「おなまえ商店」で別ドメインになるなど、同音異義語に対応できることもあり、かなりの登録の余地が高いといえます。

日本語.jpはまだアルファベットのドメインに比べて登録余地があります。仮に目当ての言葉が登録済みでも「屋」などのちょっとした言葉を加えることで登録できることが多いので、ここから再検索を行ってみましょう。

このページは、【インターネットでお店やろうよ!No.14 まるごと一冊ショップ運営のコツ】に掲載された内容をもとに構成しています