HOMEサポート ガイド一覧 > iクラスタ活用ガイド



iCLUSTA
ガイドコンテンツ
トップページ
ご利用の手順
メールの設定
Windows
Outlook EX6.0の設定
Microsoft
Outlook 2003の設定
Macintosh
Outlook EX5.0の設定
Mailの設定
POP over SSLの設定
 FTPの設定
FFFTPの設定
Fetchの設定
Internet Explorerの設定
CGIの設定
簡易掲示板の設定
スレッド式掲示板の設定
アクセスカウンタの設定
フォームメールの設定
SSI用CGIの設定
SSLの設定
共用SSL
独自SSL
ソフトウェアの設定
Movable Typeの設定
アクセス統計の設定
Analog
Urchin
MIMEタイプ
MIMEタイプ一覧
メーリングリスト
ご利用方法
Analog (アクセス統計の設定)

アクセス統計は、あなたのウェブサイトへのアクセス数を分析したものです。これは、サーバへのアクセスが記録された「access_log(アクセスログ)」ファイルを元に、アクセス解析アプリケーションによって出力されます。弊社ではデータの解析に、世界で最も多く用いられているアクセス解析アプリケーション「Analog(アナログ)」を採用しています。

自分のウェブサイトの統計結果を見るには、WebManagerの「アクセスログの表示」からアクセスして下さい。以下にそれぞれのレポートについての解説を紹介します。


 全体の概要
ページの先頭に表示される「全体の概要」では、アクセスログから分析された統計結果の概要として下記のような項目が表示されます。

1) リクエスト成功件数
  サーバにあるデータ(HTMLファイルや画像ファイルなど)にアクセスしたユーザが、正常にデータを読み込むことができた件数です。サーバ上にあるファイルすべてが対象となります。

2) 上記の日別平均
  上記「成功したリクエスト件数」の数字をアクセスログの記録された期間(解析期間)の日数で割った日別の平均値です。

3) ページリクエスト成功件数
  上記の「成功したリクエスト件数」と違い、こちらはサーバ上のファイルのうち「 HTML ファイル」だけが対象となります。この数字は一般に「ページビュー数」を意味します。

4) 上記の日別平均
  上記「ホームページへの成功したリクエスト件数」の数字をアクセスログの記録された期間(解析期間)の日数で割った日別の平均値です。

5) リクエスト不成功件数
  ファイルがなかった、接続できなかったなど、失敗したリクエストの数です。

6) リダイレクトされたリクエスト件数
  リダイレクトされたリクエスト件数は、クライアント(アクセスしてきたユーザ)からのリクエストとは別のファイルが返された件数を示します。

「リダイレクト」とはどんな状況を指すか例を挙げてみます。例えばウェブページ、

http://www.ABC.com/my_dir/index.html


を表示する場合に、クライアントが

http://www.ABC.com/my_dir


とブラウザに入力したとします。この時、サーバへの接続が完了すると、自動的にブラウザのURL表示が

http://www.ABC.com/my_dir/


が表示されます。これはクライアント側からリクエストのあった「http://www.ABC.com/my_dir」というアドレスに対して、サーバが「そのリクエストは、正確には末尾に「/」を加えた『http://www.ABC.com/my_dir/』ですね?」と、クライアントに対して、正しいと考えられるアドレスを推測し、返答した事によるものです。

7) 異なるリクエストファイル数
サーバにあるファイル(HTMLファイル、画像ファイルなど)へのリクエストで、重複しないファイルの数をカウントしたものです。


例えば、サーバ上に10個のファイルしかない場合、この項目の数値は最大で10になります。つまり同じファイルにアクセスされた場合はカウントされません。事前にサーバ上にあるファイル数を把握しておけば、この項目の数値と比較することで、リクエストの無いファイルがどのくらいあるか判断できます。
なお、この数値には、お客さまのホームディレクトリ下のファイルに加えて、システム上のファイルを読み込んだ件数も含まれます。

8) 異なるサービスホスト数
  サーバに接続された リモートホストの件数です。こちらも上記の「異なるファイルへのリクエスト件数」と同様に、重複しているホスト名はカウントされません。

9) 異常ログ行数
  accesslog上のデータでAnalogにて、読み取りや解析等ができない行をカウントします。

10) データ転送量
  サーバからクライアントに転送されたデータの総量です。
例えば、データサイズが10KBと15KBの画像を持つ、HTMLファイル(データサイズ:5KB)に対して、100件のアクセスがあった場合、

(10KB+15KB+5KB) ×100 = 3000KB (3MB)

といった計算となります。

11) 上記の日別平均
  上記「転送データ量」を、アクセスログの記録された期間(解析期間)の日数で割った日別の平均値です。
 月別/日別(前月分まで)/曜日別/時間別レポート
上記の各レポートは、お客さまのサーバ上のファイルへのアクセスを、異なる時間単位で集計した数値を示します。各レポートには「リクエスト数」、「ページ数」という項目が含まれます。

1) リクエスト数
  サーバ上にあるファイルへのリクエストで、エラー出力せずに正常にアクセスが行われた件数を示します。サーバ上にある全てのファイルが対象となります。一般に「ヒット数」と呼ばれる数値です。

2) ページ数
  こちらも上記と同様に、サーバ上のファイルに対してのリクエストで、エラー出力せずに、正常にアクセスが行われた件数を示します。この場合、カウントされるファイルは「 HTML ファイル」のみ対象となります。この数値は一般に「ページビュー数(PV)」と呼ばれます。

 組織別レポート
こちらは、TLD(Top Level Domain)別のアクセス数を表示します。トップレベルドメインにはjp、uk、com、net、org、などがあります。「unresolved numerical addresses」と表示される数値については、逆引き設定が行われていないドメイン、つまりアクセスしてきたクライアントのドメイン情報が得られなかった件数を示します。
 リンク元URLレポート
このレポートでは、どのサイトからお客さまのページにアクセスがあったか表示されます。
例えば、このレポート中に「http://ABC.co.jp/」というサイトが含まれていた場合、これは、このページにあなたのホームページへのリンクが含まれていることを示します。
また、検索エンジンである yahoo や goo、excite から検索キー「新光貴」とう文字列を元にアクセスされた場合は、リンク元 URL レポートに

http://www.yahoo.co.jp/〜
http://www.goo.ne.jp/〜
http://www.excite.co.jp/〜


といった形でお客さまのページにどのサイトからアクセスされたかを出力いたします。また、お客さまのサイトをブックマーク(お気に入り)に登録されている場合や、直入力された場合の「リンク元 URL レポート」は

http://お客さまのドメイン名/

のみを出力いたします。
ブラウザのレポート
このレポートは、お客さまのサーバにアクセスしてきたクライアントの種類を集計したものです。一般的にアクセスしてきたユーザーの使用するブラウザの種類と、その割合を知ることができます。下記のように表示されます。


表示例
番号: リクエスト数: ページ数: ブラウザ
--------- ------------ -------- --------
1: 61353: 10727: MSIE
: 39813: 6231: MSIE/5
: 21540: 4496: MSIE/6
2: 374: 75: Mozilla
3: 484: 139: Netscape
: 250: 103: Netscape/4
: 223: 35: Netscape/6
: 11: 1: Netscape/7
4: 440: 62: Opera
: 374: 55: Opera/6
: 66: 7: Opera/7
5: 35: 35: Netscape(compatible)
6: 17: 8: J-PHONE
7: 9: 9: KDDI-TS22 UP.Browse
8: 7: 7: DoCoMo
9: 2: 2: PDXGW

 ファイル種類別レポート
このレポートでは、リクエストされたファイルの拡張子の統計を表します。通信量の多いものから順に表示されます。
 ディレクトリレポート
こちらは、お客さまのサーバへのアクセスを、設置された各ディレクトリ別に集計した数値です。リクエストの対象となるファイルは、HTML ファイルや画像ファイルなど、サーバ上の全てのファイルを含みます。
また「ルートディレクトリ」という記述は、お客さまのドキュメントルートに接続されたことを示します。例えば、

http://お客さまのドメイン名/

が 、ルートディレクトリ を指し示します。この数値は一般にお客さまのウェブサイトのトップページへのアクセス数を示します。

 リクエストレポート
リクエストレポートは、ファイル別にリクエスト数を集計したものです。対象となるファイルは、 html、gif、jpg、midi、cgi など全ての種類のファイルが対象となります。



サイトマップ | 資料請求 | 個人情報の取り扱いに関する方針 | お問い合わせ