ChatGPTの活用方法|ビジネスでできること・注意点を解説

Check!

  • ChatGPTは、情報収集を得意とするほか、文章の要約や作成といったことができる
  • ChatGPTはビジネスでも活用できるが、内容の確認をするといった注意点がある
  • 専門知識が必要なものや、感情を理解する必要があるときは、ChatGPTは不向きである

ChatGPTには、情報収集や文章の要約ができるため、個人だけでなくビジネスでも活用する企業が増えています。本記事では、ChatGPTができることや苦手なこと、ビジネスでの活用方法例の他、活用する際の注意点も解説します。

目次

開く

閉じる

  1. ChatGPTとは
  2. ChatGPTはビジネスで活用できるのか
  3. ChatGPTでできること
  4. ビジネスでの活用方法例
  5. ChatGPTが苦手なこと
  6. ChatGPTをビジネスで活用するときの注意点
  7. まとめ

ChatGPTとは

ChatGPTとは、OpenAI社が開発・提供する大規模言語モデルのチャットボットです。2022年11月に公開され、現在は日本語にも対応しています。ChatGPTは大量のテキストデータで事前学習されており、テキストの生成や言語の翻訳など多くのシーンで活用可能です。

質疑応答やしりとり、うらないなど多岐に渡る使い方ができるため、最近では個人利用だけでなく企業でも注目され始めています。オウンドメディアの記事作成やコンテンツの作成はもちろん、チャットボットとしての導入を検討している企業も多いでしょう。

ChatGPTは無料でも使用できるツールのため、時間帯や使用するタイミングによってはサーバーが混雑することもありますが、多くの場合はスムーズにテキストを生成してくれます。企業はChatGPTの導入により、業務の効率化を図れるでしょう。

ChatGPTはビジネスで活用できるのか

ChatGPTの導入を検討する企業は増えてきていますが、実際にビジネスで活用できるのか気になる方もいるでしょう。結論から言えば、ChatGPTはビジネスで十分活用できます。例えば、オウンドメディアの記事作成を行えば、ライターの人件費を削減可能です。

また、問い合わせ対応にChatGPTを導入すると、対応時間外でも一定のやり取りは行えるようになります。複雑な質問はカスタマーサポートに繋げるなどの工夫をすれば、質疑応答をChatGPTに任せることが可能です。

そのほかにも、会議の議事録を作成したり、データを分析したりすることもできます。テキスト生成以外にも、プログラミングや悩み相談なども行えるため、企業がChatGPTを取り入れることで業務効率化を図れるでしょう。

ChatGPTでできること

ChatGPTでできることには、さまざまなものがあります。例えば、情報収集をしたり質問に対する回答を得たりすることが可能です。以下で、ChatGPTでできることを詳しく解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

情報収集と質問に対する回答

ChatGPTに質問をすると、Webサイトなどから情報を収集して回答してくれます。例えば、「〇〇とは」のような質問をすると情報を探し出して、上手くまとめた上で回答してくれるのが特徴です。

自身で1つ1つWebサイトを見ながら情報収集するのは大変ですが、ChatGPTを使えば短時間で複数のサイトから情報を収集してくれます。ただし、「今日の東京の天気を教えて」などと質問した場合、テレビやラジオで確認してくださいと言われる場合もあるでしょう。

ChatGPTはWeb上などにある既存のデータしか答えられないため、日々変化するような天気や株などに関する質問には答えてくれないケースが多くあります。そのような場合は、質問を変えながら会話をしてみるのがおすすめです。

文章の要約

ChatGPTは、文章を要約することができます。文章の要約をしたい場合には、「以下の文章を要約してください」と記載した後、要約したい文章を送信するだけでOKです。文字数の指定も可能なので、「〇文字に要約してください」と指示してみましょう。

文章を送信すると、数秒~数分程度で要約された文章が返ってきます。「箇条書きにしてください」など細かな指示を加えることも可能です。文章の内容や要約したいスタイルにあわせ、指示文を追加してみてください。

文章の作成

ChatGPTは文章の作成を得意としており、オウンドメディアや商品説明などの文章を簡単に作成できます。タイトルや文字数を指定した上で記事を作成したり、見出しを作って貰ったりすることも可能です。

人の手で作ったような自然な文章を作成してくれるため、簡単な手直しをするだけでビジネスシーンでも活用できます。ただし、全ての内容が正しいとは限らないため、生成された文章の情報を確認した上で掲載しましょう。また、その際にはコピペチェックなども行ってください。

リストや表の作成

ChatGPTは文章の生成や情報収集だけでなく、リストや表の作成も行えます。リストを作成する場合はプロンプト文を記載し、その後にテキストを入力してください。ToDoリストなども簡単に作成できるため、ビジネスシーンでも活用可能です。

生成したテキストや情報を表にまとめて欲しい場合には、「表にしてください」と記載するだけで問題ありません。また、作成した表をExcelにコピーすることもできるため、顧客管理や給与計算などに役立てることもできるでしょう。

翻訳

ChatGPTは、文章の翻訳も行えます。翻訳したい文章を明確にした上で、翻訳先の言語を指定しましょう。日本語を英語に翻訳したり、英語を日本語に翻訳したりと、さまざまなシーンで活用できます。

外国人の従業員がいる場合にマニュアルを英語にしたり、海外の取引先に送信するメール文を作成したりすることも可能です。外国語に対応したマニュアルや翻訳のためのツールがあれば、仕事の幅もグッと広げられるでしょう。

ビジネスでの活用方法例

ChatGPTは、ビジネスシーンでも活用できます。ビジネスでの活用方法としては、アイデア出しやチャットボットなどが挙げられます。また、プログラミングもできるため、コーディング作業も可能です。以下で、詳しい活用方法を見ていきましょう。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

アイデア出し

ChatGPTは、アイディア出しにも有効なツールです。普段、アイディアを出している従業員にはない、斜め上の独創的なアイディアを出してくれることもあります。「〇〇の商品アイディアを10個出してください」などと指示すると、箇条書きで答えてくれるでしょう。

その中のアイディアを深く掘り下げたい場合には、さらに質問を繰り返していくのがおすすめです。ChatGPTは、1つのチャット内で行った会話を記憶しているため、徐々に掘り下げた質問をすることで面白いアイディアが出てくることもあります。

チャットボット

ChatGPTは質疑応答が可能なため、チャットボットとして活用する企業も多くあります。例えば、商品やサービスに関する簡単な質問に答えてくれるチャットボットにChatGPTを導入すれば、顧客の質問内容にあわせた回答を自動で送信してくれるでしょう。

従業員がチャットに対応する場合、営業時間外の回答はできません。しかし、チャットボットにChatGPTを導入した場合には、営業時間外の対応も可能です。全ての質問に応えられるわけではないため、複雑な内容は担当者に繋げるなどの工夫をしましょう。

業務サポート

ChatGPTを上手く活用すれば、業務のサポートを行えます。顧客からの問い合わせに回答するチャットボットとしての導入はもちろん、コンテンツの翻訳やマーケティング資料の作成など、さまざまなシーンで活用可能です。

また、営業においては見込み客リストの作成やコミュニケーション、提案書の作成などをChatGPTに行わせることで業務の効率化を図れます。オウンドメディアなどを運営している場合には、掲載する記事の作成をして貰うことも可能です。

テキストだけでなく、表やリストなどの作成も可能なため、情報の整理やリスト化などにも役立ちます。使い方次第で、幅広い業務を効率化できるでしょう。

コーディング

ChatGPTはテキストの生成だけでなく、プログラミングやコーディングなども行えます。コーディングとは、プログラミング言語を使ってソースコードを書く作業のことです。ホームページやシステムの構築など、さまざまなシーンで使われています。

コーディングには知識と技術が必要になりますが、ChatGPTに指示すればソースコードを自動で記載してくれます。自社でホームページを作成したいと考えた場合、プログラミングの知識や技術がある人材が必要ですが、ChatGPTがあれば手軽に作成可能です。

ただし、想像した通りのソースコードを記載して貰うのは難しいため、ある程度の知識がある方がチェックする必要があるでしょう。コーディングをChatGPTに依頼することで、人件費や制作時間を大きく削減できます。

メールマガジン・メール作成

ChatGPTは文章の生成が得意なため、メールマガジンやメールの作成も可能です。メールマガジンやメールは見込み客を引き入れるために重要なものであり、ChatGPTに文章を考えて貰うことで高い効果が期待できます。

上手い指示文を出すことができれば、メルマガやメール作成の時間を大きく短縮できるでしょう。また、壁打ちに使えるのも大きなメリットです。いつも同じ担当者が考えていると、思考が偏ることもあるため、ChatGPTで新しい風をふかせましょう。

さまざまな言語の翻訳

ChatGPTは世界で使われているAIであり、さまざまな言語の翻訳が可能です。海外との取引が多い企業の場合には、翻訳機能があれば仕事の幅を大きく広げられるでしょう。社内に翻訳できる人材がいない場合でも、ChatGPTを使えば多時間で翻訳できます。

異なる言語でのコミュニケーションができるほか、資料の翻訳なども簡単に行えて非常に便利です。 実際に翻訳をする際は、翻訳して欲しい文章を入力した後に「この文章を〇語に翻訳してください」などと指示をすると、指定した言語に翻訳して貰えます。

ChatGPTが苦手なこと

さまざまなシーンで活用できる便利なChatGPTですが、実は苦手なこともあります。高度な専門知識が必要なものや、感情を理解することは苦手です。以下で、ChatGPTが苦手としていることを3つ紹介します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

高度な専門知識が必要なもの

ChatGPTは、インターネット上にある情報などを収集し、まとめて回答してくれます。そのため、高度な専門知識が必要となる質問に対しては答えてくれない可能性があるでしょう。例えば、医療系や金融関係の質問は苦手とされています。

高度な専門知識が必要な質問に関しては、答えが曖昧だったり間違ったりしているケースも多いため、必ず人の手で内容を確認するのがおすすめです。

感情を理解すること

ChatGPTはあくまでもAIなので、人の感情を理解することはできません。ユーモアのある文章を生成したり、大喜利をしたりすることはできるものの、人の感情を理解した上での文章を生成するのは苦手です。

そのため、ChatGPTはコピーライティングには向いていないと考えられます。コピーライティングでは顧客の感情を理解した上で文章を作成しなければならないため、ChatGPTが苦手なものの1つとされています。

具体的な事実を確認すること

ChatGPTは、具体的な事実を確認することも苦手です。具体的な事実についての質問をした場合には、知っている範囲で答えてはくれますが、内容が間違っていたり事実に反していたりすることもあるでしょう。

特定の内容について具体的な事実を確認したい場合には、質問の内容を工夫したり繰り返し質問したりしながら、正しい答えに近付けられるようにする必要があります。

ChatGPTをビジネスで活用するときの注意点

ChatGPTをビジネスで活用する場合には、いくつか注意点があります。ここでは、特に気を付けたい2つの注意点を解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

ChatGPTをビジネスで活用するときの注意点

  1. 回答内容
  2. プライバシーとガイドライン

回答内容

ChatGPTが答えてくれる内容は、全てが正しいとは限りません。質問の仕方や内容によっては、間違った答えを提示してくることもあります。ChatGPTは間違った情報も自信満々で答えてくるため、必ず情報の整合性を人の手で確認しましょう。

プライバシーとガイドライン

ChatGPTを利用する際には、データのプライバシーとコンテンツ生成に関するガイドラインに注意しましょう。個人情報や機密情報を入力すると、ChatGPTは内容を学習してしまうため、場合によっては情報漏洩に繋がってしまいます。

また、ガイドラインは利用前に必ずチェックしてください。社内で使い方やルールなどを周知し、トラブルの内容にすることも大切です。

まとめ

ChatGPTは使い方次第で、さまざまなシーンで活用できます。オウンドメディアの記事作成はもちろん、翻訳やチャットボットなどChatGPTを利用できるシーンは多いでしょう。上手く活用できれば、業務の効率化や人件費の削減も可能です。
ただし、ChatGPTには得意なことだけでなく苦手なこともあります。そのため、使いどころを見極めた上で導入する必要があるでしょう。ぜひ本記事を参考にしながら、ChatGPTの導入を検討してみてください。

Share

top