ECサイトにおすすめの受発注管理システム3選|受注管理を効率化

Check!

  • ECサイトの受注管理業務は、受発注管理システムの導入で自動化・効率化できる
  • 受発注管理システムにより、複数のECサイトのデータや在庫状況を一元管理できる
  • 受発注管理システムを選ぶ際は、他システムとの連携可否やセキュリティなどを確認する

ECサイトの受注管理業務は多岐に渡り、特に複数のネットショップを運営している場合は多数のタスクが発生します。これらを自動化・効率化できるのが受発注管理システムです。この記事では、ECサイトにおすすめの受発注管理システムや導入メリットなどを解説します。

目次

開く

閉じる

  1. 受注管理とは
  2. EC業界における現状の課題とは
  3. ECサイトで受発注管理システムを利用するメリット
  4. ECサイトで受発注管理システムを利用するデメリット
  5. ECサイトにおすすめの受発注管理システム3選
  6. その他の受発注管理システムの選び方
  7. まとめ
この記事に掲載されているサービス

受注管理とは

受注管理とは、顧客から注文を受け、出荷・納品するまでの過程を管理することです。具体的には、注文の受付・内容の確認・在庫管理・納期の確認・出荷指示の伝達・請求書の発行といった業務が受注管理となります。

受注管理を行う際によく使用されるのが、受発注管理システムです。受発注システムは上記のような受注管理業務だけでなく、発注に関する業務を効率化する機能も備えた多機能なシステムです。

受発注管理システムとは?メリット・デメリット、機能も解説

受発注管理システムとは、受注システムと発注システムの機能を併せ持ったもので、受発注に関する一連の業務をデジタルで行えるシステムです。この記事では、受発注管理システムのメリット・デメリットのほか、導入が推奨される企業や選び方も解説します。

EC受注とは

EC受注とは、ECサイトで注文を受け付けることを指します。ECサイトは、インターネット上で注文を受けるのが基本です。大量注文や特注などは電話での注文が必要になる場合がありますが、基本的にはインターネット上で完了します。

在庫数の調整が行えたり特殊なオーダーにも対応できたりする場合は、顧客の相談に乗りながら受注できるようECサイト経由で電話問い合わせができるようにするのがおすすめです。

EC業界における現状の課題とは

EC業界には現状、さまざまな課題があると言われています。例えば、効率的な受発注処理の必要性や在庫管理の最適化などが挙げられます。ここでは、EC業界における現状の課題について解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

効率的な受発注処理の必要性

近年ではオンラインショッピングが普及し、ECサイトにおける注文数が急増しています。そのため、注文や在庫の効率的な管理が求められるようになりました。注文数が急増すると注文の処理が遅延したり、在庫切れが発生したりする可能性があります。

そのため、効率的な受発注処理をしなければ、業務に支障が出てしまいます。在庫切れや注文過多によるエラーが発生すれば、販売機会の損失にもつながりかねません。売上をアップさせるためにも、受発注処理の効率化を行いましょう。

在庫管理の最適化

ECサイトにおいては、在庫管理の最適化も課題の1つだと言われています。インターネットの普及によってECサイトを利用するユーザーが急増したことにより、在庫管理の複雑さが増しています。

在庫過多や在庫過少が発生すれば、コストの増加や顧客満足度の低下につながります。在庫が多ければ管理コストが発生し、少なければ販売機会の損失になります。

最適な在庫管理を行うためには、需要予測や在庫レベルの最適化が必要です。このような課題を解決するためにも、受発注管理システムを導入しましょう。受発注管理システムがあれば、効率の良い在庫管理や受注予測が行えます。

多様な商品管理

近年では時代の変化にあわせてユーザーニーズも多様化してきており、多くの商品を取り扱うECサイトが増えてきました。多くの商品を取り扱えば、商品の管理も煩雑になります。商品情報・在庫情報・販売履歴をしっかり行わなければ、混乱が生じます。

そのため、ECサイトにおいては効率的な集中管理が課題です。多くの企業では、商品情報・在庫情報・販売履歴を別部署や別部門で管理しており、情報が散らばってしまうことも少なくありません。

このような課題を解決するためにも、受発注管理システムの導入がおすすめです。受発注管理システムを導入すると、部署間での情報共有もしやすくなります。

ヒューマンエラーの削減

ECサイトの課題の1つであるヒューマンエラーは、受発注の情報を入力する際に発生するケースが多いです。ヒューマンエラーは注文の遅延や在庫の誤差に直結してしまうため、対策を打ってエラーを減らす必要があります。

正確な業務処理を行わなければ、顧客満足度の低下や売上の低減につながることも考えられます。受発注管理システムがあれば入力や管理を自動化でき、正確な業務処理を行えるため、効率よくヒューマンエラーを減らすことができます。

ECサイトで受発注管理システムを利用するメリット

ECサイトにおいては、受発注管理システムを導入することで多くの課題を解決できます。例えば、複数のネットショップのデータを一元管理したり、ルーティン業務を自動化できたりします。ここでは、受発注システムを利用するメリットを紹介します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

複数のネットショップのデータを一元管理できる

ECサイトで受発注管理システムを利用すると、複数のネットショップを運営している場合も1つのシステムで管理できます。すべてのショップの情報を一元管理することにより、受注や在庫管理の作業が効率化され、人的ミスの防止にもつながります。

また、受発注管理システムを導入すれば、複数ショップの在庫をリアルタイムで把握できます。各ショップの在庫を把握できれば、在庫が不足しているショップをなくしたり、在庫の多いショップから少ないショップに移したりすることも可能です。

ルーティン業務を自動化できる

ECサイトで在庫管理システムを導入すると、ルーティン業務を自動化できるのも大きなメリットです。注文確認メールの送信や発送通知といった内容を自動化できるため、1つ1つ送信する手間を減らして業務の効率化を図れます。

注文確認メールの送信といったルーティン業務は注文数が増えるほど大きな手間となってしまうため、受発注管理システムの導入によって効率化を図るのがおすすめです。これにより、従業員はほかの業務に集中することができます

コスト削減に繋がる

受発注システムの導入によって業務が効率化・自動化されると、コストの削減にもつながります。在庫過多を減らして管理コストを下げたり、受発注業務に必要な人材を減らすことで人件費を削減したりできるのも大きなメリットです。

また、在庫切れによる販売機会の損失を防ぐことができれば、売上のアップにも期待ができますこれにより、顧客満足度が高まれば結果として企業の信頼度などもアップし、企業の売上アップへとつながります。

顧客満足度の向上が見込める

受発注管理システムをECサイトに利用することで、顧客満足度の向上が期待できます。顧客の多くは商品をすぐに手にしたいと思うことが多く、手元に届くまでの時間が短い方が満足度が高くなる傾向があります。

受発注システムを利用することで発送までに必要なプロセスが効率化され、顧客のもとに商品が届くまでの時間が短縮されます。

複数のECサイトをシステムを使わずに管理する場合、リアルタイムの在庫確認などに時間を要してしまうため、時間短縮による顧客満足度向上は大きなメリットと言えます。

受注機会を増加させる

受発注業務を自動化すれば、24時間365日受発注が可能になります。これにより、注文の受注から納品までがスピーディーに行えるようになり、受注機会が増えます。受注機会が増えれば、それだけ売上のアップにも期待できます。

受発注業務を人の手で行う場合、夜間や休日の対応にはタイムラグが出てしまいますが、受発注管理システムがあれば常にリアルタイムで対応可能です。顧客を待たせることなく対応ができる点も、メリットと言えます。

ECサイトで受発注管理システムを利用するデメリット

ECサイトにおいては、受発注管理システムの導入によって多くのメリットが得られますが、システムの導入には初期費用やランニングコストがかかる点には注意が必要です。選ぶシステムによっては、高額な初期費用が発生します。

ただし、導入費用やランニングコストがかかる分、人件費や管理コストの削減が見込めます。そのため、ECサイトで受発注管理システムを導入する際には、費用対効果を計算しながらシステムを選ぶ必要があります。

ECサイトにおすすめの受発注管理システム3選

株式会社アクアリーフ

助ネコ 受注管理

使いやすさ重視にも◎EC運営を自動化したい方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 受注から発送までのフローを細かく分けて管理できる
  • 発送やフォローメールで異なる対応をしたいときに便利な「リピーター判別機能」を搭載
  • 住所の間違いや同梱可能注文など見逃しがちなポイントを自動でチェックしてくれる

MORE
ここが少し気になる…

  • 従量課金のため、注文数が多い場合は費用が高額になる
価格(税別) ・初期費用 30,000円
・Lite 1ヶ月あたり2,000円、1件あたり20円、2,001件以降清算金1件あたり20円
・ベーシック版 1ヶ月あたり15000円~20,000円、1件15円、5,001件以降清算金1件あたり15円
・ベーシック版 年契約1ヶ月あたり40,000円、5,001件以降清算金1件あたり15円
・Plus 年契約1ヶ月あたり480,000円、8,001件以降清算金1件あたり5円
・Premium 問い合わせで確認
汎用型 -
ECサイト向け 業界特化型
無料プランあり - 受注管理機能
発注管理機能 顧客管理機能
顧客ランク設定機能
在庫管理機能 出荷管理機能
マルチチャネル対応 アラート・通知機能 -
その他のサービス ・フォローメール送信
・お客様サービス窓口
・Web領収書
・Web帳票機能
・オートロボ機能
・タグ機能
・処理ルート振り分け
・売り上げ分析
連携サービス ・Re:lation
・Mail Dealer
・スマートCat
・ロジザードプラス
・Yahoo!ロジスティクス
・イー・ロジット
・楽天スーパーロジスティクス
・AmazonFBAマルチチャネル
・ヤマトフルフィルメントマルチチャネル
・NP後払いデータ
・後払い.comデータ
・スコア後払いデータ
・クロネコ後払いデータ
・アトディーネデータ
・DSK後払いデータ
30秒で完了!かんたん入力 資料を無料ダウンロード

株式会社ネットショップ支援室

アシスト店長

分析機能を搭載!リピーター獲得重視のEC運営者におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 「メール自動送信機能」を搭載し、履歴に応じて差し込み文章が変更できるのでリピート率アップにも!
  • CRM連携も可能
  • 振り分けの自動反映搭載の「在庫管理」や、送り状ソフトと連携できる「発送処理」機能も搭載

MORE
ここが少し気になる…

  • ECサイト運営者向けのため機能が限定的で、無料プランの用意もない
価格(税別) 受注管理機能 共用サーバープラン
・初期費用 50,000円
・月額基本費用~1,000件 25,000円
・従量課金 1,001件以上20円、3,001件以上15円、5,001件以上は問い合わせで確認

受注管理機能 専用サーバープラン
・初期費用 200,000円
・月額基本費用5,500~30,000件 100,000円

在庫管理機能
・初期費用 30,000円
・月額基本費用~1,000件 SKU数あたり20,000円
・月額基本費用~5,000件 SKU数あたり30,000円
汎用型 -
ECサイト向け 業界特化型 -
無料プランあり - 受注管理機能
発注管理機能 - 顧客管理機能
在庫管理機能 出荷管理機能
マルチチャネル対応
メール送信機能
アラート・通知機能 -
その他のサービス 分析機能 連携サービス ・楽天
・Yahoo!ショッピング
・amazon
・後払い決済API各種
・zendesk
・メールディーラー
・後払い一体型帳票出力オプション
30秒で完了!かんたん入力 資料を無料ダウンロード

株式会社GoQSystem

GoQSystem

モールやカート連携豊富!販促や分析重視の方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 「在庫連携」が可能で、全ECモールごとの在庫数をボタン1つで反映!
  • 売上管理や物流管理機能も搭載し、出荷業務の自動化にも効果的

MORE
ここが少し気になる…

  • 高速ピッキングに有利な「ハンディターミナル」が使えるのは「受注・商品・在庫連携・出荷管理プラン」のみ
価格(税別) ・フリープラン
・受注管理プラン 初期費用30,000円、1ヶ月あたり15,000円
・受注・在庫連携管理プラン 初期費用40,000円、1ヶ月あたり29,800円
・受注・商品・在庫連携管理プラン 初期費用50,000円、1ヶ月あたり44,800円
・受注・商品・在庫連携出荷管理プラン 初期費用100,000円、1ヶ月あたり64,800円
汎用型 -
ECサイト向け 業界特化型 -
無料プランあり 受注管理機能
発注管理機能 - 顧客管理機能 -
在庫管理機能 出荷管理機能
マルチチャネル対応 - アラート・通知機能
その他のサービス ・売上管理
・自動処理機能
・在庫連携機能
・商品管理機能
・物流管理機能
・帳票作成・印刷
・ブラックリスト機能
・ユーザーランク付け機能
連携サービス ・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・au PAY マーケット
・Amazon
・Shopify
・NP後払い
・後払い.com
・nissen@払い
・クロネコ代金後払い
・アトディーネ
30秒で完了!かんたん入力 資料を無料ダウンロード

その他の受発注管理システムの選び方

受発注管理システムを選ぶ際には、多様な発注方法に対応できるか確認しましょう。自社が使用している発注方法に対応しているのはもちろん、今後のことも考慮して幅広い方法に対応したシステムを選ぶのがおすすめです。

また、受発注システムは取引先にも導入して貰う必要があるため、導入しやすいものを選びましょう。さらに、他システムとの連携性にも注目して選ぶと、より便利に活用できます。

その他、データ分析やモバイル端末への対応の有無、セキュリティ面などにも注目して選ぶことが重要です。以下のポイントにも注目しながら、自社に合うものを選びましょう。

【重要なポイント3つ】

  1. 多様な発注方法に対応できるか
  2. 取引先も導入しやすいか
  3. 他システムと連携できるか

【その他の比較ポイント】

  1. データ分析が容易にできるか
  2. モバイル端末に対応しているか
  3. カスタマイズ性を確認
  4. セキュリティ対策は万全か
  5. サポート体制が充実しているか

まとめ

ECサイトを利用するユーザーが増えてきている現代では、在庫管理の複雑さやヒューマンエラーなど、受発注管理に多くの課題があります。しかし、その多くの課題は受発注管理システムを導入することで解決が可能です。

受発注システムは自社のECサイトに適したものを選ばなければ導入効果は見込めないため、連携性や取引先も導入しやすいかなどを考慮して選定する必要があります。ぜひ本記事を参考に、自社に合う受発注管理システムの導入を検討しましょう。

Share

top