テレアポリストの作り方とは?架電リストの集め方・ポイントも解説

Check!

  • テレアポリストとは、自社のサービスに興味がありそうな顧客をリストアップしたもの
  • テレアポリストを作るには、Webサイトなどを活用して架電リストを集める必要がある
  • テレアポリスト作成時はターゲットを明確にし、架電する顧客を取捨選択すべきである

テレアポリストとは、自社のサービス・商品に興味がありそうな顧客をリストアップしたものです。テレアポリストを活用すれば、成約率の高い顧客にアプローチできます。この記事では、テレアポリストの基本的な作り方や成果を出すためのポイントなどを解説します。

目次

開く

閉じる

  1. 質の高い営業リスト作成には営業データプラットフォームがおすすめ
  2. テレアポリストとは
  3. テレアポリストの作り方
  4. テレアポリストを作る際のポイント
  5. テレアポリストを作る際の注意点
  6. 営業リスト作成ツールでテレアポリストを作ろう
  7. 営業活動の効率化におすすめの営業データプラットフォーム
  8. まとめ
この記事に掲載されているサービス

質の高い営業リスト作成には営業データプラットフォームがおすすめ

infoboxでは、企業データ・人物データ・リサーチデータを統合した営業リストの作成が可能です。そして、アプローチ対象の企業におけるキーパーソンを把握し、質の高い営業ストーリーの提案によって営業力を強化することができます。

また、BtoB企業向けの戦略であるABMツールとして活用することも可能です。つまり、質の高い営業リストの作成から、営業力の強化、ABMまでを一気通貫で実現することができます。

よって、自社のCRMデータなどを活用しながら、顧客・提案先に対する質の高い営業を行いたい場合には、infoboxの導入がおすすめです。

株式会社インフォボックス

infobox

リサーチからアプローチまで使いたい方におすすめ

200種類以上の特徴タグを用いて対象の企業を選定し、BtoBにおける最適な営業リストをスピーディに作成するなら、infoboxの導入がおすすめです。

GOOD
ここがおすすめ!

  • 「企業」「人物」「リサーチ」からなる統合的なデータベース
  • 「スコアリング機能」「受注分析機能」といった各種アシスト機能を搭載
  • 部署直通番号で直接アプローチが可能、コンタクト率アップ!

MORE
ここが少し気になる…

  • 月額費用と代行に関しては問い合わせて確認する必要があり

テレアポリストとは

テレアポリストは、自社の製品やサービスに関心を持ちそうな見込み顧客のリストで、「営業リスト」とも呼ばれます。このリストは、Excel(エクセル)や営業リスト作成ツールなどのソフトを使って作成することができます。

このリストを作成する目的は、営業担当者が効果的に顧客にアプローチするためです。この記事では、テレアポリストの基本的な作り方や成果を出すためのポイントなどを解説します。

テレアポリストの重要性・メリット

テレアポリストの作成は、確かに手間のかかる作業ですが、その重要性とメリットは営業活動において非常に大きなものです。ここからは、どのような重要性とメリットがあるのか、以下に詳しく解説します。

効率的な営業活動ができる

営業活動の成功率を向上させるためには、限られた時間内にできるだけ多くの顧客にアプローチすることが大切です。しかし、複数の従業員が同じ会社や顧客に対して同時に連絡しようとすると、効率が低下し、混乱が生じる可能性があります。

テレアポリストを作成することで、営業担当者は特定の会社や顧客に対する重複したアプローチを避けることが可能です。その結果、顧客への過剰な連絡を防ぎ、信頼関係を損なうリスクを軽減できます。

特に、同じ会社に電話をかけるリスクがある状況では、テレアポリストの重要性が増します。

成功率の高い顧客にアプローチできる

営業活動の成功率は、アプローチする相手や企業が適切であるかどうかに大きく左右されるため、テレアポリストは重要です。テレアポリストを活用して見込みのあるターゲットを絞りましょう。

テレアポリストに掲載された企業や個人は、自社の製品やサービスに興味を持ちそうな見込みのある顧客です。テレアポリストを使って、需要のある企業や見込みのある企業を選定し、効果的にアプローチできます。

顧客のニーズと興味に合致したアプローチをすることで、成功率が飛躍的に向上するでしょう。

データを保管できる

テレアポリストは、架電の日時・通話内容などのデータを残すことができます。テレアポの日時記録があることで、過去のコンタクト履歴を参照しながら、次回の通話を行うことが可能です。そのため、顧客のニーズや要望に合ったアプローチが可能となります。

また、通話内容の記録を保管できることで、前回の通話内容を把握できるため、顧客に対してより適切な情報提供やフォローアップができるでしょう。テレアポリストを活用することで、営業活動の効果を高め、必要なデータを有効に利用できます。

テレアポリストの作り方

ここからは、テレアポリストを作成するにはどのような情報が必要なのか、その情報をどのように集めるかなどに焦点を当て、テレアポリストの作り方について詳しく解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

架電リストを集める

まずは、テレアポリストを効果的に作成するために必要な、架電リストの集め方について解説します。架電リストの集め方を知ることで、ターゲットとなる企業の連絡先情報を効果的に収集し、効率的なテレアポ活動を行えるようになるでしょう。

さまざまな方法があるため、それぞれの特長や利点を理解して、自社のニーズに合ったアプローチを選びましょう。

企業のWebサイト・ポータルサイトから集める

公式HPやポータルサイトは、多くの企業情報を提供しており、これらの情報を活用することでリスト収集の簡易化が可能です。企業の名前、住所、電話番号、業種などの基本情報が簡単に入手できます。しかし、容易に情報を集められる反面、注意が必要な点もあります。

業種情報は時折、誤って登録されていることがあるため、テレアポを行う前に対象企業の公式Webサイトを確認して、情報の正確性を確認しましょう。

名刺から集める

顧客先への訪問やセミナーなどで入手した名刺を活用して、テレアポリストを作成することは非常に有益です。過去に接触した企業は、すでに自社を知っているため、テレアポ活動に対するポジティブな反応が期待できます。

しかし、名刺を手作業でリスト化するのには時間がかかる可能性があるため、注意が必要です。名刺情報を手動で入力する作業は手間がかかり、エラーのリスクもあります。

四季報や業界紙から集める

四季報や業界紙には、企業が自己紹介や業績情報を公開しており、これを活用することで、テレアポリストに含める情報を得ることができます。例えば、企業の名前、住所、電話番号、業種、売上高、従業員数などが掲載されていることがあります。

四季報や業界紙は、紙媒体として提供されているだけでなく、多くの場合はWeb版も利用可能です。Web版を利用すれば、情報の収集がより効率的に行えます。四季報や業界紙は、テレアポリストを作成する際に欠かせない情報源です。

テレアポリストを購入する

テレアポリストの作成には、販売会社からテレアポリストを購入する方法もあります。社員数が少なく、リスト集めが難しい状況や人手不足の際に有用です。

テレアポリストの購入には費用がかかりますが、リストの情報を集める代わりに社員はコア業務に集中できるため、効率的にテレアポ活動を行えます。特に大量のリストが必要な場合や情報の収集に時間をかけられない場合、リストの購入が有効です。

自社サイトへのアクセス履歴から集める

自社ホームページを運営している場合、テレアポリストを作成する際にアクセス履歴を活用する方法があります。

マーケティングで利用されるMAツールなどを活用して、自社ホームページのアクセス履歴から、どの企業や担当者がサイトにアクセスしたかを特定し、テレアポリストを作成することができます。

この方法の大きな利点は、自社ホームページを訪れた企業や担当者が、自社のサービスや製品に興味を持っている可能性が高いことです。ただし、アクセス履歴からすべての企業や担当者をテレアポの対象とするのは適切ではありません。

競合他社や協力会社など、特定の条件を満たさない場合は、テレアポリストから省く必要があります。

企業のSNSから集める

近年では、多くの企業がSNS上で公式ページを運営しています。SNS情報を利用することで、インターネット検索やポータルサイトとは異なる視点からデータを収集できます。

SNSの最大の特長は、企業に関連する情報だけでなく、企業やその従業員の雰囲気や文化についても情報が得られることです。顧客やフォロワーとの対話、投稿内容、反応などから、企業の姿勢や関心事を推測できます。

そのため、より的確なテレアポリストを作成することができるでしょう。 SNSを活用してリストを作成する際には、プライバシーに配慮し、慎重に情報を収集しましょう。

Googleアラートを活用する

Googleアラートとは、Google検索で、設定した特定のトピックについて、新しい検索結果が見つかった時にメールで知らせてくれる機能です。設定しておくだけで、特定の製品やサービスなどについて言及したコンテンツに関する情報を受け取れます。

例えば、CRM(顧客管理システム)を取り扱う企業が、営業活動に課題を抱える企業をターゲットとしてテレアポを行いたい場合、「CRM」「営業」を設定しておくことで、アラートを受け取り、業界の動向の把握や企業情報の収集に活用できます。

参考:アラートの作成|Google 検索 ヘルプ

表を作る

テレアポリストを作成する際、情報を整理し、使いやすく管理できる表を作成することが大切です。この表には、企業名、担当者名、連絡先情報、前回のコンタクト履歴、興味関心などの重要な項目を含めることをおすすめします。

一般的に、ExcelやGoogleスプレッドシートなどを使用します。特にExcelは、多くの人にとって馴染みのあるツールであり、テレアポリストの作成や管理に適しています。

ただし、Excelを利用する際は注意が必要です。入力ミスやデータの整合性に気をつけなければなりません。ショートカットキーやフィルター機能などのExcelの機能を活用することで、作業効率を高めることができます。

正確なテレアポリストを作成することで、営業担当者は目標を達成しやすくなります。効率的なテレアポ活動を行えるよう、表を使って情報を整理しましょう。

リストは定期的に更新する

集めたテレアポリストを表に落とし込んだら、記載する情報は定期的にアップデートしていく必要があります。市場や顧客のニーズ・状況などは常に変化していくため、効率的なテレアポを行うにはデータを更新して確度の高い顧客へのアプローチが有効です。

定期的なデータの更新や確認を繰り返すことで、不必要な架電業務を減らして質の良い営業を行うことができるでしょう。テレアポリストは架電営業の効率性や成功率アップのために活用するものであり、古い情報の断捨離は重要な過程の1つとなります。

テレアポリストを作る際のポイント

テレアポリストの成果を高めるためには、いくつかのポイントに注意することが重要です。ここからは、テレアポリストを作る際のポイントについて詳しく解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

必要な情報を網羅しておく

テレアポリストを作成する際、必要な情報を網羅しておきましょう。これにより、架電前に必要な情報にアクセスしやすくなり、効果的なテレアポ活動が可能になります。

  1. テレアポを行った日時
  2. 社名
  3. 業種・業態
  4. 企業情報(資本金、社員数、など) 
  5. 担当部署名
  6. 担当者名
  7. 連絡先(電話番号・メールアドレス) 
  8. ホームページURL
  9. SNSのアカウント

これらの情報は、ターゲット企業に対する適切なアプローチと効果的なコミュニケーションを行うために非常に重要です。必要な情報が不明な場合、後で顧客とのヒアリングを通じて情報収集を行い、テレアポリストに追記してください。

最新の情報に更新しておく

テレアポリストを効果的に利用するためには、常に最新の情報を維持する必要があります。古い情報や不正確な情報を使ってしまうと、効率的なテレアポ活動が難しくなり、営業の成果にも悪影響を及ぼす可能性があるためです。

企業や担当者の連絡先情報、会社情報、関心事などの情報は頻繁に変動するため、リストを作成したら定期的に更新しましょう。特に電話番号やメールアドレス、担当者の変動など、アプローチを行う際に不可欠な情報は最新のものを反映させる必要があります。

また、信頼性のある情報源から情報を入手し、その情報の正確性を確認することが大切です。最新で正確な情報に常に更新することが、テレアポの成果向上につながります。

見込み客の確度を記録しておく

テレアポリストに記載する顧客情報には、購買意欲や関心度合いも記録しておきましょう。営業時における見込み客がどの程度サービス・商品を欲しているか、あるいは関心を持っているかを記録することで、そのデータを参考に営業戦略を立てることができます。

例えば、見込み客の購入意欲・関心度合いを3〜5段階で評価し、「購入の意思が明確」「質問が多かった」などの詳細も明記することで、適切なアプローチが可能になります。

購入の意思や関心が薄い場合は、「競合サービスに関心がある」「ほとんど関心がない」など具体性を記すことで、他の角度から再度アプローチをしたり、一旦様子を見たりするなど顧客に合わせて都度戦略を変更できます。

社内でデータを共有できるようにしておく

テレアポリストを使うメンバー全員が、データを共有できるようにすることで、チーム全体が情報を利用することができ、協力して成果を上げることが可能です。

共有のために最も一般的な方法は、クラウドベースのデータベースやファイル共有プラットフォームを使用することです。例えば、Google ドライブ、Microsoft OneDrive、または営業支援ツールを利用することで、データの共有が容易になります。

チーム内でデータを統一的に整備し、アップデート情報をスムーズに共有できるようにしましょう。データを共有することで、効果的なテレアポ活動を実現できます。

リスト作成前にターゲットを明確にする

テレアポリストを作成する際は、自社のターゲット像を明確にしましょう。無計画に電話をかけるのは非効率で、時間とリソースの無駄になる場合があります。自社の営業戦略に合わせて、どの企業や担当者が本当に重要かを明確にしましょう。

営業戦略に従い、優先度の高いターゲット企業を選定し、その企業にアプローチするためにどのような情報が必要か検討することも重要です。

企業の業種、規模、地理的な位置、過去の取引履歴など、ターゲットを特定するために役立つ情報を整理しておくと、効率的なテレアポリストの作成ができます。

ツールやテンプレートを活用する

テレアポリストを効率的に作成するためには、ツールやテンプレートの活用も有効な手段です。Excelでテレアポリストを作成する方法もありますが、収集した情報を精査してまとめたり、作成後に管理したりするためには、多くの時間や手間がかかります。

このような場合、Excelには無料のテンプレートがあるため、このようなテンプレートを活用することにより効率化が可能です。また、テンプレートは自社の要望に沿って使いやすくカスタマイズすることもできます。

しかし、テンプレートを活用したとしてもExcelでの管理には限界があるのが事実です。リスト化する顧客件数や情報が膨大である場合には、リスト作成ツールを活用して自動化することで、より効率を高められます。

テレアポリストを作る際の注意点

効果的なテレアポリストを作成するためには、単に企業名や電話番号をリストに並べるだけでは不十分です。以下では、テレアポリストを作成する際に注意すべきポイントについて詳しく解説していきます。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

リストは1つにまとめる

テレアポリストを作成する際、1つのリストにまとめることは非常に重要です。特に大きな会社や多くの顧客情報を管理する場合、複数のテレアポリストが存在すると、情報の整合性や更新作業が大きな課題となります。

新たな情報を追加したり既存情報を更新したりする場合、それぞれのリストに変更を反映させる必要があり、非常に手間と時間がかかります。また、複数のリストを管理すると、どのリストが最新情報を含んでいるのかを管理するのが難しくなることも問題点です。

一方で、1つのテレアポリストに情報を統合することで、情報の一元化をすることができ、最新で正確な情報を簡単に管理できるため、必要な情報の検索やアクセスもスムーズになります。

顧客の経営状態を確認する

テレアポリストに加える企業は、経営状態の良い企業を選ぶことが重要です。経営状態が良くない企業にアプローチすると、資金不足や問題が多いことがあり、新しい提案に消極的であったり、取引に関する不安を抱えたりすることがあります。

経営状態の良い企業は、提案に対して前向きであり、取引成功の可能性が高いです。経営状態を調査するためには、財務諸表や信用情報などを活用しましょう。良好な経営状態の企業を選んでリストに加えることで、テレアポ活動の成功率が向上します。

明らかにアポが取れない企業はリストから外す

テレアポリストを作成する際の重要な注意点の一つは、アポが取れない企業をリストから外すことです。明らかにアポが見込めない企業は、無駄な時間とエネルギーを費やすことになります。

例えば、競合他社との契約が結ばれている企業などは、アポイントメントが極めて難しい状況にある場合があります。そのため、テレアポリストを作成する前に、アポイントメントが見込まれる企業を選別しましょう。

アポが取れない企業をリストから外すことで、営業担当者はより焦点を絞り、成功率を高めることができるでしょう。

営業リスト作成ツールでテレアポリストを作ろう

営業リスト作成ツールとは、自動的に営業先企業の情報を収集し、整理してリスト化するツールです。手作業でリストを作成する場合、情報収集や整理、更新に多くの時間と手間がかかりますが、このツールを導入することでこれらの作業を自動化できます。

営業リスト作成ツールでテレアポリストを作ることで、営業担当者はより効果的なテレアポ活動に集中でき、成功率を高めることができます。そのため、営業リスト作成ツールの導入はテレアポ活動を効率化し、成果を最大化するために強力なツールとなります。

営業リスト作成ツールとは?メリット・デメリット、選び方も解説

営業リスト作成ツールとは、営業先企業や見込み客の情報をリスト化するツールです。自社に必要な精度の高い営業リストをすばやく作成でき、業務の効率化が期待できます。この記事では営業リスト作成ツールのメリット・デメリット、選び方を解説します。

営業活動の効率化におすすめの営業データプラットフォーム

株式会社インフォボックス

infobox

リサーチからアプローチまで使いたい方におすすめ

200種類以上の特徴タグを用いて対象の企業を選定し、BtoBにおける最適な営業リストをスピーディに作成するなら、infoboxの導入がおすすめです。

GOOD
ここがおすすめ!

  • 「企業」「人物」「リサーチ」からなる統合的なデータベース
  • 「スコアリング機能」「受注分析機能」といった各種アシスト機能を搭載
  • 部署直通番号で直接アプローチが可能、コンタクト率アップ!

MORE
ここが少し気になる…

  • 月額費用と代行に関しては問い合わせて確認する必要があり

まとめ

テレアポリストの作成は、営業活動において極めて重要です。このリストを使うことで、営業担当者は、効率的に潜在顧客や既存顧客にアプローチできます。テレアポリストの重要性を理解し、営業活動を改善しましょう。

テレアポリストを作成する際は、ポイントや注意点を確認することで、最新で正確な情報を簡単に管理でき、必要な情報の検索やアクセスもスムーズです。

テレアポ活動を効果的に行うために、テレアポリストの使い方をしっかりと学び、絶えず最新の情報をチェックしましょう。営業リスト作成ツールを活用することで、手間を省きながらテレアポリストを作成できます。

効果的で正確なテレアポリストを作成するには、営業リスト作成ツールの導入を検討することがおすすめです。

Share

top