おすすめの有料SEOツール4選|無料ツールとの違い・選び方を解説

Check!

  • SEOツールとは、SEO対策を実施するために必要な情報を得られるツールのことである
  • 無料ツールと有料ツールでは、備わっている機能のスペックや情報の精度の高さが異なる
  • 有料のSEOツールを選ぶ際は、本当に自社に有料ツールが必要なのかを十分検討する

SEOツールとは、SEO対策を実施するために必要な情報を得られるツールのことです。SEOツールには無料で利用できるものもありますが、利用できる機能などが異なるため注意が必要です。本記事では、おすすめの有料SEOツールと選び方、無料ツールとの違いを解説します。

目次

開く

閉じる

  1. SEOツールには有料・無料がある
  2. 有料のSEOツールと無料のSEOツールの違い
  3. 有料SEOツールを選ぶ際のポイント
  4. おすすめの有料SEOツール4選
  5. その他のSEOツールの選び方
  6. まとめ
この記事に掲載されているサービス

SEOツールには有料・無料がある

SEOツールは、ウェブサイトの検索エンジン最適化を支援するためのソフトウェアです。有料ツールは、高度な機能や詳細なデータ提供が特長で、企業向けの包括的なソリューションを提供します。

これに対し、無料ツールは基本的なSEO機能を無償で提供し、小規模なサイトや初めての利用者に適しています。どちらも自社のニーズや予算に合わせて選択でき、戦略的な検索エンジン最適化を支援します

SEOツールとは?ツールの機能やメリット・デメリット選び方も解説

SEOツールとは、自社サイトの検索順位を上げるSEO対策のための調査や分析を行うツールを指します。SEOツールの機能は、アクセス解析や検索順位チェック機能など様々あります。本記事では、SEOツールの機能やメリット・デメリット、選び方を解説します。

有料のSEOツールと無料のSEOツールの違い

有料のSEOツールと無料のSEOツールには、いくつかの違いがあります。SEO戦略を構築する上で、自社の目的や予算に合わせ、効果的なツールを選定しましょう。ここでは、有料のSEOツールと無料のSEOツールの違いについて解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

利用できる機能

有料のSEOツールと無料のSEOツールの主な違いは、利用できる機能にあります。無料ツールは、基本的なSEO機能を提供しますが、一般的に利用できる機能には制限があります。これに対して、有料ツールは高度な機能を備え、より包括的なデータ解析が可能です

有料ツールには、キーワードトラッキング、競合分析、トラフィックの可視化、改善策の提案など、無料ツールでは得られない高機能な機能が多く含まれています。

これにより、企業はより詳細かつ洗練されたSEO戦略を展開し、競争激しいオンライン環境での成功に向けた、戦略的な意思決定が可能となります。

取得できる情報の範囲・精度

有料のSEOツールと無料のSEOツールでは、取得できる情報の範囲と精度に違いがあります。無料ツールは、一般的に制限された機能しか提供せず、深い分析が難しい場合があります。

また、無料ツールは情報の精度においても、有料ツールに比べて劣ることがあります。有料ツールは、高度なアルゴリズムやデータベースを活用して、正確かつ詳細な情報を提供します。

サポート体制の充実度

有料と無料のツールでは、サポート体制の充実度にも差があります。無料ツールでは、サポートが限定的で、利用者が問題に直面した際に、適切なサポートを受けることが難しいことがあります。

一方で、有料ツールは専門のサポート体制が整っており、利用者がトラブルや疑問に直面した場合に迅速かつ効果的にサポートを受けることができます。また、定期的なアップデートや機能の向上が行われ、最新の技術や動向に即座に対応するための仕組みも整っています。

有料SEOツールを選ぶ際のポイント

有料のSEOツールを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントに留意しましょう。ここでは、有料SEOツールを選ぶ際のポイントについて解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

本当に有料ツールが必要なのか検討

有料SEOツールを選ぶ際、まず本当に有料ツールが必要なのかを、検討することが重要です。無料ツールでも基本的なSEO機能は提供されていますが、企業の規模や戦略によっては、有料ツールがより適している場合があります。

検討する際には、自社のニーズや目標に対して、有料ツールが提供する高度な機能が本当に必要かどうかを確認しましょう。また、無料ツールでは不足するサポート体制や、データの精度も考慮対象となります。

自社に必要な機能が備わっているか

自社の現状や課題を洗い出し、必要な機能を明確にすることで、有益なツールを選択できます。これにより、無駄なコストを削減し、ビジネスに本当に必要な機能に焦点を当てることができます

適切な機能の選択は、予算効率の向上や生産性の向上につながります。また、自社の特定の課題に対応できるツールを選択することで、的確な解決策の導入が可能となり、組織全体のパフォーマンス向上に貢献します。

費用対効果の確認

有料SEOツールを選ぶ際には、費用対効果を確認しましょう。機能とコストのバランスを検討し、ツールが提供する機能が企業のニーズや目標に適しているかどうかを見極めることが重要です

高機能なツールが、必ずしも高い費用対効果を意味するわけではなく、過不足なく必要な機能を提供していることがポイントとなります。コスト対効果を考慮することで、予算を最適に使いながら、持続可能なSEO戦略を実施できます。

無料トライアルがあるか

有料SEOツールを選ぶ際は、無料トライアルの有無は重要なポイントです。無料トライアルを利用することで、実際のテスト運用が可能となり、ツールの機能や使い勝手を確認できます。これにより、自社のニーズに適したかどうかを事前に評価できます。

無料トライアルを経て導入を決めることで、コストをかけずにツールの効果を確かめ、導入するメリットを確認することができます。ツールの使い勝手や提供されるデータの質を実際に試すことで、より適切な選択が可能となり、失敗リスクを軽減できます。

おすすめの有料SEOツール4選

CROCO株式会社

tami-co

Kw分析を使って効率よく記事を書きたい方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • シンプルかつ分かりやすい結果画面で、効率よく分析して記事に活かせる
  • 競合の見出しを一覧で確認でき、さらにタイトルの修正箇所を提案してくれる

MORE
ここが少し気になる…

  • あくまでもSEO用記事の執筆のためのツールなので、マルチに使いたい方には向かない
キーワード数 - 料金(税別) ・ライト 1ヶ月あたり39,800円
・スタンダード 1ヶ月あたり74,800円
・ビジネス 1ヶ月あたり99,800円
・プレミアム 1ヶ月あたり120,000円
競合分析 - 内部分析 -
キーワード検索 - チェック機能 -
分析・レポート機能 Google連携 -
サポート体制 - 無料トライアル
30秒で完了!かんたん入力 資料を無料ダウンロード

株式会社エイト

エイトのSEOコンサルティング

導入後にも手厚くサポートして欲しい担当者におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • SEOのみの依頼もでき、予算やニーズにあった施策が可能
  • 経験や実績が豊富で「途中分析」「内部修正代行」も行える
  • 1記事につき3名体制でチェックを行う高品質な記事が魅力

MORE
ここが少し気になる…

  • ショットコンサルプランもコンサルプランも契約期間が決まっている
キーワード数 - 料金(税別) ・ショットコンサルプラン 初期費用・1ヶ月あたり500,000円
・コンサルプラン 初期費用・1ヶ月あたり300,000円、コンテンツ制作1記事あたり50,000円
競合分析 - 内部分析 -
キーワード検索 - チェック機能 -
分析・レポート機能 Google連携 -
サポート体制 - 無料トライアル -
30秒で完了!かんたん入力 資料を無料ダウンロード

株式会社IIP

Nobilista

最適なプランを選びたい個人から大企業全ての方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • ブロガーや外回り中の方に便利なスマホ・タブレット対応
  • キーワードレポートを第三者にも簡単に渡せる「共有URL」機能を搭載
  • 順位が大きく変動した場合は「アラート」で知らせ、SEO施策も通知可能

MORE
ここが少し気になる…

  • アップグレード・ダウンは手軽に行えるが、「エンタープライズ」プランは要相談
キーワード数 ・パーソナルプラン 150個
・ビジネスプラン 300個
・エンタープライズ カスタム
料金(税別) ・パーソナルプラン 1ヶ月あたり900円
・ビジネスプラン 1ヶ月あたり1,782円
・エンタープライズ 問い合わせで確認
競合分析 内部分析
キーワード検索 チェック機能
・リマインド・アラート機能
・優先URL機能
分析・レポート機能
・キーワードレポート
・LPレポート・グループレポート
・競合比較レポート
Google連携 -
サポート体制 ・Zoomサポート
・メール
無料トライアル
30秒で完了!かんたん入力 資料を無料ダウンロード

その他のSEOツールの選び方

SEOツールを選ぶ際は、「3つの重要なポイント」に注目することをおすすめします。まず、取得したいデータを明確にすることで、自社の目標やニーズに合致した情報を得るための基準を設定できます。

次に、調査分析の対象は自社サイトか競合・市場全体か検討することで、戦略の展開範囲を明確にし、競合や市場全体の動向を把握できます。最後に、レポート作成は簡単で分かりやすいツールを選定しましょう

取得したデータをスムーズに他部門に共有し、戦略の説明や改善点の特定が容易になります。これらのポイントに注目することで、ツールの選定がより適切に行えます。また、以下では「他の比較ポイント」についても掲載していますので、確認しておきましょう。

【重要な3つのポイント】

  1. 取得したいデータは何か明確にする
  2. 調査分析の対象は自社サイトか競合・市場全体か
  3. レポート作成は簡単で分かりやすいか

【他の比較ポイント】

  1. 観測のタイミングを確認
  2. 担当者のスキルに見合っているか
  3. 使いやすい操作性か
  4. サポート体制は整っているか

SEOツールおすすめ6選を比較|選び方・導入時の注意点も解説

SEOツールとは、SEO対策の参考になるデータや情報を取得できるツールです。しかし、SEOツールにはさまざまな強みを持った製品があるため、どれを選べばいいか迷う企業も多いでしょう。本記事では、SEOツールを選ぶポイント・導入時の注意点を解説しています。

まとめ

SEOツールには、有料と無料のものがあります。有料SEOツールは、高度な機能を提供し、取得できる情報の範囲や精度が高い傾向があります。サポート体制も充実しており、利用者が問題に直面した際に効果的なサポートを受けることができます。

一方で、無料SEOツールは基本的な機能を提供しますが、利用できる機能には制限があり、取得できる情報の範囲や精度も制約があります。また、サポート体制も有料ツールほど充実していないことがあります。

有料SEOツールを選ぶ際のポイントとして、まずは本当に有料ツールが必要なのかを検討しましょう。また、自社に必要な機能が備わっているかを確認し、費用対効果を検討することも必要です。

無料トライアルがあるかどうかも重要なポイントであり、実際にツールを試用してから導入を検討することで、ツールの効果や使い勝手を確認することができます。自社ニーズに合致する適切なSEOツールを選定し、オンラインビジネスでの競争力を強化しましょう。

Share

top