おすすめのファクタリング9選|優良ファクタリング会社を比較!選び方・口コミも紹介

商品PRを目的とした記事です。 当サービスの記事で紹介している商品を購入・契約すると、売上の一部がビジネスコンシェルジュに還元されます。

Check!

  • ファクタリングは、取引形態・手数料・入金までのスピードを確認して選ぶ
  • 買取上限や手続き方法、償還請求権の有無、ファクタリング会社の信頼性もチェックする
  • 申込時は複数の業者から見積もりをとって手数料を比較し、契約書の内容をよく確認する

ファクタリングを活用すれば、企業の資金繰りをスピーディーに改善できます。しかし、数多くの業者があるため、どこを選ぶべきか迷う方も多いでしょう。この記事では、おすすめのファクタリングや選び方のポイント、利用時の注意点などを解説します。

目次

開く

閉じる

  1. おすすめファクタリング会社の比較一覧表
  2. 【必須】優良ファクタリング会社の選び方
  3. おすすめのファクタリング会社9選
  4. 【後編】ファクタリング会社の比較ポイント
  5. ファクタリングの導入フローと注意点
  6. ファクタリングの基礎知識
  7. ファクタリングでよくある質問
この記事に掲載されているサービス

ファクタリング(請求書買取)で資金繰りを改善

ファクタリングとは、未回収の売掛債権をファクタリング事業者に買い取ってもらうこと(請求書買取)で、入金前の売掛金を素早く現金化する方法です。サービスの提供が完了もしくは製品を納品後、入金がされる前にその売掛債権をファクタリング事業者に売ることで、すぐに資金を手に入れることができます。

ファクタリングの大きなメリットは、現金化までのスピードが非常に早いことです。通常の借入れとは異なり、申し込みから最短即日で資金を調達できる場合もあります。そのため、急な資金需要が発生した際や、現金が早急に必要な状況でも迅速に対応できる点が魅力です。

この記事では、おすすめのファクタリングや選び方のポイント、利用時の注意点などを解説します。

おすすめファクタリング会社の比較一覧表

ファクタリング会社審査入金
\クリック/
最短40分~最短2時間
\クリック/
最短1日〜最短1日〜,毎月支払い
\クリック/
最短60分最短即日
\クリック/

最短15分~最短40分~
\クリック/

最短60分最短即日
\クリック/

最短120分最短即日
\クリック/

最短90分〜最短90分〜
\クリック/
最短30分最短即日
\クリック/

最速数分最短3時間
おすすめファクタリングの詳細は記事後半をチェック

【必須】優良ファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社によって、買取可能額や審査基準・手数料・入金スピードは異なります。自社にあっていないサービスを選んでしまうと、思ったより入金まで時間がかかってしまったり、想定より多く手数料を取られてしまったりといった後悔に繋がりかねません。

近年では悪徳なファクタリング会社も増えているため、優良ファクタリング会社を見極めるにあたって以下のポイントをチェックしましょう。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

【その他の比較ポイント|記事後半で紹介】

  • 必要書類の数
  • 債権譲渡登記が必要か
  • 償還請求権はないか
  • 実績・担当者の応対|大手や上場企業が安心

まずはファクタリング会社を選ぶうえで必ずチェックしたい、4つのポイントについて詳しく解説していきます。

買取額の上限|個人事業主・フリーランスは下限も確認

上限額の設定はファクタリング会社によって異なります。一部の会社では上限が設けられておらず、数億円規模の売掛金でも買取可能なサービスを提供しています。建設業や開業したての企業など、まとまった資金が必要な法人は上限金額を重視しましょう。

一方で、少額の利用に特化しているファクタリング会社では、上限額を数十万円や数百万円に設定していることがあります。法人と比べて取引額が少額になりがちな個人事業主やフリーランスの場合は、金額によっては受け付けていないファクタリング会社もあるため、買取額の下限を確認しておくと安心です。

そもそも審査対象や売掛先を法人に限定している企業もあるので、利用対象者に個人事業主・フリーランスが含まれているか、個人事業主間でのファクタリングが可能か確認しておくと入金までがスムーズです。

手数料は適正か・上限が明示されているか

ファクタリングの手数料には相場があり、一般的には2者間ファクタリングでは10%から30%、3者間ファクタリングでは1%から9%が相場とされています。

手数料が相場よりも高すぎる場合は、コストがかさんで実際の資金調達額が減少してしまいます。さらに、契約時には、手数料の上限が明確に定められているかを確認することも大切です。手数料が明確に規定されていない場合、予期せぬ追加費用が発生するリスクがあります。

一般的に少額の取引ほど手数料が高い傾向にあります。売掛金額によって手数料が変動するサービスも多いため、上限が明記されているか、一律のサービスを選ぶと想定以上の支払いを防げるでしょう。契約書に不明点や不安な点があれば、事前にファクタリング会社に問い合わせることをおすすめします。

取引形態|2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの違い

2者間ファクタリング・3者間ファクタリングの違い

ファクタリングには大きく分けて、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの2種類があります。主に入金スピードや手数料に差がありますが、会社の方針や取引先との関係性などを総合的に考慮して決めましょう。それぞれの概要・特徴を詳しく解説します。

2者間ファクタリング

2者間ファクタリングとは、ファクタリング事業者と利用者のみで行う2社間契約のことを指します。この取引形態の特徴は、売掛先に通知することなく、売掛金を早期に現金化できる点です。取引先に知られることなく資金調達ができるため、取引先との関係を維持しやすいメリットがあります。

ただし、2者間ファクタリングには3者間ファクタリングより手数料が高いといったデメリットもあります。また、2者間ファクタリングでは、債権譲渡登記が必要になるケースがあります。売掛先に通知しないため、債権譲渡の事実を公的に証明する必要がある場合にこの登記を行います。債権譲渡登記については記事の後半で詳しく解説します。

>>債権譲渡登記について詳しくチェックする

2者間ファクタリングとは?メリット・デメリット、注意点も解説

2者間ファクタリングとは、ファクタリング会社と利用者のみで契約するファクタリングのことです。資金調達までがスピーディーで、売掛先に知られずに利用できるという特徴があります。この記事では、2者間ファクタリングのメリット・デメリットや注意点などを解説します。

3者間ファクタリング

3者間ファクタリングとは、依頼企業・取引先・ファクタリング会社の3者が関与する契約形態です。この方式では、依頼企業が売掛金を事前に受け取った後、売掛金の支払いに関する手続きを取引先とファクタリング会社が直接行います。

3者間ファクタリングでは、売掛金の回収リスクが低減されるため、ファクタリング会社にとっても安心です。その結果、2者間ファクタリングと比べて手数料が割安になる傾向があります。手数料の抑制は、利用企業にとって大きなメリットとなり、資金調達のコストを削減することができます。

ただし、売掛先にファクタリングの利用が知られてしまうことがマイナスな場合には、通知と承認が発生するため不向きです。

3者間ファクタリングとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

3者間ファクタリングとは、売掛金の支払いについてファクタリング会社と売掛先が直接やり取りするファクタリングです。債権の譲渡が売掛先に通知されるという特徴があります。この記事では、3者間ファクタリングの特徴や2者間ファクタリングとの違いなどを解説します。

手続き方法・入金スピード|来店不要オンライン完結なら簡単即日入金・土日対応も

オンライン完結ファクタリング

入金までのスピードは、契約の内容やファクタリング会社の対応力によって異なります。対面での打ち合わせや電話・メール・オンラインなど、さまざまな手続き方法がありますが、来店不要のオンライン完結ファクタリングの多くは、申し込みから最短即日で入金が可能です。

対面での打ち合わせは、直接顔を合わせて話し合うことができるため、細かなニーズや要望を伝えやすい利点があります。一方で電話やメール、オンラインなどの手続き方法は、時間や場所にとらわれずに手続きを行える利便性があります。

人件費の観点からもオンライン完結ファクタリングは手数料が抑えられていることが多く、来店不要なため交通費なども負担もカットできます。資金調達をお急ぎの場合は、コストの面でも来店不要のオンラインファクタリングがおすすめです。

おすすめのファクタリング会社9選

おすすめファクタリング会社の比較一覧表をチェック

株式会社アクティブサポート

QuQuMo online

業界トップクラスの低コストで、手数料をなるべく抑えて資金調達を急ぎたい方に

基本情報

審査スピード最短40分〜入金スピード最短2時間
審査通過率非公開手数料1%〜
利用対象者法人・個人事業主取引形態2者間ファクタリング
調達可能額問い合わせ必要書類・請求書
・通帳
土日対応フォーム送信は24時間対応営業時間サポート窓口:10:00〜17:00
フォーム送信は24時間対応
オンライン完結⚪︎(LINE対応あり)債権譲渡登記不要

評判・口コミを紹介

資金調達額600万円 申込から振込まで3時間

銀行に行っても貸してもらえず、途方に暮れていたとき広告を見てすぐに相談しました。 私は、ネットが苦手で不安でしたが サポートセンターに問合せをしながら安心して契約を進めることができました。必要書類も少なくこんなに簡単に資金調達ができるんだとびっくりしてます。 また困った際にはお願いしようと思います。(東京都 建設業)

ご契約事例|QuQuMo online

GOOD
ここがおすすめ!

  • 手数料は「1%」からと業界でもトップクラスに低く、少額から高額まで柔軟に対応
  • 必要書類は請求書と通帳のみ!最速2時間で入金のスピード感
  • 法人・個人問わず利用可能かつ、オンラインで完結
  • 債権譲渡登記不要で履歴が残らず、取引先への通知もなし

MORE
ここが少し気になる…

  • 実際に手数料がどの程度になるかは問い合わせて確認する必要がある
  • 電話問い合わせのサポート窓口が17時までと営業時間が短い

Dual Life Partners株式会社

RBF by PAYTODAY

安定した売上見込みのある中小やサブスクビジネスの資金調達におすすめ

基本情報

審査スピード最短1日〜入金スピード最短1日〜,毎月支払い
審査通過率非公開手数料3〜12%
利用対象者SaaS型ビジネスモデル or リカーリングビジネス取引形態将来債権(リーカーリングリベニュー)を譲渡
調達可能額問い合わせ必要書類・将来の売上予測とその内容
・直近6カ月以上の入出金明細
・決算書等
土日対応-営業時間-
オンライン完結⚪︎(面談可)債権譲渡登記問い合わせ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 請求書ではなく将来の売上が対象のため、SaaS・サブスクビジネスモデルにぴったり
  • 初期費用・月額費用が無料
  • オンライン申請で必要書類をアップロードするだけなので、スピード重視で資金調達できる

MORE
ここが少し気になる…

  • 今ある請求書(債権)を買い取るファクタリングとは仕組みが異なる
  • 安定した売上げ見込みのある中小企業やサブスクビジネス向けで単発利用には不向き

株式会社ラボル

ラボル

最短60分1万円から調達可能!少額でも調達したい個人事業主・フリーランス向け

基本情報

審査スピード最短60分入金スピード最短即日
審査通過率公式サイトでかんたん診断手数料10%
利用対象者法人・個人事業主・フリーランス取引形態2者間ファクタリング
調達可能額1万円〜必要書類・本人確認書類
・請求書
・エビデンス
土日対応⚪︎(審査は平日より時間がかかる可能性あり)
審査が完了次第、24時間365日即時振り込み
営業時間非公開
オンライン完結⚪︎債権譲渡登記不要

評判・口コミを紹介

仕事の案件は毎月獲得できていて生活も安定していたのですが、単価が低いことが課題でした。単価の高い上場企業から仕事の打診がありましたが、取引先からの入金日がかなり先で、受注するか迷っていた時に、ラボルについて知って初めて利用しました。
報酬が即日で手に入ってラボルへの支払いは取引先からの入金後で良いというのが自分にはピッタリでした。審査に必要な書類も、送付した請求書と取引先担当者からのメールだけだったので、直ぐに申込できました。(フリーランス)

お客様の声|labol

GOOD
ここがおすすめ!

  • 24時間365日振込に対応しており、入金まで最短60分とスピーディー
  • 請求書に記載の金額のうち、1万円〜必要な金額のみの申請が可能
  • 買取対象が幅広く、独立直後や新規取引にも対応

MORE
ここが少し気になる…

  • 取引金額に関わらず、手数料が一律10%とやや高め

Dual Life Partners株式会社

PAYTODAY

AI審査で手数料を抑えて最短30分で素早く調達!資金調達を急ぎたい方におすすめ

基本情報

審査スピード最短15分〜入金スピード最短30分
審査通過率オンライン査定で予測可能手数料1〜9.5%
利用対象者法人・個人事業主・フリーランス取引形態2者間ファクタリング
調達可能額下限上限なし必要書類・代表者様の本人確認書類
・売却する対象の請求書
・直近6カ月以上の入出金明細
・昨年度の決算書
土日対応なし
メール・問い合わせフォームは24時間受付
営業時間平日10:00〜17:00
メール・問い合わせフォームは24時間受付
オンライン完結⚪︎(希望する場合は電話・対面可)債権譲渡登記不要

評判・口コミを紹介

・20万円を即日入金(手数料9%)

ありがたいことに運よく案件を3つほど同時に受注できたのですが、外注費の支払い金が不足してしまいました。どうしても案件を受注したかったので、ファクタリング(請求書買取)の利用を決意して2社ほど手探りで申込をしてみましたが、個人事業主であること、確定申告をしていないことにより断られてしまいました。3社目でPayToday様に申込をしたところ、銀行の履歴をベースとした審査をして下さり、申込から2時間後に入金が確認できました。(個人事業主/デザイナー/20代/女性)

・4,500万円を即日入金(手数料6%)

利益率は高いものの、外注費の支払い先行というビジネスモデルのため運転資金調達が必須でしたが、オンライン上のやり取りのみで4時間で即日ファクタリングできたことにビックリしました。(システム会社CEO/30代/男性)

即日AIファクタリングPAYTODAYご利用例|PAYTODAY

GOOD
ここがおすすめ!

  • 手数料が1~9.5%と最大でも1桁代と手数料を抑えられる
  • 「AI審査」の導入により、審査の完了・振込まで最短で30分とスピーディー
  • 最⼤90⽇後の請求書買取に対応

MORE
ここが少し気になる…

  • 問い合わせ含めオンライン完結のため、対面や電話を希望する方には不向き

株式会社アクセルファクター

アクセルファクター

8割以上が即日入金!大手運営もリーズナブルな手数料もどちらも譲れない方におすすめ

基本情報

審査スピード最短60分入金スピード最短即日
審査通過率93%手数料・~100万円 10%~
・101~500万円 5%~
・501~1000万円 2%~
・1001万円以上 問い合わせで確認
利用対象者法人・個人事業主取引形態2者間ファクタリング
調達可能額30万円〜必要書類問い合わせ
土日対応なし営業時間平日10:00〜19:00
オンライン完結⚪︎(希望する場合は対面や書類郵送可能)債権譲渡登記登記不要のケースあり

評判・口コミを紹介

720万円を調達し、大規模工事受注に成功!
…ある程度の備えはありましたが、数か月分の運転資金を確保する意味も込め、現在ある工事請負代金の売掛債権を資金化した方が良いと判断し、アクセルファクター様にご相談をさせて頂きました。来所が不要である事に加え、即日振り込んで頂けたため、無事着工へと至りました。迅速にご対応下さり、感謝しております。(建設業)

ファクタリングの活用事例|AccelFactor

GOOD
ここがおすすめ!

  • 審査通過率が93%と高く、最大1億円の資金を即日調達
  • 業界初の「早期申込割引」を採用し、入金希望日により割引が受けられる
  • 売掛債権額によって手数料が細かく設定されている
  • 「工事未完」で請求書発行が出来ない場合でも相談が可能

MORE
ここが少し気になる…

  • 売掛債権の下限金額が30万円〜

株式会社アクセルファクター

SOKULA

審査通過率93%!大手が運営するファクタリング会社を選びたい方におすすめ

基本情報

審査スピード最短120分入金スピード最短即日
審査通過率93%以上手数料2〜15%
利用対象者法人・個人事業主取引形態・2者間ファクタリング
・3者間ファクタリング
調達可能額問い合わせ
(公式サイトで簡単シミュレーション)
必要書類問い合わせ
土日対応なし営業時間平日10:00〜19:00
オンライン完結⚪︎(電話問い合わせ可)債権譲渡登記原則必須
省略ケースあり

買取事例を紹介

運送業を営むB社様。運送コストの急激な上昇や車両トラブルなどの「緊急時に対応するため」にSOKULAを長期にわたってご利用いただいております。一時的なキャッシュフロー下落を売掛金買取にて補い、財務状況の安定化を実現。B社様には「銀行よりも早くて安心」という嬉しい声をいただきました。(運送業B社様 調達額280万円)

お取引実績とお客様の声|SOKURA

GOOD
ここがおすすめ!

  • 審査通過率が93%と高く、原則即日振り込まれる
  • 書類の提出は最小限に抑えており、オンライン完結で手間なく取引ができる
  • 企業の状況をしっかり把握・勘定してもらえるので、長期的な提案でも安心

MORE
ここが少し気になる…

  • 柔軟な審査ゆえに、完了まで約3時間と少し時間がかかる
  • 原則債権譲渡登記が必要。ただし企業の状況や金額によっては省略ケースあり

GoodPlus株式会社

GoodPlus ファクタリングサービス

営業時間が長く土日祝も対応!満足度が高いファクタリング会社をお探しの方に

基本情報

審査スピード最短90分〜入金スピード最短90分〜
審査通過率90%手数料5〜15%
利用対象者法人・個人事業主取引形態2者間ファクタリング
調達可能額問い合わせ必要書類問い合わせ
土日対応⚪︎営業時間8:30〜20:00
オンライン完結⚪︎
電話・メール・LINEで問い合わせ可
債権譲渡登記登記を希望しない場合は省略可能

評判・口コミを紹介

ファクタリングで調達した資金で税金の未納分を完済し、納税通知書の提出も済ませられたことで、無事銀行から融資を受けることができました。今後もビジネス拡大にむけて利用していきたいと思います(愛知県 広告デザイナー)

無駄のないWeb完結契約助かりました。初めては不安な部分もありましたが、GoodPlusは一連の流れが明快で完結していてとても助かりました。レスポンスの速さが安心につながりました。(福岡県 貿易業)

お客様の声| Factoring GoodPlus株式会社

GOOD
ここがおすすめ!

  • 土日祝も営業しており、オンライン完結で最短90分で資金化できる
  • 審査通過率90%で審査に通りやすく、お客様満足度も90%と高評価
  • 設立したてや、債務超過・赤字決算でも利用可能(※売掛債権の価値と取引先の信頼性を基準に査定)
  • 社会保険料の滞納は分納中であれば、ファクタリング可能な場合がある

MORE
ここが少し気になる…

  • 調達可能額や必要書類は別途問い合わせで確認が必要

GMOクリエイターズネットワーク株式会社

GMOフリーランスファクタリング

会員登録不要で少額から即時調達!クリエイターにおすすめ

基本情報

審査スピード最短30分入金スピード最短即日
審査通過率非公開手数料9.50%
利用対象者フリーランス取引形態2者間ファクタリング
調達可能額1万円〜必要書類・請求書
・公的身分証
土日対応なし営業時間平日9:00〜17:00
オンライン完結⚪︎債権譲渡登記不要

GOOD
ここがおすすめ!

  • 1万円から調達可能で、会員登録不要かつ最短30分で審査が完了
  • 審査書類は請求書と活動を証明するSNS・webサイトのみ!審査完了まで身分証不要
  • 東証スタンダード上場・GMOペパボの連結企業が運営

MORE
ここが少し気になる…

  • 手数料が取引金額に関わらず一律9.5%
  • メール問い合わせのみで電話や対面を希望する方には不向き

株式会社ウェブブランディング

ファクタリングベスト

優良4社に見積り!条件のよさ重視で資金調達したい方におすすめ

基本情報

審査スピード最短数分入金スピード最短3時間
審査通過率90%以上手数料問い合わせ
利用対象者法人取引形態・2者間ファクタリング
・3者間ファクタリング
調達可能額問い合わせ必要書類問い合わせ
土日対応⚪︎営業時間非公開
オンライン完結⚪︎債権譲渡登記問い合わせ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 審査通過率9割超えかつ優良な4社に見積りをするため、好条件で調達できる
  • 土日にも対応しており、見積りから最速3時間で入金してもらえる

MORE
ここが少し気になる…

  • 見積りサービスのため必ず資金調達ができるわけではなく、個人事業主は対応不可
おすすめファクタリング会社の比較一覧表に戻る

【後編】ファクタリング会社の比較ポイント

ここでは記事前半で紹介した、必ずチェックしたいポイントに加えて、見ておくとより失敗を防げるファクタリング選びのポイントを4つ紹介します。主に手続きのスムーズさや万が一の対応に差が出てきます。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

ファクタリングのその他の比較ポイント

  1. 必要書類の数
  2. 債権譲渡登記が必要か
  3. 償還請求権はないか
  4. 実績・担当者の応対|大手や上場企業が安心

必要書類の数と種類

ファクタリング必要書類

ファクタリングを利用する際に必要書類が多い場合、その準備に時間がかかることがあります。最低限必要な書類は、法人であれば登記簿謄本や決算書、個人であれば身分証明書や確定申告書などが挙げられます。

ものによっては発行に1週間程度かかるものもあり、書類の不備や提出漏れがあると、契約手続きが遅れる可能性があるため、事前に準備をしておくか、必要書類が少ないサービスを選びましょう。

債権譲渡登記は必要か

ファクタリングの債権譲渡とは

債権譲渡登記とは、利用者からファクタリング会社に債権が譲渡されたことを公示する登記のことです。売掛先に利用を通知しない2者間ファクタリングでは、債権譲渡の事実を公的に証明する必要がある場合にこの登記を行います。

債権譲渡登記は主にファクタリング会社側のメリットがある制度です。債権譲渡を公的に事実として残せるため、万が一の法的証拠となります。また、ファクタリング利用者が1つの債権を2つのファクタリング会社に譲渡することで、売掛金の支払い先が曖昧になってしまう二重譲渡を防ぐことができます。

利用者側にとってのメリットは、3者間ファクタリングで売掛先への通知・承認が不要になる点です。ただし、登記費用は利用者負担になり、入金まで時間がかかる可能性もあるため、急ぎの場合は債権譲渡登記不要な2者間ファクタリングがおすすめです。

償還請求権はないか

償還請求権とは、債務者に対して借金や支払いを返済することを要求する権利のことを言います。売掛先の経営状況の悪化等で支払いがおこなわれなかった場合に、ファクタリング会社が利用者(債務者)に売掛金を請求できます。

ファクタリング契約は債務者が売掛債権を売却することで債務が消滅し、債権者であるファクタリング会社が売掛金の回収権を得るため、償還請求権は基本的には発生しません。

ただし、特定の条件や契約内容によっては、償還請求権がファクタリング契約に含まれている場合もあります。そのため、ファクタリング契約を締結する際には、契約書をよく確認し、償還請求権の有無を確認することが重要です。

実績(口コミ)・担当者の応対|大手や上場企業が安心

近年では悪徳なファクタリング事業者も増えているため、会社の実績や取引実績も確認しておくと安心です。過去の取引実績や顧客の口コミが参考になります。大手の傘下や上場企業が運営するサービスを利用するのもおすすめです。

また、法人間のファクタリング契約は、長期間・数回にわたることも多いため、担当者とのコミュニケーションが円滑に行えるかどうかもチェックしておきましょう。チャットや電話対応の営業時間が明記されていると、スムーズなコミュニケーションが可能です。

ファクタリングの導入フローと注意点

ファクタリング契約の流れ

ファクタリングの利用には導入フローや注意点を把握することが重要です。ここからは、ファクタリングの導入フローと注意点について詳しく解説していきます。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

複数の業者から見積もりをとって比較・申し込み

まずは、自社の売掛債権が買取可能かどうかや、どの程度の金額で買い取ってもらえるのかなどの見込みを把握するために相談・見積もりを行います。この相談は無料で行えるため、時間に余裕があるなら複数の業者から見積もりを取ると、手数料や入金スピードなどを比較しやすいです。

申し込み方法は、インターネットや電話・窓口、・郵送などがありますが、手軽に行いたい場合はインターネットがおすすめです。

必要書類の提出

必要書類には、法人の場合は登記簿謄本や決算書などの法人関連の書類が求められます。個人の場合は、身分証明書や確定申告書など、個人情報に関する書類が必要です。さらに、印鑑証明書や通帳、売掛債権の存在を証明する書類なども提出する必要があります。

ファクタリング契約は一度成立するとキャンセルが難しいため、申し込み前に契約内容や条件を十分に確認し、慎重に判断することが重要です。必要書類をきちんと準備して、提出期限を守ることも忘れずに行いましょう。

ファクタリング会社による審査

ファクタリング会社による審査では、売掛先の信用力や支払い能力、そして売掛債権の債権者であることが確認されます。売掛先が大手企業や公的機関である場合、信頼性が高く支払い能力が安定しているため、ファクタリング会社のリスクが低く審査に通りやすい傾向があります。

一方で財政状況が悪化している売掛先の債権や、売掛先の倒産などによって入金日を過ぎている不良債権は、回収の見込みがないと判断され、審査落ちとなるケースがあります。

審査なしの悪徳業者に注意

必要書類が少ないファクタリング会社であっても、審査フロー自体は省略しないファクタリング会社がほとんどです。逆に審査なしでうたっているファクタリング会社は、高額な手数料を取る悪徳事業者の可能性があるため、利用は推奨できません。

金融庁からも悪質なファクタリング会社に関する注意喚起が出ているため、少しでもおかしい・怪しいと思う点があれば相談窓口へ問い合わせしましょう。

ファクタリングの利用に関する注意喚起|金融庁

ファクタリング契約の締結

ファクタリング契約締結の際は利用条件や手数料、返済期限などの重要項目を見逃さないよう、契約書を注意深くチェックしましょう。

特に契約書の内容に納得がいかない場合は、積極的に質問して疑問点や不明点を解消することが大切です。自社の利益を守るためにも納得できない部分はしっかり把握して、十分な検討を行いましょう。

契約が締結されると、契約者の人数分だけ契約書および控えが作成され、それぞれの当事者に控えが交付されます。この際、契約書は2通作成してもらい、1通は必ず受け取りましょう。また、契約内容が見積りと一致しているかも忘れずチェックしてください。

ファクタリングの基礎知識

ここではファクタリングを利用するにあたって知っておきたい、ファクタリングに関する基礎知識を紹介します。

ファクタリングの種類

事業者が持つ売掛債権を入金日前に買い取るファクタリングですが、契約形態や利用シーンによって種類がわかれます。ここでは代表的な5つのファクタリングの特徴について解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

買取型ファクタリング|請求書買取

買取型ファクタリングは利用者がサービスの提供や納品後、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、支払い前に債権を現金化する資金調達サービスです。請求書買取とも呼ばれ手数料が引かれるものの、最短即日で現金化が可能です。

債権譲渡禁止の契約ではなく、支払い期日を過ぎた不良債権ではない売掛債権が対象です。ファクタリング会社と利用者のみで完結する2者間ファクタリングと、売掛先への通知・売掛先からの承認を挟む3者間ファクタリングがあります。

2者間ファクタリングの場合、売掛先に知られることなく現金を受け取れますが、売掛先からの入金後に一括でファクタリング会社に売掛金を支払います。分割での支払いはできない点に注意しましょう。

保証型ファクタリング

買取型ファクタリングが資金調達を目的とするのに対し、保証型ファクタリングは売掛債権の回収リスクを軽減させるサービスです。事前に保証料を払っておくことで、万が一、売掛先の経営状況や財政破綻等で売掛金が回収できなくなった場合に保証金を受け取ることができます。

貸し倒れを防ぐことができるため、新規取引先との契約に重宝します。

国際ファクタリング

国際ファクタリングは輸出業において、世界各国の金融機関協力のもと、債権回収のリスクヘッジをするサービスです。大口での取引を前提としており、日本でも大手銀行系のファクタリング会社が参加しています。

輸入者の信用調査・ファクタリングの利用を通知したうえで、手数料と引き換えに後払いの輸出代金を回収します。支払い日が一定期間遅れた場合も支払いを保証してくれるので、売掛金未回収のリスクを減らすことができます。

医療ファクタリング

医療ファクタリングは医療関係者向けの資金調達サービスです。医療機関における診療報酬や調剤報酬、介護事業者の介護報酬債権をファクタリング会社に売買することで、通常2ヶ月の支払いサイトが生じるところ、前倒しで報酬を受け取ることができます。

仕組み自体は買取型ファクタリングの3者間ファクタリングに該当します。国保や社保が売掛先となるため、貸し倒れのリスクが低く審査の難易度が低い傾向にあります。

給与ファクタリング|悪徳貸付業者の可能性大

個人の賃金債権を買い取る給与ファクタリングは貸付・貸金業に該当し、これらを謳った事業者は違法なヤミ金融業者である可能性が高く、金融庁からも注意喚起がされています。高額な利息を設定されたり、違法な取り立て被害の恐れがあるため利用はおすすめできません。

給与の買取りをうたった違法なヤミ金融にご注意ください!|金融庁

ファクタリングとは|意味やメリットデメリットをわかりやすく解説

ファクタリングは「債権買取り」のことで、経済産業省が中小企業に向けて推奨している資金調達方法です。スピーディーに資金調達できる点が魅力です。本記事では、ファクタリングの仕組みや種類、メリット・デメリットの他、ファクタリングが役立つシーンなどについて解説します。

ファクタリング会社の種類

ファクタリング会社は、独立系・銀行系・ノンバンク系の3つにわかれ、手数料や契約形態に差が出ます。資金調達をお急ぎの場合は独立系ファクタリング会社がおすすめです。それぞれの特徴を解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

中小企業や個人事業主なら「独立系ファクタリング会社」

独立系ファクタリング会社は、銀行系列や金融機関を除き、独立してファクタリング事業をおこなう会社を指します。ファクタリングの多くはこの独立系に該当し、柔軟な審査体制と入金までの早さが特徴です。

2者間ファクタリングの形態をとっていることが多く、資金化を急ぎたい中小企業や個人事業主向けのファクタリングですが、手数料がやや高い傾向にあります。

大口取引なら信頼性の厚い「銀行系ファクタリング会社」

銀行系ファクタリングは地方銀行からメガバンクまで、銀行系列・グループが運営するファクタリング会社です。審査が厳しく、3者間ファクタリングの形態をとるため審査期間が長い一方で、手数料が安い傾向にあります。

通常の買取ファクタリングをはじめ、国際ファクタリングや売掛先が利用する一括ファクタリングなど、対応する幅も広いのが特徴です。ただし大口での利用が前提になるため、少額でのファクタリング利用は対象外となります。

手数料の安さで選ぶなら「ノンバンク系ファクタリング会社」

ノンバンク系ファクタリングは、消費者金融やクレジットカード会社など、預金のない金融機関が運営するファクタリング会社です。手数料と審査スピードは、独立系と銀行系の中間に位置します。独立系より手数料はおさえられるものの、入金までに1週間程度かかるため資金調達を急ぎたい場合は不向きです。

ファクタリングのメリット・デメリット

中小企業や個人事業主の資金調達に便利なファクタリングですが、メリットがある分、デメリットもあります。利用後に後悔がないよう、双方を確認したうえで申し込みましょう。

メリットデメリット
⚫︎最短即日で資金調達が可能
⚫︎自社の経営状況に関わらず利用できる
⚫︎貸付ではないためバランスシートに影響がない
⚫︎売掛先の倒産リスクを軽減(償還請求権なし)
⚪︎銀行融資より手数料が高い
⚪︎売掛金の範囲内のみでしか調達できない
⚪︎一括精算が基本で分割返済はできない
⚪︎取引形態によっては売掛先に利用がバレる

ファクタリングの最大のメリットは、最短即日で入金される点です。売掛先が主な審査対象となるため、自社や利用者の経営状況が問われない点や、貸付ではないためバランスシートがスリム化できる点は、開業したての企業にもおすすめできます。

ただし、銀行融資よりも手数料が高くつきやすく、契約で発生した金額以上の資金調達ができない点はデメリットといえるでしょう。3者間ファクタリング形態をとる場合、売掛先にも利用通知が届くため、信用を損いたくない場合には不向きといえます。

ファクタリングでよくある質問

ファクタリングと融資の違いは?

売掛債権の売買で資金調達するファクタリングと、金融機関にお金を借りる融資では以下が異なります。

  • 調達可能額
    ファクタリングは売掛金の金額が上限で、会社の規模にもよるが融資の方が高額
  • 調達期間
    ファクタリングは最短即日で入金できるものの、融資は最短1週間
  • 審査対象
    ファクタリングは売掛先・融資は利用者(社)
  • 金利・手数料
    調達金額にもよるがファクタリングの方が高額
  • 返済方法・期間
    ファクタリングは売掛先から入金され次第、10〜20日で一括支払い
    融資は分割も選択可能で1ヶ月〜数年単位で返済
  • 会計上の分類
    ファクタリングはあくまで債権の売買のため負債として計上されない
    融資は借入金のため負債となり、継続すると信用に影響を与える恐れあり

借入金に該当しないファクタリングは、負債扱いにならないため会社の信用には影響を与えない一方で、契約形態によっては売掛先に通知が届くため、取引先との信頼関係が気になる方にはあまりおすすめできません。

ただし、ファクタリング自体は違法ではなく、リスクが少ない資金調達なので、中小企業や個人事業主など、手間をかけずにキャッシュフローを改善したい方にはおすすめです。

ファクタリングがやばいと言われるのはなぜ?違法性はある?

前述の通り、ファクタリングに違法性はありません。やばいと言われる背景には、悪徳業者が一定存在しているためです。これらの悪徳業者はファクタリングを謳っていても、高額な金利で貸付をおこなっていたり、万が一売掛先からの回収が難しい場合、売掛金の補償をしてくれなかったりとかえって財政状況が悪化する原因になります。

契約前に少しでも怪しいと思ったら詳細を確認するか、公的期間に相談しましょう。

審査が甘いファクタリングの特徴は?

審査に通りやすいファクタリングを選びたい場合は、必要書類の数と審査通過率を参考にするのがおすすめです。必要書類の数はファクタリング会社によって異なりますが、中には本人確認書類と請求書のみで申し込みできるものもあります。

また、ファクタリング会社によっては、公式サイトに審査通過率を掲載しているため90%以上を参考に選ぶといいでしょう。ただし、非公開のものもあるためあくまで参考程度に、個人事業主やフリーランスは特化したファクタリング会社を選ぶのもおすすめです。

まとめ

ファクタリングは企業が未回収の売掛債権を現金化する手段であり、資金繰りを迅速に改善できます。しかし、市場には多くのファクタリング業者が存在しており、その選択肢の多さからどこを選ぶべきか悩むこともあります。

ファクタリングを選ぶ際には、取引形態や手数料、入金スピードなどが重要なポイントです。特に手数料が適正かどうかや入金までのスピードは、企業の業務に大きな影響を与えます。また、導入フローや注意点を理解することも必要です。

そして、契約書の内容をよく確認し、納得がいかない部分があれば積極的に質問しましょう。自社にとって最適なファクタリング業者を選ぶために、本記事で紹介したポイントをしっかり押さえておきましょう。

Share

top