土日対応のおすすめのファクタリング|選ぶ際のポイントも解説

Check!

  • 土日に入金されるファクタリングなら、週明けに支払いを控えている際も便利である
  • 土日の入金に対応している業者と、土日に申込ができる業者があるため、注意が必要
  • 土日対応のファクタリングを選ぶ際は、債権譲渡登記の有無や審査のスピードを確認する

ファクタリング会社には、土日に対応しているところもあります。土日に入金されれば、週明けに支払いを控えている際も便利です。この記事では、おすすめの土日対応のファクタリングや選ぶ際のポイント、確実に土日に入金してもらうための注意点などを解説します。

目次

開く

閉じる

  1. ファクタリングは土日にも利用できる
  2. 土日対応のファクタリングのメリット
  3. 土日対応のファクタリングを選ぶ際のポイント
  4. 提出書類に不備がないように注意
  5. 土日対応のおすすめのファクタリング
  6. その他のファクタリングの選び方
  7. まとめ
この記事に掲載されているサービス

ファクタリングは土日にも利用できる

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に売却することで、早期に現金化できるサービスです。一部のファクタリング会社は土日にも対応しており、週末でも利用できるのが大きな利点です。

土日に入金対応しているファクタリング会社を利用すれば、週明けに控えている支払いに備えて、現金を手にすることができます。

この記事では、おすすめの土日対応のファクタリングや選ぶ際のポイント、確実に土日に入金してもらうための注意点などを解説します。

ファクタリングとは|意味やメリットデメリットをわかりやすく解説

ファクタリングは「債権買取り」のことで、経済産業省が中小企業に向けて推奨している資金調達方法です。スピーディーに資金調達できる点が魅力です。本記事では、ファクタリングの仕組みや種類、メリット・デメリットの他、ファクタリングが役立つシーンなどについて解説します。

土日対応のファクタリングのメリット

土日対応のファクタリングには、急な支払いに対応できるなどのさまざまなメリットがあります。以下では、土日対応のファクタリングが持つ様々なメリットについて詳しく解説していきます。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

土日対応のファクタリングのメリット

  1. 週明けの支払いに間に合う
  2. 平日より落ち着いて相談できる

週明けの支払いに間に合う

週明けに支払いが控えている場合、通常の銀行融資では土日には対応してもらえないため、資金調達が困難です。しかし、ファクタリング会社の中には、土日でも申し込みを受け付けているところや、実際に入金まで行ってくれるところがあります。

これにより、土日に申し込みをしても、週明けの支払いに間に合わせることが可能です。また、土日対応のファクタリング会社を選ぶ際には、申し込みだけを受け付けているケースと入金も可能なケースを確認することが重要です。

平日より落ち着いて相談できる

土日対応のファクタリングには、平日に比べて相談がしやすいという大きなメリットがあります。通常、平日は多くの企業が業務に追われており、ファクタリングの相談や検討に時間を割くことが難しいことがあります。

しかし、土日であれば業務が落ち着いているため、ファクタリングについてゆっくりと相談できる環境が整います。また、土日にファクタリングの申し込みを行えば、早い時間に申し込むことでその日のうちに資金を調達することが可能です。

このように、土日の利用は平日よりもスムーズにファクタリングを進めることができるため、企業の資金調達に役立ちます。

土日対応のファクタリングを選ぶ際のポイント

土日対応のファクタリングを選ぶ際は、いくつかのポイントを確認することが重要です。ここでは、土日対応のファクタリングを選ぶ際のポイントについて詳しく解説していきます。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

土日に入金が可能か

土日対応のファクタリングを選ぶ際は、特に「土日に入金が可能かどうか」を確認することが重要です。土日に申込ができる業者は、申請手続きや書類提出を週末に行えるため、忙しい平日に時間を取れない場合には便利です。

しかし、実際の入金は翌営業日、つまり週明けになってしまうケースが多いです。そのため、土日に入金を希望する場合は、入金対応も行っているかどうかをしっかり確認しましょう。

特に入金が急務の場合には、事前にファクタリング会社に問い合わせをして、土日の入金対応が可能かどうかを確かめることが重要です。

2者間ファクタリングを選ぶ

土日に即日入金してほしい場合には、2者間ファクタリングを選ぶことをおすすめします。その理由は、3者間ファクタリングと比べて、手続きがシンプルかつスピーディーであるためです。

3者間ファクタリングの場合、申込者がファクタリング会社と契約を結んだ後、売掛先企業にも債権譲渡の承諾を得る必要があります。

しかし、売掛先企業が土日に業務を行っていない場合、承諾を得ることができず、結果として資金調達が週明けまで遅れてしまうことになります。

一方で2者間ファクタリングでは、ファクタリング会社と申込者の間で直接契約が結ばれるため、売掛先企業の承諾を待つ必要がありません。特に週明けに急な支払いがある場合や、すぐに資金が必要な場合には、このスピード感が大きなメリットとなります。

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの違い|共通点も解説

ファクタリングには、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの2種類の取引形態があります。それぞれの特徴を理解し、自社に適した方を選びましょう。この記事では、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの違いや、共通するメリット・デメリットなどを解説します。

オンラインで手続きを完結できるか

対面での手続きや郵送を必要とするファクタリングサービスもありますが、これらは時間がかかり、特に土日に迅速な対応が難しい場合があります。

一方、オンラインで全ての手続きを行えるファクタリングサービスを選べば、対面の打ち合わせや書類の郵送を省略できるため、手続きが格段にスムーズになります。

また、オンラインでの手続きは、インターネットさえあればどこでも行えるため、移動の手間も省けます。特に、忙しい経営者にとっては大きなメリットです。

債権譲渡登記は不要か

債権譲渡登記とは、債権が譲渡されたことを公示するための手続きで、一般的には法務局での手続きが必要です。ただし、債権譲渡登記が必要な場合は、法務局が営業していない土日には手続きを進めることができません。

そのため、土日に即日で資金を調達したいと考えている場合には、債権譲渡登記が不要なファクタリング会社を選ぶことが重要です。債権譲渡登記が不要なファクタリングサービスであれば、土日でも迅速に手続きを完了し、必要な資金を即日入手することが可能です。

審査のスピードをチェック

土日対応のファクタリングを選ぶ際には、審査のスピードをチェックすることが重要です。そのため、ファクタリング会社の公式ホームページなどで審査スピードを確認し、最も早く対応してくれる業者を選ぶことが大切です。

審査に時間がかかる会社では、土日中に審査が完了しない可能性があり、結果的に資金調達が遅れてしまいます。ファクタリング会社の審査スピードは、通常、公式ホームページやサービス案内に記載されています。

これらの情報を事前に確認し、最も迅速な対応が期待できる業者を選ぶようにしましょう。

提出書類に不備がないように注意

ファクタリングを利用する際には、提出書類に不備がないように注意することが非常に重要です。書類に不備があると、審査が遅れてしまい、入金も予定より遅くなる可能性があります。そのため、必要書類を早めに準備し、きちんとチェックしておくことが大切です。

また、必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶと、さらに審査がスムーズになります。提出前には必ずダブルチェックを行い、不備がないことを確認しましょう。特に初めてファクタリングを利用する場合は、どの書類が必要かを事前に問い合わせておくと安心です。

ファクタリングの必要書類とは?必要書類が少ない業者についても解説

ファクタリングを利用する際は、必要書類を揃えなければなりません。身分証明書や請求書はもちろん、決算書や登記簿謄本も必要になることがあります。この記事では、ファクタリングに必要な書類や、必要書類が少ない業者を利用するメリット・デメリットなどを解説します。

土日対応のおすすめのファクタリング

株式会社ラボル

ラボル

最短60分1万円から調達可能!少額でも調達したい個人事業主・フリーランス向け

今すぐチェック 公式サイトで申し込む

GOOD
ここがおすすめ!

  • 24時間365日振込に対応しており、入金まで最短60分とスピーディー!
  • 面談不要かつwebで完結できるため、手軽に申込みできる
  • 買取対象が幅広く、独立直後や新規取引にも対応

MORE
ここが少し気になる…

  • 一万円から調達可能だが、手数料が一律10%

その他のファクタリングの選び方

ファクタリングを選ぶ際には、以下のような重要なポイントとその他の比較ポイントに注目することがおすすめです。これらを十分に確認することで、自社に適したファクタリング会社を選ぶことができるでしょう。

【重要なポイント】

  1. 手数料は適正か・上限は明確か

【その他の比較ポイント】

  1. 買取額の上限はいくらか
  2. 償還請求権はないか
  3. 実績・担当者の応対もチェック

まとめ

土日対応のファクタリングは、週末にも資金の入金が可能であり、特に週明けに支払いを控えている場合に便利です。土日に入金が可能かどうかは、ファクタリング会社を選ぶ際の重要なポイントの一つです。

また、必要書類の提出にも注意が必要です。書類に不備があると入金が遅れる可能性があるため、必要書類はなるべく早めに準備しておくことが重要です。十分な準備を行うことで、スムーズなファクタリングの手続きが可能になります。

このように、ファクタリングを選ぶ際には土日対応や必要書類の提出など、様々なポイントに注意する必要があります。本記事で紹介したポイントをしっかり確認し、自社に適したファクタリング会社を選ぶことが大切です。

Share

top