金融業界向けのおすすめSFA5選|導入のメリットや注意点を解説

Check!

  • 金融業界では、営業課題の属人化や働き方への対応の遅延といった課題がある。
  • 金融業界では、顧客のニーズに対応するためにSFAが求められている。
  • 金融業界にSFAを導入すると、営業活動が効率化する。

銀行などの金融業界では、顧客の購買行動の多様化や、働き方の変化により、営業活動の悩みが生じています。本記事では、金融業界が抱える営業の課題と、SFA(営業支援システム)が求められている理由の他、SFAを導入するメリットも解説し、おすすめSFAを紹介します。

目次

開く

閉じる

  1. 金融業界でSFAが求められる理由
  2. 銀行などの金融業界が抱える営業課題
  3. 金融業界でSFAを導入するメリット
  4. 金融業界向けおすすめのSFAツール5選
  5. 金融業界でSFAを導入する際の注意点
  6. その他のSFAツールの選び方
  7. まとめ
この記事に掲載されているサービス

金融業界でSFAが求められる理由

金融業界では、営業活動が複雑化し、多様な金融商品や顧客ニーズに対応する必要があります。そのため、SFAのような営業支援システムを利用し、営業プロセスの効率化を進めている企業が増えています。ここでは、金融業界でSFAが求められる理由について解説します。

顧客の購買行動が多様化しているため

金融業界でSFAが求められる理由は、顧客の購買行動が多様化しているからです。従来の購買行動は主に銀行や証券会社の店舗での対面取引が中心でしたが、インターネットの普及やモバイル技術の進化により、オンラインやモバイルでの取引が急速に増えています。

顧客は情報を容易に入手し、比較検討を行い、自らのペースで商品やサービスを選択します。これに伴い、営業手法も変化が必要となります。SFAは、顧客データの統合管理や分析により、購買行動の変化に対応し、より効果的な営業戦略を立てることができます。

顧客との個別対応やターゲティング広告、オンラインサービスの提供などが可能となり、顧客満足度と収益の向上につながります。

顧客のニーズが多様化しているため

金融業界でSFAが求められる理由は、顧客のニーズが多様化しているからです。従来と比べて、顧客は単一の金融商品やサービスに限定されることなく、多様な選択肢を求めています。多様なニーズに対応するためには、顧客データの集約と分析が不可欠です。

SFAを活用することで、顧客の傾向や好みを把握し、個別のニーズに合わせた提案やカスタマイズされたサービスを提供できます。これにより、顧客満足度の向上や、長期的な顧客関係の構築を支援でき、競争力の強化と成長につながります。

\SFAのおさらいはこちらの記事をチェック/

SFAとは?CRM・MAとの違いや導入成功へ導く4つのポイントを解説

SFA(営業支援システム)とは、営業メンバーの行動管理や商談の進捗状況を共有するツールを指します。本記事では、営業活動やマネジメントを効率化してくれるSFAの主な機能やシステム導入によるメリット・デメリット、導入の際に選ぶポイントを解説します。

銀行などの金融業界が抱える営業課題

銀行などの金融業界には、さまざまな営業課題があります。競争の激化やデジタル化の進展により、新たな課題に直面しています。ここでは、銀行などの金融業界が抱える営業課題について解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

銀行などの金融業界が抱える営業課題

  1. 営業活動の属人化
  2. 多様な働き方への対応が遅れている

営業活動の属人化

銀行などの金融業界では、営業課題の一つとして営業活動の属人化が挙げられます。個々の営業担当者が顧客情報や、営業情報を周知できず、情報の共有が十分に行われない状況になります。

これにより、他の営業担当者や組織全体での営業情報の共有が制限され、効率的な営業活動が妨げられます。

多様な働き方への対応が遅れている

銀行などの金融業界では、営業課題の一つとして、多様な働き方への対応が遅れています。特に、テレワークや在宅勤務などの柔軟な勤務形態への対応がまだ不十分です。これは、従来の営業スタイルが対面取引やオフィスでの業務に重点を置いていたためです。

しかし、現代の働き方は多様化しており、顧客との対話や業務の遂行において場所や時間に制約を受けない柔軟性が求められています。

金融業界でSFAを導入するメリット

金融業界においてSFAを導入することには多くのメリットがあります。SFAは営業活動を効率化し、組織の業績向上に貢献します。ここでは、金融業界でSFAを導入するメリットについて解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

営業活動の透明化・効率化・標準化を推進

SFAの導入により、金融業界の営業活動の透明化・効率化・標準化を推進できます。課題として「営業活動の属人化」が取り上げられているように、金融業界の営業活動は営業成績の高い人と低い人の間でさまざまな情報が共有されていない不透明さがあります。

それがSFA導入により、顧客情報や営業プロセス、商談に至るニーズの熱量も等しく共有され、営業活動の標準化がかないます。

SFAを導入し、営業ツールを得ることで営業活動が効率化されるのはもちろんですが、営業活動が標準化することで成功・失敗のプロセスも明確化しやすい環境になります。PDCAサイクルを回しやすくなり、より効果的に導入効果も感じられるでしょう。

顧客情報の一元管理

SFA導入によるメリットとして、顧客情報が一元管理できる点があります。一元管理により、顧客の属性や購買履歴などが統合的に管理されるため、営業担当者は顧客の嗜好やニーズを正確に把握できます。

これにより、個別対応が可能となり、顧客満足度の向上や、マーケティングキャンペーンを促進できます。また、営業活動の効率化やターゲティング広告の展開にも役立ち、販売機会の最大化が期待できるでしょう。

営業活動が行われると同時に、営業活動にまつわるデータも蓄積されます。精度の高い売上予測や営業アクションを、信頼性の高い数値に基づいて行える環境は、PDCAを行うのに最適といえます。

顧客満足度の向上

SFA導入による金融業界のメリットの一つは、顧客満足度の向上です。SFAシステムは、顧客情報の一元管理により、顧客の嗜好やニーズを正確に把握し、個別対応が可能となります。これにより、営業担当者は的確な提案を行い、顧客満足度を高めます。

また、効率的な営業プロセスと迅速な対応により、顧客の問い合わせや要望に迅速に応えることができます。さらに、顧客への個別マーケティングや顧客サービスの改善に活用することで、顧客のニーズに合わせたサービス提供が可能となり、顧客満足度を向上させます。

金融業界向けおすすめのSFAツール5選

株式会社セールスフォース・ジャパン

Salesforce Essentials

導入しやすい手頃な価格で中堅・中小企業におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 年単位の請求の場合1ヶ月あたり3,000円と手頃
  • リード・商談・アカウントの管理やレポートの作成など営業支援ツールが満遍なく使える

MORE
ここが少し気になる…

  • より詳細な機能や使い方は問い合わせや無料トライアルを活用しないと分からない

株式会社ジーニー

GENIEE SFA/CRM

シンプル操作で「設定・入力・分析」を行いたい方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 予算と状況に応じて選択できる3つのプランがあり、管理や進行がしやすいシンプルな設計
  • プロとエンタープライズプランは「名刺管理」が使える

MORE
ここが少し気になる…

  • スタンダードは安価ではあるが使える機能が必要最低限で、ほんの一部しかない

ソフトブレーン株式会社

eセールスマネージャーRemix Cloud

移動時間を利用して顧客情報を管理したい方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • データの二重登録や資料作成時間を削減でき業務効率化できる
  • マルチデバイスに対応しているため場所を問わず使用可能

MORE
ここが少し気になる…

  • マニュアルがわかりにくく定着に時間がかかる

株式会社ジオコード

ネクストSFA

マーケティング活動を自動化させたい方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 「使いやすさNo.1」を掲げており、直観的な操作設計にこだわったシステム設計
  • MA・SFA・CRMすべての機能を搭載
  • サポート体制が充実している

MORE
ここが少し気になる…

  • 10ユーザーからしか利用できない

株式会社マツリカ

Mazrica Sales

営業活動に専念できる環境作りをしたい方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 成果に直結するダッシュボードを搭載
  • 正答率92%、AIによる受注予測機能を開発
  • シンプルなUIで顧客管理による負担を最小限にすることが可能

MORE
ここが少し気になる…

  • シンプルすぎるがゆえに目的に合わせた細かいカスタマイズができない

金融業界でSFAを導入する際の注意点

SFAを導入する際の注意点として、ランニングコストと入力作業の負担に注意が必要です。SFAの運用には、継続的なランニングコストがかかる場合があります。これらの費用を事前に評価し、予算を適切に確保する必要があります。

また、SFAシステムへのデータ入力作業は時間と労力を必要とするため、営業担当者の負担を考慮する必要があります。必要項目を絞り込んで入力作業を軽減させたり、ユーザーフレンドリーなインターフェースを採用するなど、従業員の利便性に注意することも大切です。

その他のSFAツールの選び方

ここでは、SFAツールを選ぶ際の注目すべきポイントを紹介します。「重要な3つのポイント」「他の比較ポイント」の2つの項目に分けて掲載してますので、以下のポイントを参考にして、自社のニーズに合致したSFAツールを選択しましょう。

【重要な3つのポイント】

  1. コストパフォーマンスが見合っているか
  2. 自社に必要な機能が搭載されているか
  3. 外部サービスと連携できるか

【他の比較ポイント】

  1. スマホやタブレットで利用できるか
  2. 担当者が使いやすく工数削減できるか
  3. 他部署と連携できるか
  4. 導入実績が豊富か
  5. サポートは充実しているか
  6. セキュリティ対策は万全か
  7. 無料トライアルがあるか

SFA(営業支援ツール)おすすめ6選|選び方と比較ポイントを解説

SFAツールとは、企業の営業活動における情報をデータ化して蓄積・分析できるツールのことを言います。SFAツールの導入で、営業活動の効率化に繋がります。本記事では、SFAツールの導入を検討している方のために、おすすめのSFAツールや選び方を詳しく解説しています。

まとめ

金融業界の営業課題は、競争激化や顧客ニーズの多様化などがあります。SFA導入により営業効率や顧客満足度が向上し、営業情報の一元管理や効果的なターゲティングが可能となります。

また、顧客ニーズの把握や個別対応が可能となり、営業チームの連携も強化されます。営業プロセスの可視化や効果測定も行え、戦略的な経営判断が可能です。SFAは、営業活動の効率化や顧客満足度向上に貢献し、競争力強化と成長につながります。

Share

top