中古ドメイン検索・取得の究極ガイド

これだけは押さえたい!ポイント解説

SEO価値の向上、即時トラフィックの獲得、そして鮮明なブランドイメージの構築。
中古ドメインはこれらを可能にしますが、適切な一つを見つけるためには何を知っておくべきでしょうか?
ここでは、選択から取得、活用に至るまで、中古ドメインを最大限に活かすために「これだけは押さえたい!」というポイントをわかりやすく解説していきます。

1. 中古ドメイン取得・購入時のノウハウ

中古ドメインを取得する前に押さえておくべき情報をまとめました!

中古ドメインを取得する際に確認すべきこととは?

被リンク(バックリンク)数:SEO対策の為には被リンクの量や質が非常に重要です。ドメインパワーにも大きく影響します。

ドメインパワー(ドメインオーソリティ):ドメインの評価を100点満点で数値化したものです。ドメインパワーが高い中古ドメインを使うことで、最初から検索上位に表示される可能性が高まります。

ドメイン年齢(ドメインエイジ):ドメイン取得後、検索エンジンにインデックスされてから経過した年月のことです。ドメイン年齢が長いとSEO評価が高くなる傾向があります。

これらを調べられるツール・・・Ahrefs、Mozなど

中古ドメインを選ぶメリット・デメリットは?

メリット:過去のドメインパワーを引き継ぐことが出来ます。その結果、検索上位に表示されやすいです。

デメリット:過去にペナルティを受けていた場合、それも引き継いでしまう可能性があります。

メリットを最大限享受するためにも、事前に運用履歴を確認した上で購入することをおすすめします!

2. 中古ドメイン検索時の留意すべき点

中古ドメインを検索する際に留意すべき3つのポイントは以下の通りです。

専門の検索プラットフォームを活用する

中古ドメインを検索する際には、GoDaddyオークションやSedoなどの専門のプラットフォームを活用すると効率的です。

これらのプラットフォームは、幅広いカテゴリーやキーワードから検索を行うことができ、また、ドメインの価格、歴史、権威性などの重要な情報を提供しています。

適切な検索フィルターを使用して、目的に合ったドメインを効率的に見つけることができます。

キーワードとドメインの関連性を重視する

ドメイン名には、検索エンジン最適化(SEO)において重要な役割があります。

目的とするウェブサイトの内容や業種に関連するキーワードを含むドメインを選ぶことで、検索エンジンにおける可視性を高めることが期待できます。

特定のキーワードを含むドメインは、ユーザーにとっても覚えやすく、検索結果でのクリック率を向上させることが可能です。

利用可能なドメインの種類を広げる

中古ドメインの検索では、.comや.netといった一般的なトップレベルドメイン(TLD)だけでなく、.infoや.biz、地域を表すccTLD(Country Code Top-Level Domain)など、幅広い種類のドメインに目を向けることが重要です。

異なるTLDを検討することで、目的に合った、かつ競争が少ないドメインを見つけやすくなります。

ただし、ドメインのTLDがターゲットとする市場やオーディエンスに適しているかどうかを考慮することが必要です。

3. 中古ドメイン 取得方法

中古ドメインを取得する方法には、いくつかの手順と注意点があります。

ここでは、そのプロセスをスムーズに進めるための3つの重要なポイントを紹介します。

オークションサイトやマーケットプレイスを利用する

中古ドメインの取得には、GoDaddyオークション、Sedo、NameJetのような専門のオークションサイトやマーケットプレイスを利用する方法が一般的です。

これらのプラットフォームでは、幅広いカテゴリーのドメインが出品されており、入札や即決購入で希望するドメインを取得することができます。

プラットフォームごとに取引のルールや手数料が異なるため、利用前にそれらを確認することが重要です。

直接所有者に交渉する

ドメインが特定の個人や企業によって所有されている場合、直接コンタクトを取って購入交渉を行う方法もあります。

WHOISデータベースを利用することで、ドメイン所有者の連絡先情報を見つけることができる場合があります。

しかし、プライバシー保護のために所有者情報が隠されていることも多いため、その場合はドメインの売買を仲介するサービスを利用することも検討しましょう。

直接交渉では、適正価格での取引を目指すために、事前に類似のドメイン価格を調査しておくと良いでしょう。

ドメインバックオーダーサービスを使用する

特定の中古ドメインが現在は利用可能でないが、将来的に利用可能になる可能性がある場合、ドメインバックオーダーサービスを利用する方法もあります。

このサービスを利用すると、ドメインが市場に再登場した際に優先的に取得する権利を得ることができます。

複数のサービスが存在するため、成功率や費用、サービス内容を比較検討して、自分のニーズに最適なサービスを選択しましょう。

4. 中古ドメイン取得する際におすすめのツール

中古ドメインを検索および取得する際に役立つツールには様々なものがありますが、特に注目すべき3つのツールを以下に紹介します。

ドメインオークションサイト

GoDaddyオークション、Sedo、Flippaといったドメインオークションサイトは、中古ドメインの検索と取得に非常に有効です。

これらのプラットフォームでは、幅広い種類のドメインが出品されており、ユーザーはキーワード検索やカテゴリー分けされたリスティングを通じて目的に合ったドメインを見つけることができます。

また、これらのサイトではドメインの入札価格や即購入価格が明示されているため、予算に応じた選択が可能です。

ドメインバックオーダーサービス

NameJetやSnapNamesのようなドメインバックオーダーサービスは、特定のドメインが再登録可能になった瞬間にそれを取得するためのツールです。

これらのサービスを利用することで、希望するドメインが現在利用不可でも、将来的に取得のチャンスを得ることができます。

バックオーダーサービスは競争が激しいため、複数のサービスに登録しておくと成功確率が上がる場合があります。

WHOIS検索ツールとドメイン履歴チェッカー

WHOIS検索ツール(例:Whois.net、ICANN WHOIS)を使用すると、ドメインの登録者情報や有効期限などを調べることができます。

この情報は、ドメイン所有者に直接連絡を取りたい場合や、ドメインの有効期限が近づいているかどうかを確認する際に役立ちます。

また、Wayback Machineのようなドメイン履歴チェッカーを使うことで、そのドメインが過去にどのようなサイトとして使用されていたかの履歴を調査することができ、ドメインの評判や利用歴を把握するのに有効です。

5. 中古ドメインの探し方

中古ドメインを探す際には、目的に合った価値あるドメインを見つけるために、以下のポイントを押さえると効果的です。

ドメインオークションサイトをチェックする

GoDaddyオークション、Sedo、NameJetなどのサイトは、多数の中古ドメインを提供しており、競売や即決価格で購入するオプションがあります。

専門のマーケットプレイスを利用する

Flippaのようなマーケットプレイスでは、ウェブサイトやアプリと共にドメインも販売されています。

特定のニーズに合ったドメインが見つかるかもしれません。

ドメインバックオーダーサービスを使用する

SnapNamesやBackorderZoneなど、期限切れドメインを自動的にキャッチするサービスを利用して、希望するドメインを確保しましょう。

WHOISデータベースを調べる

既に所有者がいるドメインについて、WHOISデータベースを調査し、連絡先情報を見つけ出して直接交渉の可能性を探ります。

ドメイン履歴をチェックする

Wayback Machineなどのサービスを利用して、ドメインが過去にどのように使用されていたかを調査します。

これにより、ドメインの品質と適合性を判断できます。

キーワードリサーチツールを活用する

目的に合ったキーワードを含むドメインを見つけるために、Google Keyword PlannerやAhrefsなどのツールを使用しましょう。

ソーシャルメディアとフォーラムを利用する

ドメイン売買に関する情報は、ソーシャルメディアや専門フォーラムでも交換されています。

これらのプラットフォームを定期的にチェックすることで、貴重なドメインを見つけることができるかもしれません。

SEO指標を確認する

MozのDomain AuthorityやAhrefsのDomain Ratingなど、ドメインのSEO指標をチェックし、その価値を評価します。

バックリンクプロファイルを分析する

購入前にドメインのバックリンクプロファイルを分析し、質の高いリンクが多いかを確認します。

これにはAhrefsやMajesticなどのツールが役立ちます。

商標や著作権のチェックを行う

最後に、ドメイン名が既存の商標や著作権を侵害していないことを確認することが重要です。

これにより、将来的な法的トラブルを避けることができます。

6. 中古ドメインと期限切れ

期限切れ中古ドメインを検索・取得する際に注目すべき3つのポイントを紹介します。

これらのポイントは、価値のある期限切れドメインを見つけて、ウェブサイトやビジネスに利益をもたらす方法に焦点を当てています。

専門の期限切れドメイン検索ツールを利用する

期限切れ中古ドメインを見つけるためには、Expireddomains.netやDomCopなどの専門の検索ツールを利用することが効率的です。

これらのツールは、期限切れのドメインを大量にリストアップし、検索機能を提供しています。

キーワード、ドメインの年齢、バックリンクの数、DA(ドメインオーソリティ)、PA(ページオーソリティ)など、さまざまなフィルターを用いて、目的に合ったドメインを絞り込むことができます。

ドメインの履歴と評判を調査する

期限切れドメインを取得する前に、そのドメインの過去の使用履歴や評判を調べることが非常に重要です。

Wayback Machineを使用して過去のウェブサイトの内容を確認したり、Googleでドメイン名を検索して、過去にスパム行為や不正な活動に関与していなかったかをチェックします。

また、ドメインが検索エンジンのペナルティを受けていないかも確認することが重要です。

ドメインのSEO価値を評価する

期限切れ中古ドメインを取得する主な理由の一つが、SEO(検索エンジン最適化)におけるその価値です。

ドメインが持つバックリンクの質と量を評価し、関連する高品質なウェブサイトからのリンクが多数あるかを確認します。

Ahrefs、Majestic、SEMRushなどのSEOツールを使用して、ドメインのバックリンクプロファイルを調べ、そのSEOパフォーマンスを評価することができます。

高いドメインオーソリティ(DA)を持つドメインは、検索エンジン結果ページ(SERP)でより良い位置に表示される可能性が高いです。

7. 中古ドメイン検索

中古ドメインを検索する際に有効な3つのポイントは以下の通りです。

これらのポイントを抑えることで、目的に合った中古ドメインを効率的に見つけることができます。

専門のドメインマーケットプレイスを利用する

中古ドメインを検索する最初のステップとして、GoDaddyオークション、Sedo、Flippaといった専門のドメインマーケットプレイスの利用を検討しましょう。

これらのプラットフォームは、広範囲にわたる中古ドメインを取り扱っており、キーワード検索やカテゴリ別検索を通じて、ニーズに合ったドメインを簡単に見つけることができます。

さらに、これらのサイトではドメインの詳細な情報、価格、取引履歴などが提供されるため、購入前にドメインの価値をしっかりと評価することが可能です。

キーワードとの関連性を重視する

検索する際には、ビジネスやプロジェクトに関連するキーワードをドメイン名に含めることを検討しましょう。

キーワードを含むドメイン名は、SEO(検索エンジン最適化)において有利であり、目的のオーディエンスに対しても直感的に理解しやすいため、クリック率の向上が期待できます。

また、専門のキーワードリサーチツールを使用して、関連性の高いキーワードを見つけ出し、それを基にドメイン検索を行うと良いでしょう。

ドメインの歴史と評判をチェックする

ドメインを選定する際には、その歴史や過去の使用状況を調べることが重要です。

Wayback Machineのようなウェブアーカイブサービスを利用して、ドメインが過去にどのようなサイトであったかを確認しましょう。

また、ドメインが検索エンジンペナルティや不適切なコンテンツに関連していなかったかどうかも確認する必要があります。

これにより、ドメインが将来的にウェブサイトやビジネスに悪影響を及ぼすリスクを避けることができます。

8. よくある質問(FAQ)

中古ドメインの取得とは何ですか?

中古ドメインの取得とは、過去に他の人や組織によって登録され、使用されていたが、現在は使用されていないドメイン名を再登録するプロセスです。

これらのドメインは、すでにある程度の認知度やSEO価値を持っている場合があります。

中古ドメインを検索するにはどうすればいいですか?

中古ドメインを検索するには、専用のドメイン検索ツールやオークションサイトを利用します。

これらのプラットフォームでは、キーワード、業種、ドメインの年齢など、さまざまな条件を指定して希望のドメインを見つけることができます。

中古ドメインの取得方法は何ですか?

中古ドメインを取得する方法にはいくつかありますが、主な方法としては、ドメインオークションサイトでの入札、専門のドメイン売買プラットフォームでの直接購入、または期限切れドメインをキャッチするサービスを利用するなどがあります。

中古ドメインを探すのに役立つツールはありますか?

中古ドメインを探すのに役立つツールには、Expireddomains.netやDomCopなどがあります。

これらのツールでは、期限切れドメインや間もなく期限が切れるドメインの検索、フィルタリングが可能です。

また、ドメインのSEOメトリクスや歴史を調べるための機能も備えています。

中古ドメインの探し方は?

中古ドメインを探す際は、まず目的やニーズに合ったキーワードや業界を明確にします。

その上で、上記で紹介したツールやオークションサイトを利用して、条件に合うドメインを探します。

重要なのは、ドメインの過去の使用歴をチェックし、ペナルティや負のSEO歴がないかを確認することです。

期限切れ中古ドメインとは何ですか?

期限切れ中古ドメインとは、所有者が更新料を支払わずに登録期限が切れたドメインのことを指します。

これらのドメインは再登録が可能となり、新たな所有者によって利用されることがあります。

期限切れドメインは、既にある程度の認知度やSEO価値を持っていることが多く、適切に選べばウェブサイトやビジネスに大きな利点をもたらす可能性があります。

9. 中古ドメインの選び方(会場はこちら)

さて、それではそんなSEO対策に有利な中古ドメインはどこで取得できるのか?
お名前.comでは下記サービスにて中古ドメインを提供しております。

1.jpドメインオークション (今月のオークションは終了しました)

ドメインオークションは中古ドメインの取得権利をオークション形式でご購入いただくサービスです。参加費は無料で出品されている全てのドメインに対して、どなたでも入札することができます。中古ドメインを活用し、早期にWebサイトの集客力をつけたい方!ぜひオークションにご参加ください!

2.jpドメインバックオーダー

.jpドメインバックオーダーとは、ご予約いただいた”登録済みドメイン名”が開放され再登録可能になった瞬間に、お名前.comのシステムが自動的に即時取得を試みるサービスです。予約を受け付けているドメイン名は中古ドメインです。
お名前.comの「.jpドメインバックオーダー」サービスをご利用いただくと、手動での取得が難しい優良ドメインが開放された瞬間に自動でドメイン名の取得を試みるため、欲しいドメイン名の取得成功率が飛躍的にアップします。

ログアウト します。よろしいですか?

はい
dataLayer.push({"CD059 | jpオークション": "jpdomainAuction"}); /************* DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! **************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->