ドメインとるならお名前.com

登録実績2,000万件突破!国内シェアNo.1のドメイン登録サービス

レジストリとレジストラ

レジストリとレジストラについて解説します。

※2019年3月自社調査。調査方法はこちら

ICANN認定公式レジストラのお名前.com

レジストリ

レジストリは、各ドメイン情報を持つデータベースを管理している機関です。ドメインによってレジストリは異なり、例えば「.com/.net」は、VeriSignによって管理されています。すべてのレジストラに対し平等にSRS(※1)へのアクセスを保証し、中立の立場である事が要求されています。

レジストラ

ICANN※2に認定されているレジストラは、直接レジストリと契約を結び、非営利団体ICANNのレジストラ認定方針(Registrar Accreditation Policy)とレジストラ認定規約(Registrar Accreditation Agreements)に基づき、十分な資源と意欲、技術、ビジネス能力を持っているドメイン登録業者です。 レジストラは、各レジストリとレジストリ・レジストラ契約(Registry-Registrar Agreement)を結び、SRSを使用してレジストリデータベースに直接ドメイン情報を登録する事が できます。

代理店

代理店(登録代行業者)は、レジストラを通してドメインの登録・販売を行う会社で、SRSにアクセスする権利は持っていません。

  • SRS(Shared Registry System 共有登録システム)は、レジストリと米国政府が合意した同意書により、多数のレジストラがドメイン登録サービスを提供できるシステムのプロトコルと関連するソフトウェアです。ICANNより認定を受け、レジストリとレジストリ・レジストラ契約を結んでいる業者が、レジストラとしての業務を行うことができます。
  • ICANNとは、The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers の略で、米国政府や代行機関により遂行されていたドメイン名登録業務、IPアドレスなどの管理責任を、民間のインターネットの利害関係者が設立する非営利団体に移管するという方針により設立された非営利団体です。

ICANN公認レジストラ

最近では、ドメイン登録を手軽に行えるサービス・企業が増えてきました。簡単になった反面、管理のずさんな会社も増えています。自分が登録したと思っていたドメインの登録者が別の人になっていた、突然サービスが休止されてドメインが使えなくなった、という例が後を絶ちません。
大切なドメインが、トラブルに巻き込まれないよう、そのドメインはICANNのルールに沿って正しく管理をしている公認レジストラへお任せください。
あなたも、日本国内や世界で有名な企業も多数利用しているお名前.comで、安心のドメイン登録・ドメイン管理をはじめませんか?

登録実績2000万件突破

.com .net .work .jp .xyz .biz .info .fun .love 1 から 月あたり 0.1から

現在の有効期限: 2019年11月13日(水)17:00まで

  • ※ 「国内シェア」は、ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値をもとに集計。gTLDが集計の対象。
  • ※ 日本のドメイン登録業者(レジストラ)(「ICANNがレジストラとして認定した企業」一覧(InterNIC提供)内に「Japan」の記載があるもの)を対象。
  • ※ レジストラ「GMO Internet, Inc. d/b/a Onamae.com」のシェア値を集計。
  • ※ 2019年3月時点の調査。