アドセンスの開始方法とログインできない場合の対処法

この記事は約8分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

Googleアドセンスにログインできなくなるトラブルは珍しくありません。管理画面に入れないと、アドセンス広告のクリック状況やそこから得られた収益を一切把握できなくなるため、非常に困ったことになります。

今回は、Googleアドセンスの開始方法から、ログインできなくなったときの対応法までを解説します。

Googleアドセンスのアカウント開設までのプロセス

Googleアドセンスにログインできないトラブルは、アカウントの管理に問題があるケースがほとんど。

中には、Googleアドセンスをまだ開設していない状態で、Googleアカウントを使ってログインしようとして失敗しているケースもあるようです。

そこでまずは、Googleアドセンスのアカウントを開設するために必要な手順について再確認しておきましょう。

Googleアドセンスの利用には、次の3つのプロセスを経る必要があります。

広告を掲載するブログを作成する

Googleアドセンスの広告を掲載するブログを作成します。

Googleアドセンスでは利用に審査があるため、審査の対象となるブログをあらかじめ用意しておかなければなりません。

未完成のブログは審査に落ちる可能性が高いので、構築するだけでなく、既に運用が始まっている段階のブログを準備します。

Googleアドセンスの登録と審査

Googleアドセンスに登録を行い、ブログの審査を申請します。登録作業は簡単ですが問題は審査で、最近は基準が厳しくなったことで不合格になるブログも増えています。

審査にかかる時間は短いときは一日、長いときには数ヶ月かかることもあるようです。

審査は落ちても何度でも再チャレンジが可能となっています。

ブログに広告コードを設定する

審査に通過したら、晴れてGoogleアドセンスが利用可能になります。

Googleアドセンスの設定画面から広告コードを取得し、ブログ内の掲載したいスペースにペーストしましょう。

後は記事の内容やユーザーに合わせた広告が自動的に選ばれ、表示されるようになります。

広告をサイトに掲載しない状態を長期間続けていると、せっかく利用可能になったアカウントが無効になることがあるので、広告は常に表示させておくようにしましょう。

Googleアドセンスは、上述のプロセスを経ないと利用できるようにならないので、まずはこれらの手順を確実に進めましょう。

Googleアドセンス登録の具体的な手順

ここでは、Googleアドセンスの具体的な登録作業と、広告コードを取得し審査をリクエストするまでの手順について解説します。

途中でGoogleアカウントが必要になるので、持っていない場合は先にGoogleアカウントの作成を行っておきましょう。

Googleアドセンスのページを開き、「ご利用開始」のボタンをクリックしましょう。

Googleアカウントを利用してGoogleアドセンスにログインしましょう。

Googleアドセンスの「準備」の画面が開いたら、「あなたのサイト」に利用したいサイトのURLを入力し、「Adsenseがさらに便利に」で「はい」を選択、「お支払先の国または地域」で「日本」を選択すると、利用規約が表示されるので「利用規約を確認し、内容に同意します」にチェックを入れて「Adsenseのご利用を開始」ボタンをクリックしましょう。

「さあ始めましょう」のページが開いたら「お客様についてお知らせください」の「情報を入力」をクリックします。

「顧客情報」のページが開くので、名前と住所を登録しましょう。

「さあ始めましょう」の画面に戻り、「サイトをAdsenseにリンク」の「開始」をクリックすると、Adsenseのコードが表示されるので、コピーして広告を表示したいサイトのヘッダー内にペーストし、「審査をリクエスト」ボタンをクリックして審査を申し込みましょう。

Googleアドセンスにログインできなくなる5つの原因

ある日突然、Googleアドセンスの管理画面にログインできなくなった場合、どのようなトラブルが考えられるでしょうか。

Googleアドセンスには厳しい規約があり、例えばプログラムポリシーに違反した記事を掲載すると広告配信が停止されます。

ただし、この場合は広告が表示されなくなるだけで、Googleアドセンスの管理画面にログインできなくなるわけではありません。

ログイン自体ができなくなった場合は、アドセンス広告の運用の問題よりも、Googleアカウント自体に原因があると考えられます。

原因としては、次のようなものが考えられるでしょう。

別のGoogleアカウントでログインしている

Googleアドセンスの管理画面へのログインに失敗する最も多い原因は、別のGoogleアカウントでログインした状態で、Googleアドセンスを開こうとしているケースです。

Googleアカウントは取得に制限がなく、用途に応じてメールアドレスを確保するために、個人で複数のアカウントを保有している例が少なくありません。

しかし、Googleアドセンスを利用できるアカウントは一つしかないので、別のアカウントが有効になった状態のままだとログインに失敗します。

Googleアカウントのパスワードを変更した

Googleアカウントのパスワードを変更したこと失念して、過去のパスワードでログインしようとしているケースです。

この場合、新しいパスワードを覚えていれば問題は簡単に解決しますが、万が一、変更後のパスワードを忘れてしまった場合は、Googleの「アカウント復元」のページから、登録してあるスマートフォンで確認コードを受け取ることにより、新しいパスワードの設定画面へと移動できます。

Googleアカウントを削除した

複数のGoogleアカウントを所有していて、その整理をした際に、間違ってGoogleアドセンス用のアカウントを削除してしまったケースです。

この場合、「アカウント復元」のページで削除したアカウントの情報を入力すると、パスワード認証の後で、アカウントを復活させることができます。

アカウントを削除した上、さらにパスワードを忘れてしまった場合も、スマートフォンを使っての本人認証から復活が可能です。

ただし、削除から一定時間が経過した場合、復活はできなくなります。

15ヶ月以上、収益が発生していない

Googleアドセンスでは一定期間、サービスを利用していないとアカウントが無効になります。

どこのサイトにも広告を掲載していない状態が15ヶ月以上続いた場合、そのアカウントは活動していないと見なされるので注意が必要です。

また、広告を掲載していても、アクセスがほとんどなく収益が発生していない場合も同様です。

アカウントが不正使用されている

Googleアカウントが他のユーザーに不正使用されて、ログインできなくなるケースも考えられます。

Googleアカウントには不正アクセスに対抗するセキュリティ機能が備わっていて、未知のデバイスや未訪問の地域からログインがあった場合、警告が表示されたり、自動的にブロックが働くようになっていますが、それでも100%安全とはいえません。

アカウントの不正利用に対しては、二段階認証を設定して防護に努めましょう。

Googleアドセンスのログインを簡単に行うには?

前述したように、Googleアドセンスにログインできない原因のひとつが、別アカウントでログインした状態のままGoogleアドセンスを開こうとしているケースです。

Googleアカウントは個人で複数作成できますが、使い分けるのは意外と面倒で、特にブラウザにGoogle Chromeを利用している場合、常にいずれかのアカウントでログインした状態になっているため、Googleアドセンスを使うたびに、対応するアカウントにログインを繰り返すのは大変です。

複数のGoogleアカウントを併用する場合は、以下の2つの方法により使い分けが簡単になります。

シークレットウインドウを利用する

素早く別アカウントでGoogleアドセンスの管理画面にログインしたいときに便利なのが、ブラウザのシークレットウインドウ(シークレットモード)です。

シークレットウインドウは、履歴やCookieが残らない特殊なモードですが、あらゆるウェブサービスからログアウトした状態になるのも特徴で、シークレットウインドウであれば、Chrome本体をGoogleアカウントからログアウトさせないまま、Googleアドセンスにログインできるので、ログアウトとログインの手間が省けます。

Googleアドセンス専用のブラウザを用意する

Googleアドセンスにログインする頻度が多く、その都度、ログアウトを行うのが面倒という人におすすめなのが、Googleアドセンス専用のブラウザを用意することです。

普段使っているブラウザがGoogle Chromeなら、Firefox、Opera、Safari、Vivaldiといった別のブラウザを導入して、アドセンス用のGoogleアカウントにログインした状態にしておきます。

ついでにトップページをGoogleアドセンスにしておけば、ブラウザを起動してすぐに管理画面をチェックできる環境が整います。このブラウザは他の用途には使わず、Googleアドセンス専用にしておくのがいいでしょう。

まとめ

今回は、Googleアドセンスにログインできないときの対策と、Googleアドセンスのアカウント開設の手順について解説しました。

Googleが提供するサービスは複数ありますが、用途によってアカウントを使い分けている場合、管理は複雑になります。Googleアドセンスのアカウントは、収益に直接関係する極めて重要なアカウントですが、他のアカウントに紛れるとトラブルの原因になりかねません。

複数のGoogleアカウントを利用している場合は、パスワード管理ソフトを導入したり、専用のブラウザを用意したりといった方法で、アカウント周辺の管理トラブルを未然に防止しましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。
独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。
WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログをはじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる