この記事の目次

【入門】アフィリエイトとは?仕組み、始め方を初心者の人にもわかりやすく解説

副業の一つとして、インターネットを使ったアフィリエイトが注目されています。

お名前.comのアフィリエイト担当として、月5万~月10万円稼ぐアフィリエイターの方とコミュニケーションを数多くとってきました。

中には、月に数百万円稼ぐ方もいらっしゃいます。

しかし、アフィリエイトは始めるのは簡単ですが、根気強く続けて月5万・月10万円稼ぐのはなかなか難しいところ。

今回は、アフィエイトをこれから始める皆さんに対して、アフィリエイトについて詳しく説明していきます。

この記事を読んで、皆さんが月5万~月10万円の収益がまずは上がることを願っています。

この記事の内容

  • アフィリエイトの仕組み
  • アフィリエイトの始め方

そもそもアフィリエイトとは?

アフィリエイトとは一言でいうと「成果報酬型広告」です。

ご自身のブログやWebサイトで商品・サービスを紹介し、サイトに訪れた人が資料請求や商品を購入すると、広告主から報酬として収益を得ることができます。

紹介する商品・サービスはアフィリエイターの皆さんがが自由に選ぶことができます。
自分自身がよく知っていて説明しやすいものを選ばれるケースや、収益を重視してサイトの設計やサイトへの集客方法をロジカルに見極める方もいます。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトの仕組みには、ごれから始められる皆さん(アフィリエイター)以外に、「ASP」「広告主」「サイトに訪問するユーザー」が関係してきます。

アフィリエイトに関わる3つの要素

それぞれの役割

  • 広告主

    広告主は、アフィリエイターさんに紹介してほしい自社の商品やサービスを決めます。後ほどご紹介するASPに広告を掲載します。
    アフィリエイターの皆さんのサイトからお申し込みや購入があった場合、ASPを経由してアフィリエイターの皆さんに報酬をお支払いします。

  • ASP

    「アフィリエイト・サービス・プロバイダ」の略で、報酬のやりとりや広告の仲介など、アフィリエイターの皆さんと広告主をつなぐサービスを提供しています。

  • サイトに訪問するユーザー

    アフィリエイターの皆さんが作ったWebサイトに訪問するユーザーですこのユーザーが商品・サービスをお申し込み・購入してくれた際に、アフィリエイターの皆さんに報酬が支払われます。
    サイトに訪問するユーザーに有益な情報を提供することで、報酬が発生します。

アフィリエイトを実際に始めてみよう

1. Webサイトを作成

まずは、アフィリエイトを行うためのWebサイトを作る必要があります。

  • 独自ドメインを取得する
  • レンタルサーバーを契約する

初期費用を抑えるために、無料のブログで初めて見たいと思われる方もいらっしゃると思いますが、独自ドメインを取得してレンタルサーバーを契約してアフィリエイトを始めることがおすすめです。

理由としては、独自ドメインのほうがGoogleの検索結果が高くなる傾向があり、アクセス数が望めるためです。

長期的にアフィリエイトサイトを運用する上でもメリットがあります。
無料ブログの場合、突如サービスの提供が終了したり、利用規約の変更によりアフィリエイト自体ができなくなるケースがあります。

そうなると、今まで一生懸命育て上げたコンテンツが無駄になってしまい、移行する際も過去のコンテンツのGoogleからの評価が変動する場合があります。

独自ドメインを使ったアフィリエイトサイトの場合は、サーバーを提供する会社を自由に移行できますし、ドメインを更新し続ける限り、アクセスするドメイン名が変わることはありません。

こうしたことからGoogleからの評価を下がるリスクを抑えることができます。

WordPressといったサイトを作るためのCMS(コンテンツマネジメントシステム)が用意されているレンタルサーバーがおすすめです。

2. ASPに登録

Webサイトと記事を用意したら、ASPに登録しましょう。

A8.netの場合、会員登録時にWebサイトを記入する欄があります。
また、広告主によっては、お持ちのWebサイトを審査して広告掲載を承認する場合もあります。

ASPによって取り扱っている広告主に特徴があります。
アフィリエイト初心者の方は、とりあえずすべてのASPに登録して、紹介したい商品やサービスを探してみることをおすすめします。

登録だけであれば、無料です。

最初だけ手間ですが、収益を得る上で紹介する商品やサービスは重要です。手間を惜しまず登録を進めましょう。

3. Webサイトに合った広告を選択

ASPの登録がすんだら、今度は皆さんが作ったウェブサイトにあった広告を選んでいきましょう。

商品やサービス、提供する広告主によって報酬条件や広告素材の内容が異なりますので併せて確認しましょう。

各広告主ごとに審査が入り、承認後に広告掲載できるようになります。

4. 広告をWebサイトに掲載

審査が通過したら実際にWebサイトに広告掲載をしましょう。

プログラムごとに用意されているバナー(画像)を選び、広告を掲載したい箇所にASPが用意したコードを貼り付けます。
各ASPごとに仕様が異なるのでわからなければ、マニュアルを参照するか問い合わせてみてください。

実際にWebサイトを見てみて、バナーが掲載されていれば成功です。

サイト訪問者が訪れて、商品・サービスが購入・申し込みされれば報酬が支払われます。報酬の支払い日は、ASPや広告主によって異なりますのであらかじめ確認しておきましょう。

アフィリエイトで得た収入に税金はかかる?

アフィリエイトで得た収入は、一定金額を超えると確定申告をする必要があります。
手続きの方法は最寄りの税務署に確認してみましょう。

ASPによっては丁寧に案内しているケースもありますので確認してみましょう。
アフィリエイトで得た所得の確定申告について

まとめ

いかがでしたか?

まずは、ドメインとレンタルサーバーを用意してアフィリエイトを開始してみましょう。
WordPressがかんたんに使えるレンタルサーバーであれば、サイト作成の難易度もグッと下がります。

ドメインやレンタルサーバーの登録利用方法がわからない際は、24時間365日無料でサポートがつくお名前.comをご利用してみてください。