国内シェアNo.1ドメイン登録サービスの担当者が、稼げるノウハウを徹底解説!

この記事の目次

アフィリエイトにおすすめのジャンル

アフィリエイトにおすすめのジャンルは?

こんにちは、お名前.comのアフィリエイト担当です。

「アフィリエイトを始めたいけど、ジャンルは何がいいのでしょうか……?」という相談をよく受けます。確かにジャンルの選択は、アフィリエイトを始める上での最重要のポイント。アフィリエイトサイトがどれだけの収益を上げられるかは、ジャンルの選定にかかっているといっても過言ではありません。ジャンルの選択によって、大成功を収めることもあれば、鳴かず飛ばすに終わることもありえます。

今回は、このジャンルについて詳しく解説していきます。

この記事で分かること

  • アフィリエイトのジャンルの選び方
  • 2020年のアフィリエイトのおすすめジャンル

記事の目次

    収益化が簡単なジャンル・難しいジャンル

    本を難読する人とスマホでスラスラ読む人

    アフィリエイトには、収益化が簡単なジャンルと難しいジャンルがあります。簡単なジャンルとして挙げられるのは書籍、電子機器、ファッション用品、生活用品などです。これらは日常的に使われていて購買されやすいこともあり、すぐに収益に繋がります。ただし、アフィリエイトの利率は低く、得られる収益は一件あたり数百円程度。まとまった収益を得るためには大量の商品を売らなければなりません。

    逆に難しいジャンルとしては金融関連、通信回線、転職などが挙げられます。これらは契約や加入が成果となるため、難易度は高くなりますが、アフィリエイトの利率は高く、一件の成約で数千円から数万円の報酬が得られます。こういった分野は競争も激しく、ジャンルに関連する検索結果の上位には、軒並み大手サイトがひしめいています。

    収益以外の要素も含めてジャンルを検討する

    ジャンルで悩む人

    アフィリエイトでまとまった収益を得たいなら、できるだけ単価が高く、利率が良いジャンルを選ぶのが基本です。とはいえ、それだけを条件に選んでもサイトの運営は上手くいきません。「利益力」「メディア力」「持続力」、この3つの条件を満たすジャンルが理想です。

    ジャンルを決めるための三要素

    • 利益力

      「利益力」は、言い換えるならアフィリエイト力です。いかに効率よく利益を生み出せるかは、商品の価格やアフィリエイトの利率にかかっています。利益を出しやすいジャンルを選ぶのは、アフィリエイトで成功を収めるための絶対条件です。

    • メディア力

      「メディア力」は、サイトにお客さんを惹きつける力です。どんなに利率のいいジャンルでも、サイトに魅力がないと訪問者は定着せず、売り上げも伸びません。面白いメディアを作る自信があるジャンルを選びましょう。

    • 持続力

      「持続力」は、サイトを運営し続けるモチベーションです。儲かる商品で面白いサイトを作っても、興味・関心が続かなければ更新は止まってしまいます。短期間なら利益のために頑張れるかもしれませんが、アフィリエイトサイトは年単位で更新を続けなければならないので、興味や関心を持続できるかは非常に重要。大きな成功を収めている人は、利益を度外視してでもサイトを続けたいという強い思いを持っていることが多いのです。

    以上の3要素から、自分に適性のあるジャンルを考えてみましょう。例えば、本を紹介するサイトは、その時々の好みの作品を扱えるので、持続力は満点。メディアも作りやすく、ヒット作を取り上げれば集客も期待できるでしょう。ただし、アフィリエイトの利率が低いので、大きな利益は期待できません。

    婚活のサイトはどうでしょうか。婚活はアフィリエイトの利率が良く、話題にも事欠かないのでメディア力にも優れます。しかし、婚活中でないと興味を維持するのは難しく、長期間にわたって記事を書き続けられるのは、ごく一部の人に限られるでしょう。

    不動産サイトもアフィリエイトの利率が良く、また資産運用の観点から長年興味を持ち続けている人が多い分野です。このジャンルの課題はメディア力。不動産に関して信頼性に優れたコンテンツを作るには、高度な専門的知識が必要です。参入するには資格や実務経験が必須条件となるでしょう。

    このように、利益力・メディア力・持続力の三要素を完全に満たすジャンルを見つけるのは簡単ではありません。実際にはいずれかの要素の不足に目をつむることになるでしょう。もっとも、サイトを運営していく過程で自然に解決するケースもあります。単価の安さを販売数で補えるようになったり、更新を続けるうちにその分野に詳しくなったり、反響の大きさからモチベーションがわいてきたり……。そうした変化の可能性までを考慮に入れつつ、ジャンルを選んでみましょう。

    2020年のアフィリエイトおすすめジャンル7選

    星を7つ並べていく

    ここで2020年のアフィリエイト界隈で注目されているジャンルを7つ紹介します。いずれも近年成長著しく、市場の伸びが期待されている分野です。

    2020年のアフィリエイトおすすめジャンル7選

    • 電子コミック

      スマホで漫画を読める電子コミックは、近年、成長著しい分野です。特に新興のプラットフォームはシェア確保に力を入れていて、新規購入もしくは有料会員登録で、一件あたり2000円を超える報酬を設定しています。また電子コミックアプリも、1インストールあたり数百円と割の良いアフィリエイトとなっています。

    • サブスクリプションサービス

      月額料金で使いたい放題になるサブスクリプションサービスもアフィリエイトに積極的に進出しています。動画配信のほか、ファッション、家具家電、子ども用おもちゃなど多彩なジャンルがあり、アフィリエイトも一件あたり2000円以上と高額になっています。

    • 宅配食材/宅配クリーニング

      在宅で各種サービスが受けられる宅配系ビジネスも注目されている分野です。生鮮食品などの食材を自宅まで配送してくれる宅配食材は今後さらなる需要の伸びが見込めるのでおすすめ。宅配クリーニングは自宅まで衣類を取りに来てくれるサービスで、いずれも新規入会で1000円〜2000円が報酬金額となっています。

    • メンズコスメ

      男性向けの化粧品は期待の成長産業として注目を集めているジャンル。案件の数自体は多くありませんが、関連商品の需要は確実に増えており、今後さらなる市場拡大が見込まれています。脱毛やアンチエイジング系商品との相性がよく、スキンケアやヘアケアのノウハウと合わせてメディア展開しやすいのも利点。

    • プログラミングスクール

      社会人向けのプログラミングスクールも注目のジャンルです。非常に多くの事業者がアフィリエイトを展開していて報酬は様々。一般的には新規入会で3万円程度、無料の説明会や体験受講で5000円〜1万円程度の報酬金額となっています。最近は子供向けのプログラミングスクールも人気で、アフィリエイト報酬は社会人向けと同程度となっています。

    • オンライン英会話スクール

      オンラインで受講できる英会話スクールにもアフィリエイトがあります。ビデオチャットでネイティブの話者と会話しながら学習する方式が人気で、報酬金額は無料の体験レッスン受講で1000円〜3000円程度に設定されています。英会話学習のノウハウや留学体験談などのコンテンツと相性が良いでしょう。

    • ゲーミングPC

      e-Sportsの盛り上がりや実況系YouTuberの人気に牽引された、ゲーム用ハイスペックPCのアフィリエイトも成長株。特にパーツの構成をカスタマイズできる受注生産型(BTO)のモデルが人気です。アフィリエイトの利率は2%〜3%ですが、1台の価格が10万円を超える製品が多く、まとまった収益を期待できます。ただし、PCゲームやハードウェアに関する詳しい知識が必要です。

      今回紹介したジャンルは、近年、巷でブームになっている分野と関連が深いものばかり。世間で流行が生まれたら、それと関連してどんなアフィリエイトが成長するか予想してみるといいでしょう。誰も手をつけていないアフィリエイトの金脈を発見できるかもしれません。

    それでもジャンルが決まらない人へ…選び方の極意

    悩んだ末にジャンルを選ぶ

    ここまでの解説で、それでもジャンルが決まらないとお悩みの人のために、選び方の4つの極意を紹介しましょう。

    極意1:大ジャンルから半歩ずらしたジャンル

    アフィリエイトで大きな勢力となっているのは、巨大な市場に支えられた、いわば大ジャンル。そこに新しい要素を付け加えることで、既存のジャンルから半歩ずらした領域で勝負する方法があります。例えば、「クレジットカード」に今から参入して成功を収めるのは困難ですが、「少額決済のためのクレジットカード」と限定すれば競争は緩くなります。さらに「コンビニ決済のためのクレジットカード」と細分化していくことで、大手サイトが取りこぼした層に狙いを定めることができます。

    極意2:常に新しい情報が生まれるジャンル

    業界の動きが目まぐるしく、常に新しい情報が流れているジャンルも狙い目です。例えば「通信回線」は、定期的にデバイスの新機種が発売され、新規格や新技術が登場するので話題に事欠きません。「転職」も景気動向や業種の盛衰に直結するので、現況の反映が求められます。これらは速報性や細かいニーズへの特化、独自の論点などで差別化しやすいため、新興メディアでも高評価を得やすいジャンルです。もちろん、情報の陳腐化も速いため、業界の動きに対応し続ける努力は必要になりますが、大手サイトの独占を覆しやすいジャンルといえます。

    極意3:ネットの外部に情報の蓄積があるジャンル

    インターネットの外部に情報が蓄積されている分野、関連書籍が何冊も出ているようなジャンルにはチャンスがあります。情報の密度や多様性において、インターネットは紙媒体に敵いません。例えば英会話学習の分野で考えてみても、書籍とウェブでは情報の質に雲泥の差があり、紙でしか手に入らない情報をベースにすることで、既存のサイトと差別化されたコンテンツを作ることができます。ネットの外部に情報が蓄積されたジャンルは、手つかずの可能性を多く残しているフロンティアなのです。

    極意4:新しく登場したばかりのジャンル

    アフィリエイトの成功とメディアの成長を同時に実現できるのが、新登場のジャンルです。近年では「格安SIM」がまさにそれで、2015年にスマートフォンのSIMロック解除が義務化されたことで多くの事業者が参入。アフィリエイトでも一気に人気ジャンルとなりました。新ジャンルは大手サイトが存在しないため群雄割拠となることが多く、新興のサイトにもチャンスがあります。また、市場規模が拡大中なのでPVが増えやすい点も重要です。早期に参入し首尾よく成功を収めれば、大手サイトになることも夢ではありません。ただし、巨大市場が勃興する機会はそうそうあるものではなく、ジャンル自体が尻すぼみに終わると、つぎ込んだ労力は水の泡となってしまう、リスクの高い方法でもあります。

    どのやり方でも重要になるのは、既存のサイトとの差別化です。人気サイトがひしめいているように見えるジャンルでも、工夫次第で対抗するチャンスは見つかります。大雑把なジャンルの分類に気を取られずに、競争が激しくない領域や、他のサイトが着手していない手法を見つけ出すことがポイントです。

    ジャンル選びの注意点

    最後に、ジャンル選びで気をつけなければならない点について確認しておきましょう。まず、サイトを通じて発信する情報は正確なものでなければなりません。どんなに面白いコンテンツで多くの人の関心を惹いても、虚偽の情報を流布すればフェイクニュースと見做され、Googleの検索対象から除外される、いわゆる「Google八分」に遭う可能性があります。

    特に注意が必要なのが、健康や医療などのジャンルです。この分野では、実際の効果や効能の範囲を超えた表現に対して法律の規制があります。サプリメントやダイエット、美容や脱毛に関するアフィリエイトの場合は、表現内容に充分な注意が必要です。保険や株式、FXなどのジャンルにも規制があり、金融商品の紹介で「上限なし」「絶対に儲かる」といった説明をすると、法に触れる可能性があります。

    また、制度や規約の変更への対応を怠ると、トラブルに繋がるジャンルもあります。例えばクレジットカードは、ポイント付与などのルールが変更されることがあり、それに合わせてコンテンツの内容を修正しなければなりません。古い情報を掲載し続けていると、利用者に多大な被害を与えることがあるので、商品の動向には常に気を配る必要があります。

    まとめ

    今回は、アフィリエイトのジャンルについて解説しました。

    アフィリエイトサイトにおいて、ジャンルの選定は永遠のテーマ。選んだ時点では成功するかどうか誰にも分からず、いったん始めた後では軌道修正するのも難しくなります。

    重要なのは既存のサイトといかに違いを出すかであり、違いを出せるジャンルを選ぶことが重要です。利益力・メディア力・持続力を踏まえながら、どんなジャンルなら自分の資質を活かせるのか、じっくりと考えてみましょう。

    アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

    「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

    お名前.comでアフィリエイトブログをはじめる

    • ※ 「国内シェア」は、ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値をもとに集計。gTLDが集計の対象。
    • ※ 日本のドメイン登録業者(レジストラ)(「ICANNがレジストラとして認定した企業」一覧(InterNIC提供)内に「Japan」の記載があるもの)を対象。
    • ※ レジストラ「GMO Internet, Inc. d/b/a Onamae.com」のシェア値を集計。
    • ※ 2019年10月時点の調査。