【4割超が収益5,000円以上】アフィリエイトの収益相場

こんにちは、お名前.comのアフィリエイト担当です。

アフィリエイトでどれくらいお金を稼げるのかは、誰もが気になっているはず。

時間と労力次第で収入が増えることくらいは分かっていても、実際にどれだけ時間を費やせば、どの程度の稼ぎが見込めるのか、リアルな感覚として掴めてはいないのではないでしょうか。

今回は、アフィリエイトにまつわる「お金」と「時間」の現実について考えてみます。

この記事で分かること

  • アフィリエイトではどの程度お金を稼げるのか
  • アフィリエイトの成功に必要な時間と労力

記事の目次

    アフィリエイトで稼げる金額の相場

    お金を稼ぐイメージ

    アフィリエイトにあまり詳しくない人や、これから始めようという人の中には、アフィリエイトは楽にお金を稼げる、一攫千金のテクニックであるかのような期待を抱いている人が、少なからずいるようです。

    確かに、アフィリエイトで収益を得ている人は数多くいますが、その規模はそれぞれで大きく違います。ほとんど稼げていないという人もいれば、アフィリエイトの収入だけで生活している人。それどころか、アフィリエイトの事業を軸に会社をおこして従業員を雇っているところまであります。

    個々のケースでは、あまりに差が大きすぎて参考になりませんが、業界の調査による収益の割合を見ると、だいたいの相場が分かります。

    以下のグラフは、アフィリエイトマーケティング協会が毎年行っている、アフィリエイターを対象にした調査で、アフィリエイトの1ヶ月の収入を比較したものです。

    アフィリエイトの1ヶ月の収入を比較した円グラフ

    この調査によると、アフィリエイトをやっていて収益ゼロという層は全体の約3割で、さらに月収5000円以下の層が全体の約6割を占めています。

    ここからは、アフィリエイトは誰もが成功できるビジネスではないという、身も蓋もない現実が読み取れます。

    その一方で、月収5万円以上を稼ぎ出しているのが2割強、さらに、専業化の分水嶺ともいえる月収50万円に到達している層も1割近く存在します。

    これを多いと取るか少ないと取るかは、人によって見方が分かれると思いますが、誰でも簡単に高収入が得られるわけではないがある程度の収入に到達することは、現実的に考えて充分に可能である、ということはいえるでしょう。

    合わせて読みたい

    【図解付】誰でも稼げる「アフィリエイト」の仕組みとは?

    アフィリエイトを始めてからの経過年数

    さらに合わせて見ておきたい調査結果が、「アフィリエイトを始めてからの経過年数」です。

    アフィリエイトを始めてからの経過年数をあらわした棒グラフ

    これはアフィリエイト歴を尋ねる設問ですが、全体の38.2%が「1年未満」となっていて、さらに、この「1年未満」の比率は例年の調査でほぼ変動なく推移しています。

    つまり、アフィリエイトを始めたものの、1年以内に辞めてしまう人が約4割いて、その層は常に入れ替わり続けているということです。

    先の調査結果の月収ゼロ層の多くが、ここに該当していると考えられます。全体を俯瞰してみたとき、全体の約3割から約4割が、まとまった収益を確保できずに1年以内に撤退、新規参入層に入れ替わることで業界の新陳代謝が行われているようです。

    アフィリエイトサイトの成功までの道のりにおいて、最大のハードルになるのが、この最初の1年間を続けられるかどうかでしょう。

    サイトの開設当初は、アフィリエイトの収益はほとんど発生しないため、手応えのないまま淡々と更新作業を続けることになります。書いても書いてもPVは伸びず、収益も発生しない。その状態に耐えながら更新を続け、軌道に乗るまで記事本数を増やすことができた人だけが、その後の成果を得ることができるのです。

    なお、この調査によると、アフィリエイト歴3年以上が4割超、10年以上続けているベテランも1割近くいるという結果になっています。

    合わせて読みたい

    【解決法付】アフィリエイト初心者が失敗する12の理由

    アフィリエイトに費やす時間

    時間のイメージ

    もうひとつ気になるのが、アフィリエイトにどのくらいの時間を費やしているのかについてです。

    アフィリエイトに費やす時間を比較した円グラフ

    この調査結果によると、「3時間以上」という回答が約25%と最も多く、半数以上が2時間以上を費やしていることが分かります。その一方で、2番目に多いのは「30分未満」となっており、長い時間をかけている人の方が数としては多いものの、ごく短時間で済ませている人も一定数いることが読みとれます。

    これはサイトの発展段階の違いであるとも考えられます。

    開設したばかりのサイトは記事作成や更新の作業に慣れておらず、また記事本数も早急に増やさなければならないため、どうしても作業時間は長くなりがちです。反対に、収益が確立され安定期にあるサイトは、一定のペースで記事を増やしていくタームに入るため、比較的更新の手間はかからなくなります。

    この結果を見る限り、新しく始めたばかりの発展途上にあるサイトでは、少なくとも毎日2時間程度の作業時間は必要になりそうです。これを本業と両立しながら継続するのはかなりの負担で、金銭の収入だけを目当てにしていたのでは、そうそう続けられるものではないでしょう。

    そこで、サイトのテーマをできるだけ趣味や生活に近づけ、遊びの延長線上で更新できるようにする。あるいは、仕事に関わるテーマで、業務についての勉強を兼ねた内容にする、といった発想の転換が重要になってきます。

    合わせて読みたい

    【選び方まるわかり】伸びるアフィリエイトジャンル7選!

    アフィリエイトの収益と時間を見積もる

    労働のイメージ

    アフィリエイトを始めた場合に、どれくらいの利益を前提にどれだけ時間を費やさなければならないか、ざっくりと概算してみる方法もあります。

    アフィリエイトで得られる収益は、以下の4つの要素の掛け算で算出できます。

    PV × CTR(クリック率)× CVR(成約率)× 報酬の単価

    サイトを訪れた人が(PV)、アフィリエイトのリンクをクリックし(CTR)、ランディングページで購入や入会を行う(CVR)ことによって、報酬が発生します。

    合わせて読みたい

    【選び方まるわかり】伸びるアフィリエイトジャンル7選!

    アフィリエイト報酬の単価は広告主側が決めるので、基本的には変えることはできません。

    そのため、この一連のプロセスで収益を左右するのはPVとCTR(クリック率)とCVR(成約率)になります。どんなに多くの人がサイトを訪れても、CTRとCVRが低いと、単に訪れただけで終わってしまい成果に結びつきません。

    クリック率や成約率は高いほど効率よく収益を稼ぎ出しますが、極端に大きな数字になることはなく、どんな環境でもおおよそ一定の範囲内に収束します。

    優秀なサイトや商材でも2%を超えれば上出来で、通常は1%前後、場合によっては0.5%を切ることも珍しくありません。

    仮に、CTRとCVRをそれぞれ1%と想定してみましょう。サイトのアクセスの総数のうち、アフィリエイトのリンクをクリックするのが100分の1、さらにそこから購買や成約にまでたどり着くのが100分の1なので、1件の報酬を得るために必要なのは1万PVとなります。報酬単価が1000円のアフィリエイトを扱う場合、毎月1万円の収入を得るためには月10万PVのサイトを作らなければなりません。

    これは非常に大まかな試算ですが、サイトのPVとアフィリエイトの収益の関係を把握するための参考にはなります。

    毎月1万円の収益を目指すなら、サイトを月間10万PVにまで成長させなければならないと分かれば、そこから必要な作業時間も見えてくるはずです。

    なお、CTRは記事内のテキストやリンクの工夫次第で向上させることは可能ですが、CVRは商品のランディングページに移動してからの行動になるので、基本的にアフィリエイトサイトの側から関与することはできません。アフィリエイトサイトの技術的努力によって向上させられるのはPVとCTRのみで、この2つをいかに伸ばしていくかが、サイトに課せられたタスクとなります。

    アフィリエイトにかかる税金

    税金や確定申告のイメージ

    最後に、税金についても触れておきましょう。

    アフィリエイトから得られた利益にも、当然、税金はかかります。この場合、源泉徴収は行われないので、自分で確定申告を行い、利益を税務署に申告しなければなりません。会社の従業員の場合は年間20万円以上、会社に所属していない場合は年間48万円以上の利益を得た場合です。

    ただし、税金がかかるのは「収入」ではなく「利益」

    アフィリエイトで得られた額から、諸経費を引いた後に残るお金です。アフィリエイトに必要なコストを収入からマイナスすることで、利益を圧縮することができます。経費として計上できるのは、パソコンやデジカメ、プリンタといった電子機器の購入費用(消耗品費)、インターネットの回線費用やプロバイダ代(通信費)、情報収集や勉強に使った書籍代(新聞図書費)、セミナーや勉強会に行くための移動のお金(交通費)などです。

    確定申告の際にこれらの経費を明記して、最終的に残る利益を小さくしてから申告すれば、課される税金の額も小さくなります。

    なお、アフィリエイトの利益が納税必要額に達していても、特に税務署から通知が来るようなことはありません。そのためアフィリエイトで収入を得ていることがバレていないとたかをくくりがちですが、税務署はASPから直接情報を得ることによって、各個人の収入を正確に把握しています。

    納税していないにも関わらず税務署から何の連絡もなかった場合、それはまとまった額に達した時点で回収するつもりで、あえて泳がされているケースがほとんどです。

    後から数年分の未納分をまとめて請求されることになり、さらに納税しなかった期間の延滞税も追加されます。結局より大きな負担を被ることになるので、確定申告は忘れずにしっかり行っておきましょう。

    アフィリエイトが稼げないと言われる理由

    最近、「アフィリエイトは稼げない」という声を耳にすることがよくあります。
    「今からアフィリエイトで成功するのは至難」「アフィリエイトはオワコン」といった声も同様です。

    しかし最新の調査によると、アフィリエイト市場は拡大の一途にあります。
    市場規模は2017年の2582億円から2020年には3258億円にまで増進、2024年には5000億円付近までの伸びが予測されており、その成長に陰りは一切見えません。

    では、アフィリエイトが稼げなくなったように感じられる要因とは何でしょうか。それには以下の2つが考えられます。

    全体のアフィリエイトサイト数の増加

    A8.netが公開したデータによると、2015年から2020年の間に、アフィリエイトサイトの数は約1.5倍になっています。

    サイトの数が急激なペースで増加しているのに対して、ネットの消費者の数が極端な増え方をすることはありません。
    結果、限りある顧客を巡って、アフィリエイトサイト間の競争は激化し、そこから脱落するサイトも増加することになります。

    「稼げない」という声をあちこちで耳にするようになったのは、市場から撤退した人の数が増えているためと考えられます。

    企業運営のアフィリエイトサイトの参入

    近年、企業運営のサイトが多数、アフィリエイトに参入しています。
    強力なドメインを持ち、潤沢な資金にものを言わせて記事を量産する企業サイトに対して、個人サイトが太刀打ちする術はありません。

    企業サイトが参入したジャンルでは、検索結果の上位が企業サイトによって独占されるため、弱小サイトは顧客が流入する導線から排除され、アフィリエイトの売り上げも低迷することになります。

    アフィリエイトの市場自体は拡大しているものの、それ以上にサイト間の競争が厳しくなり、簡単には生き残れない環境になっている、というのが現在のアフィリエイトを取り巻く状況のようです。

    稼げない人と稼げる人の違いとは

    個人でサイトを運営しながら、アフィリエイトで稼いでいる人は、今でもいます。
    中には毎月、数百万円もの売り上げを確保しているサイトもあるほどです。

    この現実を鑑みるに、アフィリエイトで稼げなくなっているというよりは、稼げる人と稼げない人の格差が広がっているというのが、正しい見立てでしょう。

    では、稼げる人と稼げない人の違いは、どのようなところにあるのでしょうか。

    ジャンルの隙間を見つけるのが上手い

    稼げる人は、他のサイトが手を出しにくい、ジャンルの絶妙な隙間を見つけて、そこをターゲットにしています。
    多くの凡庸なサイトは、既に成功者がいるジャンルに正面から挑戦して、群れの中に埋没しがちです。

    また、運営予算が巨額な企業サイトは、投資を回収できないニッチ領域には手を出すことができません。

    稼げる人はこういった状況を理解しているので、大ジャンルと隣接している少ジャンルや、ジャンルとジャンルの中間にある隙間の領域に目を付け、そこから最大限の収益を得るという戦略を取ります。

    他の追随を許さない専門領域がある

    企業サイトが上位を独占しているジャンルでは、基本的に個人サイトには勝ち目はありませんが、それはあくまで一般的なサイトの話。

    企業が資金を投じて記事を作成したとしても、高度な知識や経験を元に、記事のクオリティでそれを上回ることができれば、個人サイトにも勝ち目があります。

    企業サイトでは多くの場合、内部の業務経験のある社員や、外部の専門ライターを雇って記事を作成しますが、必ずしもその分野のトップクラスの専門家であるとは限りません。

    他の追随を許さない評論家を名乗れるほどの見識があれば、企業サイトと渡り合うことも不可能ではありません。

    費用を投じて弱点を補っている

    個人運営のサイトが不利なのは、投じられる労力に限界があるためです。
    一日中、記事を作成できる企業サイトに対抗するには、記事のライティングを外部の業者に発注して、品質と速度をアップさせる方法が考えられます。

    もちろん費用はかかりますが、その分、アフィリエイトの収益が増加すれば、長期的に採算を合わせることは可能です。

    ほかにも、強力な中古ドメインによって検索での優位性を確保する、SEOに効果的なWordPressの有料テーマを購入するなど、お金の力を使うことで、個人運営ゆえの非力を補う戦略が有効となります。

    もちろん、投じたコストを回収する目算が立つことは大前提となりますが、ある程度、運営が軌道に乗っているサイトに限れば、リスクを取る価値は充分にあるでしょう。

    昨今の競争が激化したアフィリエイト市場では、他のサイトと同じことをやっていたのでは稼げません。
    工夫を凝らすか、あるいはリスクを取るか、いずれかの戦略が必要です。

    アフィリエイト業界で長く生き残り続けているのは、ライバルと差を付けるために、何からの手を打っているサイトだけなのです。

    まとめ

    今回は、アフィリエイトサイトにまつわる「お金」と「時間」について解説しました。

    現金収入はアフィリエイトを始める上での大きなモチベーションですが、現実にはアフィリエイター全体の約3分の1が収益ゼロという厳しい世界です。

    さらに、アフィリエイトの所得だけで生活できるのは上位10%前後で、10人に1人というごく一握りの層に限られます。

    一方で、副業として毎月数千円から数万円程度の収入を得ることはそう難しくはなく、アフィリエイターの4割以上が月5000円以上の収益を得ています。

    そう考えると「過度の期待は禁物だが、コツコツと続ける価値はある」という、アフィリエイトビジネスの特性が見えてくるかと思います。

    長期にわたる積み重ねがモノを言うアフィリエイトでは、日々の時間の蓄積を味方につける発想が重要になってくるのです。

    アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

    「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

    アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

    お名前.comで
    アフィリエイトブログを
    はじめる

    Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

    このサイトの管理人
    知るくま先生

    国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!