国内シェアNo.1ドメイン登録サービスの担当者が、稼げるノウハウを徹底解説!

この記事の目次

【図解付】ASP(アフィリエイト)の審査基準と登録手順

アフィリエイトでは複数のASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と付き合っていくのがベストですが、最初の登録作業が面倒で放置しているという人もいるのではないかと思います。

今回はASPの登録のやり方、特につまずきの原因になりやすい審査について詳しく解説します。

この記事で分かること

  • ASPの登録と審査の仕組み
  • 有力ASPに登録するまでの手順

記事の目次

    ASPへの登録作業について

    サイトと広告主との仲介を担当するASPは、アフィリエイトサイトの運営において鍵となる存在です。
    ある程度アフィリエイトに慣れてきたら、複数の事業者に登録を行い、条件によって使い分けるのがオススメです。

    しかし、意外と面倒なのがこの登録作業。
    事業者によって登録完了までのプロセスが異なる上に、求められる入力項目も多いため、つい後回しになりがちです。

    さらにASPへの登録は、すぐに完了するとは限りません。
    作業を行ってから承認までに数日かかることもあるので、利用する・しないに関わらず、早めに手続を済ませて、必要なときに時間を置かず使い始められる状態にしておきたいところです。

    ASPの登録で必要になる情報は、おおむね下記の通りです。

    • サイトの名前とURL
    • サイトのジャンルや概要
    • 紹介したい商品のジャンル
    • 氏名(本名)、住所、電話番号
    • 収益の振込先(金融機関の口座情報)

    ASPではユーザーの登録情報をもとにサポートを行ったり商品を紹介することがあるため、嘘の情報を登録すると後で不都合が発生することがあります。
    これらの個人情報は非公開で管理されるので、正確なものを登録しておきましょう。

    ASPによってはサイトが自社の提供するサービスにふさわしい内容を備えているか、審査を行うことがあります

    厄介なのは、審査の基準が事業者によって異なることです。
    最低限の内容があればOKというところもあれば、かなり厳しい審査基準を設けているところもあり、後者の場合はそれ相応の準備が必要になります。

    事業者による審査の難易度の比較は以下の通りです。

    難易度高 Amazonアソシエイト、アドセンス(Google AdSense)
    難易度中 afb、バリューコマース
    難易度低
    (審査なし)
    楽天アフィリエイト、もしもアフィリエイト

    難易度低は、ほとんど審査を行っていない事業者です。
    利用者の個人情報やサイトのURLなどの提出は求められますが、それさえ登録すれば、すぐに利用できるようになります。

    難易度中は、審査はあるものの、通過するのはそれほど難しくない事業者です。
    審査ではサイトの内容が問われますが、基本的に中身のないダミーサイトの登録を阻止するためのものなので、一定量の記事があれば問題ありません

    難易度高は、高い基準が設けられている審査です。
    例えば、Amazonアソシエイトでは180日以内に3件以上の販売実績が条件とされ、それが達成されるまでは利用できません。

    また、Google AdSenseはサイトの内容に関してかなり厳しい審査が行われ、読者にとって有益な情報を提供していると認められないと通過できません

    難易度中・高は、作りかけの状態のサイトで審査に望むと落選の可能性があります。
    ある程度、運営が軌道に乗ってからのチャレンジをおすすめします。

    Amazon・楽天のアフィリエイト登録手順

    さっそくASPの登録方法を解説していきましょう。
    まずはモール型からです。

    モール型は総合ショッピングサイトが提供しているアフィリエイトで、国内ではAmazonの「Amazonアソシエイト」と楽天市場の「楽天アフィリエイト」がよく知られています。
    それぞれの初期登録の方法を見ていきましょう。

    Amazonアソシエイト

    Amazonアソシエイトの登録では、入力を求められる項目の数は多いのですが、サイトのジャンル、取扱商品、集客方法といった答えやすいものばかりなので、スムーズに進められるはずです。

    問題は、その後に続く審査です。
    Amazonアソシエイトでは、2020年3月から審査基準が刷新され、従来の審査に加えて180日以内に3件の販売実績が必要になりました。

    Amazonアソシエイトの初期設定が終わると、アフィリエイトの商品コードを取得できるようになりますが、この時点ではまだアフィリエイトは利用できません。
    そこから180日以内にコードを使ってAmazonの商品を3件販売することで実績が承認され、そこから改めて審査が始まります。

    この変更によって、Amazonアソシエイトの登録の難易度は大きく上がりました。
    特に、開設したばかりのサイトにとっては、3件の登録実績はかなり高いハードルになるでしょう。

    Amazonアソシエイトへの登録は、サイトの運営が軌道に乗って、ある程度PVを確保できるようになってからの方が良いかもしれません。

    なお、自分で購入した商品を販売実績とするのはNGです。
    Amazonでは自己アフィリエイトを禁止しているため、自身で商品を購入した時点で規約違反となります。

    Amazonアソシエイトの販売実績を回避する方法としては、「もしもアフィリエイト」を経由するやり方があります。
    もしもアフィリエイトにはAmazonと提携するオプションがあり、もしもアフィリエイトを通じてAmazonの商品を販売することができます。

    アフィリエイトの利率も変わらないので、このやり方でも特に不都合はありません。
    やや裏技的な方法になりますが参考にしてください。

    「Amazonアソシエイト」のページにログインして、紹介料の受取人についての情報を確認。
    担当者の確認や米国人かどうかの質問、法人として登録するかを設定します。

    「ウェブサイト情報の入力」に、アフィリエイトを利用するサイトのURLを入力します。

    登録IDや、サイトのジャンル、取扱商品のカテゴリについての設定を行います。

    サイトの集客や収益化の方法、サイトの訪問者数などの情報を入力して、最後に運営規約に同意すれば初期設定は完了です。
    以降は商品のページからアフィリエイトのコードを取得できるようになり、そこから3件の販売実績を積むことで、次の審査へと進めるようになります。

    楽天アフィリエイト

    もうひとつのモール型ASPが楽天アフィリエイトですが、ここは審査がありません。
    初期登録を行った後は、すぐにアフィリエイトを利用できるようになります。

    登録時の入力項目も少なく、サイト名とURLとジャンルを入力する程度。
    アフィリエイトの中でも、もっともシンプルかつ敷居が低い登録となっています。

    楽天アフィリエイトにログインした状態でトップページを開き、右側の「会員登録情報」をクリックします。

    右上の「追加登録」のボタンをクリックします。

    サイト情報の登録を行います。「運営サイト名」「運営サイトURL」を入力。
    「運営サイトのジャンル」と「運営サイトで扱うジャンル」を設定すれば完了です。

    ASP型のアフィリエイト事業者の登録の手順

    次は、ASP型のアフィリエイト事業者の登録について見ていきましょう。

    ASP型での登録作業も個人情報、サイト情報、金融機関情報の3点の入力が中心になるのは変わりませんが、事業者によってはサイトの内容の説明を求められることがあり、月間PVや集客手段について具体的に書かなければならないこともあります。

    説明の不足により落とされることはあまりないようですが、サイトのコンテンツ不足などで審査に不安がある場合には、この説明欄でしっかりサイトの意義をアピールしておく必要があるでしょう。

    A8.netの登録方法については、以下で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

    合わせて読みたい

    【手順完全ガイド】今すぐできるアフィリエイトの始め方

    ここでは「バリューコマース」「アクセストレード」「afb(アフィビー)」「もしもアフィリエイト」の登録の手順について解説していきます。

    バリューコマース

    バリューコマースのトップページの下部にある「無料会員登録をしてアフィリエイトを始める」をクリックします。

    メールアドレスを入力して、利用規約のチェックボックスを有効にします。
    「次へ」をクリックするとメールが送信されるので、記載されているURLから新規登録フォームへと移動します。

    個人情報とサイトの情報、金融機関情報を入力します。
    特に注意すべき点はありませんが、「サイトの内容」でサイトの説明を求められる点に注意しましょう。
    入力が完了すると、サイトの審査が始まります。

    アクセストレード

    アクセストレードのトップページを開いて、右上の「アフィリエイトをはじめてみよう」をクリックします。

    メールアドレスを入力し、下のチェックボックスを有効にします。
    「パートナー利用規約」と「プライバシーポリシー」はリンクを開いてスクロールしないとチェックボックスが有効にならなので注意。
    「登録する」ボタンをクリックするとメールが送信されるので、中に記載されているリンク先に移動します。

    会員情報を入力します。
    ここは難しい入力項目は特にありません。
    「口座情報」で振り込み機の金融機関を「ゆうちょ銀行」「銀行(各種金融機関)」から選択します。

    選択した金融機関の口座情報を入力したら「サイト情報入力に進む」をクリックします。

    サイト情報を入力します。
    「サイトタイプ」は「WEB(ウェブ)」「WEB(ブログ」「メールマガジン」「その他」から選択。
    「サイトPR」には、サイトの特徴やPV、集客方法について入力します。
    複数のサイトを運営している場合は、「サイトを追加する」で追加登録を行います。
    「登録申請する」をクリックすると審査が開始されます。

    afb

    afbのトップページを開き「無料パートナー登録はこちら」をクリック。
    次の画面で利用規約等が表示されるので、同意する旨のボタンをクリックします。

    メールアドレスを入力して「仮登録する」をクリック。
    送信されたメールアドレスに記載されたURLをクリックします。

    ログイン情報とユーザー情報を入力します。

    サイト情報を入力します。
    「サイト概要」「集客方法」のほか、「SEOの対策キーワード」の入力が求められます(広告主へのPRのために利用されます)。
    口座情報を入力後、「afbを知ったきっかけ」を選んでから「確認する」をクリック。入力内容を確認して送信したら、審査が完了するのを待ちます。

    もしもアフィリエイト

    もしもアフィリエイトのトップページを開き、「会員登録する(無料)」をクリックします。

    メールアドレスを入力して「確認メールを送信」をクリック。
    送信されたメールに記載されたリンクをクリックします。

    「アカウント情報」のページが開くので、任意の「ユーザーID」と「パスワード」を設定します。

    「ユーザー情報」で個人情報を登録します。

    登録した情報を確認。「利用規約に同意して登録する」をクリックすれば登録作業は完了。審査等はなく、すぐに利用を始められます。

    まとめ

    今回はASPへの登録について解説しました。

    ASPによっては審査があるがために、登録がスムーズに進まず、いつまで経ってもアフィリエイトを始められないという人もいるかもしれません。
    その場合は、審査の難易度が低い事業者への登録を済ませて、そちらから利用しましょう。

    ASPの審査の難易度は、アフィリエイトの品質とは関係ありません。
    難易度の高い審査を行っているからといって、魅力的な商品や充実したサービスを提供しているわけではないので、審査を通過できない事業者があってもあまりこだわらずに、使えるサービスから利用していくのがいいでしょう。

    アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

    「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。
    独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。

    WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。
    アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

    お名前.comで
    アフィリエイトブログを
    はじめる

    Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア
    • ※1 「国内シェア」は、ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値をもとに集計。gTLDが集計の対象。
    • ※1 日本のドメイン登録業者(レジストラ)(「ICANNがレジストラとして認定した企業」一覧(InterNIC提供)内に「Japan」の記載があるもの)を対象。
    • ※1 レジストラ「GMO Internet, Inc. d/b/a Onamae.com」のシェア値を集計。
    • ※1 2020年8月時点の調査。