スマホアプリからAmazonアソシエイトをフル活用するテクニックを紹介

この記事は約9分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

Amazonでの買い物は常にスマホから行なっている、という人は多いと思います。

Amazonは使いやすいスマホアプリを提供しており、商品を見つけたり購入したりといった作業が非常にやりやすくなっています。

ブログやSNSでAmazonの商品を紹介して利益を得られるAmazonアソシエイトを利用している人も、スマホから商品を紹介できれば、いつでもどこでも更新作業ができて便利です。

今回は、スマホだけでAmazonアソシエイトの商品紹介のリンクを取得する方法を解説します。

Amazonアソシエイトはスマホからでも利用できる

Amazonアソシエイトでアフィリエイトを行っている人の多くは、パソコンで作業をしていると思います。

Amazonアソシエイトでは、トラッキングIDの含まれた商品ページのURLを取得し、それをブログやSNSなどのウェブメディアに掲載することで、アフィリエイトリンクとして使えるようになります。

このトラッキングIDの含まれた商品URLは、Amazonの商品ページを開いた際に画面上部に表示される「アフィリエイトツールバー」から取得しますが、この操作はパソコンのブラウザから行っているという人がほとんどでしょう。

しかし、このアフィリエイトリンクは、Amazonが提供している公式アプリを使えば、スマホからでも取得することができます。

スマホアプリからAmazonのアフィリエイトリンクを取得することで得られる利点は、次の通りです。

外出中にアフィリエイト記事を作成できる

最近のブログはスマホからの更新にも対応しているため、スマホで記事を作成している人も多いと思います。

その際に作業しづらいのが、アフィリエイトのリンクの作成ですが、トラッキングID入りの商品ページのURLをスマホで生成できるようになれば、アフィリエイトの記事をスマホの環境から簡単に作成できます。

ブログの更新をスマホから行なうことが多いという人にとっては、欠かせないテクニックになるでしょう。

SNSへの投稿に気軽にアフィリエイトリンクを追加できる

SNSへの投稿をスマホから行っている場合、Amazonアソシエイトのアフィリエイトリンクをスマホで生成できると、収益化のチャンスが大きく広がります。

スマホで普段遣いのアイテム気になった商品をSNSに投稿したい場合、忘れずにAmazonの商品ページのアフィリエイトリンクを付けておきましょう。

SNSへの投稿を思いついたときに、すぐにスマホでアフィリエイトリンクを生成できる環境を整えておくのがポイントです。

商品の在庫切れへの対応を速やかに行える

アフィリエイトサイトを運営していると、記事で紹介した商品が販売サイト側で在庫切れになることはよくあります。

Amazonアソシエイトでリンク先の商品が欠品になると、アフィリエイトの収益を得られないため、別業者が提供している同じ商品のページを見つけて、そちらにアフィリエイトリンクを張り替える作業が必要になりますが、スマホでアフィリエイトコードを生成できれば、その作業をスマホだけで行えるようになります。

商品が欠品になっている間はアフィリエイトの収益が途切れるので、少しでも早く対応するために、スマホからAmazonアソシエイトのリンクを生成できるようにしておきましょう。

Amazon商品のアフィリエイトリンクをアプリで取得する

まずは基本のテクニックとして、Amazonの公式スマホアプリである「Amazonショッピング」からアフィリエイトリンクを生成する方法を解説しましょう。

Amazonショッピングでは、商品のページからトラッキングIDが含まれた商品ページのURLを取得できるので、それをアフィリエイトリンクとしてそのままブログやSNSで利用できます。

さっそく作業の手順を見ていきましょう。

スマホで「Amazonショッピング」のアプリを起動して、アフィリエイトで紹介したい商品を検索しましょう。

紹介したい商品が見つかったら、商品画像の右上にあるアイコンをタップします。

画面下にアソシエイトIDとトラッキングIDが表示されたら、「アソシエイトリンクをコピー」をタップしましょう。

画面に「クリップボードにコピー済み」と表示されたのを確認します。

メモ帳に貼り付けてみると、「amazo.to」のドメインで短縮された商品のページのURL(アフィリエイトコード付き)がペーストされます。

【アフィ非対応】スマホのブラウザからSNSに商品リンクを投稿

スマホ搭載のブラウザでAmazonの商品ページを開いた場合も、商品ページのリンクを取得することができます。

この方法では、スマホにインストールされているSNSアプリと連携できるのが特徴で、例えばTwtiterの公式アプリを導入しているスマホでは、商品リンクが挿入された状態でツイートの作成画面が立ち上がります。

ただし、この方法で作成された商品ページのURLには、トラッキングIDが挿入されておらず、Amazonアソシエイトの対象にもなりません。

Amazonの商品を手軽にSNSで紹介したいという場合には便利な機能ですが、収益化は望めないので、Amazonアソシエイトを利用したい場合は上述したAmazonの公式スマホアプリ(Amaoznショッピング)から商品ページのURLを生成しましょう。

スマホのウェブブラウザでAmazonの商品のページを開き、商品画像の右上にあるアイコンをタップしましょう。

メニューが表示されたら「もっと見る」をタップしましょう。

「共有方法」にスマホにインストールされているSNSアプリが表示されます。

ここではTwitterの「ツイート」の項目をタップします。

Twitterのアプリが起動し、新しいツイートの投稿画面が、Amazonの商品のリンクが追加された状態で立ち上がります。

ただし、この短縮URLにはAmazonアソシエイトのトラッキングIDは挿入されていないため、アフィリエイトリンクとしては機能しません。

【アフィ対応】スマホのブラウザでAmazonアソシエイトを利用する方法

スマホのブラウザでAmazonアソシエイトが有効なアフィリエイトリンクを生成するには、スマホ版ではなくPC版のサイトからコードを取得する必要があります。

AmazonのPC版サイトでは、画面上部に「アソシエイトツールバー」が表示され、そこからトラッキングID入りのアフィリエイトリンクを生成できます。

さらにPC版では、短縮URLを展開した通常のURLを表示させたり、商品画像入りのアフィリエイトリンクを作成したりすることも可能となっています。

PC版の画面はスマホで表示させると表示が小さくなるのでタップ操作しにくいのが難点ですが、上述のAmazon公式アプリよりも高度な機能が利用できるので、使い方を覚えておきましょう。

Amazonをスマホのブラウザで開いたら、PC版の画面へと移動しましょう。

Google Chromeの場合は右上のメニューから「PC版サイト」をクリックするとPC版へと切り替わります。

Amazonの商品ページを開いた状態で、上のアソシエイトツールバーの「テキスト」をクリックしましょう。

「このページへのリンク生成」が表示され、アソシエイトIDとトラッキングIDが表示されます。

「テキストリンクを生成しました」に、トラッキングID入りの短縮URLが表示されるので、コピーしてブログやSNSに貼り付けましょう。

ポップアップの下の「通常URL」を選択すると、短縮されていない状態のURLが表示され、トラッキングIDが含まれているのを確認することができます。

アソシエイトツールバーの「テキストと画像」をクリックすると、商品リンクが画像、商品名、Amazonロゴなどと合わせて表示されるタグが生成されます。

Amazonアソシエイトに欠かせないスマホアプリ3選

スマホから利用できるAmazonアソシエイト用のアプリは、数はそれほど多くありませんが、他では代替できない独自の機能を備えたものが多いので、Amazonアソシエイトを利用するなら必ずチェックしておきたいところ。

この章では、Amazonアソシエイトの利用者は必ず押さえておきたい3つの定番スマホアプリを紹介しましょう。

Amazonショッピング

Amazonが提供している公式のスマホアプリで、iOS版とAndroid版があります。

Amazonはスマホのブラウザからでも利用できますが、アプリ版のAmazonショッピングは商品検索やショッピングカート機能、過去の購入履歴の参照などが使いやすく、レスポンスもスムーズでブラウザ版よりも使いやすくなっています。

また、Amazonショッピングからは、トラッキングID入りの商品ページURLを生成できるのは本記事でも解説している通り。

スマホからAmazonを操作する場合は、Amazonショッピング経由で行なうのがベストです。

AmReport

Amazonアソシエイトの売り上げのレポートをスマホから確認するときに便利なアプリが「AmReport」です。

Amazonアソシエイトのセールスの全体データと、実際に注文があった個別の商品のチェックが可能で、Amazonアソシエイトの公式のレポートをブラウザから見るよりも、このアプリを使った方が手軽に成果をチェックできるでしょう。

iOS版のみの提供でAndroid版がないのが残念ですが、iPhoneユーザーならぜひとも導入しておきたいアプリです。

Keepa

Amazonの商品の価格推移を監視するツールです。

Amazonの商品の価格がどのように推移しているのかをグラフで表示できるほか、指定した価格より値下がりした際にアラートを表示する機能があるため、セールのチャンスを見逃しません。

Amazonアソシエイトで紹介したい商品を登録しておいて、値下がりしたタイミングを見計らってブログやSNSで読者に強くプッシュするといった使い方ができます。

Amazonアソシエイトを利用するなら欠かせないサービスのひとつと言えるでしょう。

まとめ

今回はスマホからAmazonアソシエイトを利用する際に覚えておきたいテクニックについて解説しました。

ブログやSNSがどんどんスマホに最適化され、投稿がスマホだけで行えるようになりつつありますが、アフィリエイト関連の作業に関しては、まだまだパソコンから行うのが主流です。

しかし、その中にあってもAmazonアソシエイトは、スマホだけでアフィリエイトをフル活用できる環境が整っています。

本記事を参考に、スマホからのAmazonアソシエイトの活用のノウハウを、しっかり習得しておきましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。
WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネットグループ株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。