ドメインとるならお名前.com

登録実績1800万件。国内最大級のドメイン登録サービス

ドメインの登録/移管/更新

これからドメインを取得される方
ドメインを登録する
新ドメインを登録する
プレミアムドメインを登録する
ドメイン探しでお困りの方
他社で取得されたドメインのお引越し
ドメインの管理を移す
ドメインの期限を更新する
ドメインを更新する
お店・ECサイトのドメイン取得
.shopドメイン
登録者情報変更/ドメインの譲渡etc
登録情報変更
.com/.net/.jp550種類以上
ドメインの種類
ドメインの登録/更新/移管料金など
料金一覧

優良中古ドメインのオークション/予約サービス

集客効率向上が見込める中古ドメイン
「検索エンジン評価」や「文字列の分かりやすさ」に優れた
ドメインが見つかります。
.jpドメインオークション
.com/.netドメインオークション
.jpドメインバックオーダー
.com/.netドメインバックオーダー

国内最大級の導入実績!高品質レンタルサーバー

レンタルサーバー 人気NO.1

必要な機能は全て標準装備
独自ドメイン+サーバーが1円で始められる
SSLも無料でコストパフォーマンス抜群!
レンタルサーバー

VPS

Linuxの運用に最適な仮想化環境を用意。
VPS

ホームページ作成

誰でも簡単にホームページが作れる
SD-31プラン

メール配信システム

月790円〜で配信し放題 販売促進やリピーター獲得に!
メールマーケティング

Office 365

ビジネスでも個人でも!常に最新のOfficeが使える
Office 365
電子メールサービスだけを使いたい方に最適
Exchange Online

ネットショップ開業

.shopを使ってネットショップ始めるなら
MakeShop

※ 弊社が独自で調査したホスティングシェアの数字を基にしています

ドメインオプション

ドメイン登録者宛のメール転送も可能に
Whois情報公開代行
管理画面内での操作制限を可能に
ドメインプロテクション
メールアドレスを作成
お名前メール
お持ちのドメインを売るなら
ドメイン売買サービス
ドメインでお小遣い稼ぎ
ドメインパーキング
メール/URL転送
お名前.com転送Plus
10万枚以上の電子証明書発行実績
SSLサーバー証明書
レンタルDNS/セカンダリDNS
DNS管理サービス

ブロードバンド接続オプション

光・ADSL高速インターネット
ブロードバンド接続
高速モバイル定額接続サービス
高速モバイル
サーバー構築・VPN・WEBカメラなどに
固定IP接続サービス
接続サービス料金/お支払い方法
接続サービス料金一覧

ドメイン販売パートナー

自由にカスタマイズして提供可能
アドバンスト(本格運営型)
管理件数が多いパートナー様向け
ベーシック(管理代行型)

上記パートナープログラム比較紹介

ドメインプロテクトパートナー

各国のドメインを自社名義でお持ちの法人向け
プロテクト(自社管理型)

アフィリエイト

バナー広告などの掲載でお手軽に始められます
アフィリエイト(成果報酬型)

ドメインに関するご不明点を解消します

よくある質問とその回答
よくある質問
ドメイン設定のご案内
ドメインNaviご利用ガイド
サーバー設定のご案内
設定ガイド一覧
共用サーバー 初めての設定ガイド
共用サーバーSD活用ガイド
Weebly活用ガイド
メンテナンスと障害情報のお知らせ
メンテナンス・障害情報

ベストなドメイン名が欲しい

他の人が気付かない“ドメインの穴場”を狙え!

新しいビジネス・サービスを立ち上げる際には独自ドメインの確保が必須となります。
ブランディングのためには、会社名・サービス名・商品名をそのままに表したドメイン名を取得するのが基本ですが、文字列によっては取得は一筋縄ではいきません。
特に、人気のTLDである[ .com ] や [ .jp ]は競争率が高く、意味を持った文字列のかなりの部分が、既に登録不可の状態になっています。
しかし、ちょっとした工夫によって、希望の文字列に近いドメインを手に入れるテクニックがあります。
ここでは5つの方法を紹介します。

TLDを変更する

ドメインは、TLD(トップレベルドメイン)によって、取得の難易度に大きな違いがあります。
たとえば、定番の[ .com ] や [ .jp ]は非常に競争率が高いTLDですが、[ .xyz ] や [ .site ]は比較的空いていることが多いため取得しやすくなっています。取得が難しい文字列であれば、マイナーなTLDをターゲットにするのが有効です。

また、TLDのなかには特定の業種に向けたものがあります。
たとえば、

業種に合わせてTLDを選び、希望の文字列と組み合わせるのもオススメです。

ハイフンを追加する

文字列の任意の地点に「ハイフン」( - )を追加することで、別のドメインとして取得する方法です。
たとえば「zzz」が取得できない場合は、「z-z-z」と、間にハイフンを追加すると、格段に取得しやすくなります。

同じ文字列3つ続きだけど、ハイフン入れただけで空いているTLDがすごい増えたわ。
それにハイフンのおかげでもっと"睡眠感"も出たかも^^

数字を追加する

文字列の中に数字を加えると取りやすくなります。たとえば「oname」であれば、末尾に事業を開始した年号を加えて「oname2018」とするだけで、空いている可能性は高くなります。あるいは、アルファベットの「o」(オー)を「0」(ゼロ)に置き換えることで、「0name」という、見かけ上そっくりな文字列にして代用するという手段もあります。

なるほど。これならドメイン名の見た目も変わらないし上司も納得してくれそう!

省略する

会社名や商品名の個々の単語の頭文字を並べるという手もあります。省略することによって、固有名詞ではない「造語」を作れるため、競争率を下げられる可能性があります。また、文字数が少なくなるため覚えやすく、スペルミスも起こりにくいドメイン名にすることができます。

日本語ドメインを利用する

日本語ドメイン

日本語ドメインは競争相手がほとんど国内の人になるため、世界中から利用者が集まるローマ字のドメインよりも競争率が低く、比較的取得しやすくなっています。たとえば「member」だとなかなか空きがないですが、「メンバー」と日本語にするだけで取得できるドメインが格段に増えます。

また、日本語を利用する人からすると、ローマ字ドメインより日本語ドメインの方が意味がわかりやすく、覚えやすいという利点も考えられます。

確かに「member」は世界中で通じる単語でもあるから、アルファベット表記のままだと世界中の人と取り合う可能性があるね。それに比べて日本語の「メンバー」なら競争率がグッと下がりそう!

希望のドメイン名の空き状況が「登録不可」の場合、ここで紹介した5つのテクニックを駆使すると、希望の文字列に近いドメイン名を取得できる可能性が高まります。

なんとか、希望のドメインが取得できそう!はっぴー

3人もなんとか希望のドメインに辿りつけそうです。 しかし、どうやら新たに疑問が出てきた模様・・・

そういえば、
いろいろな文字列で検索していたら登録可能
登録不可とは違うマークが出てきたんだけどあれはなんだったんだろう?

あっ!私も見ました!こんなマークですよね?

そうそう、そのマーク!

「P」と「A」と「B」。なにかの頭文字かな?
このマークのドメインは特殊なドメインなんですかね。
どういう意味があるんだろう?

そうなんです。
ドメインの検索結果に出てくるのは、「登録可能(空き)」と「登録不可」だけではありません。
ときおり、「P」「B」「A」といった謎のマークが表示されることがあります。
これらのマークは「登録不可」ではありません。実は、取得できる可能性があるドメインなのです!

次回は、「お名前.com」のドメイン検索結果に現れる「P」「B」「A」マークの正体と、 その利用方法について見ていきます。

気になる文字列を検索しよう!