レンタルサーバーとは?今さら聞けない機能・役割・種類を徹底解説!

今回は、レンタルサーバーの種類導入方法ついて解説します。

この記事で分かること

  • レンタルサーバーの種類と機能
  • レンタルサーバーの導入方法

レンタルサーバーとは

WordPressでブログを構築する際に必要となるのがレンタルサーバーですが、その役割や機能について、正確に把握しているでしょうか。

まず、サーバーについておさらいしましょう。
サーバーは「提供する」(Server)の由来通り、インターネット上のあらゆるサービスを提供しているコンピューターです。

インターネットは膨大な数のサーバーを結んだネットワークによって構成されています。
その意味で、サーバー群=インターネットのそのものといっても過言ではありません。
サイト、アプリ、メール、動画、音楽、画像など、基本的にネット上にあるものは全てサーバー上に存在しています。

その中でも特に、ウェブサイトに関する機能を提供するものを「ウェブサーバー」と呼びます。
本来、サイトを新設する際はウェブサーバーを新しく立ち上げなければなりませんが、サーバーの安全かつ安定した運用には、高度で専門的な技能が求められます。

そのため一般的には、サーバー上のブログシステムの一部権限を提供するブログ作成サービスや、サーバーを区画に切り分けてその一部を貸し出す共用サーバーが利用されています。
その中でも後者のように、サーバー全体あるいは一部分を貸し出しているサービスのことを「レンタルサーバー」と呼びます。

このレンタルサーバーのおかげで、わざわざサーバーを買ってきて自宅に設置しなくても、簡単な登録作業だけでサイトの構築ができるようになるわけです。

合わせて読みたい

【初心者におすすめ】ブログの始め方と稼ぎ方のポイント

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーは、ウェブサーバーの全体あるいは一部の機能を貸し出すサービスですが、その特性によって4つの種類に分けられます。
それぞれの違いを見ていきましょう。

1.共用サーバー

一台のサーバーを複数のユーザーに貸し出すサービスです。
ユーザーには一定の容量が与えられ、そこにHTMLファイルなどを配置することによって、ネット上にコンテンツを公開できます。

レンタルサーバーの中では最もシンプルで、使い方も簡単ですが、その分、機能的な制約も厳しく、サーバー本体の設定は基本的に不可。
ユーザーにroot権限(※1)が与えられていないため、CMS(※2)などのプログラムを独自にインストールすることもできません(ただし、WordPressは自動インストール機能が付随している場合がほとんどです)。

また、同じサーバー内に負荷の大きなサイトがあると、巻き込まれて他のサイトも重くなるなどの悪影響を受ける可能性があります。

2.専用サーバー

サーバー単体を貸し出すサービスです。サーバーを丸ごと一台、好きなように使えるため、サイトの公開、CMSの導入、データベースの設置など、ありとあらゆる処理が行なえます。

また、共用サーバーとは異なりサーバーを独占して利用できるため、本来の性能がフルに発揮されます。

ただし、要求される技能のレベルは共用サーバーの比ではなく、UNIX系OSやネットワーク技術の高度な理解が求められます。
費用もかなり高額で、月額2万円以上のサービスがほとんどです。

専用サーバーの管理者にはセキュリティ面での責任も課せられます。
脆弱性を放置するといった安全対策を怠った運用を行っていると、あっという間に乗っ取られ、スパムメールの踏み台にされるなど、多くの人に迷惑をかけることになります。
基本的には専門的な技能を持ったサーバーエンジニアが利用すべきサービスでしょう。

3.VPS

Virtual Private Serverの略称で、仮想専用サーバーとも呼ばれます。ひとつのサーバーを複数のユーザーに提供する点は共用サーバーと同じですが、割り当てられた区画を仮想的に構築された専用サーバーとして扱えるのが特徴です。

サーバー本体を他のユーザーと共有することになるため、スペック面では専用サーバーに及びませんが、その分、運用コストは大幅に抑制され、月額2000円〜5000円程度の費用で利用できます。

仮想的とはいえ使用感は専用サーバーとほぼ同一。機能や設定も専用サーバーと共通なので、やはり運用には高度な知識とセキュリティ対策が求められます。

4.クラウドサーバー

クラウドで仮想的にサーバーの機能を再現したサービスです。
AWS(Amazon Web Servise)、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなどが該当します。

データセンターに物理的にサーバーが存在する専用サーバーに対して、クラウドサーバーでは、オンライン上にサーバーの機能を丸ごと仮想化し、そのリソースを必要に応じて引き出しながら運用できます。
CPUやメモリといったハードウェア要素も仮想化され、サイトの負荷に応じて最適化。
サイトにアクセスが過度に集中したときもリソースが適切に配分されるため、サーバーが重くなったり落ちたりすることがありません。
サイトの突発的な変化や爆発的な成長に対して柔軟に運用できるのが魅力です。

ただし、管理の難易度も専用サーバー以上で、仮想化技術に習熟したサーバーエンジニアが必要となります。
また、料金体系もリソースの消費に応じて課金される従量課金制なのでその都度変化。
コストが予測しにくいのが難点です。

これらのレンタルサーバーのうち、最も一般的に利用されているのは共用サーバーです。
WordPressを利用できる、広告等による収益化の制限がない、独自ドメインに対応可能といった数々の利点から、特にアフィリエイトサイトにおいては定番の環境となっています。

専用サーバーやVPS、クラウドサーバーでもサイトを構築することは可能ですが、普通のサイトを運用するにはスペックが過剰すぎます。
あえて選択する理由はないでしょう。

これらのサーバーは、億単位のPVの負荷がかかる超大規模なサイトや、インタラクティブな処理が必要とされるウェブサービスで主に利用されています。

  • root権限:サーバーの全要素をコントロールできる最上位の権限。あらゆるファイル、設定、ユーザーアカウント等を変更できる。通常、保持しているのはサーバー管理者のみ。

  • CMS:コンテンツ・マネジメント・システム。高度なウェブプラットフォームを提供するプログラムで、サーバーにインストールして利用する。WordPress、MovableTypeなどが有名。

レンタルサーバーを導入するには

ここではレンタルサーバーの実際の登録手順を、「お名前.com」を例に見ていきましょう。

「お名前.com」では共用サーバーとVPSを提供していますが、今回は共用サーバーの導入を行います。
300GBの大容量で、WordPressの自動インストールに対応しているほか、独自のアクセス解析や自動バックアップ機能も搭載。

サーバーの登録と同時に「お名前.com」の独自ドメインをセットで取得することも可能で、本格的なサイト運営にはうってつけのレンタルサーバーとなっています。

月額料金は1300円ですが、長期間分をまとめて支払うと最大で月額900円まで割引となり、非常にお得です。

レンタルサーバーの導入方法

「お名前.com」のレンタルサーバーのページを開いて「レンタルサーバーを申し込む」をクリックしましょう。

「RSプラン」と「ホームページエディタープラン」「Microsoft 365メールプラン」の3つからプランを選択します。

オプションが不要な場合は「RSプラン」を選びましょう。
独自ドメインとセットで申し込むか、サーバーのみで申し込むかを選択。

独自ドメインを利用する場合は前者で申し込むのが費用的にもお得です(後者を選んで後から登録することもできます)。

取得したい独自ドメインを検索して、トップレベルドメインのチェックボックスを有効にし、「お申込みへ進む」をクリックします。

独自ドメインの登録年数とオプションを選択して「次へ」をクリックします。

クレジットカードの情報を設定します。
これでレンタルサーバーと独自ドメインの登録が同時に完了します。

登録が済んだらレンタルサーバーの設定画面に入り、「コントロールパネル」を開きましょう。

サーバーのコントロールパネルでは、WordPressのインストールやアクセス解析、バックアップ機能が利用できるほか、メールアドレスの作成も可能です。

独自ドメインをセットで登録していると、ここで独自ドメインのメールアドレスを利用できるようになります。

合わせて読みたい

【ブログ初心者におすすめ】今人気のブログ作成サービスおすすめ10選

まとめ

今回は、レンタルサーバーの種別ごとの違いと、共用サーバーの導入方法について解説しました。

サーバーをゼロから自力で構築するとなると、かなりの時間と費用がかかりますが、レンタルサーバーなら時間と費用をかけずに、必要な機能だけを利用できるようになります。

特に共用サーバーは、サーバーの専門知識がない人でも扱えるように機能が簡略化されていますし、それでいてブログ作成サービスよりも高度なサイト運営を行えるようになります。
初心者からステップアップしたい人にはオススメのサービスです。

専用サーバーやVPS、クラウドサーバーは、プロのサーバーエンジニア向けのサービスであり、必ずしも使いこなせるようになる必要はありませんが、どのような特徴や機能を備えているのかを把握しておくと、サーバーについての理解がより深まるでしょう。

ブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

ブログに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

ブログに使うドメインを
今すぐ取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定!
ここからお申込みでドメイン登録料金無料