フリー素材の画像・イラストのブログ記事での活用法

この記事は約11分で読めます

ブログに欠かせないのが、記事内に配置されるフリー素材の写真やイラストです。

一見、意味なく置かれているように見えるかもしれませんが、実は重要な役割を担っており、記事の成果に大きな影響を与えることもあります。

今回はブログで使われるフリー素材について解説します。

ブログの記事にフリー素材が使われるワケ

ブログの記事内で使われている美しい写真やイラスト。
出どころがどこなのか、気になっている人もいると思います。

そのほとんどはフリー素材のサイトが提供している画像で、規約さえ守れば、誰でも自由に使うことができるようになっています。

記事の中にある画像は、その記事全体のクオリティを左右する、重要な役割を担っています。
ブログ記事の本質はテキストであり、画像はオマケにすぎないと考える人もいるかもしれません。

確かに、検索エンジンやSNSからの流入に、文章は強い影響力を持っています。
しかし、だからといって画像を軽んじてよいことにはなりません。

記事内に配置された画像は、次のような効果を生み出しています。

読者の興味や関心を引きつける

画像があるとないとでは、記事に対する読者の興味や関心は全く違ってきます。

文章だけの記事は、どうしても無味乾燥な印象を与えがちですが、そこに彩り豊かな写真やイラストが加わるだけで、記事全体への親しみやすさが生まれます。

読者が簡単に他サイトへと離脱するウェブでは、記事の第一印象は極めて重要です。
画像は読者の感覚を刺激し、好印象を与えるための重要な要素となります。

記事にイメージを植え付ける

画像は文章によって表現されたイメージを具体化することで、読者に強い印象を与えます。
言葉による表現がどの事象を指し示しているのか、画像からはすぐに想起できるため、記事内容の理解が進みます

特に遠回しな記述が続く文章では、関連性のある画像を中間に挟むことで、テーマを読者に再認識させる効果があるほか、言葉と図像の二重のインプットにより、内容がより記憶に残りやすくなります。

リズムよく読み進められる

記事内に適切に配置された画像は、文章にリズムを生み出し、読者はテンポよく記事を読み進められるようになります。

長い文章では、どうしても途中で集中力が途切れがちですが、間に画像が挟まることで、息継ぎのタイミングが生まれ、記事を最後まで読み通す助けになります。

また、画像で区切られた文章がひとつの塊として認識されることで、記事全体の構造を把握しやすくなります。
見出しや段落と同じような文章上の境界を、画像によっても作ることができるわけです。

記事内の画像は、読者の目を楽しませるだけでなく、記事の読解を助ける機能的な役割を担っています。

そのため、単に見栄えのする画像を大量に挿入すればいいというわけではなく、文章の内容に応じた画像の適切な配置が求められています。

記事の部位に合った画像の選び方

ブログの記事内で、画像配置が効果的とされているのは、記事冒頭記事中間アイキャッチの3箇所です。

この3つの部位について、それぞれどのような画像に適性があるのか、ここで考えてみましょう。

記事の冒頭の画像

記事の冒頭部分に配置される画像です。
この画像の役割は、記事全体を象徴するイメージを提示することにあります。

記事のテーマは何なのか、何がトピックの中心にあるのか、記事の印象はポジティブなのかネガティブなのか、といったことが冒頭の画像で示され、読者はそこで得たイメージを前提に記事を読み進めることになります。

ここで記事内容と乖離した画像を選ぶと、両者のギャップに読者が混乱するので注意が必要です。

記事の中間の画像

記事の中間、文章の合間に挿入される画像です。
文章を読み進める上での息継ぎ、箸休め的な機能を担いますが、この画像は印象が強すぎても弱すぎてもよくありません。

存在感のありすぎる画像が挟まれると、読者の注意力が散逸し、画像の影響で文意が捻じ曲げられる可能性があります。
かといって凡庸な画像だと、記事全体の印象が安っぽくなり、価値を低下させるだけでしょう。

フリー素材で提供される画像はその点も配慮されていて、記事の読解を邪魔しない程度の自然な存在感で、なおかつ好印象を与えるものが多くなっています。

アイキャッチの画像

アイキャッチは、読者がその記事を読むかどうかの判断を大きく左右します。
そのため、とにかく人の関心を惹きつけるインパクトの強さが第一条件となります。

アイキャッチは、記事一覧のサムネイルとして使われるだけでなく、TwitterやFacebookで共有された際には、ユーザーのタイムラインに表示されます。

画像のサイズは小さく、視界に入る時間も限られますが、そういった制約の中で、どんな画像であれば読者の印象に残るのかを考えて選ぶ必要があります。

このほかにも、文章の内容を図示する概念図や、作業手順を解説するキャプチャ画像などがありますが、これらは文章内容を補足する機能が主で、基本的にフリー素材が使われることはないので割愛します。

これら3つの箇所に求められる画像の特徴を理解し、それぞれに合った画像の選択を心がけましょう。

フリー素材の写真・イラスト提供サービス

フリーの画像素材を提供するサービスは世界中にあり、その品質や特徴は千差万別です。
ここでは、万能タイプで使いやすい6つのフリー素材サイトを紹介します。

いずれもよく知られた有名サイトで、高品質かつ使いやすい画像を提供することで支持を集めています。
記事内で使う画像に困ったら、まずはこれらのサイトを当たってみましょう。

写真素材サービス

写真AC

https://www.photo-ac.com/

国内最大級の写真サイトです。
約220万点もの写真が公開されており、人物、風景、モノをはじめ、ありとあらゆるジャンルに対応しています。

写真素材を探すなら最初に当たるべきサービスでしょう。
ちなみに、ダウンロードには無料のユーザー登録が必須です。

Adobe Stock

https://stock.adobe.com/jp

Photoshopなどで有名なAdobe社が提供している画像素材サイトです。
その特徴は圧倒的なクオリティにあります。

広告で使われているような、プロの手による本格的な写真が豊富に収蔵されています。
有料のサービスですが、2020年10月より約7万点の画像素材が無料で公開されています。

Unsplash

https://unsplash.com/

インパクトのある写真を得意とする素材サイトです。

20万点以上の写真を擁し、神秘的な風景、不思議なポーズ、トリッキーなアングルなど、一風変わった作品を多く揃えています。そのアーティスティックな作風は、サイトに独特の雰囲気を与えてくれるでしょう。

pixiaboy

https://pixabay.com/ja/

海外の高品質な写真が集められたフリー素材サイトで、写真のほかイラスト、動画なども含め、2万4000点以上の素材が公開されています。(2021年9月時点)

被写体は海外の人物や風景が中心ですが、メニューは全て日本語化され、日本語での検索にも対応しています。

素材はすべてクレジットの記載なしで利用できます。

ぱくたそ

https://www.pakutaso.com/

国産の画像素材サービスで、3万8000点以上の高品質な写真が無料で提供、特筆すべきは、日本人モデルを中心に人物の写真を豊富に取り揃えている点です。

フリーの画像素材サービスでは、モデルの肖像権の問題があるため、基本的に人物写真は少ない傾向にあるのですが、ここでは多彩なパターンの人物写真を選ぶことができます。

BURST

https://burst.shopify.com/

ネットショップ作成サービスの世界最大手であるShopifyが運営している画像素材サービスです。

写真の品質は極めて高く、思わず目を惹くような印象的な作品が多数あります。

クレジット表記なしで画像を使用可能で、ダウンロードの際にHigh resolution(高解像度)とLow resolution(低解像度)を選択することができます。

画像素材サービス

いらすとや

https://www.irasutoya.com/

ネット、リアルを問わず、あらゆる場面で活用されている無料のイラストサイトです。
用途を選ばないクセのない画風と、他の追随を許さない圧倒的なバリエーションが魅力。

どんなにマイナーで特殊なジャンルでも、ここでなら最適なイラストが見つかるはずです。

イラストレイン

http://illustrain.com/

使いやすいイラストを多数公開しているサイト。得意とするジャンルは「生活」「季節」「干支」など。

素朴でありつつもキュートさを合わせ持った画風が特徴で、コミカルで温かみのある雰囲気を作り出すのに最適です。

イラストAC

https://www.ac-illust.com/

写真ACと同じ会社が提供しているイラストサイトです。

多くのイラストレーターが作品を提供していて、多彩な画風の中から記事の雰囲気に合ったものを選ぶことができます。
イラストレーターの人気ランキングなどの機能も便利です。

storyset

https://storyset.com/

海外で人気のフリーのイラスト素材サイトで、人物のイラストが多いのが特徴。

日本のキャラクター系のイラストとはテイストが異なりますが、ポップで癖のない作風なので、様々なシーンでの利用が可能です。

サービス上でイラストの基調となる色を変更できるほか、サイト上でレイヤーを切り替えることにより、画像の一部を非表示にした状態でのダウンロードもできます。

unDraw

https://undraw.co/illustrations

シンプルさを特徴としたフリー画像素材を提供しているサービスです。

メニューのカラーバーを使って、イラストの基調の色を変更する機能を搭載し、利用するページの背景色に合わせたイラストを入手できます。

落ち着いたトーンのイラストが多いので、ビジネス用途の利用にもおすすめです。

freepik

https://jp.freepik.com/

海外のイラストレーターの作品を提供しているサービスです。

イラストのテイストは多種多様で素材の数も多いので、多くの候補の中からイラストを選びたいときに役立ちます。

未登録のユーザーは1日3個まで、無料登録のユーザーは1日10個までのダウンロード制限があります。

利用の際にはクレジットの記載が必須となります。

ブログのフリー画像素材の探し方

フリー画像素材のサービスを検索しても、思った通りの画像が見つからないことはよくあります。

そもそも画像はキーワードによる内容の選別が難しく、条件によっては検索の精度が著しく低下することがあります。

指定したキーワードから明らかにズレた画像が大量にヒットする場合は、通常の検索とは違ったテクニックが必要です。

フリーの画像素材サービスの検索で、欲しい画像が出てこない場合は、以下の方法を試してみましょう。

英語で検索してみる

画像の検索で最初に試して欲しいのが、英語による検索です。

特に海外の画像素材サービスでは、日本語での検索に対応していなかったり、対応していても精度が低かったりするケースがよくあります。

同じ意味の語句でも、英語で検索した途端に出てくる画像の数が倍増した、なんてこともあるので、英語での検索は必ず試してみましょう。

類義語で検索してみる

キーワードの周辺の類義語で検索するテクニックも有効です。

画像は言葉で正確に内容を定義することが難しいため、類義語で対象の幅を広げて、その中からイメージに合う画像を探す方が効率が良い場合があります。

ウェブには入力した語句の類義語を調べられるサービスもあるので、それらを活用しながら検索対象を広げてみましょう

カテゴリを探してみる

画像素材サービスで、カテゴリによる分類がある場合には、それを活用しましょう。

カテゴリは主に被写体のジャンルによって分けられていますので、人物、建物、季節といったジャンルの中からテーマに近いものを選んで、イメージに近い画像を見つけ出しましょう。

画像の検索機能では抜けや漏れが発生することがよくあります。カテゴリ内を目視で探すことによって隅々までチェックしましょう。

画像の検索機能は、テキストの検索機能ほど洗練されていません

特にキーワードが抽象的だったりすると、どんなに工夫しても、思い通りに絞り込むことが難しい場合もあります。

そんなときは、とにかく多くの画像に目を通す力技に頼るのもひとつの手で、時間と手間をかけるほど、質のいい画像を見つけ出せる可能性は高くなることは、覚えておきましょう。

フリー素材を利用する際の注意点

フリー素材を提供しているサイトは、素材の使用に独自のルールを設けていることがあります。素材を使う以上は、定められたルールはきちんと守りたいところ。

ここではフリー素材を利用する際に見落とされがちな、4つの利用条件を確認します。
お互いに気持ちよく利用するため、これらの条件は必ずチェックしておきましょう。

クレジット表記の条件がないか

フリー素材の利用条件で最も注意しなければならないのがクレジット表記です。
サイトよっては、提供元のサイト名やクリエイター名、あるいはサイトのURLの掲載を義務付けていることがあります。

「できればお願いします」というように、利用者への依頼の形をとっていることもありますが、クレジット表記の要求は原則として受け入れるようにしましょう。

商用利用がOKかどうか

フリー素材の中には、商用利用を認めていない、あるいは有料になるなどの条件が設定されているケースがあります。

商用利用の定義は「金銭収入が発生するサイト」で、企業が運営するサイトはもちろん、ウェブ広告を掲載しているサイトも該当します。

アフィリエイトやアドセンスを展開しているブログは、特に注意するようにしましょう。

改変が認められているかどうか

フリー素材の中には、画像の改変が認められていないものがあります。
画像に文字を追加する、明度や彩度を変更する、縦横比を変える、一部を切り抜く、他の画像と合成するといった処理は、全て改変にあたります。

改変が禁止されている画像はオリジナルの状態のままで利用しましょう。

連絡先を明らかにしておく

フリー素材を利用するサイトでは、運営者の連絡先を明らかにしておきましょう。
画像の利用に関して問題が発生した場合でも、連絡が付けばすぐに対処できます。

フリー素材といっても、作品の権利はあくまでクリエイター側に帰属し、利用者に無制限の自由が認められているわけではありません。

問題が発生したときに連絡が取れないと、大きなトラブルに発展する可能性があるので、連絡先は常に公開しておきましょう。

まとめ

今回は、ブログの記事内に挿入する画像とその入手方法について解説しました。
ブログの記事内の画像の選択は、その記事全体のクオリティに大きな影響を与えます。

どんなに素晴らしい記事でも、画像のチョイスが悪いと冴えない結果に終わることがありますし、逆に凡庸な記事でも、画像との相乗効果によって思わぬ人気を得ることもあります。

もちろん、画像の良し悪しだけで記事の価値が決まるわけではありませんが、良質な記事が画像の選択を誤ったばかりに、話題に上ることなく埋没していくのは、あまりに勿体ないことです。

画像が記事の足を引っ張ることのないよう、記事の画像選びには全力を注ぎましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。
ブログに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

ブログに使うドメインを
今すぐ取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる