WordPressブログに設置すべき4種の固定ページ

この記事は約7分で読めます

ブログは継続的に記事を更新し続けることが前提のメディアですが、そのサイクルから外れた「固定ページ」も存在します。

固定ページには、ブログの土台となる重要な機能が割り当てられるのが通例です。
今回は固定ページの役割について考えていきます。

この記事で分かること

  • ブログに設定しておきたい固定ページ
  • 各種固定ページを作成する方法

WordPressに必要な4種の固定ページ

ウェブメディアとしてのブログの特徴は、新しく更新された記事がトップに表示される、動的な構造にあります。

これは常に最新記事が入れ替わる活発な活動を前提にしているわけですが、WordPressにはそれとは別に、静的な運用のための「固定ページ」という機能が用意されています。

固定ページは通常の記事ページとは違って、ブログのトップに新着記事として表示されることはなく、カテゴリによる分類の対象にもなりません。

初期状態では他のページとの繋がりがなく、WordPressでは例外的な内部リンクのネットワークから外れたページとして存在します。

常に入れ替わり続ける記事ページに対して、固定ページはどのページにも属さずに、同じ内容を表示し続ける役割を担っています。

WordPressの固定ページは、主に次の用途で利用されています。

  • プライバシーポリシー・免責事項
  • お問い合わせフォーム
  • プロフィールページ
  • サイトマップ

いずれも通常の記事ページとは違う、特殊な機能を担っているページです。

固定ページはどこからもリンクされていない、隔離されたページですが、上述の機能を設定した後に、ブログのヘッダーやサイドバーからリンクを張ることによって、読者はアクセスできるようになります。

合わせて読みたい

初心者はこれだけ覚えよう!WordPress使い方の基本

WordPressでの固定ページの作り方

さっそくWordPressで固定ページを作る方法について解説していきましょう。

WordPressの管理画面の「固定ページ」から、新規記事を作成しましょう。
固定ページの編集方法は通常の記事ページと同じで、ブログエディターのビジュアルモードあるいはテキストモードから行います。

大きな違いといえば、カテゴリの設定とタグの設定がないことでしょう。アイキャッチ画像の設定は可能となっています。

固定ページは複数開設することが可能なので、プラバシーポリシーやお問い合わせフォームといった、目的ごとに新しい固定ページを作るといいでしょう。

WordPressの管理画面のキャプチャ

WordPressの管理画面を開き、左のメニューから「固定ページ」の「新規追加」をクリックしましょう。

WordPressの管理画面のキャプチャ

新たに固定ページが作成されました。
ブログエディターは通常の記事と同様に、ビジュアルモードとテキストモードを切り替えて入力が行えます。

WordPressの管理画面のキャプチャ

パーマリンクの文字列を確認しましょう。
パーマリングの設定によっては、固定ページの日本語のタイトルがそのままパーマリンクにも適用されます。

パーマリンクの文字列を英語の表記に変更しておきましょう。

WordPressの管理画面のキャプチャ

管理画面の左メニューの「固定ページ一覧」をクリックすると、作成済みの固定ページが表示されます。
固定ページの内容を変更したい場合は、ここから行いましょう。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

プライバシーポリシー・免責事項の作り方

WordPressの固定ページを使って最初に開設すべきは、「プライバシーポリシー」と「免責事項」のページです。

プライバシーポリシーは、ブログが保有するユーザーの個人情報の取り扱い方を記載した文書。
免責事項は、ブログの書き手の責任が免除される事項について記載した文書です。

いずれもブログの運営に付随して発生する法的なリスクを回避するためのもので、ウェブの法規制が厳しくなっている昨今では、多くのブログが対応するようになっています。

これらはアフィリエイトやアドセンスの審査の評価対象に含まれることからも、必須のページといえるでしょう。

プライバシーポリシーや免責事項の書き方は、お手本となるテンプレートがウェブで無料公開されているので、それを転用すれば問題ありません。
内容の一部(サイト名など)を改変した上で、固定ページに貼り付けて保存しましょう。

アフィリエイトやアドセンスの審査を受ける際には、作成した固定ページのリンクを、見えやすい場所に設定しておくことも重要です。

プライバシーポリシーと免責事項の詳細については、以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい

【雛形付完全ガイド】プライバシーポリシーの書き方

お問い合わせフォームの作り方

お問い合わせフォームは、ブログの公式な連絡手段として利用されています。

最近はTwitterやFacebookを利用している運営者も多いため、連絡の手段は多様化していますが、SNSはプライベートのやりとりが中心なのに対して、お問い合わせフォームは記事に対するクレームや、広告掲載の依頼といった、ビジネスでの連絡に使われています。

ブログがオフィシャルな窓口を持つことには、信頼性を担保する上でも大きな意味があるので、ブログを開設したら、合わせてお問い合わせフォームも設置しましょう。

WordPressでお問い合わせフォームを作成する場合は、プラグイン「Contact Form 7」を利用するのがおすすめです。
固定ページにお問合せフォームを自動生成してくれます。

カスタマイズ機能が豊富で、入力項目をHTML形式で自由に設定できるほか、送信に成功した場合、失敗した場合、入力項目に不備があった場合に、それぞれ違ったメッセージを画面に表示することができます。

お問い合わせフォームに求められる機能は、全て備えていると言っていいでしょう。
「Contact Form 7」の詳しい導入方法については、以下の記事で解説しています。

合わせて読みたい

WordPressにお問い合わせフォームを設置する方法

プロフィールページの作り方

プロフィールページは、ブログの運営者の自己紹介を載せるページです。
運営者の情報は、掲載しているブログとしていないブログに分かれますが、これはブログのスタイルの違いによるものです。

ブログは書き手が前面に出るスタイルと、テーマを中心とするスタイルに分かれ、前者は雑記型ブログ、後者は特化型ブログとも呼ばれます。

前者の場合、書き手は自身の価値を高めるセルフブランディングによって、ブログに求心力を生み出さなければなりません。

ブログ以外にもTwitter、Instagram、YouTubeなどの多彩なチャンネルを駆使して、自らのキャラクターの周知に努めます。

プロフィールページが重要になるのは、まさにこのスタイルのブログです。
様々なSNSのアカウント情報を集約し、書き手の出自とパーソナリティを明らかにすることで、読者の信頼を獲得します。

雑記型ブログの中ではある意味、最も重要なページと言えるかもしれません。
雑記型ブログと特化型ブログの違いについては、次の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい

【成功事例付】稼げるアフィリエイトサイトの作り方

サイトマップの作り方

サイトマップは、ブログ内部のページ構成を一覧化したものです。
サイトマップには、検索エンジン向けのXML形式のものと、ユーザー向けのHTML形式のものがあります。

前者は検索エンジン最適化(SEO)で効果を発揮しますが、後者の人間向けに用意されたサイトマップも、サイトの全体像を見通す上で欠かせない機能です。

特に、固定ページの多いブログの場合、どこに何のページがあるのか、いちいちリンクを開いて確認していては時間がかかります。

サイトマップがあれば、ブログ内部のページをまとめて見られるので、目的のページへとスムーズに移動できるようになるでしょう。

HTML形式のサイトマップは手動で作ることもできますが、ページ数が多いと手間がかかる上に、ページの抜け漏れやリンクのミスが発生しがちです。作成を自動化するWordPressのプラグインを利用しましょう。

「PS Auto Sitemap」は、ブログの内部構造を解析してHTML形式のサイトマップを生成するプラグインです。
インストール後に、指定されたタグを固定ページに入力すると、そこにサイトマップが自動的に出力されます。

合わせて読みたい

【重要度別ガイド】WordPressインストール後の初期設定

まとめ

今回は、WordPressの固定ページの役割と、そこで作成すべき4種のページについて解説しました。

この4種のページには優先順位があります。

最も重要なのは「プライバシーポリシー・免責事項」で、これは全てのブログが設置すべきページです。
また、「お問い合わせフォーム」も、ブログの信頼性を担保する上では欠かせない機能と言えるでしょう。

一方、「プロフィールページ」と「サイトマップ」は、設置が必須というわけではありません。
書き手のパーソナリティを前面に出したブログであれば、プロフィールページは必要ですが、ジャンルやテーマに特化した匿名性の高いブログの場合は、なくても問題ありません。

またサイトマップについては、固定ページが複数あるような、複雑な構造のブログにはあると便利ですが、シンプルな構造のブログでは必ずしも必要はなく、むしろXML形式のサイトマップの方を重視すべきでしょう。

今回の記事を参考に、自分のブログに必要な固定ページを、手際よく構築してみてください。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。
ブログに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

ブログに使うドメインを
今すぐ取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]無料クーポン適用中

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる