WordPressのブログ記事をスマホアプリから作成・編集してみよう

この記事は約8分で読めます

スマートフォンからブログを投稿したり編集したりしたいときに便利なのが「WordPressアプリ」。

WordPress公式のアプリだけあって機能も充実、パソコンと遜色ないレベルで編集作業が行なえます。

今回はWordPressアプリの機能と使い方について解説します。

この記事で分かること

  • WordPressアプリの特徴と活用シーン
  • WordPressアプリの初期設定と投稿方法

WordPressアプリの特徴と活用シーン

WordPressのブログの記事作成や更新は、これまでパソコンから行うのが一般的でしたが、「WordPressアプリ」はその常識を覆しうるツールです。

WordPressアプリはWordPress公式のスマートフォン用アプリで、iOS用とAndorid用が公開されています。

WordPressの記事作成・公開に関するほぼ全ての機能をスマホから利用できるのが特徴で、ブロックエディターに対応したことで、記事の途中に写真を挿入したり、カラムで記事を分割したり、SNSの投稿を引用したりといった処理も簡単に行えるようになっています。

これまでもスマホからの更新に対応したブログサービスはありましたが、WordPressアプリは機能においても使いやすさにおいても、従来のものより大幅に優れており、PCに縛られたブログの作業環境を刷新したいという、開発サイドの強い意欲を感じさせるツールとなっています。

WordPressアプリの具体的な活用シーンとしては、次のようなシチュエーションが考えられるでしょう。

【WordPressアプリの活用シーン】

  • 自宅外でブログの記事を編集・公開したい

    本業が多忙でブログのための作業時間を確保できないという人は、仕事の合間の移動時間やちょっとした休憩時間を使って記事を書くしかありません。

    しかし、そのためにPCを常に持ち歩くのは大変です。
    そんなときWordPressアプリがあれば、記事の作成、公開の作業をスマホ一台で完結させることができます。

  • 思い立ったその場で記事を書きたい

    ブログの記事にリアルタイム感が欲しいと思っても、家に帰ってから記事を書いたのでは、現場の熱が冷めてしまいます。
    WordPressアプリなら、ブログを書きたいと思ったらすぐに、執筆作業を始められます。

    スマホで撮った写真を、その場で記事内に挿入することも可能。
    SNSに投稿する感覚でブログの記事を書きたい人におすすめです

  • 公開した記事を修正したい

    ブログで公開中の記事を、急遽修正したくなるときがあります。

    例えば、記事の中の恥ずかしい間違いに気付いてしまったとき。
    あるいは、アフィリエイトの商品情報や在庫状況が変わったときなどは、いち早く記事を修正してから再公開すべきです。

    そんなときも、WordPressアプリを使えば、手元のスマホから簡単に既存記事の修正が行えます。

スマホからのブログの更新でネックになるのは、文字入力の効率の悪さでしょう。
PCとスマホ、どちらの入力に慣れているかは人によりますが、長い文章の場合、スマホでの文字入力は厳しいという人は少なくないはずです。

WordPressアプリには下書き保存機能があり、執筆途中の記事は自動的に保存されるので、一息に記事を書き終えられなくても、時間間隔を空けて作業を継続できます。

また、スマホ文字入力アプリの設定を最適化すれば、作業効率は大幅にアップします。
Bluetooth接続のモバイルキーボードが発売されているので、そういったデバイスの助けを借りるのもいいかもしれません。

これらの工夫により、少しでも快適な執筆環境の構築を心がけましょう。

合わせて読みたい

フリー素材の画像・イラストのブログ記事での活用法

WordPressアプリの初期設定

ここからは、WordPressアプリの初期設定について解説していきます。

初期設定は、自分のブログをWordPressアプリに登録するところから始めます。
ブログのトップページのURLと、ログイン用のID・パスワードを入力すればOK。
次回以降はアプリを起動すれば自動的に管理画面にログインされるようになります。

WordPressアプリはマルチログインにも対応しており、WordPressで構築されたブログであれば、複数をアプリに登録して切り替えながら利用することが可能です。
初期設定の手順をひとつひとつ見ていきましょう。

WordPressアプリを起動すると、画面下に「WordPress.comでログインまたは登録」と「既存のサイトアドレスを入力」のボタンが表示されます。
後者をタップしましょう。

WordPressのアドレスの入力を求められるので、URLを入力して「次へ」をタップします。
入力するのは管理画面のログインページのURLではなく、ブログのトップページのURLです。

アドレスは「https://」から始めましょう。
独自ドメインを利用していると上手く行かないことがあるので、その場合は独自ドメイン設定前の、サーバーのURLを入力しましょう。

ログイン画面が表示されるので、「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「次へ」をタップします。

ログインに成功すると、WordPressの管理画面が表示されます。

合わせて読みたい

ブログの写真を加工する画像編集ツールの選び方と加工の仕方

WordPressアプリで記事を作成して公開する

WordPressアプリで新しい記事を作成し、ブログに投稿してみましょう。

ここで重要になるのが、WordPress 5.0から搭載されているブロック積層型の編集ツール「ブロックエディター」です。

WordPressアプリは、このブロックエディターに対応することで、スマホからでも高度な記事編集が行えるようになっています。

特に、記事内への画像の追加と、それに関する詳細な設定が、スマホの画面からでも簡単に行えるようになったことで、記事制作の自由度が大幅に上がりました。

ここでは、WordPressアプリでの記事の新規作成と、スマホで撮影した写真のメディアライブラリへの登録、さらには記事内への追加の手順を解説していきます。

なお、ブロックエディターが肌に合わないので、以前のエディターに戻したいという人は、アプリの設定からブロックエディターを無効化しましょう。

PC版のWordPressでは、ブロックエディターの無効化にはプラグインの導入が必須でしたが、WordPressアプリでは設定を変更するだけでOKです。

  • ブロックエディターで記事を作成する

    WordPressアプリを起動します。
    管理画面が開いたら、右下の青色の丸型アイコンをタップしましょう。

    画面下に「ブログ投稿」「サイトのページ」が表示されますので、「ブログの投稿」をタップしましょう。

    なお「サイトのページ」をタップした場合は、記事のデザインをテンプレートから選択する画面へと移行します。

    記事の入力画面が表示されます。
    「タイトルを追加」に記事のタイトルを入力しましょう。

    「執筆を開始」に本文を入力しましょう。
    WordPressアプリはブロックエディターに標準対応しているので、記事の本文はブロックとして扱われます。

    文字入力欄の上のアイコンの左端、青色の丸形の「+」をクリックしましょう

    ブロックエディターのメニューが表示されます。
    ここから記事内に画像やボタンを追加するといった機能を利用できます。

    ブロックの右下にある「…」ボタンをタップすると、ブロックのメニューが表示されます。

    「Transform block」ではブロックの形式を「タイトル」や「リスト」や「引用」に変更できます。

    「Copy block」はブロックをクリップボードへコピー、「Cut block」はブロックをカット、「Duplicate」はブロックと同じものを直下に複製します。

    記事の作成が完了したら、画面右上の「公開」をタップしましょう。

    公開日、タグ、カテゴリーを指定して「今すぐ公開」をタップすれば記事が公開されます。公開せずに画面を閉じた場合や、前の画面に戻った場合は、「下書き」に保存されます。

    公開中の記事や、下書きの記事を再編集したい場合は、管理画面の「投稿」をタップしましょう。

    「公開済み」「下書き」「予約済み」「ゴミ箱に移動済み」の記事を確認できます。
    編集したい記事を選択して「編集」をタップすれば、作業を再開できます。

  • スマホ内の画像をアップロードして記事に挿入する

    WordPressアプリの管理画面から「メディア」をタップしましょう。

    WordPressのメディアライブラリに保存されている画像が表示されます。

    右上の「+」をクリックするとメニューが表示されるので「端末から選択」をタップ。
    スマホ内の画像を選択して、メディアライブラリにアップロードしましょう。

    WordPressアプリで新規記事の作成画面を開き、青色丸形の「+」アイコンをクリックして、ブロックエディターのメニューを表示します。

    ブロックエディターのメニューの中から「画像」のアイコンをタップしましょう。

    「WordPressメディアライブラリ」を選択すると、メディアライブラリにアップロードした写真を選択することができます。

    記事内に写真が追加されました。

    ブロックエディターの機能により、画像にキャプションを追加することが可能。
    右下の歯車のアイコンをタップしてみましょう。

    画像のカスタマイズの設定が開きます。
    画像の表示形式やサイズ、リンク先などの指定が行えます。

  • ブロックエディターを無効にする

    WordPressアプリの管理画面で「設定」をタップします。

    「ブロックエディターを使用」という設定項目があるので、無効にしましょう。

    ブロックエディターが無効になると、記事作成画面は従来型のエディターに変更されます。

合わせて読みたい

WordPressブログに設置すべき4種の固定ページ

まとめ

今回は、WordPressアプリの特徴と活用シーン、使い方について解説しました。

WordPressアプリは、スマホ向けのブログ編集アプリとしては非常に完成度が高く、機能性と使いやすさのバランスにおいてはトップクラスだといえます。

その要因は、ブロックエディターの存在でしょう。
アイコンを中心にデザインされたブロックエディターのUIは、スマホとの相性が非常に良く、PCのブラウザよりもスマホアプリからの方が快適に使えると言っても過言ではありません。

WordPressを利用するなら、WordPressアプリもぜひインストールしてみてください。
スマホでの快適な更新作業に、きっと貢献してくれるツールとなるでしょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。
ブログに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

ブログに使うドメインを
今すぐ取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]無料クーポン適用中

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる