ブログ文章のクオリティを向上させる記事の書き方とは?

この記事は約12分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

ブログ文章のクオリティに、いまひとつ自信が持てないという人は少なくないでしょう。

上手く文章が書けない原因は、文章力以前に、執筆の手法や環境に問題がある場合がよくあります。

今回は、ブログ文章のクオリティを向上させるために、留意すべきポイントについて解説します。

ブログ文章のクオリティを向上させるには

ブログを頑張って書き続けているのに、なかなか文章のクオリティが付いてこない、と嘆いている人はいないでしょうか。

確かに、文章力は習得が難しい能力で、確かな実力を培うには長い時間がかかりますが、ブログの文章で悩んでいる人は文章力以前の、根本的なやり方に問題を抱えているケースが少なくありません。

その場合、文章力を問題にするよりも、作業の進め方の改善を図る方が、クオリティ向上への近道となるでしょう。

文章の出来栄えは文章を書く前の段階で決まりますが、何の準備もなしにキーボードに向かっても、良い文章の執筆はできません。

記事作成は、情報収集構成執筆推敲の4段階のプロセスで成立し、その中でも特に重要なのが「構成」で、全体の構造を確定させることで、無駄な寄り道や脱線がなくなり、文章のクオリティは格段に向上します。

文章の構成のパターンとしてよく知られているのは「起承転結」や「序破急」ですが、これらは物語やエッセイの形式には馴染みやすいのですが、ウェブの文章には向きません。

文章を読む動機付けが弱いウェブの読者には、「起」や「序」の段階で離脱されてしまう可能性が高いからです。

ウェブの文章構成で多く使われているのは「PREP法」という手法で、これは文章を結論・理由・具体例・結論の4要素で構成、重要度の高い情報が文章の前半にくるため、読者が要点をいち早く掴めるメリットがあります。

結論を待ってくれない、せっかちな読者が多いウェブには、親和性の高い文章構造と言えるでしょう。

ブログの文章をPREP法で構成するコツ

ブログの文章構成の基本とされるPREP法ですが、その構造に忠実に沿って文章を書きさえすれば良いというわけではありません。

PREP法を有効に運用するコツが要りますので、ここではその具体的なポイントについて解説しましょう。

重要なのはタイトルの「疑問」

PREP法では記事の冒頭に「結論」が来ますが、この構造は、記事タイトルが「疑問」の形式になることが前提です。

そして、タイトルの「疑問」と「結論」は自然な関係でなければなりません。
不自然な「疑問」だと「結論」にも無理が生まれ、その後の「理由」も歪になります。

また、「結論」が「疑問」の答えになっていないと、後に続く「理由」の論理も破綻します。

PERP法は、タイトルの「質問」と記事の「結論」の関係にかかっていると言っても過言ではないので、この両者を最重要視しましょう。

構成から内容を掘り下げる

PREP法で記事の大枠ができたら、さらに書く内容を掘り下げましょう。

「結論」「理由」「具体例」「結論」の各パートで、それぞれ具体的な内容を箇条書きで列挙し、この掘り下げにより、PREP法の各要素が自然な流れになっているかを再確認します。

このときに書くべき内容をスムーズにリストアップできない場合、4要素の関係に無理があるので、タイトルの「疑問」と「結論」の関係から改めて見直す必要があります。

文章を膨らませるのは「具体例」

PREP法の4要素のうち、分量上の大きな割合を占めるのは「具体例」です。

タイトルの「疑問」に対する「結論」はシンプルな方が望ましいですし、「理由」も大きく膨らませる余地はそれほどありません。

一方、「具体例」は、ケースに応じていくつも列挙できますし、バリエーションに富ませて情報量を詰め込むこともできます。

他のブログと差別化する最大のポイントになるので、具体例については記述を惜しまない様にしましょう。

文章の執筆時に注意すべきポイント

文章の構成が確定したら、次は執筆の作業に入ります。

執筆は記事作成における中核の作業ですが、執筆作業そのものには時間をかけるべきではありません

執筆に時間がかかるときは、事前の準備が不足していたり、構成に問題があったりする場合がほとんどで、結果、記事のクオリティも低調になりがちです。

ここでは短い時間で完成度の高い文章を書くための注意点をまとめました。

無自覚のマルチタスクを避ける

文章の執筆中は、複数の作業を同時に行うマルチタスクになっていないか、気を配る必要があります。

書く作業と並行して、必要な情報を調べたり、記事中の画像を決めたり、漢字や英単語の変換に手間取ったりしていると、集中が途切れ、文章のクオリティは低下します。

執筆の途中で必要になる作業は、事前にまとめて済ませておき、執筆作業に入ったら、文章を書くことだけに集中できる環境を整えましょう。

構成と執筆の問題を切り分ける

執筆作業がスムーズに進まない場合、執筆に行き詰まっている様でいて、実はそれ以外の要素がボトルネックになっているケースがよくあります。

例えば、次に書くことが思い浮かばずに筆が止まる場合、それは執筆上の問題ではなく構成上の問題です。

いったん文章の構成段階にまで戻って、論理構造に欠陥がないか確認する必要がありますので、構成段階の欠陥を、執筆上の問題と取り違えないようにしましょう。

文章が迷走し始めたら止める

文書を書いているうちに内容に確信が持てなくなり、文意が迷走し始めることがあります。

それでも筆が進むうちは書き進める人が多いようですが、迷いが生じたら手を止めるべきです。

骨組みがしっかりしていない文章は、後からどんなに修正を施しても堅牢にはなりません。

推敲の段階で行き詰まり、結局は全面的な書き直しになるので、異変に気付いた時点で手を止めて、無理がないか構成段階から再検討しましょう。

文章の品質はコンディションが5割

文章の執筆は書き手の思考を写し取る作業といえ、思考がハッキリしていないと良い文章は書けません。

人間の思考のコンディションは本人の自覚以上に上下動が大きく、同じように過ごしていても、好調時と不調時でかなりの差が生じています。

文章が上手く書けないときは、疲労やストレスの影響、あるいは周期的なコンディション不良の可能性があるので、あまり難しく捉えずに休息を取るのが一番です。

ブログの執筆の調子を、自身のコンディションのバロメーターと考えるといいでしょう。

推敲の段階で気をつけるべき要点

文章を書き終えたら、次は推敲に入りますが、推敲で行うべきは誤字脱字の修正だけではありません。

不要な箇所を削除したり、不足している記述を追記したり、表現や語尾を変更したりといった変更を加えます。

推敲は文章の作成過程において、構成や執筆と同じく重みを持ったプロセスですので、気を抜かずに行いましょう。

無駄な記述を削る

推敲には文章を書き直すことで練磨するイメージがありますが、重要なのは修正よりも削除です。

例えば、「○○というものが……」といった言い回しは口語ではよく使われますが、文語だと間延びした印象を与えますので、「○○が……」に切り詰めましょう。

この例のように、削除しても意味が変わらない表現は削除し、文章を圧縮していくのがポイントです。

意味を補う記述を書き足す

ある用語が登場したら、その説明を文中で補うように加筆すると、読者の理解の助けになります。

例えば、「キャッシュレス決済」という言葉が出てきた際、「SuicaやPayPayなどのキャッシュレス決済」と書き加えれば、読者に具体的なイメージが与えられ、理解が進みます。

ちょっとした補足説明があるだけで、読者は不安から開放され、安心して読み進められるようになるので、不自然にならない限りは積極的に書き加えましょう。

執筆時から時間を置く

推敲で重要なのは、執筆からある程度時間を空けて行うことです。

「執筆の思考」と「読解の思考」は別物で、両者のダブルチェックにより文章のクオリティを担保するのが推敲です。

文章を書いた頭のままで再読しても、適切な修正点は見つかりませんので、いったん就寝を挟んで翌日に行うのが理想ですが、ウェブ媒体の場合、それだけの時間的余裕を確保できないかもしれません。

その場合は、食事を取ったり散歩をしたりといったリフレッシュを意識的に間にはさみましょう。

表示方法を変えてみる

文章は表示媒体によって印象が大きく変わりますが、そのギャップを推敲に活かすのも有効な手法です。

表示媒体を変えると知覚のパターンが変化し、クリーンな状態で文章に向き合えるようになります。

パソコンの画面では完璧に思えた文章も、スマホから読むとおかしな箇所に気付いたり、紙に印刷して読むとアラが目立ったりといったことがよくあります。

執筆後すぐに推敲しなければならない場合は、表示媒体を変えることで知覚をリセットして推敲に取り組むといいでしょう。

ブログの文章構成に役立つ便利ツール

ブログの文章の執筆に、OS搭載のメモ帳やMicrosoft Wordなどの、シンプルなエディタを利用している人も多いと思います。

しかし、ここまで解説してきた文章を効率よく構成したり書くためのノウハウを取り入れる際には、マインドマップアウトラインプロセッサの導入をおすすめします。

これらは執筆のためのネタ出しや文章構成を行うためのツールで、テキストエディタでも、同じような作業は行なう事が出来ますが、専用に用意されたツールを使った方が情報を整理しやすく、複雑な文章構造を構成する上での大きな助けになります。

ここでは、おすすめのマインドマップとアウトラインプロセッサ、それらと連携して執筆をサポートする高機能なテキストエディタを紹介しましょう。

【マインドマップ】

  • マインドマップは、ネタ出しの際によく使われる発想法のひとつで、まずメインテーマとなるキーワードを設定し、そこからの連想によって派生するキーワードを導き出します。

    中心的なキーワードから複数の枝が伸びた関連情報のネットワークによって、発想を漏らさず記録し、テーマを見失うことなく思考全体を可視化します。

    マインドマップの特徴は、テーマを中心に360度方向に枝が伸びていく点にあります。

    単一のカラム(柱)からなるリストは、どうしても単一の方向に沿ったアイディアを出そうとする力学が働きますが、マインドマップは発想を全方位的に許容するため、脱線や横道が存在しません。

    そのため、一見無関係に見えるアイディアから直感を得たり、項目同士の気付きにくい関連性を導き出すことが期待できます。

  • Mindmeister

    ブラウザから利用するオンライン版のマインドマップツールで、文字だけに留まらない様々な情報をマップ上に配置できるのが魅力で、項目の色分けや画像、URL、コメントの追加に対応しています。

    大量の項目を展開した場合も、視認性に優れた分類と配置により、美しいマインドマップに仕上げることができるため、そのまま画像化してプレゼンテーション資料などに転用してもいいでしょう。

    4個以上のマップを登録する場合は有料プランへの加入が必要になります。

  • XMind

    パソコンにダウンロードして利用するタイプのマインドマップツールです。機能的にはMindmeisterとほぼ同等ですが、ネットに接続できない環境でも利用できる点が魅力です。

    マインドマップに登録した項目をリストに変換するアウトライナーを内蔵していて、両者を切り替えながらの利用が可能で、複雑なマインドマップも項目を一覧化することで、情報の探索や編集が容易になります。

    利用は無料ですが、より高度な機能が追加されるサブスクリプション版が提供されています。

【アウトラインプロセッサ】

  • アウトラインプロセッサは、文章全体の構成を決める作業において威力を発揮するツールです。

    文章構成は、テキストエディタに箇条書きで作成している人が多いようですが、長い文章の構成になると、要素がエディタの画面に収まりきらなくなります。

    しかし、スクロールが必要なリストは全体を俯瞰できないため、文章構成を検討する際のインタフェースには不向きです。

    アウトラインプロセッサでは、要素を階層構造にして折りたたむ機能に対応しているため、多くの要素を整理して一覧化できるので、長い文章の構成を考える際に便利です。

  • Workflowy

    シンプルながら直感的に使えるアウトラインプロセッサで、複雑に入り組んだ構成を階層化する機能に長け、多重の入れ子構造を見やすく可視化できます。

    階層は折りたたんで部分表示にすることも可能で、項目への注釈機能を応用すれば、項目ごとの文章を作成するテキストエディタとしても利用できます。

    スマホアプリ版が提供されていて、クラウドを通したデータの同期が可能です。

  • Transno

    マインドマップ機能と統合されている点に特徴があるアウトラインプセッサで、項目を階層構造でリスト化し、各項目には画像やリンクを組み込むことが可能。

    作成したアウトラインをボタンひとつでマインドマップ化することもできますので、アウトラインとマインドマップを往復しながら、情報をまとめることが可能です。

【テキストエディタ】

  • 文章執筆の際のテキストエディタにはMicrosoft WordやGoogleドキュメントを利用している人が多いと思いますが、よりハイレベルな執筆環境を整えるなら、近年登場して人気を博している統合環境型のテキストエディタがオススメです。

    執筆に関連した機能を包括的に取り込んでいるのが特徴で、プロジェクト管理や、関連資料の取り込み、クラウド化によるアプリ対応など、先端的な機能を利用できます。

  • Scrivener

    プロの作家やライターから支持を得ているテキストエディタで、章や節ごとに分割した文章を階層構造で管理できるドラフト機能により、長大で複雑な構成の文章でも、一覧性を保持したまま執筆が行えます。

    上述のアウトラインプロセッサで作成した文章構成を、そのまま落とし込んで利用しましょう。

    また、執筆に必要な資料を取り込むリサーチ機能では、下調べの段階で収集したウェブページ、画像、PDFなどのファイルをエディタ内に収納し、執筆中いつでも別カラムから呼び出せる状態にしておけます。

    文章執筆の過程で発生する作業をすべて統合できるのが強みのエディタで有料(5,980円)ですが、導入する価値は充分あるでしょう。

  • Ulysses

    Scrivenerと人気を二分している統合型テキストエディタで、Scrivenerと似た機能を備えていますが、資料の取り込み機能などはなく、文章構成の階層化と原稿のライティングに集中するための快適な環境作りに注力している点に特徴があります。

    Markdown記法で文章を装飾できるほか、エディタからWordPressに直接記事を投稿する機能を備えています。

    スマホやタブレット向けのアプリ版も提供されていて、執筆途中のデータはクラウドを通じて各デバイスで同期される仕組みで、サブスクリプション課金方式で、費用は年額5,400円となっています。

まとめ

今回は、ブログ文章のクオリティを向上させるためのノウハウについて解説しました。

文章は、レベルの高い文章を読み、また文章を繰り返し書くことでしか上達しませんので、文章力の向上には年単位の努力、時間を惜しんで書物を読み、記事を書き続ける研鑽が不可欠です。

今回紹介したのは、今ある文章力を最大限に発揮するための方法で、いずれもすぐに試す価値のある即効性のあるテクニックですが、それだけで筆力のベースアップは望めません。

執筆能力の根本的な向上には、長期的な視野に立って鍛錬を積む意識が必要で、ブログのアウトプット環境は文章の修行には最適です。

ブログ運営を通じて、文章力の向上を目指してみましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる