ブログを成長させるロングテールキーワードとは

この記事は約7分で読めます

ブログでどんなキーワードをターゲットにして記事を書いたらいいか分からない……という人は「ロングテールキーワード」を意識しましょう。

複数のキーワードを組み合わせることで、訪れるユーザーの質を確保し、検索順位の上位も狙えるようになります。

今回はロングテールキーワードにスポットを当ててみます。

ロングテールキーワードとは?

ブログで検索エンジンからアクセスを集めるには、特定の検索キーワードにターゲットを絞った記事作りが欠かせません。

しかし、多くのブログが同様の手法でアクセス獲得を目指している中、どのような検索キーワードを選ぶべきなのでしょうか。

そこで有効な考え方が「ロングテールキーワード」で、「ロングテール」とは元WIREDの編集長、クリス・アンダーソンの同名の著書によって有名になった言葉で、インターネットで顕在化する市場の特徴を指しています。

実店舗における商品の販売では、ごく一部の商品が売り上げの大半を占める偏りが生じますが、これは全体の成果を上位20%の要素が生み出す「80対20の法則」、あるいは「パレードの法則」の名前で知られています。

しかし、インターネットにおいては、稀にしか売り上げが発生しない80%の商品の成果が、主力商品の20%に匹敵する規模の収益になることが知られています。

これはネット販売では在庫のコストが小さく、陳列棚の物理的制約もないことから、多様な商品を展開し続けられるために起きる現象です。

個々の売れ行きは微々たるものでも、そういった商品が数百〜数千点もあれば、主力商品に匹敵する売り上げとなります。

この売り上げのグラフは、主力商品が形成する山の頂から徐々に売り上げが減少していきますが、その稜線が長く続き、恐竜の尾のように見えることから、「ロングテール」(長い尻尾)と呼ばれています。

このロングテールの理論を、検索エンジン最適化に応用した手法が「ロングテールキーワード」です。

検索エンジンでは人気のキーワード、いわゆる「ビックワード」が、検索ボリュームを独占しています。例えば「ブログ」というキーワードは、多くの人が検索する強力なビックワードです。

しかし、「ブログ 収益化」というAND検索にすると、検索される頻度はやや減少し、さらに「ブログ 収益化 副業」と3つのキーワードを組み合わせると、検索ボリュームはかなり小さくなります。

こうした複数の検索キーワードを組み合わせた「スモールワード」では、検索頻度は少なくなりますが、その分、サイト間の競争は緩和されるため、検索順位の上位にランクインできる可能性が高くなります。

こうしたスモールワード、つまり検索数のグラフの尻尾の部分にターゲットを絞った戦略が「ロングテールキーワード」です。

ロングテールキーワードのメリット

ロングテールキーワードのメリットは、検索エンジンのロングテール部分、競争の少ない領域で検索順位の上位争いが出来る点が第一に挙げられますが、それ以外にも様々なアドバンテージがあります。

ロングテールキーワードの3つのメリットを確認しましょう。

検索エンジンで上位に表示されやすい

先に挙げたように、ロングテールキーワードの最大のメリットは、検索エンジンでの上位進出のしやすさです。

競争が熾烈なビックワードでも、いくつかキーワードを付け足すことで、競争の緩やかなスポットが見つかることはよくあります。

ただし、絞り込みすぎると、今度は検索ボリュームが小さくなりすぎて流入を期待できなくなります。

競争の度合いと検索ボリュームのバランスを比べて、最適なバランスを見つけ出しましょう。

具体的な内容の記事を書きやすい

ロングテールキーワードでは、複数のキーワードがターゲットになるため、書き手にとっても記事のテーマが明確になります。

例えば、「ブログ」だけでは何を書けばいいのか選択肢が多すぎますが、「収益化」「副業」と続けば、記事の方向性はおのずと決まってきます。

これらのキーワードで訪れたユーザーが、どんな情報を欲しているのかも推察しやすいため、読者のニーズに応える記事を作ることができるでしょう。

購買意欲の高いユーザーが訪れる

ロングテールキーワードでサイトを訪れるユーザーは、キーワードの絞り込みが出来ている時点で、アクセスの目的がはっきりしています。

特に商品を販売しているサイトでは、購入意欲の高いユーザーが集まる傾向にあるため、クリック率やコンバージョン率も高くなります。

アフィリエイトを展開しているブログでは、サーバーに余計な負荷をかけることなく、商品に興味のあるユーザーを選別して誘導できるため、収益化において有利です。

ロングテールキーワードは大手サイトが参入していない、ニッチな領域に狙いを定めて成果を得られるため、新興のブログにとっては生命線ともいえる戦略です。

ただしそれは、適切なキーワードの組み合わせで作られた記事という前提があってのこと、いくら検索順位の競争が緩やかでも、誰も関心を持たないキーワードの組み合わせでは人が訪れることはなく、収益も発生しません。

そこで次は、ロングテールキーワードの選定の方法を考えてみましょう。

ロングテールキーワードの選定方法

ロングテールキーワードでは、キーワードの選定が重要な意味を持ちますので、キーワードは直感で選ぶのではなく、データの裏付けに基づいた判断をすべきです。

ロングテールキーワードの選定では2つのサービス、「ラッコキーワード」と「Googleキーワードプランナー」が重要な役割を果たします。

「ラッコキーワード」は高い頻度で検索されているキーワードの組み合わせをリストアップするサービスです。

Googleサジェストの機能を利用して、指定したキーワードに関連したミドルワード、スモールワードを大量に選び出します。

このリストは玉石混交なので、後で有力な組み合わせを選び出す作業が必要になるため、「Googleキーワードプランナー」で入力したキーワードの検索ボリュームを試算します。

指定したキーワードで上位表示に成功した場合、どのくらいのアクセスを見込めるか、おおまかな数字とはいえ事前に調べることができます。

この2つのツールを組み合わせて、ロングテールキーワードを選ぶ手順を解説していきましょう。

記事の第1キーワードを決める

まずは記事の第1キーワードを決めましょう。これは記事のメインテーマとなるキーワードです。

例えば、ブログに関連した記事を書くのであれば、そのまま「ブログ」でOKですが、ビックワードは競争が熾烈なため、このまま記事を作るわけには行きません。

この第1キーワードを中心に、スモールワードへと掘り下げを行います。

「ラッコキーワード」で第2キーワードを探す

第1キーワードが決まったら、次はそれと同時に検索されている第2キーワードを探す作業に入ります。

組み合わせを見つけるには「ラッコキーワード」を利用します。第1キーワードで検索を行うと、大量の第2キーワードとの組み合わせが表示されます。

このキーワード群をそのままクリップボードにコピーしましょう。

「ラッコキーワード」ではGoogleサジェストから指定したキーワードとの組み合わせを大量にリストアップします。

このリストはまとめてクリップボードにコピーしたり、CSV形式でダウンロードしたりすることが可能です。

「Googleキーワードプランナー」でキーワードを選定する

ラッコキーワードで得たキーワード群を、「Googleキーワードプランナー」に登録して、月間平均検索ボリュームを調査します。

ほとんどが数字なしか、あるいは「10〜100」ですが、その中に「100〜1000」が混在していることがあります。

これが多くのアクセスを獲得できると見込まれるキーワードの組み合わせです。

Googleキーワードプランナーの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」では、「ラッコキーワード」で得たリストの検索ボリュームをまとめて調査できます。

「月間平均検索ボリューム」が「100〜1000」のキーワードの組み合わせをチェックしましょう。

選定したキーワードの検索順位の状況を調べる

多くのアクセスを獲得できそうなキーワードの組み合わせが判明したら、その組み合わせで実際にGoogle検索を行い、検索順位の上位にいるサイトを調べてみましょう。

企業サイトや大手サイトばかりが出てくるようであれば、そこに割って入るのは難しいのですが、小規模な個人サイトが出てくるようであれば、参入の余地はあると考えられます。

以上の4段階の工程を経ることで、検索ボリュームが一定以上あり、なおかつGoogle検索で上位進出が可能なキーワードの組み合わせが判明します。

この手法は、記事の成功を必ずしも保証するわけではありませんが、戦略もなく運頼みで記事を作るよりは、成功の可能性をはるかに上げることができるでしょう。

まとめ

今回はロングテールキーワードの考え方と、実際にキーワードを選定する方法について解説しました。

ロングテールキーワードは、検索エンジンの検索順位の上位争いが激化する中で、新興のサイトが成り上がるための中核的な戦略となります。

膨大な数のキーワードの中から、いかに競争に晒されない、勝ち目のある組み合わせを見つけ出すのは、ユーザーの未知なるニーズを見つけ出すことであり、他のサイトにはない新しいテーマを発見するための試行錯誤でもあります。

今回紹介したテクニックで、ブログに新しい可能性を取り入れてみましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる