ブログタイトル作成の基本原則とテンプレートの使い方

この記事は約7分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

ブログの記事タイトルは、その記事の成否を分ける極めて重要なポイントです。

記事の内容が素晴らしくても、記事タイトルで失敗したために、成果を得られなかった記事の例は枚挙に暇がありません。

今回は、記事タイトルを高い水準で量産できるテンプレートについて解説します。

記事タイトルは記事の最重要ポイント

ブログの運営経験がある人の多くは、記事タイトルがその記事の成果に絶大な影響力を持っていることに気付いているはずです。

どんなに良質な記事でも、タイトルが的外れだと全く冴えない結果に終わりますし、逆にそれほど内容が優れていなくても、タイトルが素晴らしいために多くのユーザーに注目される記事も珍しくありません。

なぜ、記事タイトルはそれほど強い影響力を持つのでしょうか。その理由として挙げられるのが以下の3つのポイントです。

検索エンジンへの影響力

記事タイトルは検索エンジンの評価に大きな影響を与えます。

特に重要なのがタイトルに含まれるキーワード、検索エンジンで上位表示を狙うキーワードはタイトルに含めるのが基本であり、どんな語句でタイトルを構成するかによって、検索エンジンからの流入は大きく変わります。

そのため、タイトルの言葉をひとつ変えただけで、アクセス数の成果がまるで違ってくるのです。

SNSでの拡散力

SNSでブログの記事がどれだけ拡散するかは、記事タイトルにかかっています。

SNSで記事を配信する際には、記事タイトルだけでなく、内容の要約もセットにするのが定石ですが、それでもタイトルのインパクトによって、拡散の規模やクリック率は大きく変わります。

特にTwitterで爆発的に拡散される記事は、例外なくタイトルに力があるので、いかに読者の心に刺さるタイトルを付けられるか、書き手のセンスが問われています。

記事のクオリティ保証

記事タイトルが影響を及ぼすのは、検索エンジンやユーザーだけではなく、実は書き手自身の思考にもタイトルは強く作用します。

会心の記事を書けたときは不思議とタイトルも一発で決まった、という経験はないでしょうか。

これは記事の論理構成に矛盾がなく論点も明確なため、記事の内容をスムーズにタイトルに集約できたからです。

タイトルが良い記事は内容も良いことから、タイトルは記事のクオリティの保証にもなっています。

以上3点から、記事タイトルは記事本文に匹敵するほどの重要性を持つことが分かると思いますが、記事タイトルを付けるのが得意と胸を張って言える人はそう多くないでしょう。

どんなタイトルを付ければいいのか頭を悩ませ、付けたら付けたでもっと良いものがあったのではないかと疑心暗鬼になる…そんな人は、ブログの記事タイトルでよく使われているテンプレートを参考にしましょう。

ブログの記事タイトルには定番の言い回しがあり、それを利用することで読者に効率良くテーマを訴求できるようになります。

書き手の個性が失われるという考えから導入に抵抗がある人もいるかもしれませんが、文字数に制約があるブログの記事タイトルにおいて、多くの情報を詰め込みつつ平易な表現にまとめるには、長い時間をかけて培われた手法であるテンプレートの力を借りるのが合理的です。

オリジナリティは記事の中身の方で追求し、記事のタイトルはテンプレートを使って最適化を図ることをオススメします。

記事タイトルの3つの基本原則とは?

ブログの記事タイトルには、さまざまなパターンがありますが、その全てに共通している基本的な原則があります。

後に紹介するテンプレートも、この3つの原則を発展させる形で作られているので、テンプレートを利用する前に、まずはその原則について確認しておきましょう。

記事内容の本質を要約する

記事内容が何を主張し訴えかけているのか、その本質を突く形のタイトルは、記事のテーマの核心を掴むことで記事の全体像を表現します。

といっても、記事の主題=記事の結論である必要はなく、「答え」よりも「問い」の方が重要なケースは珍しくありません。

そして、それよりも記事を構成する要素の本質的な部分を捉えているかの方が重要になります。

ユーザーの疑問や感想を代弁する

ユーザーが考えたり感じたりしている心の声を代弁したタイトルで、「〜が難しいと感じたら」「〜したい人のための」といった表現がよく使われます。

読者のニーズを投影したタイトルは親近感を与え、自分のために書かれた記事であると感じさせる効果があります。

難しいテーマの記事を読者目線に落とし込むができるという点でも有効です。

記事によって得られる成果を示す

記事によって読者が何を得られるのかを示すタイトルの場合は「〜する方法」「〜のやり方」という書き方がよく使われています。

情報を探しているユーザーに対して、求めている内容を端的に提示できる点で効果的ですが、バリエーションを作るのが難しく、他サイトの記事タイトルと重複しがちになるのが難点。

SEOの観点からも好ましくないので、事前に他のサイトを調べてタイトルが似ることのないように注意しましょう。

ブログの記事タイトルは基本的にこの3つの原則に従って付けられていますので、これらの原則を踏まえた上で、記事タイトルの定番のテンプレートを見ていきましょう。

記事タイトルの定番テンプレート6種

ブログの記事タイトルには、いくつかの定番のテンプレートがあります。

いかにユーザーに関心を持ってもらうか、その試行錯誤の中から生み出された手法だけあって、ユーザーに印象付けるのに効果的な形式となっています。

ここでは代表的なテンプレートを6つ紹介するので、ブログの記事タイトルを付ける際の参考にしてみてください。

現在の年号を記載する

記事タイトルの冒頭に年号を付ける形式のタイトルです。

「【2021年度版】WordPressに導入したいプラグイン」といった形式がよく使われていますが、年号を入れることで、その記事が最新の情報に対応していることをユーザーにアピールし、同時に検索エンジンの評価アップを狙います。

検索上位に似たような内容の記事が多く表示される場合に、他との差別化を図る上で有効な手法です。

要点を数字でカウントする

記事の要点を数字でカウントするタイトルは「〜する5つの方法」「〜な3つの理由」といったパターンが多く使われています。

ユーザーはタイトルを見ただけで記事のサイズを推測できるため、記事を開く際のハードルが下がります。

また、頭に入れるべき要点の数が明示されているので、読んだ内容が記憶に残りやすいというメリットもあります。

必要な作業時間を宣言する

記事内容の実現にかかる時間をタイトルに明記する方法ですが、例として挙げられるのは「【15分で完了】サーバーにブログを導入する方法」といった使われ方でしょう。

ユーザーは記事内容の実現にどれくらいの労力と時間がかかるのかを常に気にしていますので、作業に時間がかかりすぎると着手する気になれず、記事を読んだこと自体が無駄に終わってしまうからです。

必要時間の明示は、ユーザーの警戒する心理をほぐし、記事を読むまでのハードルを下げる効果があります。

対象読者が誰かを明示する

誰に向けて書かれた記事なのかをタイトルで明らかにする手法で、「【初心者向け】レンタルサーバーの選び方」といった記述が一般的です。

指定した読者に対する訴求力は抜群で、高確率でターゲット層を取り込めますが、その一方で、対象読者を限定するマイナス面もあります。

利用はターゲット層が確実に存在することが前提で、例えば「初心者向け」という表現は、初心者が多いことが確実な場合のみ使用しましょう。

耳慣れない言葉をあえて盛り込む

記事タイトルの中に、耳慣れない言葉を盛り込むのも有効な方法です。

例としては「DXの本質とは」「SaaS時代のビジネスを考える」など、あまり知られていない単語をタイトルに使うのは、ユーザーの拒絶反応を引き起こすリスクがある一方、好奇心の強い読者を引き寄せる効果もあります。

特に流行している言葉の場合は、その内実を知りたいユーザーに訴求し、記事にトレンド感を出す上でも効果的です。

ただし、利用する単語はひとつに限定し、それ以外の表現はできるだけ平易にするのが使いこなすコツです。

読者の感想を入れる

ユーザーが記事を読んだ際に抱くであろう感想を先取りしてタイトルにする方法で、「【本当に可能?】ブログを0円で始める方法」といった書き方がよく使われます。

ユーザーの声を代弁する表現は、記事への感情移入を後押しする効果があり、その記事をどのようなスタンスで読めばいいか事前に明かされているため、未知の情報を取得する際の心理的負担が軽減されるわけです。

その一方で、あまりに露骨な表現はあざとさを感じさせ、読者に不快感を与える可能性もあるので、使いところには細心の注意を払いましょう。

まとめ

今回はブログの記事タイトルの役割とテンプレートについて解説しました。

記事タイトルは、その記事の顔であり表看板の役目を担うため、完成度の高いタイトルは、検索エンジンやSNSを通じて多くの新規読者をブログに呼び寄せる効果があります。

その一方で、記事タイトルが失敗だと、どんなに素晴らしい内容の記事でも、それだけで成果が台無しになってしまう怖さもあります。

ウェブコンテンツの場合、意表を突いたタイトルでユーザーの気を惹こうとするのは、かなりリスクが高い行為です。

ウェブではユーザーの想像を超えるよりも、ユーザーの需要にマッチしたコンテンツを量産する方がアクセスを稼ぐ上では有効であり、記事タイトルのテンプレートが重宝されるのも、そこに理由があります。

記事の魅力を効果的に伝えるタイトルを付けて、多くのユーザーに愛されるコンテンツ作りを目指しましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる