ブログの書き出し例とおすすめテンプレート3種

この記事は約7分で読めます

ブログの書き出しが決まらずに苦戦することが多い、という人は、書き出しのパターンを意識してみるのが有効です。

ブログの場合、書き出しにはよく使われる形式があり、それに沿った文章を作ることで、スムーズに導入から本論へ入ることができます。

今回はブログの書き出しについて詳しく見ていきましょう。

ブログ記事の書き出しはなぜ重要なのか?

ブログの書き出しが難しい、何を書いていいか分からないとお悩みの方は多いと思います。

確かにブログの書き出しは、記事作成の作業の中でも難易度の高い箇所のひとつで、書き出しが上手く行った記事は成果も良好だし、逆に書き出しでつまずいた記事は後から巻き返すのは難しいというのもよくありがちな現象です。

なぜブログの書き出しは重要なのでしょうか。その理由には以下の3つが挙げられます。

ユーザーの離脱率への影響

ブログの書き出しが重要とされる最大の理由は、ユーザーの離脱率に大きな影響を与えるためです。

記事ページを開いたユーザーは、まず書き出しに目を通して、記事を最後まで読むかどうかを判断します。

書き出しの出来によってユーザーの離脱率は大きく左右されます。

記事のテーマと構造の明確化

書き出しは記事の論理構造の出発点であり、テーマが凝縮されているパートですので、記事全体の主題や問題提起が明確であれば、書き出しも自ずと決まってきます。

書き出しをスムーズに書ける記事は、全体の構造が明晰かつ堅牢であり、文章の論理がブレにくいということが言えます。

検索エンジンのクリック率

記事の書き出し部分は、Google検索の検索結果の画面にメタディスクリプション(概要文)として表示されます。

ユーザーは検索結果から、記事のタイトルと概要文に目を通し、記事をクリックするかどうかを決めるため、記事の書き出し部分は、検索エンジンのクリック率に直接的な影響があります。

このように、記事の書き出しは、単に一連の文章の始まりというだけでなく、記事全体の完成度や成果と強い相関関係にあります。

記事の書き出し部分をいかに上手く書くか、その方法について考えてみましょう。

記事の書き出しが達成すべき条件とは?

記事の書き出しの部分において目指すべき目的達成すべき条件とはどのようなものでしょうか。

まずは、書き出しの部分の記述が果たすべき機能的な役割について考えてみましょう。

ブログの記事、特に検索エンジン対策を意識している記事においては、読者が抱えている問題を第一の主題として提示し、それを解決するまでのプロセスがコンテンツの本体となるのが一般的です。

従って記事の書き出しでは、以下の2点の内容を満たす必要があります。

問題の明確化

その記事がどのような問題意識によって貫かれているのか、それを記事の書き出しの部分で明らかにします。

記事の問題設定を明確にすることで、どんな読者がその記事を読むべきなのかが明らかになり、該当する読者を記事に惹き付けることができます。

問題の解決策

その記事を読むことにより読者の抱えている問題が解決されることが、書き出しの部分で明示される必要があります。

記事を最後まで読めば解決策にたどり着けることが冒頭で分かれば、読者は安心して以降の記事を読み進めることができます。

この2つの要素は、書き出しの部分で必ず記述しておくべき要素です。
それに加えて以下の3要素を意識した文章が望ましいでしょう。

読者のメリットの提示

記事を読むことによって、読者にどのようなメリットがあるのかが、書き出しでは明らかにされる必要があります。

ブログを訪れるユーザーはそれぞれに目的を持っているため、書き出しの部分で目的に応えられることを示さなければなりません。

読者の共感の惹起

どんなに記事の内容が良くても、他人事のような調子で書かれた記事には、読者の興味は発生しません。

読者の抱えている問題を自分ごととして捉え、その解決をサポートする積極的な姿勢が感じられる書き出しが理想的です。

読者の信頼性の獲得

「その情報は本当に信頼に値するのだろうか?」という疑念を読者に抱かせる書き出しはNGで、書き出しの部分では、以降に記述された内容を信じていいことを読者に知らせなければなりません。

特に個人ブログの場合は、自らの立場や肩書、実績を提示するなど、信頼性や権威性を補強する記述があるのが望ましいでしょう。

もちろん、文字数に限りのある書き出しの部分で、これらの要素すべてを完璧に満たすのは難しいかもしれません。

そこで、書き出しでよく使われる雛形、テンプレートを利用すれば、こういった条件を自然な形で満たした記述となるはずです。

記事の書き出しの定番テンプレート3つ

ここでは、記事の書き出しに利用できる3つのテンプレートを紹介しましょう。

いずれも、書き出しの内容を4つのパートに分けることで、前章で触れた書き出し部分に必要とされる条件を満たせるような構造になっています。

読者の悩みを代弁するスタイル

1:どうしても○○○ができない、と悩んでいる人も多いはず。(疑問の代弁)
2:○○○の原因は○○○にあります。(疑問の原因)
3:そこで○○○することで、○○○してみましょう。(解決策)
4:○○○ができるようになれば、きっと○○○になるでしょう。(未来状況)

読者に問いかけるスタイル

1:○○○を○○○できる○○○をご存じでしょうか?(読者への問いかけ)
2:それは○○○の○○○ということです。(問いかけの掘り下げ)
3:そこで○○○にすることで、○○○してみましょう。(問いかけの解答)
4:○○○ができるようになれば、きっと○○○になるでしょう。(未来状況)

テーマの近況説明から始まるスタイル

1:最近の○○○は○○○で、○○○や○○○も登場しているようです。(近況の説明)
2:しかし、○○○なことから、○○○と思われがちではないでしょうか。(読者の考え)
3:そこで○○○にすることで、○○○してみましょう。(あるべき結論)
4:○○○ができるようになれば、きっと○○○になるでしょう。(未来状況)

いずれのパターンでも、1と2の段階で「問題の明確化」と「問題の解決策」が提示されています。

同時に、「疑問の代弁」や「読者への問いかけ」「読者の考え」の書き方次第で、「読者の共感の惹起」も満たすことが可能です。

また、4の「未来状況」では、問題解決後の状況を明かすことで、読者が得られるもの、つまり「読者のメリット」を分かりやすく提示することができます。

書き出しのメタディスクリプション対策

もうひとつ、記事の書き出し部分で守るべき、機能面での条件があります。

先述したように、記事の書き出し部分は、Googleの検索結果のメタディスクリプション(概要文)でも引用される箇所です。

検索エンジン対策における重要なポイントになるため、それを意識した記述が求められます。以下の3点に留意しましょう。

メタディスクリプションを意識した文字数

記事の書き出しは、Google検索のメタディスクリプションに引用される可能性が高い部分です。

メタディスクリプションは、パソコンの場合は110〜130字程度、スマホの場合は60〜80字程度となっているので、この文字数の中に、ユーザーに伝えたい内容を詰め込む必要があります。

タイトルと書き出しの関連性

記事タイトルと書き出し(メタディスクリプション)の内容は、密接な繋がりがなければなりません。

記事のタイトルと同じ主題が概要文で展開されていれば、ユーザーは信頼して記事をクリックします。

逆に、タイトルと書き出しの内容がちぐはぐな場合、警戒され避けられる可能性があるので注意しましょう。

SEOを意識したキーワードの追加

メタディスクリプション内の検索キーワードは、検索結果の画面では太字で強調表示されます。

この強調表示によってユーザーは、自分が探しているキーワードが記事内に確実に存在することが把握できるため、これも検索結果でのクリック率に大きな影響を与える要素です。

書き出し部分には検索でターゲットにしているキーワードを積極的に盛り込みましょう。

メタディスクリプションでは、Googleが引用箇所を自動的に判断するので、必ずしも記事の書き出し部分が掲載されるわけではありません。

しかし、現実に記事の書き出し部分が引用されているケースが非常に多いので、検索結果に掲載されることを前提にした記述にしておくべきでしょう。

まとめ

今回はブログの記事の書き出し部分について解説しました。

ブログの記事では基本的に、記事の後半になるほど途中離脱する人が多くなるため、記事の冒頭部分がもっとも多くの人の目に触れることになります。

逆にいえば、書き出しの出来が悪いと、どんなに貴重な情報が後半にあっても、多くの人がそこに辿り着く前に脱落し画面を閉じてしまうため、正当な評価を得ることはありません。

ある意味、本編と同じくらいの重みを持つのが書き出しである、と言っても過言ではないくらいでしょう。

今回の記事を参考にしながら、読者にスムーズに受け入れられる書き出しを工夫してみてください。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる