ブログの記事構成に必携!導入・本論・まとめの基本形式

この記事は約7分で読めます

ブログの記事の「構成」は、どの順番でどんな内容を書くかを決めるプロセスですが、実はかなり奥が深い分野です。

基本的な形式を踏まえた上で、読者の需要を満たしながら、記事の完成度を追求しなければなりません。

今回はブログの記事の構成について掘り下げていきます。

ブログの構成は3パートに分けて考える

ブログの記事の執筆に入る際には、記事全体の設計図を作る作業が欠かせません。

記事の中にどういう話題を、どの順番で書いていくかを決める作業を「構成」といいい、ブログの記事の構成は、基本的に3つのパートに分けられます。

読者を記事に引き込む「導入部分」、記事の中核となる「本論部分」、そして内容の整理を担当する「まとめ部分」です。

各パートには、それぞれ達成すべき目標があります。それぞれの担っている役目は次のようなものです。

導入部分

導入部分では、記事を訪れた読者を離脱させないことが最優先となります。

ページを開いても、序盤に目を通しただけで閉じてしまう読者は多数、そういった読者を記事に繋ぎ止め、求めている情報があることを提示するのが導入部分の役目です。

本論部分

本論部分では、記事の中心的な情報を分かりやすく伝達することが求められます。

本論は本題の説明になるため、内容は長く複雑になりがちですが、その本論を最後まで読ませて、必要な情報を正確に伝えるには、整理されて無駄のない文章の構成が求められます。

まとめ部分

最後のまとめ部分は、記事の内容を改めて振り返り、要点を整理するパートです。

本論の情報を再確認し、次なるアクションを取るように促すのが、まとめ部分の役目となります。

これ以外にも、記事冒頭のリード部分、各章末尾の注釈部分、記事の最後のプロフィール部分といったパートがあります。

しかし、記事の価値を決定付けるのはこの3つのパートであり、ここでいかに情報を手際よくまとめるかによって、記事の完成度は決まります。

次からは「導入」「本論」「まとめ」のそれぞれのパートをどのように構成していくかについて解説してきましょう。

導入部分の構成の作り方

導入部分の構成要素

まずは導入部分の構成から考えてみましょう。
構成部分では以下の3つの要素を満たすことを前提に文章を構成します。

  • 問題の明確化
  • 問題の解決策
  • 記事全体の要約

まずは、その記事が何を問題にしているのか、その主題となる課題について明示します。

ここがはっきりしないと、何のために書かれた記事なのか、存在理由が揺らぎ、記事全体がぼやけた印象になりがちです。

次に、問題の解決策について触れますが、この解決策は、後の本論で具体化されるので、ここでは要点をかいつまんで、問題の解決が可能なことが伝われば充分です。

最後に、記事全体の要約を行いますが、これは必ず加えなければならない要素ではありません。

記事の展開に飛躍があったり、横道に逸れ気味だったりするときは、導入部分で先回りしておくことによって、記事全体がまとまった印象になります。

導入部分の文章上の要素

導入部分の文章を執筆する際に心がけるべき要素は、次の3つです。

  • 読者にとってのメリット
  • 読者の共感の喚起
  • 記事に対する信頼性(権威性)

まず必ず抑えておくべきは、読者にとってのメリットです。

これは問題の解決策の部分に該当しますが、その解決が読者の悩みの解消や作業効率の改善に貢献することが強調されていなくてはなりません。

次に重要なのが、読者の共感で、導入の文章からは、読者の課題や悩みに対して、書き手が心から共感していることが伝わらなければなりません。他人事だったり上から目線だったりする文章にならないように注意しましょう。

最後に求められるのが、記事に対する信頼性で、これは権威性と言い換えることも可能で、要するに書き手が信頼に値し、対象を論じるに足る充分な能力を持つことが分かるような記述です。

導入部分で、自身の実績や経験について、自慢にならない程度にさりげなく触れるのは、この信頼性を確保する良い方法でしょう。

本論部分の構成の作り方

本論部分は、記事の核心であり、設定された「問題」に対する「解答」が提示されるパートです。

もっとも文章が長く複雑になりやすい箇所であり、情報をいきあたりばったりで羅列しただけでは離脱率の高い記事となってしまうでしょう。

そこで、読者の負担を軽減するために、いくつかの構成法が利用されてる事が多く、その中でも最も有名なのは、結論から始まる「PERP法」です。

それ以外にも、「DESC法」「SDS法」といった手法が知られていますので、今回は本論部分の構成に利用できるこれらの3つの手法について解説しましょう。

  • 【PREP法】

    Point:結論
    Reason:理由
    Example:具体例
    Point:結論。

    ウェブの文章の構成でもっともよく使われているのがPREP法です。

    特徴は、最も重要な「結論」から書き始めることで、「理由」「具体例」がそれに続きます。

    まわりくどい記述を避け、必要な情報を真っ先に得られることから、情報伝達の効率性に優れた書き方といえます。

    また、理由と具体例が結論を支える構造になることから、読者を説得したり、納得感を与える効果があります。

  • 【DESC法】

    Describe:描写
    Express:表現
    Suggest:提案
    Consequence:結果

    DESC法では、文章が「描写」から始まり、続いて「表現」で主観の色合いが加わります。

    次の「提案」で書き手の主張が明らかになり、そして最後の「結果」で提案の先にある未来が提示されます。

    DESC法は、読者にインパクトを与えず、ソフトな印象を維持したまま主張を通すときに使われます。

    構造は起承転結に近く、提案の段階まで本題が始まらないことから、やや回りくどくはありますが、読者の承認や理解を得たい場面では有効に機能するでしょう。

  • 【SDS法】

    Summary:要点
    Details:詳細
    Summary:要点

    SDS法は、比較的短い文章の中で、シンプルに情報をまとめたいときの構成法です。

    冒頭は「要点」から入り、次にそれを掘り下げた「詳細」、最後にもう一度「要点」を繰り返すことで締めとします。

    単純な構成ですが応用できる場面は多く、例えば本論を小さなブロックに分けた際には、要点・詳細・要点のパターンを繰り返すことで、散漫になりがちな記述を統制することができます。

    リードやキャプションなどにも応用が効く、短い文章全般に使える手法です。

この3手法のうち最も使いやすいのはPREP法で、基本的にブログの本論部分はPREP法を採用しておけば間違いありません。

とはいえ、ほかの2つも興味深い構成法で、DESC法はエッセイ形式の文章、SDS法はレビュー形式の文章で応用しやすい手法となるでしょう。

まとめ部分の構成の作り方

最後は、まとめ部分の構成についてですが、ここに至るまでの段階で、既に伝えるべき情報の記述は終わっているため、まとめはあまり重要ではないと考える人は少なくないと思います。

確かに、記事の核心となる「問題」と「解決」の記述は既に終えていますが、記事の完成度を高める上では、このまとめ部分の処理の仕方が重要になってきます。

特に、最後まで記事を読んだ読者は、まとめ部分によって読後の印象が大きく左右され、ここがおざなりだと記事全体の満足感が下がってしまいます。

まとめ部分の構成要素は以下の通りです。

  • 記事の要点の再確認
  • 記事内容の感想
  • 書き漏らした要素の補足
  • 読後のアクションの促進

まず必須なのが、記事の要点の再確認です。

本論の文章が長過ぎたり、脱線が多かったりすると、結局何を伝えようとしていたのか、よく分からないままの読者がいるかもしれません。

そこで、もう一度、本論の内容を整理することで、必要な情報を改めてインプットしてもらうことができます。

この要点はなるべくシンプルに、箇条書きにするなどして、分かりやすくまとめましょう。

次に、記事内容の感想についてですが、ドライで事務的な情報伝達に徹した記事は、読みやすくはありますが読後感が良くありません。

記事を読んだ人が共感しやすくなるよう、印象や感想について書いておけば、読後感は格段に良くなります。

もうひとつ、書き漏らした要素の補足もここで行います。記事の内容を実施する上での注意点や、さらに詳しく掘り下げたい人のための記事紹介などです。

本論の中では言及しにくいSEO対策用のキーワードがある場合は、ここで追記として触れておくといいでしょう。

最後に、読み終えた読者に対してですが、アクションを促す記述で終えるのがおすすめです。

記事の核心部分は「問題」と「解決」によって構成されますが、解決のための情報を得た読者は、そこから行動を起こすことで、はじめて目的を達成しますので、記事で得た技術や知識が、実際のアクションに結びつくように促しましょう。

特にアフィリエイトブログでは、記事を読み終えた後の行動変容が収益化の鍵を握ります。

商品やサービスの購入を促す最後のひと押しを、ここで行いましょう。

まとめ

今回はブログの記事の構成について詳しく解説しました。

構成は、記事を作る上での設計図であり、羅針盤のようなもので、どんなに優れた企画であっても、進むべき進路が定まっていなければ、読者に情報が正しく伝わりません。

また、情報量が多い話題を取り上げる場合も、構成の段階で情報が整理されていれば、読みやすい記事にまとめることができます。

構成に時間をかけることで、記事作成の能力は飛躍的に向上しますので、今回の記事を参考にしながら、文章を書き始める前の段階で、念入りに構成を練るようにしてみてください。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる