ブログのセルフブランディングに繋げるTwitter活用方法

この記事は約8分で読めます

Twitterはブログをサポートする重要なメディアです。

アクセス増に貢献するだけでなく、ブログとは別の回路で、ユーザーとの親密なコミュニケーションを可能にします。

しかし、始めてはみたものの、期待したほどの効果が得られていない人も少なくないのではないでしょうか。

今回はセルフブランディングの観点から、ブロガーのTwitter活用について考えてみます。

Twitterの運用に欠かせないセルフブランディング

ブログにユーザーを誘導する施策の一環として、Twitterを始めてみたものの、なかなかフォロワーが増えずに苦戦しているという人は少なくないと思います。

Twitterでフォロワーを増やすために必要な施策のひとつが「セルフブランディング」で、Twitter上での露出を最適化し、自身をブランド化するための技術です。

セルフブランディングは芸能人やアスリートのものとされてきましたが、SNSの時代になってからは一般ユーザーにも、いかに自身の特別感共感性を高め、多くの人に魅力的に見てもらえるかが重視されるようになっています。

なぜ、Twitterでセルフブランディングが求められるのか。その理由は以下の3つです。

プロフィールが読まれやすい

Twitterではプロフィールが個人のページのトップに表示されるため、プロフィールの内容が重要な意味を持っています。

未知の投稿者のツイートを読む際には、合わせてプロフィールを参照するのが当たり前となっているため、個人情報と投稿内容が同じ重みを持つようになっています。

キャラクターを前提にした情報発信

Twitterのアカウントには、テーマに限定されないキャラクター性が期待されています。

投稿には人格的な奥行きが求められ、商用のアカウントでありながら生活や趣味に関連したツイートも珍しくありません。

発言から人間的な魅力を感じさせる、高度なブランディングが求められる環境といえるでしょう。

検索で発見されやすい

Twitterの検索機能では、検索結果の上位が固定されておらず、その時々の最新のツイートや話題になっているツイートが、上位に表示されます。

そのためTwitterではジャンルを限定せず、様々な分野にコミットして積極的に発言する多面性が有利に働きやすく、それを単一のキャラクターに統合するセルフブランディングの技術に需要があります。

ブログが比較的属人性の小さい、情報そのものに価値が発生するメディアなのに対して、Twitterは情報を発信する人間が重視されるメディアのため、単に有用な情報を発信しているだけではフォロワーは増えません。

その情報の先にある、投稿者のパーソナリティを積極的に晒し出すことがTwittrでは求められるために、セルフブランディングの技術によって、個人の見せ方を洗練させることが重要になるのです。

Twitterでのプロフィールの作り方

Twitterではプロフィールが重要になることは既に触れました。

アカウントのページのトップに表示されるプロフィールは、セルフブランディングの本丸であり、自身をどのように見てもらいたいかを提示する格好の場となります。

しかし、Twitterのプロフィールには160字という文字数の上限がありますので、その制限の中で、ダラダラと自分語りを書き連ねても、期待した効果は得られないでしょう。

ここではTwitterのプロフィールでよく使われているテクニックを紹介しましょう。

仕事上の経歴や資格の紹介

仕事上の経歴や資格、学歴を中心にプロフィールを構成する方法で、ビジネス系アカウントのセルフブランディングとしては最も正攻法で、信頼性や権威性も感じさせます。

ただし、あまりに経歴が立派だとユーザーに威圧感を感じさせる可能性がありますので、あえて隙を見せて、親しみを演出するテクニックが必要になるかもしれません。

趣味や特技の開示

自分が好きなもの、得意なもの、興味のあるものをプロフィールに列挙する方法で、多くの人が取り入れやすく、他のユーザーとも繋がりやすいメリットがあります。

共感をベースにしたネットワークを広げたいならベストのやり方でしょう。

その一方で、没個性的で自己主張が難しいのが難点で、個人用ならともかく、ブログの公式アカウントのプロフィールには使いにくいかもしれません。

ツイート内容の予告

ツイートの内容をあらかじめ予告しているプロフィールで、「〜に関するツイートが中心」「〜のことをつぶやきます」というように、発信内容を宣言しておきます。

Twitterでは、プロフィールから期待されるキャラクターと実際のツイートの内容に齟齬があることがよくありますが、プロフィールに投稿内容の予告があれば安心してフォローできます。

ミスマッチを避けるためにも、積極的に記載しておくべきでしょう。

類型化した属性やキャラクター

ユーザーに自身を受け入れられやすくするために、あえて類型化を受け入れるのも有効です。

「新橋で飲んだくれてるサラリーマン」「50歳過ぎの疲れたオッサンです」といった自己の戯画化は、実際にその通りであるかは別にして、具体的なイメージを喚起し、ユーザーに受容されやすくなります。

セルフブランディングのために、プロフィールであえて凡庸なキャラを演じるのもひとつの技術です。

これらのテクニックは、複数組み合わせることで効果を発揮します。

例えば、仕事のキャリアを列挙しながらカジュアルな趣味にも触れて親しみやすさを演出する、といった硬軟組み合わせた手法がそれです。

人気のインフルエンサーのプロフィールを参考にして、自己主張しながらも、ただの自慢に陥らない、絶妙なアピールを目指しましょう。

ブロガー向けのTwitter運用テクニック

ブロガーがブログの公式アカウントを開設する目的は、Twitterからブログへのユーザーの流入の確保でしょう。

しかし、単にブログの記事をTwitterに投稿しているだけでは、アカウントのフォロワーは増えず、流入もほとんど期待できません。

ブログの運営者は、Twitterをどのように運用すべきなのか、その基本的な手法を見ていきます。

ブログの最新記事をツイートする

ブログの最新の記事を引用したツイートで、狙いはTwitterからブログへのユーザーの流入ですが、単にタイトルとリンクの投稿だけでは、流入増は見込めません。

記事内容を要約したりインパクトのある画像を付けたりして、ユーザーの関心を集める努力が必要です。

1日に一度の投稿では目に触れるユーザーの数に限りがあるので、1日に2〜3回繰り返すのが有効でしょう。

ブログの過去記事をツイートする

ブログの過去記事の引用ツイートです。

公開時に読み逃したユーザーや新規フォロワーに、過去の記事を届けることができますが、頻繁に行うのは避けるべきです。

既知の情報の投稿が多いアカウントは時事性と鮮度に欠けたアカウントと見なされ、フォローを外されやすくなります。

過去記事を投稿する場合は、最新の話題と関連付けるなどの工夫が必要で、特に過去記事であることは必ず明記しましょう。

投稿主の発言としてツイートする

投稿主の個人的な発言としてのツイートです。

ブログの公式アカウントでも、管理人のプライベートなツイートが投稿されている例は珍しくなく、フォロワーに親近感を抱かせる効果もあります。

ただし、ブログのテーマからかけ離れた内容だと、その情報を求めてフォローしている人は不快に感じるかもしれません。

ユーザーに求められている情報を正確に把握し、そこから逸脱しすぎない内容にしましょう。

他サイトの記事をツイートする

他のサイトの記事の引用ツイートです。

自身のブログには何の利益もない、完全に利他的な行為なので、あまりに積極的に行われませんが、多彩な情報を期待するフォロワーには喜ばれます。

サイトを問わずに情報が集まるアカウントは、情報収集に役立つため人気がありますので、ジャンル限定で一線級のアカウントを作りたいなら、ぜひ行うべきです。

他者のツイートをリツイートする

他人のツイートのリツイートです。

個人アカウントでは盛んに行われていますが、ブログの公式アカウントで行う意味はほとんどありません。

例外は、記事に言及している投稿のリツイートで、特に肯定的な意見や興味深い意見がツイートされたら、必ずリツイートしましょう。

記事の宣伝になると同時に、自身のアカウントを中心としたコミュニティを活性化するきっかけにもなります。

Twitterの基本的な運用は上述の通りですが、このほかに行うべきではない行為もいくつかあります。

例えば、ブログのテーマやプロフィールの内容と大きな齟齬があるツイートは避けるべきです。

Twitterのユーザーは、自分のタイムラインに好みの情報だけが流れてくるようカスタマイズしているため、それ以外の情報はノイズと見なされて、フォローを外されやすくなりますので、どうしてもやりたい場合はアカウントを別に作って、そこで行いましょう。

また、自己肯定感の低いツイートも避けるようにしましょう。

自虐的な性格をキャラクターとして押し出すにしても、あまりにネガティブな内容はユーザーを不快にします。

Twitterではアンフォローやブロックは簡単に行えるので、嫌悪感を感じさせるツイートをすると、支持者は露骨に減ります。

Twitterはプライベートの露出が多いようでいながら、実は非常に公共性が重んじられる空間でもあるので、ツイートの内容には充分に気を配りましょう。

まとめ

今回は、ブロガーのTwitterの運用方法を、セルフブランディングの観点から解説しました。

Twitterは、検索エンジンを中心としたブログの世界とは別のロジックで動いています。

特にセルフブランディングにおいては表層的な分かりやすさ伝わりやすさが優先されることから、ブログの世界に馴染んでいる人は苦戦するかもしれません。

最近は、ブログにもセルフブランディングの考え方が流入し、特に雑記型ブログでは、書き手を前面に出して人気となったサイトも多くあります。

今後、Twitterとブログはますます近い関係になっていくのは間違いないでしょう。

ブロガーにとってTwitterは、やり方次第で大きな発展を期待できる、伸びしろのある領域です。

セルフブランディングを学ぶことで、Twitterでの存在感を高める技術を磨いていきましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる