【短期間で稼ぐ】副業でいま人気・おすすめの投資とは?

この記事は約9分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

副業の中でも投資は、わずかな労力で巨額の収益を得られるチャンスがある点が魅力です。

特にFX(為替取引)は、短期間で大きく稼ぐことができますが、その分リスクも大きく、FXで大損したという話はよく耳にします。

今回は、副業としての投資、特にFXについて詳しく解説していきます。

副業で人気の3種類の投資のそれぞれの特徴

副業として投資を真剣に考えている人は少なくないと思います。

副業の多くは労力時間を費やすため、本業に余裕がある人にしかできませんが、投資であれば、パソコンやスマホを使って資産を動かすだけで収益を得ることができます。

また、投資はやり方によっては大きなリターンを得ることが可能で、投資で巨額の資産を築いた例も少なくありません。

特に、将来的な生活の資金に不安を抱えている人の中には、本業の昇給を期待するよりも、投資で資産を増やす方が現実的と考えている人も多いでしょう。

投資は、副業とは見做されないことも多く、副業が禁止されている会社でも、個人の投資は認められている場合がほとんどなので、会社の目を気にすることなく堂々と行えるのも利点です。

ここでは副業として人気の3種類の投資を紹介しましょう。

株式投資

企業の株式を売買する投資です。

株式投資で得られる利益には、インカムゲイン(配当)キャピタルゲイン(値上がり益)の2種類があります。

配当は株式を所有することで毎年確実に得られる利益です。

値上がり益株価の変動によって得られる収益で、プラスにもマイナスにもなります。

株式投資で資産を大きくする場合には、後者のキャピタルゲインを狙って、成長が見込める株、あるいは低迷している株を、株価が安いうちに買うのが一般的です。

一方、配当は確実性こそ高いものの、株価の数%分しか得られないため、大きな利益を稼ぐには株式を大量に保有する必要があります。

FX(為替取引)

外国の通貨を売買する投資です。

世界の多くの国が変動相場制を採用しており、通貨の価格は日々、変動しています。その変化を先読みして、売買の差額により利益を得るのがFXです。

通貨の価格の変動は日本円にして0.1円以下の、極めて微小なものですが、レバレッジにより数倍〜数十倍に価値を膨らませて取引することで、短期間で巨額の利益を得ることができます。

ただし同時にこれは同額の損失を被る危険性があることも意味しており、ハイリスク・ハイリターンな投資として知られています。

仮想通貨投資

ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)を売買する投資です。

取引はFXとよく似ていて、仮想通貨の価格が安いタイミングで購入し、価値の上昇によって購入時からの差額を利益とします。

FXとの違いは、各国の通貨が国際情勢統計発表といったファンダメンタルズ(環境要因)に大きな影響を受けるのに対して、仮想通貨はその要素が少なく、原因不明の急落や暴騰があることです。

また、ビットコインなどの主要な仮想通貨は現時点では上昇基調にあり、長期的にはまだ価値が上がるだろうという信憑がある点も現実の通貨との違いです。

歴史が浅いため価値の裏付けが弱く、FX以上にリスクの大きな投資であると言えます。

投資としてはこれらの他にも不動産、国債、社債、金プラチナなどの貴金属が挙げられます。

また、腕時計、骨董品、アート作品のほか、最近ではNFTにより有限性のあるデジタル情報が投資の対象になることもあります。

ただし、これらは売買に巨額の資金が必要だったり、高度な審美眼がないと価値を見抜くことが難しかったりするため、一般人が参入するのは現実的に困難です。

サラリーマンが副業として検討すべき投資としては、株式投資、FX、仮想通貨投資、この3種類を抑えておけば充分でしょう。

副業としてのFXのメリットとデメリットは?

前章で紹介した投資の中でも、大きく収益を伸ばせる可能性があることから人気なのがFXです。

株式投資では、資産を2倍〜3倍にするためには成長株を数十年単位で保有し続ける必要がありますが、FXでは半年程度で資産を倍増させることも不可能ではありません。

ただし投資の常として、大きなリターンを得られる取引には、常に同等のリスクが発生します。

FXのメリットとデメリットは以下の通りです。

FXのメリット

  • レバレッジで利益を拡大できる
  • 24時間いつでも取引できる
  • 少額の資金でも取引できる

FXの最大のメリットはレバレッジです。

これは「てこの原理」を意味し、投資する資金を何倍にも膨らませた金額の取引を可能にする仕組みです。

例えば100万円に10倍のレバレッジをかければ1000万円相当の取り引きになるため、わずかな通貨価格の変動で、巨大な収益あるいは損失が発生します。日本ではFXのレバレッジは最大25倍まで認められています。

これ以外のFXの利点として、為替市場は24時間開いているため、好きな時間に取引ができる点が挙げられます。

9時から15時までの間しか取引できない株式市場よりも、時間の拘束がない分、副業向きと言えるでしょう。

また、FXの元手となる証拠金には最低取引単価がなく、レバレッジを小さく設定すれば少額からでも投資が行えるので、少ない資金でリスクの高い投資を行ってみたい人でも購入しやすくなっています。

逆にFXのデメリットとしては以下の点が挙げられます。

FXのデメリット

  • チャートの法則性を見出しにくい
  • 強制ロストカットによる取引停止
  • 資産以上の損失を被る可能性がある

FXは、各国の通貨の価格差が収益の源泉ですが、通貨の価値は国際情勢などの様々な要因に左右され、戦争や災害や政変、あるいは各国の統計発表によって大きく変化します。

ところが、その動きは必ずしも法則通りとは限らず、セオリーと真逆の動きをすることが珍しくありません。

比較的、材料通りの動きが多い株式投資と比べると、FXのチャートは予測が困難です。

また、FXでは極端な価格の下落が発生すると、ロストカットにより保有している通貨が強制的に決済されます。

一時的な含み損のつもりで後から取り返す目算があったとしても、ロストカット基準額を下回った時点で損失は確定され、証拠金から損失分が引かれます。

さらに、このロストカットは巨額の損失を避けるための安全装置ですが、どんな状況でも確実に作動するとは限りません。

極端な下落が起きたりシステムトラブルが発生したりすると、稀にロストカットが基準額で実行されず、証拠金を超える額での強制的な決済が行われることがあります。

この場合、証拠金だけでは含み損を賄いきれず、追加の資金を投じて損失を埋め合わせなければなりません。

このようにFXは不確実性が高い上に、一歩間違えると自分が保有する資産以上の損失を抱える可能性があります。

以上の理由から、FXはギャンブル的な投機に近く、初心者におすすめできる投資とは言えません。

初めて投資に挑戦する人は、安全性の高い株式投資から始めるようにしましょう。

FXで投資をする際の注意事項

FXは、得られる収益が大きい分、大きな損失を被る可能性のある、ハイリスク・ハイリターンな投資ですが、取引の手法を工夫することで、リスクを小さくすることが可能です。

ここではFXでの損失を最小限に留めるために、基本とされている5つのテクニックを紹介しましょう。

取引ルールを遵守する

FXの売買では、自分で取引のルールを決めて、どんな状況でもそれを遵守することが大事です。

一定額の含み損で損切りする、チャートの動きの逆張りはしないボラティリティ(値動きの幅)が大きいときは売買しないなど、リスクの大きい局面を回避するための基本的なルールを設け、状況に流されずそれを守り通すことは、ひいては自分の身を守ることに繋がるでしょう。

適切なレバレッジを設定する

レバレッジは小さな金額大きな利益を得られる仕組みですが、逆に大きな損失を出す可能性もあります。

レバレッジを低めに設定しておけば、多少の通貨の変動があったとしても、そう簡単にロストカットが発生することはありません。

レバレッジは限界まで上げず、余裕を持って設定するようにしましょう。

損切りができるようになる

FXで予測が外れて含み損に陥った場合、焦りからいずれ反転してプラスになると考えたくなるのが人間の思考の常ですが、取り返しがつかなくなる前に損切りをする勇気を持つことが大事です。

自らの基準で損切りをして損失を確定できることは、FXで生き残るための絶対条件と言えます。

損切りは基本でありながら難しく、かつ重要な判断であることを肝に銘じましょう。

ナンピンは基本的に避ける

ナンピンとは、あるポジション(購入した通貨の価格)で含み損が出たときに、損切りをしないまま、追加で新しいポジションを取る行為を指します。

ナンピンは既に発生している含み損をカバーするためによく用いられますが、予測が外れ続けた場合、さらに傷口が広がって損失が膨らむ可能性があります。

FXでの致命的な損失の多くがナンピンによるものなので、基本的にナンピンは避けるのが無難です。

余剰資金で取引を行う

FXに限った話ではありませんが、投資は生活に影響しない余剰資金で行いましょう。

投資ではつぎ込んだ資金が大きいほどリターンも増えるため、持てる資産のすべてを投資に賭ける人がいますが、これは極めて危険な行為です。

特にリスクの大きいFXは、投資した金額の全てを失う可能性があります。投資に失敗しても人生が破綻しない範囲で取引を行いましょう。

FXの投資手法には、経済状況を重視するファンダメンタルズ分析や、チャート上での価格の動きの法則を読み解くテクニカル分析など、多くのやり方があります。

どの手法にも一定の妥当性はありますが、ひとつ言えることは、確実に勝ち続けられる必勝法は絶対に存在しないということです。

FXの勝率は専業投資家でも5割程度と言われており、目論見通りの売買ができずに損失を出すのは、むしろ当たり前です。

その低勝率の中で、大きな損失を回避しつつ、勝てる取引での利益を少しでも増やす、その積み重ねを可能にするルーティンの構築が生き残りの秘訣であり、大きな誘惑が目の前にあっても、自己の統制を失わないことが、成功の絶対条件となるでしょう。

まとめ

今回は副業としての投資、特にFXについて掘り下げて解説しました。

FXは資産を急速に増やすことが可能な投資で、1年で資産を数倍にしたという景気のいい話も珍しくありません。

ただし、同じペースで資産を失う可能性もあり、決して安全性の高い投資とは言えないことは、何度でも強調しておきたいところです。

FXの専業投資家であっても、資産を全て失って市場から退場する人は珍しくなく、また、現在生き残っている人でも何度か資産を激減させた経験があるなど、綱渡りに近い取引を行っていることがほとんどです。

投資としては、よりリスクの低いインデックス投資や、高い成長率を期待できる海外株式投資があり、これらを非課税のNISAiDeCoと組み合わせた長期保有が人気を集めています。

サラリーマンの副業としての投資は、安全性の高いこれらの投資の方に主眼を置くべきでしょう。

それでもFXにチャレンジする人には、FXが極めてリスクの高い取引であることを理解した上で、失っても人生設計に影響のない範囲の資金で行うことをおすすめします。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。