YouTubeの副業で稼げる?おすすめジャンルや始める時のポイント

この記事は約10分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

「YouTubeの副業ってどうやって始めればいいの?」という疑問を抱いている人もいると思います。

近年の動画ブームにより、YouTubeを利用するユーザーが増えています。それに伴い、副業でYouTuberを始める方も多くなってきました。

記事をご覧になっている方の中にも、YouTubeで副業を始めたいと思っている方はいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、YouTubeで副業を始める手順やおすすめのジャンル、注意点を解説します。

YouTubeは副業になる?

世間では高収益のYouTuberが話題になっていますが、YouTubeが副業になるのでしょうか?

結論から言うと、簡単ではないもののYouTubeを副業にすることは可能です。

事実、副業でYouTubeを始めて、今は人気YouTuberとして活動し、収益化に成功している人は何人もいます。

とはいえ、現在のYouTube市場は強力なライバルが多く、成功するための難易度は他の副業と比較しても高めな傾向にあります。

また収益化といってもやり方は様々です。

再生回数で稼ぐ広告収益はもちろん、自社サイトに誘導してサービスを販売したり、アフィリエイト商材を販売したりして稼ぐこともできます。

そのため、YouTubeの副業で成功するには、誰に対して何を売るかというように、きちんとした戦略を練らなければいけません。

そちらを踏まえて、本記事で詳しく解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

YouTubeの副業でおすすめのジャンル

YouTubeの副業でおすすめのジャンルをまとめました。

  • エンタメ系
  • 美容系
  • ビジネス系

以上のジャンルはコストをかけず始められるので、副業でYouTuberとして活動される方におすすめです。

エンタメ系

エンタメ系のジャンルとは、「〇〇やってみた」「〇〇を作ってみた」のようなチャレンジ動画や料理動画が該当します。

1再生当たりの広告単価は低いものの、マス層に刺さる動画コンテンツを設計できるので、多くのアクセスを集められます。

特別なスキルがなくてもできるので、手軽にYouTubeの副業を始めたい方にはおすすめのジャンルです。

美容系

美容系のジャンルとは、メイクのやり方や化粧品の紹介などの動画コンテンツが該当します。

女性を中心に需要が高く、動画の再生による広告収益や商品紹介のAmazonアソシエイトなどで稼ぐことができます。

メイク道具とトークスキルさえあれば完結するので、副業でYouTuberを始められる方におすすめのジャンルです。

ビジネス系

数あるジャンルの中でも特に稼ぎやすいのがビジネス系です。

ビジネス系のジャンルとは、ブログの始め方や副業のやり方はもちろんのこと、投資の勉強や営業のハウツーなどの動画コンテンツもビジネス系に該当します。

他のジャンルと比べてアクセスするユーザーの年齢層が高いため、1再生当たりの広告単価が高いのが特徴です。

また、動画コンテンツから自社サイトに誘導してサービス販売を促し、莫大な収益を発生させることもできます。

ただし、ビジネス系YouTuberで成功するには、自分だけしか持っていないスキルやノウハウが必要です。

成功すれば大きく稼ぎやすいものの、非常に難易度が高いので注意しましょう。

副業YouTuberの始め方の手順

YouTuberの副業の始め方についてまとめました。

  • パソコンとカメラを用意する
  • 動画編集ソフトを用意する
  • 撮影スペースを確保する
  • 情報発信用のYouTubeアカウントを作成する
  • コンテンツを企画・撮影する
  • 動画を編集して投稿する
  • 動画を拡散する

以上の手順を参考に、YouTubeの副業を始めてみてください。

パソコンとカメラを用意する

副業とはいえ、YouTuberとして活動する以上はパソコンとカメラが必要不可欠です。

最低限カメラはスマホでも代用できますが、動画編集を行うのであればそれなりのスペックのパソコンを用意しましょう。

スマホで動画を編集するのは難易度が高く、非常に時間がかかるからです。

副業に使える限られた時間の中で成功するには、とにかく効率を重視しなければいけません。

そのため、CPUやメモリの容量が多いパソコンを購入し、動画編集のスピードを早めることをおすすめします。

もしパソコン選びに迷った場合は、家電量販店の店員さんに、YouTubeの副業におすすめのパソコン機種を聞いてみましょう。

併せてクオリティの高い動画を求めるのであれば、ビデオカメラも購入してみてください。

動画編集ソフトを用意する

動画編集ソフトを用意します。

具体的には、Adobe Premiere ProかFinal Cut Proをおすすめします。

この2つの動画編集ソフトを推奨する理由は、多くのクリエイターが活用していて、ネット上でたくさんのノウハウが掲載されているからです。

特にYouTubeの動画は編集技術次第で成否が大きく分かれるので、動画編集ソフトは非常に重要です。

つまり、情報量やノウハウが豊富なソフトを使うことは、YouTubeでの成功につながります。

動画編集ソフトの使い方やスキルはYouTubeや本などで勉強し、より細かいソフトの活用方法はメンターに依頼をして教えてもらうと良いでしょう。

撮影スペースを確保する

自宅でYouTubeの撮影をすることもできますが、普通の部屋だと背景と光量の影響により、低クオリティな動画に仕上がってしまう可能性があります。

そのような低いクオリティの動画はユーザーに受け入れてもらえず、期待できるほどの再生数が回りません。

当然ながら、チャンネル登録してもらえることもないでしょう。

そのため、YouTubeの撮影に特化した撮影スペースは、可能である限り用意するのがおすすめです。

自宅に専用の撮影スペースを用意できると理想ですが、厳しそうであれば撮影用のレンタルスペースを借りましょう。

情報発信用のYouTubeアカウントを開設する

プライベートアカウントとは別に、情報発信用のYouTubeアカウントを開設しましょう。

以下の手順を参考に、情報発信用のアカウントを作成してみてください。

プライベートアカウントとは開設方法が異なりますので、注意が必要です。

  • Googleアカウントでログインを行い、YouTubeを開く
  • 左のメニューボタンから「設定」をクリックする
  • 「アカウント」から「チャンネルを作成する」を選択し、名前を入力する
  • 再度「設定」から「アカウント」を選択し、「新しいチャンネルを作成する」をクリックする
  • 活動する名前を入力し、「作成」ボタンをクリックして完了

以上の手順が完了したら、チャンネルアカウントの説明文やアイコン、ヘッダー画像も併せて設定しましょう。

コンテンツを企画・撮影する

アカウントを作成したら、さっそくコンテンツを企画し撮影を行いましょう。

コンテンツはユーザーのニーズを分析し、そのニーズを把握した上で企画することが重要です。

なぜなら、世の中に求められていないコンテンツを企画し投稿したところで、誰にも動画を見てもらえないからです。

自分が発信する予定のジャンルと属性が近しいアカウントを見つけて、再生回数が多い動画コンテンツを分析してみましょう。

そのように再生回数が多い動画コンテンツが、世の中に求められている企画です。

動画を編集して投稿する

コンテンツを企画し撮影が終わったら、動画を編集して投稿しましょう。

編集は、前述で解説したAdobe Premiere ProやFinal Cut Proなどの動画編集ソフトを用いて行います。

手慣れている動画クリエイターでない限り最初から難しい編集はできないので、インターネットや本で調べてできる範囲で編集します。

動画の編集を終えたら、YouTubeにコンテンツを投稿します。

その際に、興味が湧く魅力的なタイトルやサムネイルを付けるようにしましょう。

動画を拡散する

YouTubeで動画をアップロードしてもほとんど見られません。

なぜなら、継続的な投稿をしないとYouTubeのアルゴリズムに評価してもらえないからです。

つまり、数本の動画をアップロードしたところで、検索順位の上位やユーザーのホーム画面には表示されないということです。

アカウント開設初期からアクセスを集めるには、TwitterやInstagramを活用して動画を拡散する必要があります。

作った動画コンテンツを運営しているブログにアップして、検索エンジン経由で再生回数を稼ぐのも良いでしょう。

ただし、目標は再生回数ではなくチャンネル登録なので、動画を見てくれたユーザーにはしっかりチャンネル登録を促しましょう。

始める前に知っておきたいYouTube副業の注意点

YouTube副業の注意点についてまとめました。

  • 編集や動画撮影に時間がかかる
  • 最初から広告収入を得ることができない
  • 動画の配信頻度は最低でも週1本
  • 既存のジャンルでの成功はほぼ不可能
  • 規約に違反しないよう細心の注意を払う

編集や動画撮影に時間がかかる

動画コンテンツの編集や撮影には、想像以上の時間がかかります。

中には、編集作業だけで丸一日かかる人もいます。

副業ではあるものの、ある程度の時間は覚悟しておかないと、YouTuberとしての活動を続けるのは難しいでしょう。

時間がかかることを理解した上で、YouTubeの副業を始めるようにしましょう。

最初から広告収入を得ることはできない

どれだけ頑張って動画コンテンツを作っても、最初から広告収入を得ることはできません。

YouTubeで広告収入を得るには、YouTubeパートナープログラムへの参加が必要です。

そして広告収益が入るようになるのは、総再生時間4000時間以上、チャンネル登録1000人以上などの厳しい条件を達成した後になります。

つまり、この条件をクリアし、YouTubeパートナープログラムへの参加が承認されるまでは、広告収入が入ってくることはありません。

無収入で動画をアップロードし続ける必要がある点を覚えておきましょう。

動画の配信頻度は最低でも週1本

YouTubeでチャンネルを急速に成長させるには、高頻度の投稿が必須です。

なぜなら、積極的に動画を投稿することでYouTubeのアルゴリズムから高い評価を受けられるようになるからです。

その結果、狙っている検索キーワードで上位表示を獲得できたり、ターゲットとしているユーザーのYouTubeのホーム画面に自身の動画コンテンツが表示されたりするようになり、多くの再生回数を獲得できます。

事実、トップクラスのYouTuberの中には、ほぼ毎日何らかの動画をアップしている人もいます。

YouTubeで成功するには、それぐらいの努力が必要ということです。

チャンネル登録者数を伸ばしたいなら、最低でも週に1本、可能であれば週に2本から3本のペースで動画をアップロードしましょう。

ただし、ただ闇雲に品質の低いコンテンツをアップロードしても意味がないので、質の高い動画をアップロードし続けることが重要です。

既存のジャンルでの成功はほぼ不可能

現在のYouTube市場は戦国時代と言われるほど激戦区です。

どのジャンルを狙っても強力なライバルが存在しており、今から普通の動画コンテンツで勝負して成功するのはほぼ不可能に近いです。

そのため、誰も参入していない領域を見つけて、そこで勝負する以外に勝ち目はありません。

ユーザーが求めているニーズに応えることは重要ですが、同じぐらい独自性も重要である点を覚えておきましょう。

規約に違反しないよう細心の注意を払う

YouTubeというプラットフォームで活動する以上、規約にはしっかり従いましょう。

なぜなら、YouTubeを運営しているGoogleは規約違反に厳しく、違反した場合はアカウントの停止やチャンネルが削除されるなどのリスクがあるからです。

もしチャンネルが強制的に削除された場合、これまで積み上げてきた努力が全て無駄になります。

アダルトや暴力など、規約違反ギリギリを狙ってアクセスを得ようとしてもBANされるリスクの方がはるかに大きいので、違反しそうな動画は絶対に避けるようにしましょう。

まとめ

今回は副業でYouTuberを始める手順や注意点を解説しました。

副業といえども、YouTuberとして稼ぐには、本気でYouTubeと向き合わなければなりません。

コンテンツの企画や動画の編集などを行う時間をしっかり確保し、ユーザーが求める動画コンテンツを作成しましょう。

本記事で解説した内容をもとに、YouTubeの副業を始めてみてください。

誰でも10分!WordPressブログの始め方
ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、

あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」
「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。