【選び方完全版】中古ドメインでアフィリエイト収益アップ

この記事は約8分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

アフィリエイトサイトのSEO対策として大きな効果を期待できるのが、中古ドメインの活用です。

過去に別のサイトで使われていたドメインを再利用すれば、検索エンジンでの上位表示を期待できます。

今回は中古ドメインの活用方法について解説します。

中古ドメインとは?

中古のイメージ

アフィリエイトサイトでは、独自ドメインを使ってサイトを開設するのが一般的ですが、SEO(検索エンジン最適化)によってアクセス数の向上を図りたいと考えているなら、中古ドメインの活用が重要な戦略のひとつとなります。

合わせて読みたい

【導入手順付】独自ドメインのメリットとその効用は?

中古ドメインとは、過去に他のサイトで利用されていた経歴のあるドメインのことです。

サイトが閉鎖するなどして契約が更新されなかったドメインは、元の持ち主の手を離れ、再び誰でも取得できる状態になります。

そのドメインを狙って取得し、新設するサイトに利用するのが、今回紹介するやり方です。

中古ドメインでは、以前のサイトの検索エンジンの評価がそのまま引き継がれます

長年使い続けられたドメインには、数多くのリンクが張られ、そのドメイン下にあるコンテンツは、検索エンジンで上位に表示されやすい状態になります。

そこに新しくサイトを構築すれば、最初から検索順位の上位に進出しやすくなるというわけです。

ただし、検索エンジンに高く評価されている中古ドメインは欲しがる人も多いため、入手は一筋縄ではいきません。

もっとも一般的なのは、「お名前.com」などのドメインオークションで競り落とす方法ですが、そのためには数ある中古ドメインの中から有力なものを見極める能力と、オークションで競り勝つためのある程度の資金力が必要になります。

中古ドメインのメリット・デメリット

秤にかけるイメージ

時に数十万円もの価格で落札される中古ドメインですが、オークションで高いお金を払ってまで中古ドメインを取得するメリットとは一体何でしょうか。

第一に挙げられるのは、先程も挙げたSEOの効果です。

Google検索では、他のサイトからのリンクが多いサイトを高く評価し、検索順位で上位に押し上げる傾向にあります。

SEOで有利に立つ秘訣は、この被リンク数にあるのですが、リンクをたくさん集める作業はそう簡単ではありません。

多くのサイトから言及されるには、長年にわたる安定した運営と、内容面での充実が求められるからです。

さらにGoogleは、どのようなサイトからリンクされているかについても重視します。

自分で作ったサイトからリンクすることで、被リンク数を偽装しようとしても、Googleには簡単に見抜かれペナルティの対象となります。

外部の実績あるサイトからのリンクを集めるには、内容の優れたサイトを長期間運営し続けるという正攻法以外にはありえません。

その点、中古ドメインには、以前のサイトに張られたリンクが残っています

SEOにおける最大の資産である被リンクが、最初から集まった状態でサイトを始められるため、サイトの開設後に投じなければならない膨大な労力と時間を、省略することができるのです。

ただし、中古ドメインは必ずしも利点ばかりではありません。

最大のリスクは、以前のサイトが抱えているネガティブな評価を、そのまま受け継ぐ可能性があることでしょう。

過去に問題のあるサイトが開設されていたドメインには、検索上のペナルティが課せられていることがあります。

このペナルティは新しいサイトにも継承されるため、知らずに利用すると大きなハンデを背負った状態でサイトを始めてしまう危険性があります。

Google検索には「自動ペナルティ」と「手動ペナルティ」の2種類の罰則があります。

自動ペナルティは、検索エンジンのアルゴリズムによって判定されたペナルティで、過剰なSEOやマルウェアの感染などで対象となります。

手動ペナルティは、Googleのスタッフの手によるペナルティで、多数の不正リンクや隠しテキストの設置など、検索エンジンを意図的に欺こうとする行為に対して下されることが多いようです。

いずれの場合も、検索順位の降下や特定のキーワードでの検索結果からの除外といった罰則が課せられます。

最悪の場合は、Googleの検索対象からサイト全体が除外される、いわゆる「Google八分」の状態となり、Google検索を経由しての人の流入はゼロになります。

合わせて読みたい

【即戦力】VODアフィリエイトに強いドメインはこれだ!

中古ドメインの選び方

金の卵のイメージ

中古ドメインを選ぶ際には、事前にドメインの身元を洗い出すための作業が欠かせません。ガイドライン違反やセキュリティ問題でドメインにペナルティが科せられていないか、ネガティブな悪評が付いていないかを、以下の方法で確認しておきましょう。

ブラックリスト確認ツールを利用

検索エンジンやセキュリティ関連のサービスでは、危険なドメインをまとめて登録したブラックリストを公開しています。

このブラックリストに該当するドメインは、非合法なサイトで使われていたり、検索エンジンのガイドラインを無視した操作が行われていた経歴があるため、ブラウザやセキュリティソフトに排除される可能性があります。

ブラックリストのチェックツールはいくつかありますが、無料で利用できる「MGT.jp」がおすすめです。

GoogleChromeでドメインを開く

GoogleChromeには危険なURLを開こうとすると、警告を表示する機能が搭載されています。

初期設定で有効になっているので、中古ドメインをそのままURL欄に入力してみましょう。

過去のサイトに問題があった場合、警告画面が表示されることがあります。

これはマルウェアに感染していたり、フィッシング詐欺サイトに使われていたりといった、主にセキュリティ面で問題のあるドメインの検出に役立ちます。

InternetArchiveで過去サイトを確認

中古ドメインの履歴を調べるには、過去にどんなサイトが開設されていたのかを実際に見るのが一番です。

インターネット上の情報を保存しているサービス「InternetArchive」では、指定したURLの時間を遡って、既に存在しない過去のサイトの内容を見ることができます。

小規模なサイトでは履歴が残っていないこともありますが、一定以上の規模のサイトであれば、多くの場合、その外観や内容を見ることができます。

「site:ドメイン名」でGoogle上で検索

中古ドメインで開設されていたサイトのネット上での評判を知るには、他のサイトにどのように言及されていたのかを調べるのが有効です。

Google検索で「site:中古ドメイン名」と入力して検索してみましょう。

そのドメインに対してリンクを張っているサイトが検索結果に出てきます。

他サイトからの言及に悪評が多かったり、怪しげなサイトからリンクが張られている場合、その中古ドメインは要注意かもしれません。

以上、ここでは4つの方法を紹介しましたが、これらの手段を駆使しても、低評価の中古ドメインを掴んでしまうリスクを100%排除できるわけではありません。

それでも、問題のある中古ドメインを回避する有効な手段ではあるので、購入に踏み切る前の調査は欠かさないようにしましょう。

なお、ペナルティを受けているドメインでも、そこに別のサイトを立ち上げた場合は、Googleウェブマスターツールから再審査リクエストをして、ペナルティを解除してもらうことは可能です。

とはいえ、ウェブに残された様々な低評価の痕跡を一度に払拭することは難しいので、リスクを回避したいなら、ペナルティ付きの中古ドメインは避けるべきでしょう。

合わせて読みたい

オワコンじゃない!2021年のVODアフィリエイトで勝つ戦法とは?

中古ドメインの取得方法

オークションのイメージ

ここからは実際に中古ドメインを取得する方法を解説していきます。

中古ドメインを販売しているサービスはいくつもありますが、今回は「お名前.com」を例に挙げて説明しましょう。

「お名前.com」では、「バックオーダー」と「オークション」という2つの方法で中古ドメインを提供しています。

バックオーダーとは事前予約のこと。

ドメインの元の持ち主の所有権が失われるタイミングで即座に取得できるよう、事前に予約を入れられるサービスです。

このバックオーダーで複数の予約が入った場合、場をオークションに移して、入札によって所有者が決定されます。

強力な中古ドメインは、バックオーダーの段階で何人もの取得希望者が現れるため、ほぼ確実にオークションに持ち込まれます。

「お名前.com」のオークションは、バックオーダーで事前予約を入れた人以外でも自由に参加できるので、普段からオークション出てくる中古ドメインをチェックしていれば、強力な中古ドメインの入札のチャンスを見逃すことはまずないでしょう。

それでは「お名前.com」のオークションの利用方法を見ていきましょう。

オークションにかけられているドメイン一覧のキャプチャ

「お名前.com」のアカウントを作成。

オークションのページでログインします。

オークションにかけられているドメインの中から、欲しいものを選択しましょう。

ドメインの一覧には「DA」(ドメインオーソリティ:検索エンジンの評価指数)「外部リンク」「ドメイン年齢」が記載されていて、いずれも数が大きいほど強力なドメインとなります。

中古ドメインの入札画面のキャプチャ

中古ドメインの入札画面が開きます。

金額を入力して「入札する」をクリックします。

このオークションでは自動入札制となっていて、300円単位で自動的に入札され、他の入札者との競りが行われます。

予算内で入札できる最大の金額を入力しましょう。

確認の画面のキャプチャ

確認の画面が表示されるので、もう一度「入札する」をクリックしましょう。

入札が完了画面のキャプチャ

入札が完了すると、自動的に競りが行われ、価格がその時点の最高値まで釣り上がります。

自分の金額が最高値だった場合は、落札の権利を獲得できますが、もし他の人がさらに高額な金額を入力していた場合は、その人が落札の権利を保有します。

オークションの状況を確認画面のキャプチャ

入札した中古ドメインは個人アカウントの「マイページ」に表示され、ここからオークションの状況を確認できます。

オークションの期限の日時までは何度でも入札できるので、予算と相談しながら競りを続けましょう。

まとめ

今回は、中古ドメインの特徴とその取得方法について解説しました。

SEOで大きな効果を発揮する中古ドメインは、アフィリエイトサイトのアクセス数向上を図る上での、戦略の要となりえます。

新設のアフィリエイトサイトでスタートダッシュを決めるには、中古ドメインの利用は極めて有効なテクニックです。

優れた中古ドメインを見極める知識と、オークションで競り勝てる予算が必要になるため、アフィリエイトの中級者以上に向いた方法となりますが、得られる見返りは大きいので、一定の経験を積んで自信を得たなら、チャレンジしてみるといいでしょう。

中古ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。

即効性のあるSEO対策として効果が見込める、オークション、バックオーダーも対象ドメインを豊富に取り揃えています。

ぜひご利用ください!

お名前.com オークション

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう