ドメイン名の決め方や取得方法・料金の仕組み

この記事は約7分で読めます

ブログを運営する上で、ドメインは必ず知っておきたい知識のひとつですが、実はよく分かっていない人もいるのでは?

一見、難しい仕組みに見えますが、原理原則を踏まえれば、誰でもスッキリ理解できるはずです。

今回は、ドメインの基本的な知識取得の方法について解説しましょう。

ドメインの知っておきたい基礎知識

ドメインといえば、ブログを運営する上で最重要の知識のひとつ。

「ブログは独自ドメインで運用すべし」とよく言われますが、ドメインが何なのか、実はよく分かっていないという人もいるのではないでしょうか。

ドメインの知識があると、ブログの運営で有利になるのはもちろんのこと、ウェブの基本的な仕組みの理解にも繋がるため、確実に押さえておくべきです。

ここではドメインの機能と役割を、4つのポイントに分けて解説しますので、前提となる知識に抜けや漏れがないか、しっかり確認しておきましょう。

ドメインはサイトのURLの文字列

ドメインとは、ウェブサイトのURLの一部を構成する文字列です。

例えば「https://www.onamae.com/」というURLの場合、「https://」をスキーム、「www」をホスト名、「onamae.com」をドメイン名と呼びます。

さらにドメイン名のうち、「.com」の部分については、トップレベルドメインと呼ばれています。

ドメインはメールアドレスにも利用されていて「mail@onamae.com」というメールアドレスの@以降の部分がドメインです。

独自ドメインでサイトを開設したら、同じドメインでメールアドレスを作り、公式の連絡先とする使い方が一般的です。

共有ドメインと独自ドメイン

ウェブサイトのドメインには共有ドメイン独自ドメインがあります。

共有ドメインでは「https://www.onamae.com/website/」や「https://www.onamae.com/weblog/」のように、共通するドメインの下に複数のサイトがぶら下がる形になっていて、これはユーザー登録型のブログサービスの多くで用いられている方式です。

一方、独自ドメインは完全に独立したドメインで、インターネット上に唯一無二のURLを保有できます。

独自ドメインの利用には、ユーザーがレジストラを通じて、ドメインを自力で取得する作業が必要になります。

トップレベルドメインの種類

ドメインの末尾のドット以降の部分をトップレベルドメインと呼びます。

トップレベルドメインには商用(commercial)を意味する「.com」、日本国(Japan)を意味する「.jp」などがありますが、いずれも機能に違いはありません。

ただし、一部のトップレベルドメインは利用に制約があり、例えば「.co.jp」は日本国内で登記された会社、「.go.jp」は日本の政府機関しか利用できません。

トップレベルドメインには多くの種類がありますが、特に人気なのは「.com」「.net」「.jp」で、取得の競争が激しく、短い文字列の確保はかなり難しくなっています。

ドメインの費用

ドメインの費用は、最初の取得にかかる「登録費用」と、年単位で契約を更新する際の「更新費用」に分かれ、価格はトップレベルドメインによって異なります。

例えば、現在「.com」の登録費用は1円、2年目以降の更新費用は年間1,408円ですが、「.net」では登録費用1円、更新費用は年間1,628円、「.jp」では登録費用は360円、更新費用は年間3,124円となっています。
※いずれも「お名前.com」の場合です。

それほど大きな金額ではありませんが、長期間の複数年契約を結ぶ場合は、費用がかさむこともあります。

合わせて読みたい

【導入手順付】ブログの始め方・収益化のポイントとコツ

独自ドメインを取得する方法

ドメインの基本を理解したところで、実際にドメインを取得するにはどんな方法があるのか、ドメインを取る際に何が必要になるのかについて確認しましょう。

ドメインはレジストラで取得する

ドメインの取得を代行しているサービスのことを「レジストラ」と呼びます。

ドメイン全体を管理しているデータベース(レジストリ)にアクセスする権限を持っている事業者のことで、ユーザーはこのレジストラを通じてドメインの取得を行います。

日本では「お名前.com」がレジストラとして知られています。

ドメインの取得に必要なもの

レジストラでのドメイン取得に必要なものは、契約者情報(担当者名、所在地、電話番号、メールアドレスなど)と決済手段です。

決済手段はクレジットカードのほか、銀行振り込み、コンビニ決済、口座振替から選択することが可能です。
※上記は「お名前.com」の場合です。

レジストラでのドメインの取得の手順

レジストラにはドメインを検索する機能があり、取得可能なドメインを調べることができます。

欲しいドメインの文字列を検索して、空いているかどうかを調べてみましょう。

ここでは「お名前.com」でドメインを検索し、取得に必要な情報を入力する手順を見ていきます。

「お名前.com」のトップページを開き、検索窓で取得したいドメイン名を検索しましょう。

ドメインの取得状況が表示され、取得可能なトップレベルドメインのチェックボックスが「空欄」になっているので、欲しいものを有効にしましょう

「お申込み内容」で登録年数を選択します。最短で1年登録、最長で10年登録を選択できます。

ここで登録した期間が経過すると、ドメインの更新作業が必要になります。

更新を忘れてドメインが使えなくなるケースも珍しくないので、長期間使い続ける可能性がある場合は長めに設定しておきましょう。

ドメインの取得には、契約者の個人情報の登録が必要になります。
氏名、国、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスの入力が求められます。

決済方法を指定します。クレジットカードの入力欄が表示されていますが、「その他の支払い方法はこちら」をクリックすると、コンビニ、銀行振込、請求書の項目が表示されます。

以上の入力でドメイン取得の申込みは完了です。

合わせて読みたい

【導入手順付】独自ドメインのメリットとその効用は?

ドメインを決める際の5つの注意点

ドメインは、基本的に好きな文字列を選ぶことができますが、そこで問題となるのが、欲しいドメインを先に他のユーザーに取られているケースです。

ドメインは早いもの勝ちで、既に取得されているドメインには手出しができないので、所有しているユーザーが自ら手放す(更新しないまま登録の期限が切れる)のを待つしかないのです。

そして、意味を持った文字列の多くは、既に他のユーザーに取得されていることが多く、特に人気のあるトップレベルドメイン「.com」「.net」「.jp」では、短くて意味のある文字列はほぼ取得済みとなっていて、今から確保するのは難しくなっています。

こうした現状において、どうやってドメインを選べばいいのか、4つの選び方を紹介しましょう。

ドメイン=サイト名が基本

ドメインの文字列は、サイト名そのままが理想です。

サイト名とドメイン(URL)が共通だと、URLを見たときにすぐにサイトが思い浮かびます。

SNSや他サイトに記事を引用されたときに、URLからサイトが連想されることで、サイトの周知クリック率の向上を期待できるでしょう。

逆に、ドメインとサイト名が違っていると周囲の混乱を招きますので、この両者はできるだけ同じになるようにしましょう。

ドメインは短いほど有利

ドメインは短いほど視認性に優れ、またユーザーに覚えられやすくなります。

ドメインが短いとURLも短くなるため、他メディアにURLが引用された際の見栄えが良くなる効果もあります。

ドメインにはできるだけシンプルな文字列を選ぶようにしましょう。ただし、短いドメインほど取得難易度は高くなります。

サイト名の略称もOK

サイト名の文字列のドメインを取得できそうにない場合は、サイト名の略称の文字列によって代替しましょう。

単語の頭文字を組み合わせたり、一部を省略したりすることで、サイト名の意味を残しながら入手の難易度を下げることができます。

ほかにも、単語の間に「-」(ハイフン)などの記号を加えることで、取得可能なドメインの幅を広げる方法もあります。

トップレベルドメインを変更する

「.com」「.net」「.jp」は人気のトップレベルドメインの御三家ですが、これら以外のトップレベルドメインを選べば、取得難易度は大きく下がります。

トップレベルドメインの種類は非常に多いので、この3つにこだわらなければ希望の文字列はほぼ確実に取得できるでしょう。

とはいえ、トップレベルドメインはドメインの格式を示していて、周囲から一目置かれるのはやはり「.com」「.net」「.jp」であることは覚えておきましょう。

ドメインオークションを利用する

ドメインを取得する方法としては、レジストラを検索する以外に、ドメインオークションを利用するやり方があります。

ユーザーが手放したドメインのうち人気のあるものが出品されるサービスで、入札方式で欲しいドメインを競り落とします。

落札価格は様々で、1万円以下で落札できることもあれば、数十万円にまで高騰することもあります。

リスクが高いので初心者にはオススメできませんが、ドメインの中には、それだけの価値を認められるものがあることは、覚えておきましょう。

合わせて読みたい

起業するにあたってのポイント

まとめ

今回は、ドメインについての基礎知識と、取得するまでの手順について解説しました。

ドメインは単にURLを変更できるだけでなく、その存在自体がサイトの屋号であり信頼性の証とされています。

独自ドメインは登録と維持にコストがかかりますが、それはサイトを責任を持って運営する姿勢の現れであり、取得難易度が高いドメインを使っているサイトやサービスは、それだけで本気度が伺い知れます。

サイト運営を本気でやりたいと考えているなら、独自ドメインの取得は避けては通れません。

ここでしっかりと基礎を身に着けておきましょう。

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]無料クーポン適用中

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる