【無料テクニック集付】QRコード作成方法・活用方法

この記事は約11分で読めます

QRコードはスマホで読み取るだけでなく、自分で作成して利用することもできます。
QRコードに変換できるのはURLのほか、メールアドレス、SNSアカウントなどが対応しているため、広告や宣伝などに幅広く活用できます。

今回はQRコードの作成と活用の方法について解説します。

QRコードとは何か?

近年、多くの場所で目にするようになったQRコード。
スマートフォンでの電子決済、URLの読み込み、SNSのアドレス送信といった様々な用途で利用されています。

QRコードの開発元は、トヨタ製自動車の車載部品の製造で知られるデンソーです。
当初は工場や倉庫での効率の良い製品管理を目的に開発されましたが、パブリックドメインとして公開されたことでトヨタ系列以外の企業にも広がり、現在その用途は世界的な広がりを見せています。

QR(クイック・レスポンス)という名称からも分かるように、QRコードは高度な読み取り性能を特徴としています。
従来のバーコードと異なり、スキャンの方向に制約がなく、どの角度からでも同じように情報を読めるのが特徴。

また、情報量も最大で7089文字(数字のみの場合)と、数十文字程度しか保存できなかった従来のバーコードを大きく上回ります。
数字や英字以外にも、ひらがな・カタカナ・漢字の格納が行えるほか、制御コードを埋め込むこともできます。

QRコードの3つの特徴

QRコードの様々な機能の中でも、特に押さえておきたい特徴が次の3つです。
どれもQRコードを実際に活用する上で重要なポイントになるので、ここで再確認しておきましょう。

記録できるデータの容量、種類がアップ

QRコードは、そのシンプルな外見からは想像しにくいほど、大容量のデータを保存できる規格です。数字は7089文字、英数字は4296文字、漢字かなは1817文字の格納に対応しています(バージョン40、誤り訂正レベルLの場合)。

この大容量により、英数字で構成されるURLやメールアドレスを余裕を持って記録できるのはもちろん、保存効率の悪い日本語であっても、簡単なレポート程度の文字量なら丸ごと記録できてしまいます。

従来のバーコードでは、商品管理などに利用する際、バーコードから読み取った数字をデバイス側のデータベースと紐付けることで商品情報を参照していましたが、QRコードではコードの内部に商品情報を格納できるため、管理システムをシンプルかつ低コストに運用できるようになっています。

破損や汚れに強い誤り訂正機能

QRコードには、コードの一部分が破損したり汚れていた場合も、情報を正確に読み取る「誤り訂正機能」が搭載されています。

誤り訂正のレベルはL、M、Q、Hと4段階あり、もっとも高いレベルHでは、QRコード全体の30%が欠損した状態でも、本来の情報をすべて復元できます。

誤り訂正レベルは高くなるほどQRコードに格納できる情報量も低下するので、必ずしも高レベルがよいというわけではありませんが、泥が付着したり傷が付いたりが避けられない環境で利用する際には、心強い機能であることは間違いありません。

スマートフォンでのスキャンに対応

業務用として開発されたQRコードが民間に広がった一番の理由は携帯電話・スマートフォンに対応したことです。
初期のQRコードは、書籍や雑誌に掲載された携帯電話用の着信音源(着メロ)をスキャンする用途で普及。

その後スマホの時代になると、LINEのアドレス交換で利用され、現在はPayPayなどのスマホ決済の用途で広く使われています。

現在は、iPhone・Androidの全機種がQRコードのスキャン機能を搭載
パンフレット、ポスター、テレビなどでURLを通知する際はほぼ確実にQRコードが併記されるのも、この圧倒的なデバイスの対応率によるものです。

QRコードに変換できる情報

QRコードといえば、キャッシュレス決済やイベントの入退場管理などでお馴染みですが、一方的にスマホで読み取るばかりが用途ではありません。
必要な情報を記録したQRコードを、利用者自らが生成することもできます。

もともとQRコードはデンソーが開発した技術ですが、権利がオープン化されているため誰でも自由に利用できます。

ウェブにはQRコードを生成する無料のツールがいくつも公開されていて、ボタンひとつで様々な情報をQRコード化することができます。
QRコードに変換できる情報としては、次のようなものが挙げられます。

ウェブサイトのURL

最も普及しているQRコードの利用法で、ウェブサイトのURLをQRコードに変換して、スマホからのアクセスを容易にします。
商品の公式サイト、アプリのダウンロードページのURLを伝達する際に使われることが多く、街頭の看板、ポスター、チラシなど、社会のあらゆる場所で利用されています。

SNSのアカウント

SNSのアカウント登録にもQRコードは利用されています。
特にLINEでは、友だち登録をする際に、QRコードを表示させて相手のスマホから読み取る機能がよく使われています。

それ以外にも、Twitter、Facebook、Instagramなどで、QRコードによるアカウント情報の伝達が可能です。

メールアドレス

メールアドレスもQRコードに変換することができます。
スマホのアドレス帳に登録するだけではなく、宛先、件名、本文が入力された状態のメールをQRコードに変換することが可能です。

そのQRコードを読み取ると、設定しておいた情報が入力されたメールが作成されるので入力の手間が省けます。
顧客のサポートや利用者アンケートをメール経由で行いたい場合などに活用されています。

テキスト

テキスト情報をQRコードに変換する使い方です。
外部から見られたくない情報を記載する場合に使われます。

例えば、コンテナやダンボール箱に封入されている物品のリストをQRコードで外側に貼り付けておけば、一見して中に何が入っているのか分かりませんが、スマホでスキャンすれば内容を確認することができます。

完全な情報の隠蔽にはなりませんが、店頭に置かれた箱の中身をお客さんに見せたくない、といった場合に有用です。

Wi-Fiのログイン情報

QRコードはWi-Fiネットワークへのログイン情報も記録できます。
ユーザーIDとパスワードをQRコードに変換すれば、スマホでスキャンするだけで、ユーザーIDとパスワードが自動入力されて、スマホがWi-Fiに接続されます。

会社のゲストルームや飲食店など、Wi-Fiを無料開放しているところでは、ログインの手間を省けるため便利です。

QRコードの作成方法

ここからはQRコードの作成方法ついて解説していきましょう。
QRコードの生成サービスはネット上にいくつも公開されています。
「お名前.com」でもURLをQRコードに変換するサービスを無料で公開しているので、ぜひ活用してみてください。

TwitterやFacebookなどのSNSでは、アカウントのQRコードへの変換機能を提供しています(スマホアプリのみ)。
QRコードをスキャンすることで、SNSでのフォローが簡単に行えます。画像ファイルで出力されるので、名刺への掲載やメール・メッセンジャーでの転送も可能です。

さらに、複数のURLをまとめてQRコード化したり、QRコードにアクセス解析の機能を追加するといった、高度な変換サービスもあります。
これらのサービスをQRコードの用途に応じて、上手く活用しましょう。

QRコードの5つの販促テクニック

ビジネスシーンでのQRコードの活用法として求められているのは、販売促進のための応用でしょう。

QRコードを販促に利用する手法には、いくつか定石があります。
ここでは5つの定番テクニックを解説していきます。

名刺にQRコードを入れる

近年、営業マンなどの名刺でよく見かける手法です。
サイトのURLやSNSのアカウントは、文字列のまま名刺に記載しても入力が面倒なため、そこから閲覧されることはほとんどありません。

そこで、QRコードに変換した情報を名刺に載せれば、アクセスまでのハードルは大きく下がります。

看板やポスターにQRコードを表示

看板、ポスター、チラシなどにQRコードを表示する方法です。
最近の広告は名称や内容の認知だけではなく、公式サイトやSNSのフォローにまで誘導することが重視されています。

現実の広告からウェブへの導線を考えたときに、両者を結びつけるQRコードは重要な鍵を握ります。
飲食店のチラシからアプリゲームの看板まで、様々な広告で利用されています。

QRコードで読者アンケートを配布

イベントを訪れた人を対象にアンケートを行いたいときは、参加者全員にアンケート用紙を配るのが一般的ですが、人数が多いと紙代・印刷代がかさみます。

そこで、ウェブにアンケートページを作成して、そのURLをQRコード化し、スマホからアンケートに答えてもらう方法があります。

アンケートページはGoogleフォームですぐに作れますし、QRコードはスクリーンに投影したり紙で張り出せば、労力もコストも最小限で済みます。

QRコードでクーポンの配布

飲食店などのビジネスでは、クーポンの発行で集客をはかる戦略が有効です。
オンラインクーポンを利用すれば、最小限のコストで割引を提供できますが、課題はクーポンの周知。

SNSでの拡散に努める店も多いですが、やはり効果的なのはポスターやチラシといったリアル向けの施策でしょう。
その際、ポスターやチラシの紙面にQRコードでオンラインクーポンのURLを記載しておくのが効果的です。

QRコードで動画紹介

動画による商品やサービスの紹介は、販売促進のための強力なツールとなります。
動画をYouTubeに公開したら、動画のQRコードをパンフレットなどにも掲載しましょう。

方法は、YouTubeの動画ページのURLをQRコードに変換して載せるだけ。
YouTubeはウェブサイト以上にアクセスを集めるのが難しいメディアですが、QRコードによる紹介なら多くの関係者に見てもらえるかもしれません。

「お名前.com」でQRコード作成

「お名前.com」では無料でQRコードの生成ツールを提供しています。
「QRコードを作成したいURLを入力」に、URL入力し「QRコードを作成する」をクリックしましょう。
オプションで画像ファイルのサイズや拡張子、カラーを変更することができます。

QRコード作成 | お名前.com

TwitterのアカウントをQRコード化する

Twitterのスマホアプリを開き、プロフィールアイコンをタップすると、右下にQRコードのアイコンが表示されるので、そこをタップするとQRコードが表示されます。

FacebookのアカウントをQRコード化する

Facebookのスマホアプリを開き、検索窓に「qr」と入力して検索すると、検索結果にFacebookのQRコードの機能が表示されるので、タップしましょう。
「スキャナー」と「マイコード」があり、前者はQRコードのスキャン、後者はアカウントのQRコードを表示します。

LINEのアカウントをQRコード化する

LINEのスマホアプリを開き、画面上部の「友だち追加」のアイコンをタップ。「QRコード」をタップするとスキャン画面が表示されます。
中央の「マイQRコード」をタップすると、そのアカウントのQRコードが表示されます。

InstagramのアカウントをQRコード化する

Instagramのスマホアプリを開き、プロフィールページから右上のメニューを開くと「QRコード」の項目があるのでタップ。アカウントのQRコードが表示されます。
画面下のQRコードをスキャン」をタップすると、QRコードのスキャン画面になります。

「QRのススメ」で高度なQRコード作成

「QRのススメ」では、より高度なQRコードの変換機能を提供しています。「おまとめQR」は複数のURLをひとつのQRコードにまとめる機能。
QRコードを読み取ると、複数のURLの選択画面が表示され、どれをブラウザで開くか選ぶことができます。

「メール作成用QRコード」では、メールアドレスや件名、本文まで含めたQRコードの作成が可能です。
「アドレス帳に登録」では、メールアドレスをスマホのアドレス帳に登録するためのQRコードが作れます。名前、電話番号、URL、住所の情報もセットで登録が可能です。

「クルクルマネージャー」でアクセス解析を追加する

「クルクルマネージャー」はQRコードにアクセス解析機能を追加するサービスです。
同サービスにログインしてQRコードを作成すると、そのQRコードを経由した訪問者の情報を、独自のアクセス解析機能で調べることができます。

QRコードをビジネス利用する際の注意点

ビジネス用途でQRコードを利用する際に抑えておきたい注意点を確認します。
QRコードは格納された情報を視認できないため、ユーザーがどんな情報なのかを事前に確認できない怖さがあります。

ビジネスとして顧客のために運用する場合は、下記のトラブルには充分に注意しましょう。

QRコードの偽装や情報漏えいに注意

スマートフォンから読み取れるのはQRコードのメリットですが、逆にいえばスマホさえあれば誰でもデータを取得できます。

QRコードに変換しただけでは、情報の安全性は全く確保されていません
公開できない情報はQRコードとして見える場所に置かないようにしましょう。

また、企業や店舗が公開しているQRコードに、シールなどで上から別のQRコードを貼り付け、顧客に別の情報にアクセスさせるという手口のトラブルも発生しています。

QRコードを使ったフィッシング詐欺の被害も報告されているので、QRコードは部外者が勝手に触ったりできないように、管理には充分注意しましょう。

背景や文字によってはQRコードが読み取り不能に

QRコードは読み取り精度の高い規格ですが、それでも環境によっては正確なスキャンが行えないことがあります。
特に注意したいのが印刷物に配置する場合です。

QRコードの背景に模様があったり、すぐ近くに文字や画像があると、QRコード本体の認識が上手くいきません

特にQRコード内部にある正方形は「切り出しシンボル」と呼ばれ、スキャンの機能上、重要な役割を果たしているのでここが隠れないようにします。
QRコードを作成したら、運用前に正しく読み取れるかを必ず確認するようにしましょう。

まとめ

今回は、QRコードを自分で生成し、活用する方法について解説しました。

QRコードを「読み取り」の用途でしか使ったことのない人も多いと思いますが、QRコードを自分で作成できるようになると、活用の幅が大きく広がります。
特に、飲食店や小売といった広告や宣伝が重要になるビジネスに携わっているなら、QRコードを利用したウェブマーケティングは、成果を大きく左右するポイントになるはずです。

名刺、ポスター、チラシなどで、サイトのURLやSNSのアカウントを掲載する機会があったら、常にQRコードをセットにするのがオススメです。

QRコードをフルに活用して、大事な情報を広く知ってもらうためのノウハウを身につけましょう。

「お名前.com」でQRコードを作成する

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。
独自ドメイン取得後にホームページ作成した方のために、QRコード作成ページ(無料)を用意しています。

名刺用やチラシ・ポスター用にQRコード作成を考えている方は、ぜひこちらをご利用ください。

お名前.comでQRコードを作成

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

プロフィール詳細を確認

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる