初心者はこれだけ覚えよう!WordPress使い方の基本

この記事は約9分で読めます

ブログを始めるならWordPressが一番とよく言われますが、具体的にどこから手を付けていいのか分からないという人も多いはずです。

今回は初心者の方向けに、WordPressでブログを始めるための基本的な知識と手順を解説します。

この記事で分かること

  • WordPressでブログを始めるための手順
  • WordPressの特徴を活かした記事作成方法

WordPressは他のブログとどこが違う?

WordPressは、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の一種で、ブログ形式のウェブサイトを提供するサーバー導入型のソフトウェアです。

WordPressを自分で用意したサーバーにインストールすることで、訪問者にはブログが公開され、運営者は管理画面にアクセスできるようになります。
もっとも、ブログを構築できるCMSはWordPressに限りません。

サーバー導入型ではWordPressのほかにもMovable Type、Drupal、Joomla!、Ghostなどがありますし、ウェブサービス型ではBlogger、Tumblr、note、さらにはLivedoorブログやはてなブログといった数多くのサービスが提供されています。

しかしその中でも、WordPressは圧倒的な人気を誇ります。
そのシェアは、インターネット上に存在する全ウェブサイトの約4割を占めるほどです。

なぜWordPressだけが、これほどまでに人気を集めているのでしょうか。
その理由としては、以下の3点が挙げられます。

SEOの強さ

WordPressの最大の強みは、検索エンジン最適化(SEO)の優秀さにあります。

WordPressで構築されたブログは、カテゴリやタグによる記事の分類に加え、類似記事や関連記事を紹介するプラグインの充実により、記事間に密な連携が発生します。

この内部リンクの充実は検索エンジンの高評価と高順位に繋がりやすく、SEOにおいては無類の強さを実現しています。

テーマやプラグインの種類が多い

利用者数でもダントツ1位を誇るWordPressには、膨大な数のテーマやプラグインが提供されています。

その多様性は驚くべきもので、原型を留めないデザインを可能にするテーマや、ブログの枠を超えた機能を提供するプラグインがあるほどです。

必要なデザインや機能が、探せばほぼ確実に存在するという安心感は、他には代えがたいものがあります。

ウェブに情報量が多い

WordPressはその圧倒的なシェアから、ウェブで得られる情報の豊富さも飛び抜けています。

初心者向けのハウツーはもちろん、様々なエラーに対応するトラブルシューティング、テーマやプラグインのオススメなど、WordPressを知るための情報には事欠きません。

さらには、開発者向けにWordPressの内部構造を解説したマニュアルも公開されており、熱意次第でどこまでも深く掘り下げることが可能です。

こういった理由から、新たにブログを始める場合には、WordPressは間違いなくベストな選択肢です。

これらのメリットをしっかり踏まえておけば、WordPressの活かすべき長所もすぐに理解できることでしょう。

合わせて読みたい

【特徴徹底解説】最新人気ブログサービスおすすめ10選

WordPressをサーバーにインストールする

さっそくWordPressのインストールの方法を解説していきましょう。

WordPress本体はオープンソースで開発されているため無料で入手できますが、問題はそれをインストールするサーバーです。

サーバーは自宅に設置すると大掛かりになるので、通常は遠隔地のデータセンターにあるサーバーを月額料金でレンタルする方式を取ります。

それでも一台丸ごと借りるとなると月の費用は数万円。
加えて、サーバーにWordPressを導入する作業はかなりの難易度となっています。

そこで便利なのが共用サーバーです。
一台のサーバーに複数人が間借りする仕組みで、月額料金は2000円程度にまで抑えられます。

さらに、共用サーバーにはあらかじめWordPressの自動インストール機能が組み込まれているため、ボタンひとつで導入が完了します。

こうした利便性から、個人でWordPressを運用している人のほとんどが共用サーバーを利用しています。

共用サーバーはさまざまな会社が提供していますが、価格や機能の面でおすすめなのが「お名前.com」です。

「お名前.com」の共用サーバーにWordPressを導入する手順については、以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

WordPressの初期設定を行う

WordPressはインストール直後の状態では、未設定の項目がいくつもあるため、記事を書き始める前に初期設定が必要です。

まず重要なのはブログのURLに関わる設定で、これは検索エンジンの評価に影響するため、最初の記事を公開する前に設定すべきです。

それ以外にも、サイトのキャッチフレーズやニックネーム、メタ情報の設定は、初期状態のままにしておくと、未完成のサイトであることがすぐに分かってしまうので、早めに変更しておきたいところ。

詳細は以下の記事で解説しています。
WordPressのインストールが完了したら早めに済ませておきましょう。

合わせて読みたい

【重要度別ガイド】WordPressインストール後の初期設定

WordPressに新規記事を投稿する

インストールと初期設定が完了したら、さっそく記事を書き始めましょう。
WordPressでの記事作成の際に注意したいのはエディターです。

最新のWordPressには、「グーテンベルグ」というエディターが搭載され、ビジュアルエディターとコードエディターという2つのモードに対応しています。

前者はアイコンによる直感的な操作に対応、後者はHTMLを記述することで記事を作成できます。
ただし、グーテンベルグはかなり特殊なインタフェースで、使いにくいと感じる人もいるかもしれません。

その場合は、旧来型のエディターに変更するプラグイン「Classic Editor」を導入しましょう。
記事作成画面が、多くのブログサービスで使われているようなクラシックタイプのインタフェースに変更されます。

また、記事作成の際に忘れてはいけないのが「カテゴリ」「タグ」「アイキャッチ」の設定です。
カテゴリーとタグは、WordPressの優位性のひとつである内部リンクに関わってきます。

作成した記事に適切なカテゴリやタグが指定されることで、検索エンジンの評価が上位のページに効率良く適用されます。記事内容に沿った項目に正しく振り分けましょう。

アイキャッチは記事のクリック率に影響します。
特にSNSでの拡散効果は、アイキャッチ画像の選択次第で天と地ほども違ってくるので、人々の興味を惹くようなインパクトのある画像を選びましょう。

これらの設定は地味に見えますが、実は記事内容と同じくらいの重要なので、本文を書き終えても気を抜かず、しっかりと設定しましょう。

WordPressの管理画面を開き、左のメニューの「投稿」から「新規作成」をクリックします。

グーテンベルグが起動します。初期状態ではビジュアルエディターモードです。
「タイトルを追加」に記事タイトル、「文字を入力、または/でブロックを選択」に本文を入力します。

右上のボタンからメニューを開くと、ビジュアルエディターとコードエディターを切り替えることができます。

コードエディターモードではHTML形式で記事作成が可能です。
「テキストまたはHTMLを入力して開始」にHTML形式で記事を入力しましょう。
右のメニューからカテゴリーやタグ、アイキャッチ画像の設定も行えます。

記事の公開前にプレビューで内容を確認しましょう。
右上の「プレビュー」をクリックすると、「デスクトップ」「タブレット」「モバイル」の3形式でそれぞれ画面のプレビューを表示できます。

記事を公開する際には右上の「公開」をクリック。
表示状態(公開/非公開/パスワード保護)や公開日時を指定することも可能です。

合わせて読みたい

WordPressにお問い合わせフォームを設置する方法

WordPressで記事の公開後に行うべき作業

記事投稿が完了しても作業は終わりではありません。

むしろブログ運営のスタートはここからで、以降の更新をいかに改善していくかの検討を始めなければなりません。
記事配信後に行うべき作業を見ていきましょう。

記事のアクセス解析

記事を配信したら、その記事に対する訪問者の反応をチェックしましょう。
ブログへのアクセス状況を調べられるツール「Googleアナリティクス」を導入すれば、人々がどの記事からブログを訪れ、どのようにブログ内を巡回し、どのページで離脱しているかを調査できます。

また、Google検索での記事の掲載状況を調査する「Googleサーチコンソール」も重要です。
作成した記事がどんなキーワードの検索結果に表示されているのか、またその検索結果の画面でのクリック率などを調べられます。

これらはいずれも無料で利用できますが、初期設定では指定されたコードをブログのヘッダーに設置する必要があります。

合わせて読みたい

【導入手順付】Googleアナリティクスの設定方法と使い方

合わせて読みたい

【図解】Googleサーチコンソール導入・設定手順と使い方

記事のSNSでの拡散

SNSもブログの運営には欠かせないサービスです。
記事を作成したらリンクを各種SNSに投稿し、流入経路を確保しましょう。

SNSの中でも特に影響力が大きいのはTwitterです。
情報の拡散に成功すれば大量のアクセスを得ることが可能で、検索エンジン経由で訪れる主体的に情報を探すユーザーとは違った、受動的に情報を享受する層を取り込めるのが強みといえます。

ただし、記事タイトルとURLを機械的に投稿しているだけでは、ほとんど効果は期待できません。
普段から関連情報をツイートし、有益な情報が発信されているアカウントであることをユーザーに印象付け、フォロワーを増やす努力が必要です。

Twiterと比べると効果は限られますが、InstagramやYouTubeを利用するのも有効です。

合わせて読みたい

【活用法付】アフィリエイトサイト×SNSによる3つの利点

検索エンジン最適化

検索エンジンの最適化は、記事の執筆段階で行う作業(文字量の確保や検索ワードの盛り込みなど)が中心ですが、記事公開後にやるべき作業も重要です。

まずは、外部リンクの確保です。他のサイトからのリンクを多く集めるほど、その記事は検索結果の上位に表示されやすくなります。

複数のサイトを保有している場合は、そこからリンクを張るのが有効でしょう。
可能であれば、知り合いのサイト運営者にお願いしてリンクを張ってもらうやり方もあります。

ただし、内容に関連した記事からのリンクでなければ意味がない点には注意が必要です。
検索エンジンからの流入が見込んだほど発生しなかった過去記事については、記事タイトルや見出しに含まれる検索ワードを変更してみるのも手です。

さらに、本文に新しい情報を書き足したり、新しい画像を追加するなどして、検索エンジンでの上位表示に再チャレンジしてみるといいでしょう。

合わせて読みたい

ブログで検索エンジンの上位表示を狙う方法

まとめ

今回は、WordPressを始めて使う人のために、インストールから記事公開後の作業までを解説しました。

WordPressの使い方自体はそれほど難しくありません
ウェブには関連情報も充実しているので、WordPressでブログを開設し、記事を公開するところまでは、比較的すんなり行けるはずです。

ただし、WordPressで多くの人が集まるブログを作ろうとすると、途端に難易度が上がります。
WordPressの強みを知り、それを活かすブログ運営を行わなければならないためで、検索エンジン最適化、内部リンクの充実、SNSへの細かい対応、高度なプラグインの導入といった、様々なノウハウの習得が必須となります。

WordPressには、簡単にブログを作れるだけに留まらない奥深さがあります。
それを理解し活用に繋げられるかどうかが、ブログの将来的な成否を分ける鍵になるでしょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。
ブログに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

ブログに使うドメインを
今すぐ取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]無料クーポン適用中

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる