ドメインとるならお名前.com

ドメインの登録/移管/更新

これからドメインを取得される方
ドメインを登録する
新ドメインを登録する
プレミアムドメインを登録する
ドメイン探しでお困りの方
他社で取得されたドメインのお引越し
ドメインの管理を移す
ドメインの期限を更新する
ドメインを更新する
お店・ECサイトのドメイン取得
.shopドメイン
登録者情報変更/ドメインの譲渡etc
登録情報変更
.com/.net/.jp550種類以上
ドメインの種類
ドメインの登録/更新/移管料金など
料金一覧

優良中古ドメインのオークション/予約サービス

集客効率向上が見込める中古ドメイン
「検索エンジン評価」や「文字列の分かりやすさ」に優れた
ドメインが見つかります。
.jpドメインオークション
.com/.netドメインオークション
.jpドメインバックオーダー
.com/.netドメインバックオーダー

国内最大級の導入実績!高品質レンタルサーバー

レンタルサーバー 人気NO.1

必要な機能は全て標準装備
独自ドメイン+サーバーが1円で始められる
SSLも無料でコストパフォーマンス抜群!
レンタルサーバー

VPS

Linuxの運用に最適な仮想化環境を用意。
VPS

ホームページ作成

誰でも簡単にホームページが作れる
SD-31プラン

メール配信システム

月790円〜で配信し放題 販売促進やリピーター獲得に!
メールマーケティング

Office 365

ビジネスでも個人でも!常に最新のOfficeが使える
Office 365
電子メールサービスだけを使いたい方に最適
Exchange Online

ネットショップ開業

.shopを使ってネットショップ始めるなら
MakeShop

※ 弊社が独自で調査したホスティングシェアの数字を基にしています

ドメインオプション

ドメイン登録者宛のメール転送も可能に
Whois情報公開代行
管理画面内での操作制限を可能に
ドメインプロテクション
メールアドレスを作成
お名前メール
お持ちのドメインを売るなら
ドメイン売買サービス
ドメインでお小遣い稼ぎ
ドメインパーキング
メール/URL転送
お名前.com転送Plus
10万枚以上の電子証明書発行実績
SSLサーバー証明書
レンタルDNS/セカンダリDNS
DNS管理サービス

ブロードバンド接続オプション

光・ADSL高速インターネット
ブロードバンド接続
高速モバイル定額接続サービス
高速モバイル
サーバー構築・VPN・WEBカメラなどに
固定IP接続サービス
接続サービス料金/お支払い方法
接続サービス料金一覧

ドメイン販売パートナー

自由にカスタマイズして提供可能
アドバンスト(本格運営型)
管理件数が多いパートナー様向け
ベーシック(管理代行型)

上記パートナープログラム比較紹介

ドメインプロテクトパートナー

各国のドメインを自社名義でお持ちの法人向け
プロテクト(自社管理型)

アフィリエイト

バナー広告などの掲載でお手軽に始められます
アフィリエイト(成果報酬型)

ドメインに関するご不明点を解消します

よくある質問とその回答
よくある質問
ドメイン設定のご案内
ドメインNaviご利用ガイド
サーバー設定のご案内
設定ガイド一覧
共用サーバー 初めての設定ガイド
共用サーバーSD活用ガイド
Weebly活用ガイド
メンテナンスと障害情報のお知らせ
メンテナンス・障害情報

ドメイン設定

DNS関連機能の設定:セカンダリDNS(Master)

 DNS関連機能の設定:セカンダリDNS(Master)

弊社レンタルDNSの設定情報をMasterとして、セカンダリを別の業者のネームサーバーにゾーン転送することにより
最大5つまでの拠点へ負荷を分散させることが可能になります。

また、IPのなりすまし対策としてTSIG(Transaction Signature)を設定し署名を行うことで、セキュリティ対策も可能になります。

 

 

 1.こちらからログインを行います。

Image

 

2.画面上部のメニューより『ドメイン』をクリックします。

Image
※表示される画面が異なる場合はこちらをクリック

  

※ログイン後、ドメインの更新画面が表示される場合は画面上部のメニューより『ドメイン』をクリックし、
更新画面から移動をしてください。

 

1.「ドメイン」タブをクリックする
2.ポップアップがでてきます。「更新画面から移動する」をクリックしてください。

Image

 

3.画面上部のメニューより『ドメイン機能一覧』をクリックします。

Image

 

4.ドメイン設定の各種メニューが表示されます。ネームサーバー設定の設定項目内の『DNS関連機能の設定』をクリックします。

 Image

 

5.DNS追加オプションが【設定済み】であることを確認のうえ、対象のドメイン名にチェックをして『次へ進む』をクリックします。DNS追加オプションが未設定の場合は、先にDNS追加オプションの申し込みが必要です。

 

6.「セカンダリDNS(Master)を利用する」の『設定する』をクリックします。
※事前にDNS追加オプションのお申し込みが完了している必要がございます。
 

7.DNSレコード情報の入力画面が表示されますので、必要項目をご入力ください。

 

8.確認画面が表示されますので、入力内容に誤りがないかをご確認いただき『設定する』をクリックしてください。

 

 


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

○旧管理画面が表示されている場合 

DNS関連機能の設定:セカンダリDNS(Master)

当社レンタルDNSの設定情報をMasterとして、セカンダリを別の業者のネームサーバーにゾーン転送することで、最大5つまでの拠点で負荷分散することが可能になります。

また、IPのなりすまし対策としてTSIG(Transaction Signature)を設定し署名を行うことで、セキュリティ対策も可能です。

 

1.『ドメイン設定』メニューから『DNS関連機能の設定』をクリックします。

Image

 

   ※ログイン後ドメインの更新画面が表示される場合は画面上部のメニューより一旦『ドメイン設定』を
    クリックし更新画面から移動をしてください。その上で希望のお手続きを行ってください。
    ブラウザによりポップアップの文言が異なる場合がございます。

<参考>

■Chromeの場合

1.「ドメイン設定」タブをクリックする

2.ポップアップがでてきます。「このページを離れる」をクリックしてください。

■Internet Explorerの場合

1.「ドメイン設定」タブをクリックする

2.ポップアップがでてきます。「このページから移動」をクリックしてください。

 

 

 

2.DNS追加オプションが【設定済み】であることを確認のうえ、対象のドメイン名にチェックをして『次へ進む』をクリックします。DNS追加オプションが未設定の場合は、先にDNS追加オプションの申し込みが必要です。

 

 3.「セカンダリDNS(Master)を利用する」の『設定する』をクリックします。
※事前にDNS追加オプションのお申し込みが完了している必要がございます。
 

4.DNSレコード情報の入力画面が表示されますので、必要項目をご入力ください。

 

5.確認画面が表示されますので、入力内容に誤りがないかをご確認いただき『設定する』をクリックしてください。

 


 

ドメイン取るならお名前.com

ページトップへ