あなたのホームページが「安全ではない」ページに?急いでSSLの設定を!※

※2018年7月までにSSLを設定することをおすすめします。

まずはこちらを知っておきましょう

SSLとは
SSLとは、インターネット上で情報を暗号化し送受信できる技術のことです。
現在、個人情報を狙うネット犯罪は後を絶ちません。
SSLを設定することで、悪意のある第三者によるネット犯罪を防ぐことができます。

なぜSSLの設定を急ぐ必要があるのでしょうか?

今後「Google Chrome」でSSLが設定されていないページは
「保護されていません」と表示される様になります

2018年の2月にGoogleは以下を発表しました。

2018年7月にリリースするブラウザ「Google Chrome」のバージョンアップ「Chrome68」で、SSLが設定されていない全てのHTTPページは、通信が安全ではないことを通知する「保護されていません」のラベルが表示されるようになります。

[参考] https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/02/a-secure-web-is-here-to-stay.html

こちらを簡単に説明すると、

2018年7月のバージョンアップにより
Google Chromeでは、SSLを設定していない全てのページが
「保護されていません(=安全ではないページ)」と表示される様になる。

ということになります。
具体的にはSSLの設定あり、なしで以下の様になる予定です。

sslイメージ

現在、世界中でインターネットのセキュリティを促進する取り組みがなされており、この変更はその取り組みのひとつと言えるでしょう。

Google Chromeの日本国内の利用シェアはトップであり、
無視できません

では、Google Chromeを日本国内で利用している人はどれぐらいいるのでしょうか?

2018年4月現在、
Google Chromeの日本国内のシェアは約46%
となっています(※statcounter.com調べ)。

日本の約半分の人がGoogle Chromeを利用していることになります。
つまり、
SSLを設定していないページは、約半分の人に「安全ではない」ページと見えてしまうのです。

ホームページの訪問者に不安を与えない様、
すぐにSSLを設定しましょう!

今すぐできる!お名前.com 共用サーバーSDでSSLを設定する方法

標準搭載されているSSL「Let's Encrypt」を設定しましょう

お名前.comの共用サーバーSDには無料のSSL「Let's Encrypt」が標準搭載されています。
共用サーバーSDをご契約中の方なら、どなたでもご利用いただけます。
コントロールパネルから簡単に設定できますので、今すぐ設定しましょう。

※ご利用には独自ドメインが必要となり、指定ネームサーバーを設定している必要があります。

Let's Encryptとは

「Let's Encrypt」は、アメリカ合衆国の非営利団体、ISRGが発行する無料SSLサーバー証明書です。
独自ドメインがあれば、誰でも無料で使うことができます。

ISRGは、インターネット上で安全な通信を行う障壁を減らすことをミッションとしており、firefoxの開発で有名なモジラ財団(Mozilla Foundation)や、Cisco Systemsなど、海外の財団・企業を中心とした支援により運営されています。

サイトシールは設定できませんが、最大256bitの強固な暗号化通信を行います。

その他、有料オプションのSSLもご利用いただけます

お名前.comの共用サーバーSDでは、有料オプションとしていくつかSSLをご用意しております。
IPアドレスベースのSSLをご希望される場合など、目的に合わせて選べますのでぜひご確認ください。

有料オプションのSSLはレンタルサーバー契約管理ツール「お名前.com Navi」よりお申込みいただけます。