おすすめの即日ファクタリング5選|選ぶ際のポイントも解説

Check!

  • 即日ファクタリングは、支払期限が迫っている時や資金調達を急いでいる時に便利
  • 即日入金が必要な時は、2者間ファクタリングかつ債権譲渡登記が不要なサービスを選ぶ
  • 即日入金が必要な時は午前中に申し込みをし、信用力の高い売掛先の債権を利用する

ファクタリングには、即日入金に対応している業者もあります。即日入金可能なファクタリングは、支払期限が迫っている時や資金調達を急いでいる時に便利です。この記事では、おすすめの即日ファクタリングや選ぶ際のポイント、利用時の注意点などを解説します。

目次

開く

閉じる

  1. 資金調達を急ぐなら即日ファクタリングを利用しよう
  2. 即日ファクタリングのメリット
  3. 即日ファクタリングを選ぶ際のポイント
  4. 即日ファクタリングを利用する際の注意点
  5. おすすめの即日ファクタリング5選
  6. その他のファクタリングの選び方
  7. まとめ
この記事に掲載されているサービス

資金調達を急ぐなら即日ファクタリングを利用しよう

ファクタリングとは、企業の持つ売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで資金調達を行う手法であり、日本では比較的新しい仕組みです。利用時には、各種書類を提出して審査を受ける必要があり、審査申請から資金調達までには一般的に2~20日程度かかります

しかし、中には審査申請から24時間以内に即時入金してくれるファクタリング会社もあります。手数料は高額になる場合が多いですが、緊急の資金調達には大変便利に利用できます。

ファクタリングの審査は、金融機関の融資ほど厳しくないうえに、担保や連帯証人がいらないのが特徴で、比較的気軽な資金調達方法です。また、債権譲渡後に売掛金が回収不能になっても譲渡側の責任が問われず、調達直後から安心した資金運用が可能になります。

本記事では、即日ファクタリングを選ぶ際のポイントや利用時の注意点などについて解説するとともに、おすすめの即日ファクタリングも紹介します。

ファクタリングとは|意味やメリットデメリットをわかりやすく解説

ファクタリングは「債権買取り」のことで、経済産業省が中小企業に向けて推奨している資金調達方法です。スピーディーに資金調達できる点が魅力です。本記事では、ファクタリングの仕組みや種類、メリット・デメリットの他、ファクタリングが役立つシーンなどについて解説します。

即日ファクタリングのメリット

即日ファクタリングでは、午前中に審査申請すると、午後にはファクタリング会社から振り込まれる場合も多いです。そのため、支払期限が迫っている場合や資金調達を急いでいる際には、非常に便利に利用できます

調達できる資金は、売掛債権の金額から手数料を差し引いた額で、振り込まれた直後から支払い等に利用しても問題ありません。これは、売掛債権譲渡後に売掛先の倒産などで売掛金の回収が不可能になった場合でも、ファクタリング会社に償還請求権がないためです。

また、ファクタリングを利用する企業にとっては、売掛金が回収不能になるリスクの回避にもつながります

即日ファクタリングを選ぶ際のポイント

ファクタリングで審査申込日当日に資金調達を行い、できる限り費用を抑えるためには、以下の4点のポイントを押さえて選ぶのがおすすめです。ここでは、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

2者間ファクタリングを選ぶ

売掛債権を譲渡して資金調達を行うファクタリングには、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの2種類の取引形態があります。即日ファクタリングを希望する場合は、2者間ファクタリングを選びましょう

2者間ファクタリングとは、取引に利用者とファクタリング会社の2者が関わる取引で、掛売先にファクタリングの事実を知らせずに取引を行えます。2者間の調整だけで済むため、資金提供までスムーズに進みますが、手数料は掛売金額の10~20%と高めの設定です。

それに対して3者間ファクタリングは、利用者・ファクタリング会社に掛売先を加えた取引のため、売掛先に債権譲渡通知を送付し、承認を受ける手順が加わります。そのため、資金提供までに1~2週間かかりますが、手数料は掛売金額の1~10%と低めの設定です。

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの違い|共通点も解説

ファクタリングには、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの2種類の取引形態があります。それぞれの特徴を理解し、自社に適した方を選びましょう。この記事では、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの違いや、共通するメリット・デメリットなどを解説します。

債権譲渡登記は不要か

法人の2者間ファクタリングでは、債権譲渡登記を求められる場合があります。債権譲渡登記には時間と費用がかかり、即日の資金提供が難しくなるとともに、手数料以外に登録免許税がかかります。したがって、債権譲渡登記不要のファクタリングがおすすめです。

ファクタリングで行われる債権譲渡登記とは、売掛債権を誰が・誰に・いつ譲渡したかを証明するものです。ファクタリング会社にとって、該当の売掛債権が二重譲渡されていないことが分かるというメリットがあります。

債権譲渡登記には、1件あたり7,500円の登録免許税がかかります。しかし、債権譲渡登記には専門知識が必要で、司法書士などに依頼すると数万~10万円程度かかり、その費用は利用者が負担するのが一般的です。また、債権譲渡登記できるのは法人のみです。

必要書類は少ないか

ファクタリングの利用には、売掛債権が回収可能かどうかを審査するために、書類の提出が求められます。必須書類には、請求書や通帳コピー、身分証明書などが挙げられ、それ以外にも印鑑証明書・確定申告書・納税証明書などの提出を求められる場合もあります。

提出書類を揃えるには手間と時間がかかり、中には発行に手数料がかかるものもあります。資金調達をできるだけ費用を抑えて早急にしたい場合には、必要書類の少ない即日ファクタリングを選ぶようにしましょう

オンラインで申込できるサービスがおすすめ

ファクタリングの中には、すべての取引をオンライン上で完結できるサービスを提供するファクタリング会社もあります。オンラインで取引ができれば、取引のために窓口などに足を運ぶ労力と時間が削減され、審査から入金まで短時間で完了できます。

また、手間と交通費がかからないため、手数料が安く抑えられている場合も多いです。書類はデータ化して、Webやメール添付で提出します。ただし、契約までオンラインで行える業者と一部だけオンラインでできる業者があるため注意が必要です。

即日ファクタリングを利用する際の注意点

即日ファクタリングを利用したにも関わらず、入金が翌日になったというケースはよくあります。そのようなことを防ぐために、以下の3点に注意して利用しましょう。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

午前中に申し込む

即日入金が可能なファクタリング会社でも、営業終了間近に申し込みを行うと、当日の入金は入金は難しいです。申し込んだ当日に資金調達をしたい場合には、少なくとも午前中に申し込む必要があります

即日入金を行えるファクタリング会社であっても、いつまでに申し込めば即日入金が可能なのかを確認しておくことが大切です。

審査なしのファクタリングは利用しない

ファクタリングを行う場合、掛売債権の回収が可能であるかの審査を受ける必要があります。しかし、中には審査なし・提出書類なしを謳う業者もありますが、そのような業者の利用は避けるべきです

これは、審査なしの業者は、ファクタリングを騙った貸金業者や闇金業者である可能性が高いためです。また、審査がある場合であっても、申し込む前に以下のことを確認しましょう。

  1. 償還請求権が付いていないか
  2. 手数料が相場と比べて著しく高くないか(貸金業の場合は手数料ではなく利息となる)
  3. 担保や保証人を求められないか

信用力の高い債権を利用する

ファクタリングを行う場合は、利用者よりも売掛先の信用力の高さが評価されます。したがって、信用力の高い売掛先の債権は審査も通りやすく、即日入金される可能性が高いです

提出書類が少ないファクタリングでも、売掛先との取引が記録された通帳のコピーの提出は必須です。通帳記録に売掛先との取引が何度もあり、期日を守った売掛金支払いが行われていると審査が通りやすくなります

また、倒産リスクが高い個人事業主やフリーランスの売掛債権は、審査が厳しくなり審査に時間がかかるだけでなく、契約に至らない場合も多いです。中には、初めから個人事業主やフリーランスの売掛債権を買取しない業者もあります。

おすすめの即日ファクタリング5選

株式会社ラボル

ラボル

最短60分1万円から調達可能!少額でも調達したい個人事業主・フリーランス向け

今すぐチェック 公式サイトで申し込む

GOOD
ここがおすすめ!

  • 24時間365日振込に対応しており、入金まで最短60分とスピーディー!
  • 面談不要かつwebで完結できるため、手軽に申込みできる
  • 買取対象が幅広く、独立直後や新規取引にも対応

MORE
ここが少し気になる…

  • 一万円から調達可能だが、手数料が一律10%

Dual Life Partners株式会社

PAYTODAY

AI審査で手数料を抑えて素早く調達!資金調達を急ぎたい方におすすめ

今すぐチェック 公式サイトで申し込む

GOOD
ここがおすすめ!

  • 手数料が1~9.5%と場合によってはかなりコストを抑えられる
  • 「AI審査」の導入により、審査の完了・振込まで最短で30分とスピーディー
  • 最⼤90⽇後の請求書買取に対応

MORE
ここが少し気になる…

  • フリーランスや中小・スタートアップ向きのため、大企業には不向き

株式会社アクセルファクター

アクセルファクター

個人事業主対応◎リーズナブルな手数料を求める方におすすめ

今すぐチェック 公式サイトで申し込む

GOOD
ここがおすすめ!

  • 業界初の「早期申込割引」を採用し、入金希望日により割引が受けられる
  • 売掛債権額によって手数料が細かく設定されている
  • 「工事未完」で請求書発行が出来ない場合でも相談が可能

MORE
ここが少し気になる…

  • 売掛債権の下限金額が「30万円」に設定されている

GoodPlus株式会社

GoodPlus ファクタリングサービス

土日祝も営業!審査率が高くオンラインで完結させたい方におすすめ

今すぐチェック 公式サイトで申し込む

GOOD
ここがおすすめ!

  • 完全オンライン手続きでらくらく申込みかつ、最短90分で資金化できる
  • 手数料は5~15%と使いやすい幅で設定
  • 土日の取り扱いや、資金繰りの専門家による個別対応も可能

MORE
ここが少し気になる…

  • 社会保険料の滞納は分納中であれば可能な場合がある

株式会社ウェブブランディング

ファクタリングベスト

優良4社に見積り!条件のよさ重視で資金調達したい方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 審査通過率9割超えかつ優良な4社に見積りをするため、好条件で調達できる
  • 土日にも対応しており、見積りから最速3時間で入金してもらえる

MORE
ここが少し気になる…

  • 見積りサービスのため必ず資金調達ができるわけではなく、個人事業主は対応不可

その他のファクタリングの選び方

即日ファクタリングにかかわらずファクタリング会社を選ぶ際には、以下のようなポイントにも注目することがおすすめです。

【重要なポイント】

  1. 手数料は適正か・上限は明確か

【その他の比較ポイント】

  1. 買取額の上限はいくらか
  2. 償還請求権はないか
  3. 実績・担当者の応対もチェック

まとめ

ファクタリングは、自社が持つ売掛債権を譲渡して資金調達を行う方法であり、近年日本でも広まってきています。中には、申し込み当日の資金調達に対応している業者もあり、支払い期限が迫っている場合や資金調達を急いでいる場合などに利用すると大変便利です。

即日入金が可能なファクタリングは、2者間ファクタリングであることが必須です。より確実な即日入金の実現には、債権譲渡登記が不要なサービスを選び、午前中に申し込みましょう。また、信用力の高い売掛債権の利用も即日ファクタリングの条件です。

Share

top