個人事業主におすすめのファクタリング3選|選ぶ際のポイントも解説

Check!

  • ファクタリングは保証人や担保が不要で、個人事業主でも資金調達に利用しやすい
  • 個人事業主でも利用は可能だが、売掛先は法人でなければならないケースが多い
  • 個人事業主には、2者間ファクタリングで簡単に手続きできるものがおすすめ

ファクタリングには、個人事業主が利用できる業者もあります。ファクタリングは保証人や担保が不要で、個人事業主でも資金調達が容易です。この記事では、個人事業主におすすめのファクタリングや選ぶ際のポイント、利用時の注意点などを解説します。

目次

開く

閉じる

  1. ファクタリングで個人事業主の資金繰りを改善
  2. 個人事業主がファクタリングを利用するメリット
  3. 個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点
  4. 個人事業主がファクタリングを選ぶ際のポイント
  5. 個人事業主・フリーランスにおすすめのファクタリング3選
  6. その他のファクタリングの選び方
  7. まとめ
この記事に掲載されているサービス

ファクタリングで個人事業主の資金繰りを改善

ファクタリングは、企業が未収金の売掛金を金融機関やファクタリング会社に売却し、即座に現金化する手法です。これにより、企業は即金を手に入れることができ、資金繰りや事業拡大に役立てることができます。

ファクタリングは、個人事業主も利用可能であり、ニーズに合わせたファクタリングサービスを提供する業者が多数存在します。利用する際には、手数料や手続きの簡単さ、顧客サポートの質などを検討することが重要です。

ファクタリングとは|意味やメリットデメリットをわかりやすく解説

ファクタリングは「債権買取り」のことで、経済産業省が中小企業に向けて推奨している資金調達方法です。スピーディーに資金調達できる点が魅力です。本記事では、ファクタリングの仕組みや種類、メリット・デメリットの他、ファクタリングが役立つシーンなどについて解説します。

個人事業主がファクタリングを利用するメリット

個人事業主がファクタリングを利用する際のメリットは、融資と比べて保証人や担保が必要ない点です。銀行や金融機関は通常、借り手に対して保証人や担保を要求しますが、ファクタリングでは売掛金そのものが担保となります。

これにより、個人事業主が保証人を見つける必要がなく、また財産を担保にすることなく資金を調達できるため、資金調達が容易になります。そのため、個人事業主がビジネスを発展させるために資金を必要とする際には、ファクタリングが有益な資金調達手段となります。

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点

個人事業主がファクタリングを検討する際には、いくつかの重要な注意点があります。ファクタリングは迅速な資金調達手段ではありますが、過度に頻繁に利用すると事業の財務状況に影響を与える可能性があります。

したがって、ファクタリングを慎重に検討し、事業の成長戦略と整合させることが肝要です。ここでは、個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点について解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点

  1. 売掛先は法人のみのケースが多い
  2. 債権譲渡登記が必要な契約はできない

売掛先は法人のみのケースが多い

個人事業主がファクタリングを利用する際の重要な注意点の一つは、売掛先が法人であることが求められます。多くのファクタリング業者は、売掛金を譲渡する際に法人との取引に限定しています。

これは、法人が支払いを遅延するリスクが低く、取引が安定していると見なされるためです。ファクタリングを利用する際は事前にこの点を確認し、適切な取引先を選択する必要があります。

債権譲渡登記が必要な契約はできない

債権譲渡登記は、売掛金の譲渡を公的に証明する手続きです。譲渡人が売掛金の権利を他者に譲渡する際に行われ、その譲渡先を公に登録します。しかし、債権譲渡登記は譲渡人が法人である必要があり、個人事業主はこの手続きを行うことができません

したがって、個人事業主は債権譲渡登記が必要なファクタリングを利用することはできません。ファクタリングを検討する際にはこの点に留意し、個人事業主に適した業者を選択しましょう。

個人事業主がファクタリングを選ぶ際のポイント

個人事業主がファクタリング業者を選ぶ際には、いくつかのポイントが重要です。ここでは、4つのポイントについて解説します。これらのポイントに考慮し、自社のニーズに合ったファクタリング業者を選択しましょう。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

個人事業主の利用を受け付けているか

個人事業主がファクタリングを選ぶ際は、個人事業主の利用を受け付けているかどうかを確認しておきましょう。一部のファクタリング業者は法人のみを対象としているため、個人事業主は利用できない場合があります。

したがって、自身の事業形態に合った業者を選ぶために、利用条件を事前に確認することが重要です。これにより、無駄な手続きや時間を避け、効率的な資金調達を実現できます。

2者間ファクタリングができるか

個人事業主がファクタリングを選ぶ際の重要なポイントの一つは、2者間ファクタリングができるかどうかです。ファクタリングの取引形態には、2者間と3者間の2つがあります。

2者間ファクタリングは、売掛金の売却を売掛先に知られずに行えるため、プライバシーが確保されます。特に売掛先との取引が継続的であり、取引関係を損ないたくない場合におすすめです。

一方で3者間ファクタリングでは、ファクタリング会社が売掛金の回収を売掛先と直接行うため、売掛先にファクタリングの利用が知られる可能性が高くなります。したがって、個人事業主が取引のプライバシーを重視する場合は、2者間ファクタリングを選択しましょう。

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの違い|共通点も解説

ファクタリングには、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの2種類の取引形態があります。それぞれの特徴を理解し、自社に適した方を選びましょう。この記事では、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの違いや、共通するメリット・デメリットなどを解説します。

買取金額の下限をチェック

個人事業主の売掛金の金額は法人よりも小さい場合が多いため、ファクタリングを選ぶ際は、買取金額の下限を確認しておくことも重要です。一部の業者は買取金額に下限を設けており、その下限未満の売掛金をファクタリングできない場合があります。

そのため、自身の売掛金の金額と業者の買取金額の下限を比較し、マッチする業者を選ぶことが必要です。一方で、下限・上限を設けていない業者も存在します。

これらの業者は、個々の事業主のニーズに柔軟に対応することが可能であり、特に売掛金の金額が小さい個人事業主にとって有益です。したがって、自身の事業の状況に応じて、買取金額の下限を確認し、適切なファクタリング業者を選択することが重要です

簡単に手続きできるか

個人事業主がファクタリングを選ぶ際は、簡単な手続きであるかも確認しておきましょう。多忙で財務担当者が不在な個人事業主にとって、手続きが煩雑だと時間や労力を割かなければなりません。

そのため、必要書類が少なく、オンライン上で完結する手続きが望ましいです。これにより、事務的な負担を軽減し、本業に集中することができます。また、迅速な審査や承認プロセスも重要です。

そのため、個人事業主がファクタリング業者を選択する際には、手続きの簡単さやスピードを重視して、自身のスケジュールやニーズに合ったサービスを選択しましょう。

個人事業主・フリーランスにおすすめのファクタリング3選

株式会社ラボル

ラボル

最短60分1万円から可能!少額でも調達したい方におすすめ

今すぐチェック 公式サイトで申し込む

GOOD
ここがおすすめ!

  • 24時間365日振込に対応しており、入金まで最短60分とスピーディー!
  • 面談不要かつwebで完結できるため、手軽に申込みできる
  • 買取対象が幅広く、独立直後や新規取引にも対応

MORE
ここが少し気になる…

  • 一万円から調達可能だが、手数料が一律10%

Dual Life Partners株式会社

PAYTODAY

AI搭載!手数料を抑えて素早く調達したい方におすすめ

今すぐチェック 公式サイトで申し込む

GOOD
ここがおすすめ!

  • 手数料が1~9.5%と場合によってはかなりコストを抑えられる
  • 「AI審査」の導入により、審査の完了・振込まで最短で30分とスピーディー
  • 書類はwebで簡単に提出できる

MORE
ここが少し気になる…

  • フリーランスや中小・スタートアップ向きのため、大企業には不向き

株式会社アクセルファクター

アクセルファクター

個人事業主対応◎リーズナブルな手数料を求める方におすすめ

今すぐチェック 公式サイトで申し込む

GOOD
ここがおすすめ!

  • 業界初の「早期申込割引」を採用し、入金希望日により割引が受けられる
  • 売掛債権額によって手数料が細かく設定されている
  • 「工事未完」で請求書発行が出来ない場合でも相談が可能

MORE
ここが少し気になる…

  • 売掛債権の下限金額が「30万円」に設定されている

その他のファクタリングの選び方

ファクタリングを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントに注目することがおすすめです。まず、手数料が適正かどうかを確認することが重要です。高額な手数料は事業に負担をかける恐れがあります。

また、上限が明確に設定されているかも確認することがポイントです。契約上の上限が明確であれば、予期せぬ支出を避けることができます。さらに、入金までのスピードも確認しておきましょう。

【重要なポイント2つ】

  1. 手数料は適正か・上限は明確か
  2. 入金までのスピードはどのくらいか

【その他の比較ポイント】

  1. 手続き方法を確認
  2. 償還請求権はないか
  3. 実績・担当者の応対もチェック

まとめ

ファクタリングは、個人事業主が未収金の売掛金を業者に売却し、現金を即座に受け取る手法です。これにより、資金繰りを改善して、事業運営に柔軟性をもたらします。

ファクタリング業者を選ぶ際のポイントとして、業者が個人事業主の利用を受け付けているか、2者間ファクタリングが可能か、買取金額の下限をチェックすることが重要です。さらに、手続きが簡単であるかどうかも確認しておきましょう。

これらを考慮して、適切な業者を選ぶことで、個人事業主の資金繰りを効果的にサポートできます。

Share

top