国内シェアNo.1ドメイン登録サービスの担当者が、稼げるノウハウを徹底解説!

この記事の目次

おすすめASPと選び方

おすすめASPと選び方

こんにちは、お名前.comのアフィリエイト担当です。

アフィリエイトを始めるにあたって避けて通れないのがASP。ECサイトとメディアの間を繋ぎ、広告の成果がメディアに還元される仕組みを提供するサービスです。

ASPには数多くの事業者がある上に、それぞれ特徴が違うため、アフィリエイトを始めたばかりの人は、どうやって活用すればいいのか、イマイチわかりにくいかと思います。

今回は、ASPを賢く利用する方法を解説していきましょう。

この記事で分かること

  • ASPの種類
  • 稼げる商材を見つけるコツ
  • ASPと協力してより稼ぎやすくするための方法

記事の目次

    ASPにはどんなものがある?

    虫眼鏡ではてなを覗く

    まずはアフィリエイトの種別についておさらいしましょう。アフィリエイトは大別すると、モール型とASP型に分けられます。

    モール型としては、AmazonのAmazonアフィリエイトと、楽天市場の楽天アフィリエイトが有名です。モールで販売されている商品がそのままアフィリエイトの対象となるのが特徴で、全体的に利率は低めに抑えられているものの、多くの人が使い慣れているサービスなので、気軽に買ってもらえるというメリットがあります。

    もうひとつのASP型は、さまざまな事業者が展開しているネットショップの商品を、アフィリエイトで紹介できるサービス。モール型では扱っていないような高額な案件も多数あり、利率においても好条件です。ただし、決済はそれぞれのネットショップに移動してから行うため、購入までのハードルはより高くなります。

    さらにASPの中にも総合型と特化型の区分があります。総合型のASPは多彩な商品を扱い、案件数も非常に多いのが特徴です。それに対して特化型は、いくつかの分野に絞ったアフィリエイト案件を取り扱っていて、その分、案件は粒揃いです。もうひとつ、オープン型とクローズド型の違いもあります。オープン型は誰でも参加できる開かれたASPですが、クローズド型はサイトの規模や内容、販売実績などで一定の条件を満たさなければ入会ができません。中にはスカウトされるのを待つしかないというところもありますが、その分、担当者のサポートは手厚く、利率も非常に高く設定されています。

    難易度別ASPの選び方

    迷っている女性

    アフィリエイトを初めて利用する人におすすめなのは、モール型のAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトです。どちらも日本を代表するショッピングサイトが提供するアフィリエイトだけあって、品揃えの点では圧倒的。また、一般に広く普及しているサービスのため、既にアカウントを持っている人の数が多く、関心を持った訪問者が購入に踏み切りやすいのもポイントです。

    ただし、アフィリエイトの利率は低めで、特に紹介しやすい日用品やエンタメ系商品の多くは5%以下。まとまった額の収益を稼ぐには、大量の商品を売らなければなりません。

    モール型ショッピングサイトのアフィリエイトの利率

    8% 食品、お酒、ファッション、ジュエリー、シューズ、バッグなど
    5% ドラッグストア、ビューティー用品、コスメ、ペット用品など
    4% DIY用品、ベビー・マタニティ用品、スポーツ&アウトドア用品など
    3% 本、オフィス用品、ホビー、キッチン用品、生活雑貨など
    2% ブルーレイ、ゲームソフト、カメラ、PCなど

    より好条件のアフィリエイトを求める中級者には、A8.netやバリューコマースがおすすめです。ASP型・総合型のサービスで、モール型よりも高利率な商品のラインナップが魅力。クレジットカードや保険、金融系のサービスが多数揃っているので、高額商品で大きく稼ぎたいという人には最適です。

    ただし、モール型と比べると購買までのハードルは高くなるため、アフィリエイトサイトとしての実力が問われます。より上級者向けのアフィリエイトとしては、Rentracksやfelmatがあります。これらはいずれもクローズドASPで、販売実績のないアフィリエイトサイトは参加できません。その代わり、入会者にはもれなく担当者が付いてサイト運営をサポートしてくれるほか、通常のASPよりも高利率な案件を数多く取り扱っています。これらのサイトは自分から売り込んでも門前払いになる可能性が高いので、まずはA8.netなどの総合型ASPで実績を積んで、スカウトの網にかかるのを待つのがいいでしょう。

    代表的なASP

    モール型ASP

    • Amazonアソシエイト

    非常に有名なアフィリエイトの代名詞ともいえるサービスです。ECサイトでシェアNo.1を誇るAmazonだけあって、書籍から家電、衣服から食品まであらゆる商品を取り扱っています。レビューやレコメンド機能も充実。紹介した商品だけでなく、サイト移動後に購入された商品もアフィリエイトの対象になるシステムです。ただし、登録時には審査があります。

    • 楽天アフィリエイト

    国内第2位のショッピングサイトである楽天市場が提供するサービスです。取り扱い商品の豊富さはAmazonに引けをとりません。紹介した商品だけでなく、合わせて購入した商品もアフィリエイトの対象になります。収益は銀行振込のほか、楽天スーパーポイントや楽天キャッシュで受け取ることも可能。Amazonと違って審査なしで利用を始められます。

    総合型ASP

    • A8.net

    ASPとしては最大手となる事業者です。ジャンルをくまなく網羅し、取り扱う案件の数も最大級。登録時の審査がないため、加入の間口が広いのも魅力です。総合性が強みのASPで、これといった得意分野はありませんが、業界標準的なサービスなので、とりあえず登録しておくことをおすすめします。

    • バリューコマース

    国内では最古参のASPです。ヤフー傘下の事業者で、国内第3位のECサイト、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトを扱える唯一のサービスです。実績に応じてブロンズ、シルバー、ゴールドと利用者のランクが上昇し、それに応じて特典が得られるシステムです。

    • もしもアフィリエイト

    成果に応じた独自オプションが魅力的なASPです。「W報酬制度」では、アフィリエイトの本来の利率に10%のボーナスを加算。また、案件によっては、一定以上の成果を達成すると「プレミアム報酬」が上乗せされます。案件の総数は少ないものの、良質なものが多数掲載しています。

    • afb

    afb(アフィb)はエステやボディケアなどの案件を得意とするASP。女性向けブログで強さを発揮します。ほかのASPでは取り扱っていないafbだけの案件もあります。担当者によるサポートが充実しているのも特徴。健康系のコンテンツは誇大広告の規制に抵触する恐れがあるため、記載内容には細心の注意が必要ですが、afbではランディングページに薬機法・健康増進法に違反する表現がないかチェックする機能(まもるくん)を提供しているため、法的なトラブルを未然に防ぐことができます。

    • ACCESSTRADE(アクセストレード)

    FXや証券など広告報酬が高めの金融系ジャンルからふるさと納税・宅配クリーニング・コスメ・出前/宅配サービスなどユーザーの日常に寄り添ったジャンルまでを取り揃えているASPです。サイト内の記事やセミナーでアフィリエイトをわかりやすく紹介し、管理画面にはチャットボットやチュートリアルもあるので、初心者でも安心です。

    クローズド型ASP

    • Rentracks

    クローズドASPで、加入方法はサイトの実績にもとづいたASPからのスカウトのみ。美容や健康関連の高単価案件が充実しています。サポートの対応の早さや、システムの多機能さ、使いやすさに定評があり、アフィリエイターの間で非常に評価の高い事業者です。

    • felmat

    クローズドASPで、参加方法はスカウトもしくは他会員からの紹介。美容や健康関連の高単価案件が充実しています。サポートの対応の早さや、システムの多機能さ、使いやすさに定評があり、アフィリエイターの間で非常に評価の高い事業者です。

    稼げる商材を見つけるコツ

    コツを見つけるイメージ

    次は、アフィリエイトで稼げる商材を見つける方法について考えてみましょう。商材探しの基本は、ASPの検索機能を使って、売れそうな商品、条件のよい案件を見つけ出すことです。ASPが特設枠でプッシュしている商品も、人気急上昇中の注目株や、お得な利率の商品が含まれているので、くまなくチェックしておきましょう。

    見落とされがちなのが、新着のカテゴリです。ここには他のアフィリエイトサイトがまだ紹介していない商品があるため、いち早く取り上げれば優位に立てるチャンスです。アフィリエイトの条件に注目して精査するのもひとつの手です。利率の高い商品は、長期契約や会員登録が条件となるため難易度は高くなりますが、中には資料請求や無料体験が条件となっている案件があり、利率が高いわりにはハードルが低くなるため狙い目です。

    少し着眼点を変えて、他のアフィリエイトサイトを調べてみるのもいいアイディアです。有力なアフィリエイトサイトでは、人気商品のランキングを紹介していることがありますが、その上位の商品はネットの口コミで高い評価を得ているため、自分のサイトでも購入されやすくなります。 ちなみに、他のアフィリエイトサイトがどのASPを利用しているかは、商品リンクのURLから確認できます。自分の利用しているASPで同じ商品が見つからないときは、URLを調べて取り扱いのあるASPを調べるといいでしょう。

    意外と盲点になりがちなのが、商品のリンク先のランディングページです。特に会社情報や連絡先がしっかり記載されているかどうかは、信頼性に関わる重要なポイントになります。「欲しかったけど販売元が怪しいでのやめた」というのは、通販サービスでよく耳にする失敗例です。怪しい商品を紹介しているサイトと思われないよう、しっかり目を配っておきたいところです。

    ASPと協力してより稼ぎやすくするための方法

    相談のイメージ

    アフィリエイトでは情報収集が何より大事になります。アフィリエイトに関する情報を最もよく知っているのはASPであり、ASPをフル活用することが、アフィリエイトサイト成功の鍵となります。たとえば、ASPは、アフィリエイターのためのキャンペーンを実施することがあります、特定の条件下で報酬がアップするため、収益を大きく伸ばすチャンス。キャンペーンの情報はこまめにチェックしましょう。

    またASPは、イベントやセミナー、勉強会を積極的に主催しています。運営側の情報を得られる機会なので積極的に出席しましょう。担当者からネットには出ていない貴重な情報を直接聞き出せるかもしれないし、懇親会では他のアフィリエイターと情報交換する機会もあります。サイト運営に関する有益な情報を得られるかもしれません。

    さらに一定の成果を出したサイトには、ASPから担当者を付けられることがあります。担当者はサイト運営に関するサポートや助言をしてくれる存在で、ASPの内部の人間にしか分からない情報を提供してくれることがあります。担当者から有利な情報を引き出されば、他のアフィリエイトサイトに大きく差を付けることができます。

    さらに、アフィリエイトでの実績をもとに特別単価の交渉を行うことも可能です。これは有力なサイトに限り通常の利率にボーナスを加える制度で、特定の商品を有利な条件で販売することができます。この特別単価もASPを通じて広告主と交渉することになります。ASPは広告主とメディアを機械的に仲介しているわけではありません。アフィリエイトサイトで大きな成功を収めるには、ASPをビジネスパートナーとして二人三脚で歩んでいく姿勢が欠かせないのです。

    まとめ

    今回は、ASPの選び方と活用の仕方について紹介しました。ASPは成果が出ていないうちは、単にアフィリエイトの案件を掲載するサービスに過ぎませんが、収益が大きくなるとサイトに対してさまざまな特典を与えてくれるようになります。アフィリエイトは成果を出しているサイトほど有利に事業を展開できるビジネス。他のサイトと差を付けるには、ASPを賢く活用するのが肝心です。

    アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

    「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

    お名前.comでアフィリエイトブログをはじめる

    • ※ 「国内シェア」は、ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値をもとに集計。gTLDが集計の対象。
    • ※ 日本のドメイン登録業者(レジストラ)(「ICANNがレジストラとして認定した企業」一覧(InterNIC提供)内に「Japan」の記載があるもの)を対象。
    • ※ レジストラ「GMO Internet, Inc. d/b/a Onamae.com」のシェア値を集計。
    • ※ 2019年10月時点の調査。