【厳選】稼ぐアフィリエイトに必要なスキルとツール

こんにちは、お名前.comのアフィリエイト担当です。

アフィリエイトサイトの運営には、何も特殊なスキルが必要とされるわけではありません。もちろん記事作成の技能や、ブログやサーバーに関する最低限の知識は必要ですが、それよりもさらに重要な、成果の明暗を分ける要素があります。

今回はアフィリエイトサイトを運営する上で必要なスキルや便利なツールをご紹介します。

この記事で分かること

  • アフィリエイトサイトに必要なスキル
  • アフィリエイトサイト運営に役立つツール

アフィリエイト運営におすすめなツール

さまざまな工具のイメージ

ここからはアフィリエイトサイトの運用に役立つ、おすすめのツールを紹介しましょう。

アフィリエイト関連ツールは、大きく2つの系統に分かれます。
ひとつめはSEOのワードのリストアップや評価に使える「分析系」のツール
もうひとつは日々の記事更新の負担を軽くしてくれる「作業系」のツールです。
また、運営に役立つ「外注系」のウェブサイトも合わせて紹介します。

それぞれを上手く使いこなすことで、効率のいいサイト運営を目指しましょう。

外注系

男性がパソコンで作業するイメージ

クラウドワークス

国内最大級のクラウドソーシングサイト。案件数はランサーズと同規模ですが、利用者数においては圧倒的に上回っています。ただしライターの質に関しては玉石混交。平均発注額はリーズナブルですが、全体としてランサーズほどプロ志向が強くなく、プロフィール欄も充実していないことが多いので、書き手の能力を見抜くのは困難です。成果物のクオリティ管理には苦心することになるかもしれません。発注者が先にプロジェクトの案件を提出してライターを募集する方式です。

ランサーズ

国内ではクラウドワークスと並ぶ、クラウドソーシングの双璧とされるサイトです。特にライターの質に関しては業界内でも随一。豊富な情報から用途に合致した信頼性の高いライターの選別が可能です。もっとも人気ライターへの発注は金銭的ハードルも高く、時給換算で万単位の費用がかかるケースも珍しくありません。発注者がライターを選んで個別に相談や仕事の発注を行う方式となっています。

Bizseek

買い物代行などのユニークな案件が注目されているBizseek。最大の魅力は手数料の安さ。10万円以上の案件は5%、10万円以下の案件は5%に設定されています。大手のクラウドソーシングサイトの手数料が10%〜20%であることを考えると、格安といえるでしょう。大手サービスほど利用者数が多くないため、案件に対して受注希望者の申し込み数が少なく、場合によっては希望のスキルの書き手を確保できない可能性があるのが難点です。

JOB HUB

人材派遣会社のパソナが運営するクラウドソーシングサービス。利用者数こそ少ないものの、高度な業務を発注するための独自のシステムが特徴です。受注者は発注者に「見積もり」を提出し、それによって作業にかかる日数や工数を共有してから作業に取り掛かるルールとなっています。また、ランク制度により活発に利用しているユーザーが評価される仕組みを積極的に取り入れているので、ライター選びの参考にしてください。

合わせて読みたい

【解決法付】アフィリエイト初心者が失敗する12の理由

分析系

黒板に戦略を描くイメージ

Keysearch Beta

テーマに最適なワードの組み合わせを出力するツール。キーワードを入力すると、Googleの検索候補からのリストアップされた関連ワードがツリー状に表示されます。記事のテーマは決まったけど、どんな話題の記事を書けばいいか分からないときの参考になります。

ラッコキーワード

「Keysearch Beta」と同じ検索候補のワード抽出ツールですが、こちらはGoogleのみならず、最新のニュースやQ&Aサイトからも関連する項目を拾い出してくれます。多面的な情報を集めて記事作成したいときに便利です。

NEILPATEL

指定したワードがどれくらい有望なのか判断してくれるツール。ワードの検索ボリュームやクリック単価、SEOの難易度について評価してくれます。上述の「Keysearch Beta」「ラッコキーワード」で見つけたワードのポテンシャルを、このツールで測るといいでしょう。

おむすびサジェスト

SEO対策に力を発揮する関連キーワード検索ツールです。検索ワードを入力すると、それに関連したワードをマインドマップ風に表示します。SEO対策を施した記事を作成する際に、ターゲットとなるワードに関連した言葉を漏らすことなくリストアップすることが可能です。どんな言葉を組み合わせて文章を構成するか、プランを練る際に活用したいツールです。

GoogleAnalytics

アクセス解析の定番ツールです。サイトのPVなどの情報を計測するほか、訪問者のサイト上でのあらゆる行動をモニターしてくれます。多機能すぎて全ての情報を把握するのは大変ですが、訪問者がどんなワードで検索して訪れているかくらいは把握しておきましょう。サイトに求められているニーズを読み取るヒントになります。

Googleサーチコンソール

Google検索において、 サイトがどのように処理されているかを分析するツールです。サイトが多く検索されているワードの組み合わせから、検索結果の画面の表示回数、クリックを算出。これらをページ単位で調べてGoogle上でのパフォーマンスを測定できます。もうひとつ重要なのが、Googleのインデックス状況を確認し、クローラーの訪問依頼を出せる機能。自分のサイトの変更がなかなかGoogleに反映させないときに利用しましょう。

SimilarWeb

ライバルサイトの情報を調査できるツールです。URLを入力すると、対象のアクセス情報を丸裸にします。そのサイトの過去6ヶ月間の合計訪問者数、平均滞在時間、直帰率、国別のアクセス状況、リファラーから、検索やSNSを介したユーザー流入の度合いまで、本来はGoogleAnalyticsで解析されるはずの情報を、かなりの確度で予測して表示します。競合するサイトがどの流入経路から人を集めているのか、現在のサイトの勢いは上向きなのか下向きなのかなど、ここから多くのヒントが得られるはずです。

作業系

男性がパソコンで作業するイメージ

カエレバ・ヨメレバ

アフィリエイトサイトの記事内に、商品のリンクを張る作業は頻繁に発生します。「カエレバ」はAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングの商品の画像付きリンクを自動生成するツール。ブックマークレットとして登録しておけば、ワンクリックでアフィリエイトコード付きのHTMLを出力してくれます。

なお、書籍の場合は「ヨメレバ」を利用すれば、電子書籍版へのリンクとセットで生成。こちらはAmazon Kindleと楽天Koboに対応です。

文字数カウント

アフィリエイトサイトの記事で文字数も重要な要素。多ければいいというものではありませんが、文字数が少ないサイトは検索エンジンにコンテンツの密度が不十分と判断される可能性があります。「文字数カウント」で常に文字数を計算し、ライバルサイトと比べて極端に文字量が少なくならないようにしましょう。

IFTTT

記事を更新したら、TwitterやFacebook、InstagramなどにもアップしてSNSでの拡散を狙うのが基本ですが、毎回手作業で行うのは負担になります。IFTTTはウェブサービス間の連携をオート化できるツール。各種SNSとの連携を設定しておけば、ブログの記事を更新したタイミングで、自動的にSNSへの投稿が行われます。

タダピク・写真AC

アフィリエイトサイトで意外と苦労するのが画像素材の調達。センスに自信がないのでどんな画像を使っていいか分からない、という人は画像素材サイトを上手く利用しましょう。「タダピク」「写真AC」はさまざまなサイトで公開されている画像素材を横断検索できるサービス。無料/有料の画像素材を見つけ出すのに大変便利です。なお、画像の使用条件は公開元のサイトに準拠している点には留意しましょう。

ENNO

日本語エラーチェックサイトです。コピー&ペーストで貼り付けた文章の中に、誤字脱字や変換ミス、文字化けや意味のないスペースが混在していないかをチェックしてくれます。さらに、日本語文法上、あまり好ましくない表現、冗長な言い回しや重複表現についても指摘してくれるので、文章をブラッシュアップしたい用途にも役立ちます。原稿を書いたら、このツールでざっとチェックをしておけば、文章上のミスがそのまま残ることはないでしょう。

Fotor

オンラインのみで作業を完結できるクラウド型の画像編集ソフトです。画像関連のソフトは機能が多く、その分、操作も難解になりがちですが、このサービスでは特に使用頻度の高い機能を厳選して搭載。トリミング、回転、色調補正などの基本操作にはしっかり対応しながら、画像内にテキストを挿入したり、フィルターで雰囲気を変えたり、スタンプを配置したりといった、ちょっとした画像加工に活躍するツールとなっています。

アフィリエイトに必要なスキル

疑問を持つ男性

アフィリエイトサイトの運営に求められるのは、どのような能力でしょうか。

専門的な知識や技術が必要になると思っている方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。最近は、デザイナーやエンジニアに求められるような技術の多くは、一般向けのツールやサービスによって代替されていて、それを利用すれば簡単にプロ級の成果物が得られます

もちろん、それらを使いこなすためには最低限の技能は必要になりますが、誰でもすぐに身に着けられる程度のものでしかありません。

アフィリエイトサイト運営で本当に重要になるのはツールでは補うことができない要素、SEOを踏まえた戦略立案や、そこから導き出される要件を満たした文章作成能力などです。

これはテクノロジーの力では代替が難しく、今後どんなにITが進化しても、人間が担い続けるであろう領域です。

合わせて読みたい

【厳選】Webサイト運営で押さえておきたいSEO用語・知識

また同時に、アフィリエイトサイトの収益の差を分ける最重要ポイントであり、成果を挙げられるかどうかに直接的に繋がってくる要素であります

アフィリエイトに必要なスキルは、以下の3種に大別されます。

サイト構築

ウェブサイトを構築するための技術です。これがないとサイトを立ち上げることができません。

ウェブエンジニアに外注することもできますが、数十万円〜数百万円の費用がかかるため、未だに売り上げがないサイトへの投資としては非現実的。運営の初期段階では、すべてを自分の手で行うのが基本です。

サイトの構築には無料ブログサービスを利用するのが手軽ですが、アフィリエイトで本気で収益化を目指すなら、独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを契約、WordPrsesでサイトを開設すべきでしょう。

独自ドメインの取得とレンタルサーバーには「お名前.com」を利用するのがオススメです。独自ドメインの取得とレンタルサーバーの契約がセットで行える上に、レンタルサーバーにWordPressの自動インストール機能が付属しているので、初めて利用する人でも迷うことなくサイトの構築まで進めることができます。

合わせて読みたい

【導入手順付】独自ドメインのメリットとその効用は?

SEO

SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジンの検索結果で上位に進出するための技術です。

昨今のネット環境では、サイトを作って漠然と記事を書いていても、ほとんど人は訪れません。サイトへの流入経路はSNSと検索エンジンが主流となっているので、この両者を意識したコンテンツ制作を心がける必要があります。

SNSからの流入は爆発力こそあるものの安定性に欠け、また上手く集客できたとしても、訪問者の趣味嗜好が一定ではないため、必ずしもアフィリエイトには向いていません。

一方、検索エンジンからの流入は、大きなアップデートがない限りは安定しており、訪問者は特定の検索ワードを頼りに訪れるため、傾向を把握しやすくなります。

現在、ほとんどのアフィリエイトサイトはGoogleからの人の流入を増やすことに焦点を合わせ、検索エンジンへの最適化に励んでいます。

SEO対策は、アフィリエイトサイトの戦略の中核です。ジャンルを選び、どの層に向けた記事を書くかを決めて、商品がより購入されやすい環境を整える。つまり、サイトの方向性を決定付けるということでもあります。

合わせて読みたい

【選び方まるわかり】伸びるアフィリエイトジャンル7選!

ライティング

アフィリエイトサイトの記事の執筆能力です。SEOがアフィリエイトサイトの進む方向を決める「戦略」であるなら、ライティングはその進み方を決める「戦術」に相当します。

とはいっても、プロの作家のような飛び抜けた執筆能力が求められるわけではありません。重要なのはSEOの分析で決定したワードを過不足なく文章の中に盛り込む能力です。

検索エンジンの表示順位で上位に付けなければ、そもそも読者の目に触れる機会が生まれないので、これはアフィリエイトにおいては最重要の能力のひとつです。

もっとも、検索エンジンにさえ評価されていればいいというわけではありません。

記事が読者に受け入れられることで、SNSや他サイトからのリンクが発生し、それにともない検索エンジンの順位も上がるため、読者にとっても読みやすい日本語であることが求められます

必要とされるのは検索エンジンと読者の両方に評価される文章で、それは努力によって多くの人が身につけられるものでもあります。

また、意外と軽んじられがちなのが、定期的にパソコンに向かって記事を執筆し続ける能力です。忙しい日常の合間に、ブログ更新のための時間と労力を捻出するのは並大抵のことではありません。

ある程度、記事の分量がないと売り上げが立たないアフィリエイトブログでは、コツコツと記事を書き溜める継続性が重要になるため、自己を律しながら計画的にブログに向き合う自己管理能力が求められます

アフィリエイトブログ運営の根幹となる能力はこの3つですが、独力でサイトを発展させていくためにはこれ以外にも、情報収集力やデザイン力など総合的なスキルが求められます

特にSEOとライティングは、一朝一夕には身につかない経験がものをいう技術であり、また常に手法が更新されている分野でもあるため、他の成功しているアフィリエイトブログの戦略を分析し、どんな記事の書き方をしているのかを学び続ける必要があります。

これらの能力は、努力すればした分だけ伸びるので、常に研鑽を欠かさない姿勢が大切です。

合わせて読みたい

【成功事例付】稼げるアフィリエイトサイトの作り方

まとめ

今回は、アフィリエイトサイトの運営に必要なスキルと、運営に役立つ便利なツールを紹介しました。

アフィリエイトサイトの運営については、技能習得のための学校や教科書があるわけではありません。アフィリエイトで成功している人たちは、ウェブや書籍、あるいは詳しい人に話を聞くことで情報を収集し、実際に試してみることでトライ&エラーを繰り返しながら、自分なりのやり方を身に着けています

そういう意味では、アフィリエイトサイトの運営において重要なのは、「自分で情報を集める能力」と「その情報を元に手を動かす能力」といえるかもしれません。

アフィリエイトは生まれ持った才能には左右されない分野です。

やり方次第で誰にでも成功のチャンスが開かれていることを念頭に、多少の失敗ではへこたれずチャレンジし続ける姿勢がなによりも大切なのです。

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定!
ここからお申込みでドメイン登録料金無料