国内シェアNo.1ドメイン登録サービスの担当者が、稼げるノウハウを徹底解説!

この記事の目次

アドセンス(Google AdSense)とは

アドセンス(Google AdSense)とは

こんにちは、お名前.comのアフィリエイト担当です。

アフィリエイトと並ぶ、もうひとつのブログの収益源がアドセンスです。同じウェブ広告でも、アドセンスとアフィリエイトでは収益の発生過程と傾向が大きく違っています。

今回は、Google AdSenseの特徴とその活用の仕方について解説していきましょう。

この記事で分かること

  • Google AdSenseとアフィリエイトの違い
  • Google AdSenseで利益をあげる方法

記事の目次

    Google AdSenseとは?

    大きいはてなが現れる

    これまで解説してきたアフィリエイトは、サイトで紹介した商品の購入や契約が発生することで収益が得られる仕組みでしたが、サイト運営を行う上で、もうひとつ押さえておきたい広告の方式が「アドセンス」です。

    アドセンスは「クリック報酬型広告」と呼ばれ、サイトを訪れた人が広告をクリックすることによって収益が発生するシステムです。

    クリックした人が実際に広告の商品を購入したかどうかは問われないことから、アフィリエイトよりも収益化のハードルが低いのが特徴といえます。

    アフィリエイトはAmazon、楽天市場、A8.netなど様々な事業者がサービスを提供していますが、アドセンスを提供しているのはGoogle一社のみ

    そのためアドセンスといえば、Google AdSenseのことを指していると考えて差し支えありません。

    Google AdSenseでは、収益が発生する仕組みがアフィリエイトとは全く異なります

    まず、サイト管理者は広告の内容を自分で選ぶことができません

    指定できるのは広告の種別(テキストかバナー)とサイズのみで、広告の内容は掲載されているページの記述や訪問者の過去の閲覧履歴に合わせて自動的に決定されます。

    したがって、広告のクリック単価もまちまちです

    記事内容によっては、クリック単価の安い広告ばかりが表示されて収益が伸び悩んだり、逆にクリック単価の高い広告が入ったことで、収益が突然アップするといったことも珍しくありません。

    Google AdSenseで、サイト管理者が知恵を絞らなければならないのは、広告の大きさの選択と、ページ内のどこに広告を配置するかについてです。

    アドセンスは訪問者に広告がクリックされることで報酬が発生するため、訪問者がカーソルを合わせやすい場所や、タッチしやすいスペースに、大サイズの広告を設置するといった施策が有効になります。

    アドセンスで稼げるようになるには?

    段々稼げるイメージ

    Google AdSenseで稼ぐコツはシンプルで、とにかくサイトのPVを増やすことです。

    アフィリエイトでは、サイトのPVが少なくても、CV(コンバージョン)、つまり最終的な成果に至る率が高ければ収益は伸びますが、アドセンスの場合は収益の増減は、PVにほぼ正確に比例します。

    また、どの経路からどんな属性の人が訪れたか、つまり訪問者の質についても、Google AdSenseでは訪問者に合わせて広告の内容が自動的に最適化されるため、収益にほとんど影響を与えません

    そのため、アドセンスに向いているのは、とにかくPVが多いサイトということになります。

    このPVは、Googleなどの検索エンジン経由でも、TwitterやInstagramなどのSNSからの流入でも構いません。

    PVが多ければ多いほど、広告のクリック数が多くなり、それに応じて収益も増加します。

    アフィリエイトの場合は、特定のテーマに限定した特化型サイトが、商品の購買を促す上で有利でしたが、アドセンスでは話題が分散した雑記型サイトであっても、効率良く収益化できるでしょう。

    また、アドセンスの利点として、小規模なサイトでも収益化しやすい点が挙げられます。まだ駆け出しの、月間PVが数百〜数千程度しかないサイトであっても、収益は確実に発生します。

    もっとも、クリック単価は平均すると20円から30円前後になるので、その規模のサイトだと収益は数百円程度ではありますが、PVが増加すると、それに合わせて収益が増えていくので、発展途上のサイトを更新する大きなモチベーションになるでしょう。

    逆にデメリットとしては、サイトが一定規模以上に成長した後は、PVの頭打ちにともない収益も伸びにくくなることです。

    これはPVの分布から考えれば明らかで、月間1万PV前後のサイトは少なくありませんが、10万PVとなると数が限られ、30万PV以上にまで到達するサイトはごくわずかです。

    しかし、Google AdSenseでは、その希少さに見合った収益を上げることは困難

    記事の後半で詳しく解説しますが、サイトが月に30万ものPVを得られるようになっても、Google AdSenseでは20万円も稼げません

    こうした理由から、Google AdSenseは使い所を、上手く工夫する必要があります。

    アドセンスの登録方法

    パソコンを操作するイメージ

    Google AdSenseを利用するには、利用したいサイトの情報を登録し、審査を通過すればOKです。

    登録に必要な情報は以下の通りです。

    • サイトのURL
    • メールアドレス
    • 名前
    • 住所
    • 電話番号

    メールアドレスにはGmailのアドレスを利用するので、Googleアカウントをあらかじめ作成しておきましょう。電話番号は固定電話でもスマホでもOK。通話もしくはSMSを使っての本人確認に利用します。

    ここで注意したいのはサイトのURLです

    無料ブログのドメインやレンタルサーバーの初期設定のURLでは、審査には確実に通りません

    Google AdSenseの利用には、独自ドメインであることが必須条件となっています。

    「お名前.com」で独自ドメインを取得し、サイトに登録してから審査に望みましょう

    あとは指定されたコードをサイトのヘッダー部分に貼り付ければ、登録作業は完了です。

    以降は審査となりますが、実はこの審査が大きなハードル

    Google AdSenseの審査は年々、厳しくなってきており、近年は「何回申し込んでも落選する」といった報告も珍しくありません。

    URLやサイトのテーマが精査されるのはもちろんですが、コンテンツの内容も審査の対象になります。

    サイトが未完成の状態で申し込んでも、まず通過しません。

    記事の文字量が足りなかったり、公開されている記事の本数が少ない場合も落とされます。

    1本あたりの記事の文字数は2000〜3000字程度を目安に、20本程度は記事を公開した状態で審査に臨みましょう。

    Google AdSenseの審査は、合格するまで何回でも挑戦できます。

    通過しなかった場合も諦めずに、問題点を修正して再チャレンジしましょう。

    審査には3日程度の時間がかかるので、何度も落ちていると時間のロスになります。

    しっかり条件を満たして申し込み、一発合格を目指しましょう。

    アドセンスの収益額はどれくらい?

    PV数により収益が変化するイメージ

    Google AdSenseで得られる収益はPVに比例するので、ある程度は予測できます。

    訪問者が広告をクリックする確率(CTR:Click Through Rate)は、一般的には1.25〜2.5%程度になります。

    また、Google AdSenseの1クリックあたりの収益(CPC:Click Per Cost)は平均すると20円〜30円程度になります。

    以上の条件から、PVに応じて得られる収益の目安は、以下のとおりです。

    PVのボリュームによる収益の目安
    1000PV 250円~500円程度
    10000PV 2500円~5000円程度
    10万PV 25000円~5万円程度
    40万PV 10万円~20万円程度
    100万PV 25万円~50万円程度

    小規模なメディア、特に数千PV程度のサイトは、アフィリエイトの成果が安定しないため、毎月2500円〜5000円程度の収入が得られるGoogle AdSenseの存在は、かなりありがたいはずです。

    これからサイトの規模を拡大していこうという人にとって、PVの伸びに応じた収益の増加は大きなモチベーションになるでしょう。

    しかし、10万PVを超えたあたりから、収益の効率性において物足りなくなってきます

    アフィリエイトと比較するとその差は明らかで、40万PVともなると、ジャンルによっては立派な大手サイトですが、得られる収益は10万円〜20万円程度

    この金額では個人が専業に踏み切るのは難しいでしょう。

    100万PVともなると企業系のサイトと並んでも遜色ない最大手クラスですが、それでも25万円〜50万円程度の収益に留まります。

    100万PVに到達するサイトがほんの一握りしかないことを考えると、大規模なサイトがその大きさに見合った収益を得るのは、Google AdSenseでは難しいという現実が見えてきます。

    ちなみに、Google AdSenseでは広告の内容を選べないのは前述した通りですが、高額な広告が表示されやすいジャンルは存在します。

    投資、金融、転職、保険、美容など、アフィリエイトで高額案件が多いジャンルは、アドセンスでも比較的クリック単価が高くなります

    これらに関連した記事を作成すれば、表示される広告内容もそれに合わせたものになるので、効率よく収益を伸ばすことができるでしょう。

    注意しなければならないのは規約違反です。

    いくらPVが稼げるからといっても、公共良俗を乱すサイトや、ギャンブル系のサイトはNGとされています。

    また、1ページあたりの広告の表示数に制限はありませんが(当初は最大3個という制約があったが2016年に撤廃)、「宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くなってはならない」「コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければならない」といった規約があり、訪問者にとって価値のないページを判断された場合は、広告の配信を無効にされる可能性があります。

    なお、自分で広告をクリックする行為は禁止

    クリックを意図的に誘導する記述も禁止です。

    さらに「広告のクリックをお願いします」といった、訪問者へのクリックの依頼も禁じられています

    規約についての詳細はGoogleが公開している「広告のプレースメントに関するポリシー」を確認しましょう。

    Google AdSenseは規約違反に厳しく、ちょっとした違反でアカウントを停止されたという報告が数多くあります。

    一度アカウントが停止されると、復活は非常に難しいので、規約違反には充分に気をつけましょう。

    まとめ

    今回は、Google AdSenseの特徴と、その活用法について解説しました。

    Google AdSenseはアフィリエイトとは違った特徴を持った広告なので、上手く併用できれば、サイトの収益化の助けになってくれます。

    特に、サイトが発展途上の段階にあるとき、少ないPVでも安定して収益が発生するアドセンスは、非常に役に立つはずです

    また、サイトの訪問者の属性が読めないときや、記事がバズって有象無象のユーザーが大量に流れ込んでいるときも、細かいことを考えなくてもPVを収益化できるGoogle AdSenseに任せてしまうというのも手です。

    アフィリエイトと並んで、サイト運営の強い味方になってくれるアドセンス。

    強みをしっかり把握して上手く使いこなしましょう

    アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

    「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

    アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

    お名前.comでアフィリエイトブログをはじめる

    • ※ 「国内シェア」は、ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値をもとに集計。gTLDが集計の対象。
    • ※ 日本のドメイン登録業者(レジストラ)(「ICANNがレジストラとして認定した企業」一覧(InterNIC提供)内に「Japan」の記載があるもの)を対象。
    • ※ レジストラ「GMO Internet, Inc. d/b/a Onamae.com」のシェア値を集計。
    • ※ 2019年10月時点の調査。