アフィリエイトサイトへの「検索流入」を確保する方法

この記事は約11分で読めます

アフィリエイトサイトの集客は一筋縄ではいきません。
単に人を集めるだけでなく、サイトで扱っている商品を購入してもらわないと成果に繋がらないからです。

今回は、アフィリエイトサイトにいかに人を集めるか、その方法と考え方について解説します。

この記事で分かること

  • アフィリエイトサイトへの人の集め方
  • 集めた顧客をリピーターにするには

アフィリエイトサイトの5つの導線

新しく作られたばかりのサイトは、放っておくとほとんど人は訪れません。
サイトに人を流入させるためには、何らかの導線が必要になりますが、ネットで有効に機能する導線はそれほど多くありません。

また、アフィリエイトで稼ぐことを考えるなら、それぞれの導線からどのような属性の人が流入するのか、その違いを正確に把握しておく必要もあります。
ここではサイトへの人の流入経路となる、5つの導線について解説します。

自然検索からの流入

Googleをはじめとする検索エンジンから発生する流入です。
オーガニック検索とも呼ばれます。

流入規模には検索エンジンの順位付けが反映され、上位に表示されるほど流入数は多くなります
長期的かつ安定した流入を確保できることから、非常に多くのサイトが上位表示を目指した検索エンジンの最適化(SEO)に注力しています。

アフィリエイトサイトの集客といえば、そのままSEOのことを指すといっても過言ではないほどです。

有料検索からの流入

検索エンジン内の有料広告からの流入です。
リスティング広告とも呼ばれます。

検索エンジンの検索結果の画面に広告表示の枠があり、そこにサイトを出稿することで流入増を図ります。
通常のウェブ広告と違って、任意に設定したワードの検索結果の画面でのみ広告が表示されるため、自然検索と同じ仕組みで狙ったユーザー層の流入を見込めます

デメリットとしては、有料の広告なので金銭的なコストが発生することです。
SEOにかかる時間を短縮したい場合や、SEOでの上位進出が難しい検索ワードで利用されます。

SNSからの流入

Twitter、Facebook、InstagramといったSNSから人を取り込む方法です。
情報の拡散に成功する(バズる)と巨大な集客を見込めることから、多くのアフィリエイトサイトが利用しています。

ただし、自動投稿ツールで記事のリンクを投稿しているだけではほぼ意味がありません。
独立したメディアとして、フォロワーにとって有益な情報や、親近感を抱かれるつぶやきを発信し続けることでフォロワーが増え、サイトの流入へと繋がります

フォロワーの確保に労力と時間がかかるのが難点ですが、検索エンジンとは違った層の顧客を確保できる点が魅力です。

外部リンクからの流入

他サイトのリンクからのアクセスです。
流入規模はサイト次第で、巨大な大手サイトからのリンクであれば数千〜数万PVの流入もありえます。

また、外部リンクはSEOに与える影響も大きく、信頼性の高いサイトからのリンクは検索順位を押し上げます

難点は、リンクを張られる機会自体がそれほど多くないことです。
特に大手サイトからのリンクは狙って得られるものではないので、そのためにできる具体的な施策はほぼありません。

サイトが成長し信頼性を高めていく過程で、自然と得られるものと考えるのがいいでしょう。

直接流入

外部のメディアを介さないサイトへの直接的なアクセスです。

もっとも典型的なのはブラウザのブックマーク、いわゆる「お気に入り」に登録されて、そこから継続的なアクセスが発生する例ですが、今日では使用頻度が低くなっている機能なので、大規模な流入は期待できません。

基本的に、サイトへのアクセスはこの5つの流入経路のうちのいずれかから発生します。
このうち、アフィリエイトサイトの集客で主力になるのは自然検索からの流入で、特に施策をしなくても、アクセスの大半は検索エンジンからのものになるでしょう。

有料検索は短期的な集客アップには効果的ですが高コストなため、実際に使っているのは、収益率の高い商品を扱う大手サイトや資金の豊富な企業系のサイトが中心です。

SNSも多くのアフィリエイトサイトが展開していますが、流入数はそれほど多くなく、ほとんどの場合、サイトのアクセス全体の1割程度から多くても3割程度に留まります。
とはいえ(後述するように)訪問者の囲い込みに効果的なため、ぜひとも実施すべき施策のひとつです。

合わせて読みたい

アフィリエイトサイト上位表示のためのSEO対策ポイント

検索エンジンからの流入をいかに確保するか

アフィリエイトサイトの集客の中心は検索エンジンです。
検索エンジンからの流入を増やすための施策、いわゆるSEOはアフィリエイトの生命線と呼んでいいほどです。

しかし、ほとんどのサイトがSEO対策に注力している中、簡単に優位に立てるような特効薬は存在しません。
今からSEOで勝つには、地道な施策を時間をかけて行う覚悟が必要です。
ここでは、SEO対策の基本となる3つの施策について紹介しましょう。

検索ワードの厳選

検索エンジンでの上位表示を狙うには、検索数される機会が多く、なおかつ他のサイトが進出していない検索ワードを見つけ出し、それに合わせた内容の記事を作るのが効果的です。

「Googleサジェスト」を活用して、どんなサイトが検索上位に来ているか調べてみましょう。
ほとんどは大手サイトが独占していますが、稀に小規模な個人サイトが上位に食い込んでいることがあり、その語句は狙い目です。

また、Googleが提供している「Googleキーワードプランナー」では、検索ボリュームを調べることができます。
これは検索ワードがどれだけ検索されているか、その規模を数値化したもので、検索ワードからどれだけの集客が可能になるのかの目安となります。

サテライトサイトの作成

他サイトから多くのリンクが張られているサイトは、検索エンジンで上位表示されやすくなります。

そこで、自分で「サテライトサイト」を作って、リンクを集めるやり方が有効です。
サテライトサイトは、無内容だったり記事分量が極端に少なかったりすると、外部リンクとして評価されません。

あまりにリンクの水増しが露骨な場合は、ブラックハットSEOと見做され、ペナルティが課される危険もあります。
サテライトサイトを作るなら、中身をしっかりと作り込み、読者にとって意味のあるものにしましょう

内部リンクの充実

検索エンジンはサイトの内部リンクも評価対象としています。
といっても、内部リンクが多ければ良いというわけではありません。

サイトの内の関連記事が紹介されたり、同じジャンルの記事がカテゴリによって分類されていることが重要です。

内部リンクに関してはWordPressに一日の長があり、記事間を緻密に連携させる機能に長けています。
アフィリエイトサイトはWordPressの利用を前提にして、テーマやプラグインの活用によって独自性を出していきましょう。

ここで紹介した手法は短期的に見た場合、劇的な効果は見込めません。
しかし、長期にわたって施策を実施し続け、こまめに改善を繰り返すことで、検索エンジンからの流入の上昇を期待できます

競争が激しいSEOの世界では、こういった手間のかかる地道な施策の継続が、サイトの長期的な成長に欠かせないのです。

合わせて読みたい

【厳選】Webサイト運営で押さえておきたいSEO用語・知識

集客を継続的な購買に繋げる戦略

アフィリエイトサイトでは、単に多くの人を集めただけでは収益は伸びません。

集めた人々を商品の購買に結びつけるのはもちろんのこと、興味・関心を持っている層の再訪率を高め、過去に購入したことのある人にはリピーターになってもらうなど、現状のアクセスから効率よく収益を上げるための工夫も重要になります。

ここでは、サイトを訪れた人をどのようにして再訪や購買に繋げるか、その施策について解説します。

セールスページの分離

アフィリエイトサイトでは、「読者を呼び込むためのページ」「商品を購買してもらうためのページ」を分けて制作する手法が使われることがあります。
前者のページは検索エンジンで上位表示させるのが目的で、そこを訪れた人は後者の「セールスページ」に誘導されます。

セールスページは商品の購買率を上げることが目的で、商品のストーリーやレビュー、利用者の声や体験記を掲載することで、購買意欲を盛り上げることに特化しています。

様々な切り口の記事を量産することで検索エンジンからの流入を増やし、セールスページで読者の情動に訴えて購買行動を促すという、二段構えの戦術です。

訪問者へのプッシュ通知

サイトを一度でも訪れたことのある人には、そのときは購買に至らなくても、継続的なアプローチを続けたいところです。

そこで役立つのがメールマガジン、SNS、LINE公式アカウントといったプッシュ型のメディアです。
訪れた人にフォローしてもらうことで、新着や更新情報を伝え、定期的にサイトの存在を想起してもらえるようになります。

主体的に行動を起こさない利用者に対しても、サイト側の主導で情報を押し出せる点が魅力で、再訪やリピート需要の創出を期待できます。
せっかくの集客を無駄にしないためにも活用しましょう。

これらの手法は、既に採用しているアフィリエイトサイトもありますが、未採用のサイトも多いので、それらに対して差を付ける有効な手段になるでしょう。

なお注意点として、セールスページは企業系の販促サイトで多く使われていて、一般のアフィリエイトサイトが使うとビジネス色が濃くなりすぎる嫌いがあります。
書き手の身近さを売りにしているサイトや、ファンコミュニティを重視したサイトには向かないので気をつけましょう。

また、プッシュ型のメディアは、通知の頻度が多すぎると邪魔にされてフォロワーが減る恐れがあります。
通知のタイミングはほどほどに、読者にとって有益な情報と組み合わせるのを忘れないようにしましょう。

合わせて読みたい

【活用法付】アフィリエイトサイト×SNSによる3つの利点

SNSからのユーザーの流入を確保するには?

ここからは冒頭で紹介したアフィリエイトサイトの5つの導線のうちの3つ目、SNSを活用したユーザーの集客について解説していきましょう。

Twitter、Facebook、InstagramといったSNSは、検索エンジンとはかなり異なった集客上の特徴を備えており、そこから得られるメリットも様々です。
その中でも特に注目すべきは以下の3点でしょう。

短期間での集客が可能

検索エンジンは施策を行ってから、それが反映されるまでに時間がかかりますが、SNSの場合は施策の結果が短時間で現れます

時流に上手く乗れば、フォロワー数の規模を超えた爆発的な拡散も可能です。
その一方で集客の勢いが落ちるのも早く、衰え始めると潮が引いたように勢いが失われていきます。

ユーザー層の偏りが少ない

SNSからの流入は、ユーザーの属性に偏りが少ないのが特徴です。

検索エンジンからは、特定の語句で検索したユーザーしか訪れませんが、SNSではフォロワーだけでなく、拡散された投稿をタイムラインで見かけたユーザーが訪れるため、比較的、様々な属性や傾向の人々が流入することになります。

ハッシュタグによる繋がり

検索エンジンで検索ワードが重視されるように、SNSではハッシュタグが重要になります。

コンテンツと相性の良いハッシュタグを見つけ出し、そのハッシュタグが形成するコミュニティと良好な関係を築くことができれば、検索エンジンとは全く異なるユーザーの流入回路を確保できるでしょう。

以上のメリットから、SNSでは検索エンジンが取りこぼしている幅広い層のユーザーを、短期間のうちに集客できる可能性があります。
検索エンジンからの流入と組み合わせることで、さらなるアクセス数の底上げと、アフィリエイトの成長を期待できるでしょう。

SNSへの投稿を拡散させるためのコツ

SNSへの投稿は、ただ漠然と行っていても拡散されません。
投稿が多く人の目に触れるように仕向け、そこからユーザーの流入を発生させるためには、様々なテクニックが必要となります。

ここではSNSのアカウント登録から投稿までの手順を追いかけながら、情報をスムーズに拡散させるためのコツについて解説しましょう。

SNSのアカウントを作成

まずはSNSのアカウントを作成します。
サイトの公式アカウントと分かるユーザー名にし、プロフィール欄にもその旨を記載します。

ここで重要なのがアイコンです。
スマホの小さな画面でも判別できて、かつサイトのテーマが伝わるデザインを選びます。
プロフィールの文面はSNSの検索対象になるので、ジャンルのキーワードを含んだ内容にしましょう。

ハッシュタグの選定

SNSのコミュニティはハッシュタグを中心に形成されるので、投稿時のハッシュタグ選びは重要です。

もちろん利用者数が多い方が拡散には有利ですが、あまりに多いと他の投稿に埋もれるリスクがあり、逆に少ないほうが目に付きやすいという考え方もあります。
ハッシュタグは複数設定できるので、利用者数の多いものと少ないものを混在させるのがいいでしょう。

画像の選定

SNSの投稿には、画像を添付するのが基本です。
投稿を目立たせるために印象的なイメージ画像を利用するのもいいですが、ここで一手間かけて、記事内容を図解した画像を使うと拡散されやすくなります。

タイムライン上の文章は読み飛ばされることが多いので、インパクトのある画像を使って、ユーザーの興味を惹きつけるようにしましょう。

SNSに投稿する

最後にSNSへの投稿ですが、気を付けたいのは時間帯です。
SNSでは朝8時前後、昼12時前後、夕方6時前後の投稿が拡散に有利とされています。
これは働いている人が通勤移動や昼休みの間にスマホを見ることが多いためです。

また就寝前の10時前後も拡散されやすいとされています。これらの時間を狙って投稿を行いましょう。

SNSからの流入を効率よく収益化するには?

SNSのアフィリエイトでは、収益化の施策においても、SNSの特性に合わせた対策が求められます。
SNSのアフィリエイトにおいて、効率良く収益化を実現するための、3つのコツを紹介しましょう。

PDCAを意識する

SNSの特徴は、施策の成果が短期で現れるところにあります。
投稿後1日もあれば、拡散の状況や「いいね」の数は明らかになるので、それを参考にしながら次の投稿に修正を加えることは容易です。

PDCA(Plan・Do・Check・Action)のサイクルを意識して回し、投稿内容をブラッシュアップしていきましょう。

バズよりもフォロワー増

SNSでは投稿が首尾よくバズっても、流入が増えるのは一時的です。
長期的な流入を増やすためには、バズよりもフォロワーを増やすことの方が重要です。

一発当てることを狙うよりも、リプライへの返信や、関連性の高いネタのリツイートといった地道な施策により、コツコツとフォロワーを増やすことを心がけましょう。

商品選定に遊びを入れる

SNSからの流入では、様々なタイプのユーザーが訪れます。
そのためアフィリエイト商品の選定には少し遊びを持たせて、ジャンル違いの商品を混ぜてみてもいいかもしれません。

SNSのアフィリエイトでは、どんな商品がヒットするかを予測しにくく、意外な商品が売れることもよくあります。
商品の幅を広げて、ユーザーのニーズを逃さないようにしましょう。

まとめ

今回は、アフィリエイトサイトの集客方法について解説しました。

アフィリエイトサイトの集客に最も効果を発揮するのは検索エンジンです。
その最適化の手法であるSEOは、巨大なアクセスを安定して得るほとんど唯一の施策であることから、大半のアフィリエイトサイトが血道を上げて取り組んでいます。

その状況を勝ち抜くためには、SEOに注力するのは大前提として、それ以外の様々な施策を試してみることが重要になります。

アフィリエイトで成功するサイトは、トライ&エラーの手間を惜しみません。
そこで積み重ねたディテールのノウハウが、数年後には大きな収益の違いとなって現れることを知っているからです。

アフィリエイトの世界に近道は存在しません。
地味な施策を実行し改善を繰り返すことが、将来的な成功に繋がる唯一の道なのです。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

WEB学園をご覧のお客様限定でドメインが0円

お名前.comならドメインが0円で登録できます。ブログに使用するドメインをお探しの方は、ぜひこの機会にお申込みください!

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
クーポン利用で[.info]0円!

クリックでクーポンゲット

 

\ セルフバックで絶対オトク!/ 期間限定!
報酬金額大幅UP中

アフィリエイトには、自分で商品を購入してアフィリエイトの紹介料を受け取る、「セルフバック」という手法があります。
なんと!欲しい商品を購入するだけで成果報酬がもらえます!