【徹底解説】ゼロから始めるアフィリエイトブログ

この記事は約18分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

ブログ運営で収益を得られるアフィリエイトに興味があるけれど、どこから手を付けていいのか分からないという声をよく耳にします。
今回は、アフィリエイトブログを始めるには何をすればいいか、前提知識ゼロの人のために徹底的に解説していきましょう。

アフィリエイトの第一歩はブログとASPから

パソコンを操作する人

これからアフィリエイトを始める人が、最初に用意しなければならないのは、自分のウェブサイトASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)です。

サイトとASPがアフィリエイトの最小構成要素であり、この2つを揃えるところから全ての作業は始まります。

まずはウェブサイトの準備から着手しましょう。

アフィリエイトは基本的にどのようなスタイルのサイトでも利用できますが、特に決めていないという人はブログ形式、それもWordPressで構築したブログを選択することを強くおすすめします。

WordPressは世界でもっとも多く使われているCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。

ウェブで見かけるブログはもちろん、一見、ブログには見えないコーポレートサイト(企業サイト)やティザーサイト(告知サイト)でも、裏のシステムではWordPressが使われているケースがよくあります。

2022年の調査によると、インターネットの全てのウェブサイトのうちでWordPressが占める割合は実に43.2%で、2位のShopifyが4.4%であることを考えると、WordPressは圧倒的なトップシェアを占めていることが分かります(※)。
※https://blog-bootcamp.jp/start/wordpress-share/

WordPressがここまで飛び抜けた人気を誇るようになったのは、オープンソースゆえに無料で利用できることと、強力なSEO(検索エンジン最適化)の効果が主な理由です。

今日、ウェブサイトへの安定したアクセスを確保するには、検索エンジンの検索結果上位に表示されることが何よりも重要になりますが、WordPressは数あるCMSの中でも特にSEOの性能に優れていて、WordPress以外のサイトは軒並み検索順位で競り負けるという状況が生まれたことから、多くのサイトがWordPressを導入するに至っています。

WordPressは拡張性にも優れ、機能を追加するプラグインや、外観を変更するテーマが大量に公開されているほか、トラブルに遭遇した際にも、トラブルシューティングの事例が豊富にあるため、問題解決のヒントに事欠きません。

アフィリエイト目的のサイトでWordPress以外を選択すると、SEOで不利になるため、スタート時点で大きなハンデを背負うことになります。

アフィリエイトではブログ形式でWordPressを選択するのが基本になると覚えておきましょう。

ブログの基礎となるレンタルサーバーを用意する

WORD PRESS

WordPressの運用に欠かせないレンタルサーバー

アフィリエイトブログではWordPressが基本になるのは既に触れた通りですが、WordPressはオープンソースで無料で入手できるものの、導入先のサーバーは自分で用意自力でインストールを行わなければなりません。

WordPressの利用では、このサーバーの確保が最初のハードルになります。

個人がサーバーを用意する場合、自宅にサーバーを作る、サーバーを丸ごと一台借りる、サーバーを部分的に間借りする、という3つの選択肢がありますが、労力費用を考えたときにもっとも現実的なのは、3番目のサーバーの部分的な間借り、つまりレンタルサーバーを利用する方法です。

レンタルサーバーは、1台のサーバーを複数のユーザーでシェアしながら借りるサービスで、本来は1台の契約で月に数万円かかるコストを、複数人で分担することによって、月額1500円程度にまで価格を下げています。

レンタルサーバーでは容量や処理能力が分割されるので、大規模なサイトや大きな負荷がかかるサイトを運用することはできませんが、一般的なアフィリエイトブログであれば問題が起きることはまずないでしょう。

個人ユーザー向けにレンタルサーバーを提供しているサービスはいくつもありますが、中でも特におすすめなのは「お名前.com」です。

「お名前.com」のレンタルサーバーには、WordPressの自動インストール機能が搭載されていて、公式サイトからWordPressをダウンロードしなくても、ボタンひとつで最新のWordPressが自動でサーバーにインストールされます。

また、「お名前.com」のレンタルサーバーは、価格面も非常にリーズナブルで、初期費用がゼロ円、さらに月額費用も最大2ヶ月間ゼロ円となるため、利用開始時のコストを大幅に削減することができます。

ここからは、「お名前.com」のレンタルサーバーの導入手順と、レンタルサーバーにWordPressをインストールする手順について解説していきましょう。

レンタルサーバーの初期設定を行う

「お名前.com」のレンタルサーバーは以下のサイトから登録できます。

初期登録時に注意したいのが、サーバーのプラン料金についてです。

「お名前.com」のレンタルサーバーでは、標準的な「RSプラン」の他に、「ホームページエディタープラン」と「Microsoft365プラン」を選択可能で、前者はホームページ作成ツール、後者にはマイクロソフトのウェブメール環境が付属します。

この3つのプランのどれを選択しても、レンタルサーバーへのWordPressの導入は可能なので、必要に応じてプランを選択しましょう。

また、「お名前.com」のレンタルサーバーでは、長期契約で先々の料金を一括で払うことによって、大幅な割引が適用されます。

例えばRSプランの場合、基本の月額料金は1300円に設定されていますが、6ヶ月契約なら月額料金は1000円、12ヶ月分契約なら月々800円にまでサーバー料金は安くなります。

アフィリエイトブログでは安定した成果が出るまでに半年〜1年はかかることから長期運用が前提なので、このサーバー料金の割引をうまく活用しましょう。

アフィリエイトサイトを作る場合は「RSプラン」を選択

「お名前.com」のレンタルサーバーの登録では、最初にプランの選択画面が表示されますが、ここでは標準的な「RSプラン」を例に手順を進めます。

基本の月額料金は月額1300円ですが、長期間の契約になるほどそこから料金が割り引かれてお得

お支払い期間の選択画面では、期間を長く選択するほど、月額料金に換算したときにお得になる料金設定になっているので、利用予定の最長の期間を選択するといいでしょう。

独自ドメインとサーバーを一緒に設定したい場合は「独自ドメインを一緒に申し込む」を選ぶ

レンタルサーバーと「お名前.com」で取得した独自ドメインをセットで登録すると、そのドメインの費用が無料になるサービスもありますが、独自ドメインは後から追加することも可能なので、この時点で利用しない場合は「サーバーのみを申し込む」を選択しましょう。

レンタルサーバーにWordPressを導入する

「お名前.レンタルサーバーの登録が終わったら、次はレンタルサーバーにWordPressをインストールします。

前述した通り、「お名前.com」のレンタルサーバーにはWordPressの自動インストール機能があり、導入は全て自動で行われるため、WordPressのバージョンサーバー環境との相性を気にする必要はありません。

なお、WordPressのインストールの途中でメールアドレス、ユーザー名、パスワードの入力が求められますが、これはWordPressのログイン時に必須の情報となるので、メモなどにしっかり記録しておきましょう。

設定画面を開いて、コントロールパネルの「ログイン」をクリック

「お名前.com」にログインして「レンタルサーバー」を開くと、利用可能なレンタルサーバーが表示されるので、「コントロールパネル」の「ログイン」ボタンをクリックします。

WordPressの作成画面が表示されるので、「作成する」を選択

レンタルサーバーのコントロールパネル内にある「WordPress」を開くと、WordPressのインストール開始画面が開くので、新たにインストールを行いましょう。

サイト名とメールアドレス、パスワードを入力

インストールの途中で「ホームページのタイトル」「メールアドレス」「ユーザー名」「パスワード」の入力が求められますが、このうちメールアドレス、ユーザー名、パスワードについては、WordPressにログインする際に必要になるので忘れないように注意しましょう。

これでWordPressのインストールは完了。「ログイン」をクリックして、先ほど設定したメールアドレスとパスワードを入力すれば、WordPressの設定画面にログインできます

WordPressのインストールが完了すると、レンタルサーバーのコントロールパネルの「WordPress」に、利用可能なWordPressが表示されるので、「ログイン」ボタンをクリックしてログイン画面を開き、ユーザー名とパスワードを入力して管理画面にログインしましょう。

アフィリエイトの根幹となるASPへの登録

レンタルサーバーを用意してWordPressのインストールに成功したら、ひとまずブログの準備は完了です。

次に行うべきは、アフィリエイトの本丸とも言えるASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)への登録です。

ASPは、ウェブサイトと広告主の間を取り持つ仲介役で、アフィリエイトリンク経由でユーザーが商品を購買した際にサイトに紹介料を支払う、つまりアフィリエイトの仕組みの根幹を担っているサービスです。

ASPにはアフィリエイトの対象となる商品が大量に登録されているので、その中からブログで紹介したい商品を選んで、アフィリエイトコード付きのリンクを取得し、ブログの記事内に貼り付けましょう。

後はブログを訪れたユーザーが、そのリンクを経由して販売サイトに移動して商品を購入するのを待つのみで、商品の購入が発生するたびに、一定の紹介料がサイト側に支払われます。

APSは国内だけでも多くの事業者がサービスを展開しており、事業者ごとに得意とする分野も違っています。ひとつのサイトで複数のASPを併用することも認められているので、有力なASPは一通り登録を済ませておいて、扱う商品ごとに最も条件の良いASPの案件を選択する使われ方が一般的です。

ASPのユーザー登録では、次のような情報の登録が必要になります

  • サイトの名前とURL
  • サイトのジャンルや概要
  • 紹介したい商品のジャンル
  • 氏名(本名)、住所、電話番号
  • 収益の振込先(金融機関の口座情報)

これらの情報は、ASPが関連ジャンルのおすすめ商品を紹介したり、メディアに合わせたサポートを行ったりする際にも利用されます。

ASPに登録した個人情報は非公開で管理されるので、可能な限り正確な内容を入力し、ブログの方向性を転換した場合は、それに合わせて書き換えるようにしましょう。

もうひとつ、ASPの登録の際に注意しなければならないのが審査です。

多くのASPでは、自社のアフィリエイト広告を掲載するのにふさわしいメディアであるかを確認するために、初期登録の際に審査を行っています。

審査の難易度はASPごとに違っていて、サイトの体裁さえ整ってさえいれば通過できるASPもあれば、クオリティ基準に達していないサイトは容赦なく落とすというASPもあります。

主要なアフィリエイト事業者の登録時の審査の難易度は次のようになっています。

難易度高 Amazonアソシエイト、アドセンス(Google AdSense)
難易度中 afb、バリューコマース、アクセストレード
難易度低
(審査なし)
A8.net、楽天アフィリエイト、もしもアフィリエイト

「難易度低」審査が行われていない、あるいは形式上の審査のみほぼ全員が通過できるASPで、ユーザー登録を行えば即日サービス利用できるようになります。

「難易度中」簡単な審査が行われているASPで、担当者によるサイトの中身のチェックが入りますが、この審査は無内容なサイトや未完成なサイト、他サイトをコピーしたサイトの落とすためのものなので、通過は難しくありません。

「難易度高」は、高い審査基準が設けられているASPで、この審査を突破するには高い完成度新規性のあるテーマ、アフィリエイトの販売実績などが求められます。

なお、ASPの審査は何度でも再チャレンジ可能ですが、審査に落ちた理由原因は教えてくれないので、修正点自力で見つけなければなりません。

難易度高のASPの審査の通過には時間がかかる可能性があるので、難易度低〜中のASPの申請を先に済ませておくといいでしょう。

国内の主要ASPのユーザー登録の手順を解説

パソコンを操作する人

ここからは国内の7つの主要ASP(A8.net、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、バリューコマース、アクセストレード、afb、もしもアフィリエイト)の、ユーザー登録の手順について解説していきます。

A8.netの登録手順

日本国内で最大手のASPがA8.netです。その強みは取り扱っているアフィリエイトの種類の多さにあり、クレジットカードから中古車まで、有形無形を問わずほぼ全てのジャンルに対応しており、A8.netだけであらゆる種類のアフィリエイトをカバーできる点が魅力です。

広告主数メディア数においても日本一であり、名実共にもっとも多くのユーザーに利用されているASPであることから、アフィリエイトブログを始めるにあたっては最初に登録しておくべきASPでしょう。

国内では唯一、スマホアプリ版を公式に提供しているASPでもあり、スマホからアフィリエイトブログを運用したい人にとっても欠かせないサービスです。

A8.netでは初期登録時に審査は行われておらず、ユーザー登録後はすぐにサービスを利用できるようになりますが、アフィリエイトの案件によってはクライアント独自に掲載サイトの審査を行っていて、それを通過しないと広告を掲載できないこともあります。

個人情報の入力を求められるので、ログインIDとパスワードを設定。

A8.netの登録では、最初に任意のログインIDとパスワード、事業区分(個人または個人事業主、法人のいずれか)、氏名、メールアドレス、電話番号、生年月日、性別、郵便番号、住所を入力します。

サイト名、URL、カテゴリ、開設日や月間訪問者数、月間ページビュー数などの入力

続いてアフィリエイトを掲載するサイトの情報の入力を求められるので、サイト名、URL、カテゴリ、開設日、月間訪問者数、月間ページビュー数などを入力します。

最後に金融機関の口座情報を入力

口座情報の入力画面が表示されるので、ゆうちょ銀行かそれ以外の銀行かを選択し、銀行名、支店名、口座の種類、口座番号を入力しましょう。

豚の貯金箱

初期登録が完了したらA8.netにログインして、アフィリエイトプログラムを検索、掲載したい商品が見つかったら、広告リンクのコードを取得してブログに設置することで、アフィリエイトのリンクが有効になります。

Amazonアソシエイトの登録手順

国内最大のネットショッピングモールであるAmazonが提供しているアフィリエイトが、Amazonアソシエイトです。

Amazonで販売されている全商品がアフィリエイトの対象となることから、膨大な商品点数を誇ります。

また、ネットユーザーのAmazonアカウント保有率は非常に高いため、他のASPよりも商品購入までのハードルが低いのも強みです。

その一方で、扱っている商品のジャンルには偏りがあり、書籍、音楽、家電、おもちゃ、ファッションといったモノ系は充実しているものの、金融や保険といった無形のサービスは扱っていません。

全体的に商品価格は安くアフィリエイトの利率も低いため、多くの商品を売ることで利益を稼ぐ、薄利多売の戦略が中心となります。

Amazonアソシエイトでは登録時に審査があるほか、180日以内に3件の販売実績を上げるという条件が付いていることから、登録の難易度非常に高くなっています。

Amazonアソシエイトの初期登録ではまず、アフィリエイトで得た紹介料の受取人の国籍の設定や、法人か否かの確認が行われます。

アフィリエイトを掲載するウェブサイトのURLを入力して「追加」をクリックします。

登録IDに任意の文字列を指定して、アフィリエイトを掲載するサイトのジャンルや、取り扱い商品のカテゴリを選択しましょう。

集客や収益化の方法、訪問者数などを入力し、運営規約に同意すれば初期設定は完了ですが、この後でアフィリエイトコードを取得してブログに掲載し、180日以内に3件を獲得する販売実績の達成に挑むことになります。

楽天アフィリエイトの登録手順

Amazonと並ぶネットショッピングモールの雄、楽天市場が提供しているアフィリエイトが楽天アフィリエイトです。

楽天市場で取り扱っている豊富な商品を、そのままアフィリエイト販売できる点が強みで、Amazonと同様、商品点数に関しては圧倒的な規模を誇ります。

多くのアフィリエイトブログでは、Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトの商品リンクをセットで紹介しており、モノ系のアフィリエイトでは必須のサービスと言えます。

楽天アフィリエイトでは初期登録時に審査がなく簡単なユーザー登録だけですぐに利用できるようになります。

楽天アフィリエイトにログインして、右上にある「会員登録情報」のリンクをクリックしましょう。

画面右上の「追加登録」ボタンをクリックしましょう。

アフィリエイトを利用するサイトの「運営サイト名」「運営サイトURL」を入力し、「運営サイトのジャンル」と「運営サイトで扱うジャンル」を設定すれば初期設定は完了です。

バリューコマースの登録手順

バリューコマースは、1992年に日本で最初にアフィリエイトサービスを始めた老舗のASPです。

ASPとしての強みは何といってもYahoo!ショッピングと提携している点にあるでしょう。Yahoo!ショッピングはAmazon楽天市場に次ぐ規模のネットショッピングモールとして勢力を伸ばしており、ソフトバンクPayPayと連携したサービスでも知られています。

Yahoo!ショッピングは特にアパレル方面に力を入れており、ファッション関連のアフィリエイトブログを展開するなら、バリューコマースは必ず抑えておきたいASPです。

バリューコマースではユーザー登録の際に審査があり、審査基準はそれほど厳しくないものの、サイトの説明記述方式で求められる点には注意が必要で、短い文章曖昧な記述、実際のサイトとかけ離れた説明をすると、審査に落とされる可能性があります。

バリューコマースのトップページの下に「無料会員登録をしてアフィリエイトを始める」ボタンがあるのでクリックしましょう。

メールアドレスを2回入力し、利用規約のチェックボックスを有効にして「次へ」をクリックすると、登録したアドレスにメールが送信されるので、記載されているURLをクリックして新規登録フォームへと移動します。

ユーザー情報とアフィリエイトを掲載するサイトの情報、金融機関の口座情報を入力すれば登録作業は完了、サイトの審査が始まります。

アクセストレードの登録手順

アクセストレードはアフィリエイト業界の中堅に位置するASPです。こうした非大手のASPは特定のジャンルに特化していることが多く、アクセストレードの場合は、求人金融ゲーム関連を得意分野としています。

これらのジャンルはアフィリエイトの利率が高いことが多く、1件の獲得で3000円以上の収益が得られることも珍しくありません。

特に、ユーザーが無料会員登録を行った時点で成果と見做される案件は狙い目で、金銭的な負担が発生しない分、登録のハードルが低く、契約を得やすい分野となっています。

初期登録の際の審査は基準がかなり緩く、苦戦するようなことはまずないはずですが、サイトの特徴ページビュー集客手段について記述形式で入力が求められるので、事前に情報を用意しておくと登録をスムーズに行えます。

アクセストレードのトップページで、右上の「アフィリエイトをはじめてみよう」をクリックしましょう。

メールアドレスを入力したら「パートナー利用規約」と「プライバシーポリシー」のリンクを開いて内容を確認した後に、チェックボックスを選択、「登録する」ボタンをクリックして、送られてくるメールに記載されたリンク先に移動しましょう。

ユーザー情報を入力し、「口座情報」で振り込み機の金融機関を「ゆうちょ銀行」「銀行(各種金融機関)」から選択します。

金融機関の情報を入力し、「サイト情報入力に進む」ボタンをクリックしましょう。

アフィリエイトを掲載するサイトの「サイトタイプ」を選択し、「サイトPR」でサイトの特徴、PV、集客方法を入力した後に、「登録申請する」をクリックすると審査が開始されます。

afbの登録手順

数あるASPの中でも、特に女性向けのアフィリエイトを得意としているのがafbです。

具体的には、美容脱毛健康といったジャンルの広告が多数用意されており、ターゲットに女性層を想定しているブログとの相性が良好です。

ユーザー登録の際に、メディアのかなり細かい情報の登録を求められるのが特徴で、サイトのページビューSNSのフォロワー数のほか、検索エンジンで上位進出を狙っているSEOキーワードの記載欄があったりします。

これらの情報は、ASPがアフィリエイトの広告主にメディアを売り込む際に利用されているため、提供する情報が豊富なほど、ブログの内容に合った優良な広告案件が紹介される可能性が高くなります。

afbのトップページで「無料パートナー登録はこちら」をクリックし、利用規約等が表示されたら、同意する旨のボタンをクリックしましょう。

メールアドレスを入力して「仮登録する」ボタンをクリックし、送られてきたメールに記載されているリンクをクリックします。

ログイン情報とユーザー情報の入力画面が開くので、必要な情報を入力しましょう。

最後に「サイト概要」「集客方法」「SEOの対策キーワード」などを入力し、金融機関の口座情報を記入した後に、「afbを知ったきっかけ」を選択して「確認する」から登録、審査が完了するのを待ちましょう。

もしもアフィリエイトの登録手順

もしもアフィリエイトは、W報酬制度プレミアム報酬制度といった独自の仕組みが人気のASPです。

W報酬制度では通常のアフィリエイトの収益に12%の追加報酬が発生、プレミアム報酬制度は案件ごとに月1万円以上の収益を初めて達成すると、通常の報酬にプレミアム報酬が追加される制度です。

加えて、もしもアフィリエイトではAmazonアソシエイトとの連携に対応、Amazonで販売されている商品をもしもアフィリエイト経由で紹介できる上に、アフィリエイトの利率もAmazonアソシエイトと同等になっています。

Amazonアソシエイトでは初期登録時に、180日間で3件の販売実績の達成という厳しい条件が設けられていますが、もしもアフィリエイトには審査がないので、もしもアフィリエイトを経由すれば審査や販売実績の達成なしでAmazonの商品を紹介できるようになります。

やや裏技的になりますが、Amazonアソシエイトの商品をすぐに紹介したい場合は便利なテクニックです。

もしもアフィリエイトのトップページで「会員登録する(無料)」ボタンをクリックしましょう。

メールアドレスを入力して「確認メールを送信」をクリックし、送られてきたメールに記載されたリンクをクリックします。

任意の「ユーザーID」と「パスワード」を入力して「次に進む」ボタンをクリックしましょう。

名前、生年月日、住所、電話番号などを入力して「次に進む」ボタンをクリックしましょう。

後は「利用規約に同意して登録する」をクリックして登録作業を完了すれば、審査なしでアフィリエイトを利用できます。

まとめ

今回は、アフィリエイトブログをゼロから始める人のために、ブログとASPの初期設定の方法について解説しました。

アフィリエイトブログに求められるているのは、多くのユーザーが訪れるメディアを作成する能力と、ユーザーの需要があるアフィリエイト商品を選定する能力で、これらの両輪がそろうことによって初めて、アフィリエイトブログの運営は安定軌道に乗ります。

今回紹介した手順、レンタルサーバーでのWordPressの構築と、主要ASPのユーザー登録は、その第一歩目となる作業であり、以降は運用しながら改善を繰り返すことで、アフィリエイトブログはより収益性の高いメディアへと成長していきます

これからアフィリエイトブログを始めようとしている人は、今回の記事を参考に、まずはWordPressASPの準備を整えるところから始めてみましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

コロナ禍によりアフィリエイト業界が受けた影響

アフィリエイトマーケティング協会は、コロナ禍によるアフィリエイトへの影響について調査結果を公表しています。
報告によれば、全体の30.1%のアフィリエイターがコロナ禍による影響を受けたと回答しています。
そのうち、収入が増えたのが全体の43.3%で、内訳をみると100万円以上増加したユーザの割合が最も多く23.2%でした。
ジャンル別の状況では、脱毛サロン・エステ・スクール等の来店系案件が苦戦した一方で、オンライン型のサービスやVODなど巣ごもり需要と相性が良い案件が伸びたようです。
生活仕様の大きな変化に伴い、現状の生活に合わせたジャンルを選択することが成功の近道となるかもしれません。

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.com]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる