【徹底解説】最初が肝心!自分に合ったおすすめASPの選び方

この記事は約13分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

アフィリエイト初心者からの質問の中でも特に多いのがASPに関するもので、どのASPを使えばいいのかオススメを教えてほしいという声をよく聞きます。
今回は初心者から上級者まで、レベルや目的に応じたASPの選び方について解説していきましょう。

難易度別ASPの選び方

アフィリエイトブログを始めたものの、ASPの事業者ごとの違いが、いまいちよく分かっていないという人は少なくないと思います。

ASPは「アフィリエイト・サービス・プロバイダ」の名前の通り、購入の記録から紹介料の支払いまで、アフィリエイトのサービス全体を統括していますが、事業者によってそれぞれ得意分野があるので、それらを理解した上で状況に応じて使い分けるのが理想です。

まずは大まかな分類として、難易度を基準に、アフィリエイトの初心者向け、中級者向け、上級者向けのASPを見ていきましょう。

初心者向け:モール型ASP

アフィリエイトを始めたばかりの初心者に向いているのが、モール型ASPです。

代表格はAmazonが提供するAmazonアソシエイトや、楽天市場が提供する楽天アフィリエイトで、どちらも消費者向けに販売している商品を、そのままアフィリエイトで紹介できるのが特徴です。

モール型ASPが初心者に向いている理由としては、多くの人が使っている一般層向けの商品を多数取り扱っているため、記事で取り上げる際も、自分が使ったことのある商品を紹介すれば書く内容に困らない点が挙げられます。

また、多くのユーザーがアカウントを持ち普段から利用しているため、気軽に購入されやすいのも大きなメリットです。

一方でアフィリエイトの利益率は低く、もっとも有利なファッション、シューズ、バッグでも8%、売れやすい書籍、おもちゃ、生活雑貨では3%にしかならないため、多くの収益を稼ごうとすれば、大量の商品を売らなければならないのが難点です。

中級者向け:総合型ASP

アフィリエイトの収益を重視する中級者におすすめなのが、A8.netやバリューコマースといった総合型ASPです。

総合型ASPのメリットは、モール型よりも利益率の高い商品を扱える点にあり、クレジットカード、保険、証券会社などのアフィリエイトでは、1件あたりの収益が1万円を越えることも珍しくありません。

また、新しいジャンルに強いのも魅力で、例えば動画配信や電子コミックのサブスクリプション型サービスは、ここのところ急速に伸びている分野ですが、総合型ASPではこういった案件も積極的に取り入れています。

欠点としては、紹介先のECサイトで商品を購入する際に、初回のユーザーはアカウントの作成から始めなければならず、購入のハードルがやや高くなる点です。

上級者向け:クローズド型ASP

アフィリエイトの上級者におすすめなのは、普通のアフィリエイターでは手を出せないクローズド型のASPです。

Rentracksやfelmatといった会員制のASPは、サービス側からの招待既存会員の推薦がないと入会することができません。

クローズド型ASPは、実力や実績のあるサイト運営者のみを対象にしていますが、会員を限定している分、他のASPでは取り扱っていない、利益率の高い案件を数多く提供しています。

会員一人一人に担当者が付き、おすすめ案件を紹介したり、サイト運営の相談に乗ったりするなど、非常に手厚いサポートを行っているのも特徴です。

なお、非クローズド型のASPでも、ユーザーのランク制度を取り入れているところでは、上位ランカーに対して特別な待遇を行っているのが一般的です。

ASPにはどんなものがある?

前章では、アフィリエイトの難易度別に、初心者から上級者までのおすすめASPを紹介しましたが、それぞれに該当するモール型ASP、総合型ASP、クローズド型ASPでは、多くの事業者がサービスを展開しています。

それぞれの代表的な事業者を紹介していきましょう。

モール型ASP

モール型ASPは、ネットショッピングモールに付随するかたちでアフィリエイトが展開されている事業者で、膨大な商品点数購入の敷居の低さが特徴です。

国内のモール型ASPの代表は、以下の2つとなります。

  • Amazonアソシエイト

国内最大のショッピングサイトであるAmazonが提供しているアフィリエイトです。Amazonで販売されている全商品アフィリエイトの対象で、利用者も多いことから、非常に購入されやすいASPです。 ただしアフィリエイトの利益率は低めで、初回登録時にはサイトの審査に加えて、180日間で3点の販売実績が求められるほか、Amazonプライムに入会済みであることが条件となります。

  • 楽天アフィリエイト

Amazonと並ぶECサイトの大手、楽天市場が展開するアフィリエイトです。商品点数の多さはAmazonに引けを取らず、ユーザーに馴染みがあるため購買のハードルも非常に低い点が魅力。 Amazonと異なるのは、登録時に審査がなく、誰でもすぐに利用できる点と、楽天グループの他のサービスとの親和性の高さで、楽天キャッシュであればアフィリエイトの収益を少額からでも受け取れるなどの特典があります。

総合型ASP

統合型ASPは、多くのECショップのアフィリエイト案件をまとめて登録・管理している事業者です。

クレジットカード、保険、電子コミック、不動産など、取扱商品は幅広いですが、ECショップに移動してから決済情報を入力して購入しなければならないため、モール型よりも購入されにくい傾向があります。

  • A8.net

広告主数とメディア数で業界ナンバー1を誇る、国内最大のASPです。アフィリエイトのほぼ全てのジャンルを網羅しており、A8.netに登録しておけば、どんな分野にでも一通り対応ができるという、 業界標準的なポジションにあります。登録時には審査が行われないため、導入の間口も広くなっています。

  • バリューコマース

日本で最初にアフィリエイトサービスをはじめた老舗のASPです。幅広いジャンルを手掛ける総合型のASPで、長年の運営で培った信頼性から、他のASPでは扱っていない独自の案件を掲載していることがあります。 また、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトを扱える数少ないASPのひとつでもあります。

  • もしもアフィリエイト

独自の報酬制度を導入することで人気を集めている新興のASPです。アフィリエイトの収益に一定のボーナスを追加するW報酬制度や、売り上げが既定の基準を越えると報酬をもらえるプレミアム報酬制度といった インセンティブが用意されているため、特に成果を重視するユーザーに人気のASPです。

  • afb

女性向けのアフィリエイトに強さを発揮するASPです。美容、エステ、健康、コスメなどのジャンルで豊富な案件を掲載しており、中には大手ASPが取り扱っていない案件や、 より有利な利益率や成果条件が設定されているものもあります。担当者によるサポートが丁寧なことでも定評があります。

  • ACCESSTRADE(アクセストレード)

単価の高いアフィリエイト案件を多数取り揃えているASPです。クレジットカードオンライン証券などの金融関連スマホのアプリゲームなどを得意としており、無料会員登録資料請求の時点で成果と見做されるような、 条件達成のハードルが低い案件を多数擁しています。アフィリエイトで高収益を目指している中級者以上にとって狙い目のASPとなっています。

クローズド型ASP

クローズド型ASPの特徴は、入会に一定の条件が必要になることです。

条件はASPによって様々ですが、基本的にサイト側からの働きかけで入会が認められることはなく、ASPからのスカウト同業者からの推薦がないと入ることが難しいようです。

会員数を絞っている分、担当者のサポートは手厚く、好条件の案件を多数取り揃えています。

  • Rentracks

一般のASPが扱っていない、特別に単価の高い案件を多数扱っており、特に美容、健康関連の商品のラインナップに定評があります。担当者のサポートもしっかりしていて、 丁寧に相談に乗ってくれることから、会員の間での評価は非常に高いサービスです。一般向けの入会方法は公開されておらず、入会にはサイトの知名度を上げてASPからスカウトが来るのを待つしかないようです。

  • felmat

クローズド型ASPの例に漏れず、高単価案件を得意とするASPです。他のASPで扱っている案件も掲載されていますが、さらに単価が上乗せされる特別単価が適用されやすく、 同じ商品を掲載しても、felmetのアフィリエイトではより多くの収益を得られる仕組みになっています。入会方法はASPからのスカウト、あるいは既に入会している会員からの推薦のどちらかです。

アフィリエイトと相性がいいブログサービス

ここまで紹介してきたASPの中には、特定のブログサービスと相性が良いものがいくつかあります。

相性が良いASPとブログサービスでは、特別な好条件でブログサービスを利用できたり、アフィリエイト記事を作りやすい環境が整っていたりします。

ここでは相性が良いASPとブログサービスの組み合わせを紹介しましょう。

  • 楽天アフィリエイト+楽天ブログ

楽天アフィリエイトと楽天ブログは、どちらも楽天グループに属するため、非常に相性が良い組み合わせです。

楽天ブログと楽天アフィリエイトのユーザーアカウントは共通で、ブログの記事作成画面でアフィリエイトの対象商品を探し、簡単に記事内に組み込めるようになっています。

また、楽天アフィリエイトで得た収益は現金と楽天キャッシュのどちらでも受け取れますが、現金では一定額になるまで換金できないのに対して、楽天キャッシュでは1円から受け取りが可能で、そのまま楽天系のサービスで利用できます。

楽天市場をよく利用する人にとっては、楽天アフィリエイトと楽天ブログは最強の組み合わせとなるでしょう。

  • A8.net+ファンブログ

国内最大のASP、A8.netはアフィリエイトだけでなく、独自のブログサービス「ファンブログ」を提供しています。

ファンブログはA8.netに会員登録をしたユーザー全員が無料で利用できるブログで、A8.netと連携してアフィリエイトを掲載しやすい点が魅力です。

また、ファンブログの大きな利点として、他の無料ブログと違って広告が強制表示されない点が挙げられます。

  • 全ASP+WordPress

今回紹介した全てのASPと相性が良いのが、WordPressで構築されたブログです。

WordPressには強力なSEOの効果があり、検索エンジンの検索結果で上位に進出しやすい特性を備えています。

豊富なテーマプラグインによりブログの拡張が簡単で、トラブルシューティングの事例が多いため問題解決も容易と、アフィリエイトブログの環境としては欠点らしい欠点がありません。

現在のアフィリエイトブログの大半がWordPressで構築されているので、そこに遅れをとらないためにもWordPressを積極的に選択すべきでしょう。

WordPressは無料ですが、導入先のレンタルサーバー自分で確保しなければなりません。「お名前.com」ではWordPressの自動インストール機能に対応したレンタルサーバーを提供しているので、初めてWordPressを利用する人にもおすすめです。

ASPの審査を通過するための5つのポイント

アフィリエイトサイトの立ち上げでつまずきやすいのが、ASPの審査です。

多くのASPでは初期登録時に、サイトの内容をチェックし、自社のアフィリエイト広告を掲載するのにふさわしいかを判断しています。

この審査はASPによって難易度が大きく違い、簡単に通過できるASPもあれば、非常に厳しい基準を設けていて、それに達していないサイトは容赦なく落とすASPもあります。

ASPの審査では、サイト全体の完成度総合的にチェックしているため、特定の条件さえ満たしていれば確実に審査を通過するとは言えませんが、審査において明らかに重視されているポイントはいくつかあるので、そこを重点的に対策すれば、通過の可能性は高くなります。

ここでは、ASPの審査で重視される5つのポイントについて解説しましょう。

【ポイント1】無料ブログを使わない

無料のブログサービスで作成されたブログは、ASPの審査では確実に落とされます

無料のブログサービスではバナー広告が強制的に表示されるのが理由で、サイト管理者がコントロールできない広告が表示されるメディアは、アフィリエイト広告を掲載するのにふさわしくないと判断されるためです。

アフィリエイトブログは無料ブログではなく、レンタルサーバーにWordPressをインストールして構築しましょう。

【ポイント2】独自ドメインを利用する

サイトのURLが独自ドメインになっていない場合、その時点でASPの審査には通りません。

独自ドメインは最短でも1年間の契約なので、独自ドメインを登録したサイトは1年以上の運営が前提と考えられます。

また、独自ドメインの取得には手間コストがかかるため、ASP側としては、独自ドメインを使っているサイトは運営に本腰を入れているので信頼できるという判断になります。

独自ドメインの登録には「お名前.com」を利用すると、レンタルサーバーとセットでお得に取得できます。

【ポイント3】記事数は10〜20本、文字数は3000字以上

ASPの審査ではブログで公開済みになっているコンテンツの分量がチェックされていて、記事の本数1記事あたりの文字数、どちらもある程度のボリュームがないと審査には通りません。

記事本数は全体で10〜20本、文字数は1記事あたり3000字以上が目安で、この分量を超えていれば、まず安全圏と言われています。

なお、ここで挙げた数字は絶対的なものではなく、2000字程度の文字数で審査に通った、あるいは記事が10本以上あったのに審査に落とされた、といった報告があることから、コンテンツ量はあくまで判断材料のひとつで、 他の要素も鑑みた上で総合的に合否が判定されているようです。

【ポイント4】運営者情報、プライバシーポリシーは必須

プライバシーポリシーは、ASPの審査の際には必ず用意しておくべき必須の要素となります。

プライバシーポリシーは、個人情報の取り扱いの方針を公開した文書で、ブログの場合、コメント投稿アクセス解析でユーザーの個人情報が自動的に収集されるため、それらを悪用しないことをプライバシーポリシーで表明する必要があります。

プライバシーポリシーの公開は法的には義務付けられてはいませんが、2018年のGDPR(EU一般データ保護規則)の施行以降は、実質的に全世界のサイトが導入せざるをえない状況になっています。

プラバシーポリシーはネット上で公開されている雛形を流用するだけで、簡単に作成が可能です。

【ポイント5】登録時の「サイトの説明」をしっかり書く

ASPの初期登録の際、サイトの情報提供を求められることがありますが、隠すことなく正直に入力しましょう。

特に注意したいのが、サイトの説明が自由入力欄になっているケースで、つい文章を書くのが面倒で簡単な記述で終わらせてしまいがちですが、審査落選のリスクを少しでも下げるために、できるだけ丁寧に書くべきです。

サイトのコンセプト、テーマ、紹介する商品などについて、具体的に説明しましょう。

まとめ

今回は、ASPの選び方について、詳しく解説しました。

アフィリエイトブログを始める際に、ブログの構築まではすんなり進められたものの、ASPは一度も触ったことがないので使い勝手がよく分からない、という人は少なくないはずです。

ASPは使うユーザー次第で、いかようにもポテンシャルを引き出せるサービスで、アフィリエイトの上級者ほど、ASPの特徴をよく理解し、二人三脚の関係を築くことに成功しています。

ASPに詳しくなることはアフィリエイトで成功を収める上での絶対条件なので、少しずつ知識を深めていきましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

コロナ禍によりアフィリエイト業界が受けた影響

アフィリエイトマーケティング協会は、コロナ禍によるアフィリエイトへの影響について調査結果を公表しています。
報告によれば、全体の30.1%のアフィリエイターがコロナ禍による影響を受けたと回答しています。
そのうち、収入が増えたのが全体の43.3%で、内訳をみると100万円以上増加したユーザの割合が最も多く23.2%でした。
ジャンル別の状況では、脱毛サロン・エステ・スクール等の来店系案件が苦戦した一方で、オンライン型のサービスやVODなど巣ごもり需要と相性が良い案件が伸びたようです。
生活仕様の大きな変化に伴い、現状の生活に合わせたジャンルを選択することが成功の近道となるかもしれません。

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.com]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる