【初心者向け】稼げるアフィリエイト記事の作り方5つのポイント

この記事は約9分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

「稼げるアフィリエイト記事ってどうやって作ればいいの?」「報酬の獲得につながるアフィリエイト記事の作り方について教えてほしい」

このような疑問・要望はありませんか。

初心者アフィリエイターがつまずきやすい悩みとして、アフィリエイトの記事の作成方法が挙げられます。

実際、初心者の方で記事が書けず自己嫌悪に陥り、アフィリエイトを挫折してしまう方は非常に多いです。

とはいえ、完全初心者からアフィリエイトを始めて、プロ並みの記事を書けるようになり稼げているアフィリエイターがいるのも事実です。

では、アフィリエイトで稼げる人と稼げない人の記事には、どのような違いがあるのでしょうか。

そこで本記事では、稼げるアフィリエイト記事の作り方から商品・サービスが売れるようになるテクニックについて解説します。

「稼げるアフィリエイト記事を作るにはどうすればいい?」

「報酬獲得につながるアフィリエイト記事を書いて稼げるようになりたい」

このような疑問・要望がある方はぜひ最後までご覧ください。

アフィリエイトで稼げる記事の前提条件

アフィリエイトで稼げる記事を作るには、以下の3つの前提条件をクリアする必要があります。

  • ユーザーの検索ニーズを理解しておく
  • ターゲット像をイメージしておく
  • 記事を読んだ後のゴールを決めておく

上記の前提条件をクリアしないと、アフィリエイトで稼ぐのは非常に難しいでしょう。

ひとつずつ前提条件の内容を確認していきましょう。

ユーザーの検索ニーズを理解しておく

稼げる記事を作るためには、ユーザーの検索ニーズを理解することが重要です。

なぜなら、アフィリエイトはユーザーのニーズに応えて、商品やサービスを購入してもらうことによって報酬を得るビジネスモデルだからです

つまり、ニーズを理解できていないと、記事を商品やサービスの購入に繋げることができません。

競合サイトやQ&Aサービスから、ユーザーの検索ニーズを意識的に収集する癖をつけるようにしましょう。

ターゲット像をイメージしておく

検索ニーズを理解したら、実際に検索活動を行うであろうターゲットをイメージしましょう。

ターゲット像をあらかじめイメージしておくと、その人に語りかけるように記事を書けるようになるので、コンテンツの内容に深みがでます。

当然ながら、コンテンツの内容に深みが出ると、ユーザーは「この情報は有益だな!」と思ってもらえるようになります。

そうなるとユーザーの行動意欲が向上し、商品・サービスを購入してもらいやすくなるわけです。

記事を作る前にイメージしておくべきターゲット像については、具体的に以下の項目を押さえておくとベストです。

  • 架空の名前
  • 年齢
  • 性別
  • 家族構成
  • 住んでいる地域
  • 年収
  • 価値観

記事を読んだ後のゴールを決めておく

ユーザーが記事を読んだ後のゴールを決めておきましょう。

例えば、あなたがワインを紹介する記事を書いたとしたら、記事のゴールは「ユーザーがワインを欲しくなっている状態」となります。

このようにゴールを定めておくと、方向性がブレない記事を作れるようになります。

記事の方向性が途中でブレるとユーザーの離脱率が高くなったり、正しい情報が伝わりにくくなったりするので、必ず記事を読んだ後のゴールを決めておくようにしましょう。

報酬獲得につながるアフィリエイト記事の5つのポイント

ここでは報酬獲得につながるアフィリエイト記事を作る上で、ポイントとなる5つの要素をまとめました。

  • 魅力的なタイトルをつける
  • 続きが気になるようなリード文を書く
  • 徐々に購買意欲が高くなるような記事構成を作る
  • 自然な流れでアフィリエイトリンクを貼る
  • 収益記事に誘導する

それぞれのポイントを詳しく解説します。

魅力的なタイトルをつける

アフィリエイト報酬の獲得につなげるためには、ユーザーにとって魅力的なタイトルをつけることが重要です。

なぜなら、ユーザーはタイトルを見てその記事を閲覧するかどうかを決めるからです。

タイトルの段階で興味を持たれないのは、アフィリエイト収益を発生させる以前の問題と言ってよいでしょう。

魅力的なタイトルを例に挙げると以下のとおりです。

  • 【2022年最新版】おすすめの有料ブログテーマ10選【初心者必見】
  •   有名美容外科医が解説!女性におすすめの美肌パック7選
  • 【1分で簡単】歴10年のプロがブログの開設方法を初心者にわかりやすく解説

あくまで一例ですが、「権威性」「手軽さ」「新情報」の要素が盛り込まれていて、それに
プラスして「誰に向けて情報を伝えているのか」のポイントが明確です。

上記のような魅力的なタイトルをつけて、ユーザーの興味を惹きつけましょう。

続きが気になるようなリード文を書く

確かに、ユーザーがタイトルで記事に興味を持ってくれれば、アクセスしてくれる確率が高くなりますが、しかし、アクセスはしたものの、「なんかこの記事は思っていたのと違うな…」と思われてしまい、記事の冒頭で離脱されてしまうケースは多々あります。

そのようなことを防ぐためには、記事の冒頭で思わず続きが読みたくなるようなリード文を書くことが重要になってきます。

つまり、記事を読んでくれるかどうかはリード文の段階で決まります。

例えタイトルで興味を持たれたとしても、ページの離脱につながっては意味がないので、しっかりリード文を書くようにしましょう。

ちなみにリード文の書き方は、後で詳しく解説するのでそちらをご覧ください。

徐々に購買意欲が高くなるような記事構成を作る

アフィリエイトの報酬獲得につなげるためには、記事の中でユーザーの購買意欲を徐々に高めていく構成を作ることが重要です。

そのような構成によって、記事を読む前はそこまで購買意欲が高くなかったユーザーも、読み終わる頃には「ちょっと気になるかも」「公式ページだけでも見て見ようかな」といった気分になります。

例えば、「ブログ やめとけ」というキーワードで、購買意欲を刺激するような構成を作るならば次のような流れになります。

  • ブログはやめとけと言われる理由

  • ブログで稼げない人の特徴

  • ブログで稼げない人の対処法

  • ブログで稼ぐためのステップ

キーワードを入り口に、ひとつずつ段階を踏んで結論へと誘導していくイメージです。

アフィリエイトで成果を上げたいなら、記事を読み進めるうちに商品・サービスが欲しくなるような構成を作りましょう。

自然な流れでアフィリエイトリンクを貼る

商品・サービスを売るためには、自然な流れでアフィリエイトリンクを貼りましょう。

なぜなら、アフィリエイトは営業と一緒で、商品やサービスを売り込みすぎるとユーザーはネガティブな感情を持つからです。

ユーザーが商品・サービスを欲しいと思う場面を想定して、紹介するポイントを見極めてアフィリエイトリンクに誘導するようにしましょう。

アフィリエイト報酬を得るためには、売り込みしすぎないことも重要です。

収益記事に誘導する

記事の最後では、ユーザーを収益記事に誘導しましょう。

収益記事とは、例えば「化粧品 おすすめ」や「プログラミングスクール 比較」など、商品やサービスを紹介することに特化した記事を指します。

アフィリエイトは、通常の記事でアクセスを集め、最終的に収益記事に誘導して収益を発生させる仕組みを作るのが成功の秘訣です。

通常の記事の最後では収益記事に誘導する導線を設置しておきましょう。

アフィリエイト記事で使える文章テクニック3選

アフィリエイト記事で使える商品・サービスが売れる文章のテクニックを3つ紹介します。

  • 新PASONAの法則
  • BEAFの法則
  • PREP法

上記のテクニックを活用することで、初心者でもプロのアフィリエイター並みの文章が書けるようになります。

文章を苦手にしている人こそ試してほしいテクニックなので、ぜひ実践してアフィリエイト報酬につなげてみてください。

新PASONAの法則

新PASONAの法則は、マーケターの神田昌典氏が提唱したセールスライティングのテクニックです。

主に、アフィリエイト記事のリード文や商品・サービスを販売するランディングページで活用されています。

新PASONAの法則を活用できるようになると、ユーザーの潜在ニーズを呼び起こし、商品・サービスの購買活動につなげやすくなります。

つまり、アフィリエイト収益に直結するテクニックです。

新PASONAの法則は、以下の6つの要素で構成されています。

  • Problem(問題)
  • Affinity(親近感)
  • Solution(解決策)
  • Offer(提案)
  • Narrow(絞込み)
  • Action(行動)

上記の要素を一言でまとめると、ユーザーが抱えている問題を意識させ、その問題に対して共感を示し解決策を提示した上で商品・サービスの購入につなげるといったものです。

アフィリエイト記事で活用して損はないテクニックなので、ぜひ覚えておいてください。

BEAFの法則

BEAFの法則は、商品・サービスのメリットを魅力的に伝える文章のテクニックです。

収益記事の中で商品やサービスを紹介する際に活用できます。

自身のサイトで紹介したい商品の概要や特徴を以下の構成と流れに当てはめるだけで、プロのアフィリエイター並みの文章が書けるようになります。

  • Benefit(ベネフィット)
  • Evidence(エビデンス)
  • Advantage(アドバンテージ)
  • Feature(フィーチャー)

アフィリエイト記事で商品・サービスを紹介するなら、欠かせないテクニックの1つです。積極的に活用しましょう。

PREP法

PREP法とは、最初に結論を伝えた上で、その結論になった理由と具体例を示す文章のテクニックです。

アフィリエイトの場面ではもちろんのこと、ビジネスにおけるプレゼンテーションやセールスでもよく使われています。
PREP法は、次の順番で論を展開します。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(実例・具体例)
  • Point(再結論)

PREP法は、ユーザーに根拠を持って説明することができ、内容が伝わりやすいのが特徴です。

そのため、難しい内容を伝える際も、ストレスなくユーザーに情報を伝えることが可能です。

アフィリエイト初心者でも活用しやすいテクニックなので、記事を作る際はぜひ使ってみましょう。

まとめ

今回は、報酬獲得につながるアフィリエイト記事の作り方や、商品・サービスを売るための文章のテクニックについて解説しました。

ここで紹介したポイントについて、最初はわからないことや実践できないこともあると思いますが、バットの素振りのように何回も記事を書いているうちに感覚を掴めるようになります。

アフィリエイトで一番重要なのは、諦めずにコツコツ継続することなので、根気強く記事作成に取り組むと良いでしょう。

今回紹介した内容をもとに、アフィリエイト報酬の獲得につながる記事作成に取り組んでみてください。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。

初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

コロナ禍によりアフィリエイト業界が受けた影響

アフィリエイトマーケティング協会は、コロナ禍によるアフィリエイトへの影響について調査結果を公表しています。

報告によれば、全体の30.1%のアフィリエイターがコロナ禍による影響を受けたと回答しています。

そのうち、収入が増えたのが全体の43.3%で、内訳をみると100万円以上増加したユーザの割合が最も多く23.2%でした。

ジャンル別の状況では、脱毛サロン・エステ・スクール等の来店系案件が苦戦した一方で、オンライン型のサービスやVODなど巣ごもり需要と相性が良い案件が伸びたようです。

生活仕様の大きな変化に伴い、現状の生活に合わせたジャンルを選択することが成功の近道となるかもしれません。

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。

WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを始める

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。