アフィリエイトブログ記事の文字数はどれくらいがベスト?SEOへの影響も解説!

この記事は約10分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

今からアフィリエイトを行う方、そしてアフィリエイトを続けている方でも一度は疑問に思うであろう「ブログ記事の文字数ってどれくらいが一番いいの?!」という悩み。

実際、アフィリエイト、ひいては「SEO」に最適な文字数というのは存在するのでしょうか?

ここでは、「これがベスト!」と一般に言われている文字数、そして逆にNGな文字数についても解説していきます。

アフィリエイトサイトの文字数の正解は?

それでは早速、アフィリエイトのページを作成する際の「最適な文字数」を確認していきましょう。

アフィリエイトサイトでは、検索エンジンからのユーザーの流入が重要なアクセス源になるため、検索順位で上位に表示されやすい記事を作れるかどうかが成否の鍵を握ります。

そのため、検索エンジンがどのくらいの文字数の記事を高く評価するのかについては、多くのアフィリエイターにとって常に関心の的でした。

結論として、この文字数に関する議論では、多くのアフィリエイターが経験則から2000字をひとつの基準として挙げることが多くなっています。

ただし、これは2000字の条件を満たせば検索エンジンから必ず高い評価を得られるという意味ではありません。

検索エンジンによるウェブページの査定項目は多岐に及び、文字数はその無数にある評価ポイントの中のひとつに過ぎないのです。

重要なのは文字数よりも記事内容のクオリティであり、2000字という数字は、内容に注力した記事を作る過程で必然的に要求される文字量と捉えた方が適切でしょう。

文字数よりも大切!SEOに重要な3つのポイント

文字数が記事の評価基準でないとするなら、記事を作るときにはどのような点に注意すべきなのでしょうか。

検索エンジンがウェブページを評価する際に重視している原則は、次の3点です。

読者が求めている情報か

検索エンジンが最重要視するのは「記事がユーザーの求めに応じる内容(ニーズを満たした内容)になっているか」どうかです。

検索エンジン最適化(SEO)にはさまざまなノウハウがありますが、その目的は全てユーザーの需要に応えることに行き着くと言っても過言ではありません。

検索エンジンを利用しているユーザーがどんな情報を求めているのか、それを調査・予測して応えることがSEOの本質であり、文字数はそのための手段であることを覚えておきましょう。

情報が網羅されているか

検索エンジンの評価基準では、ウェブページの情報の網羅性が重視されます。

網羅性とは要するに、テーマに関連した情報が不足なく記載されているかについてで、訪れたユーザーが、そのテーマに関する情報を充分に知ることができるかが問われます。

競合する他のウェブページと比べたときに、情報に抜けや漏れがある場合は不利になる可能性があるため、充分な文字量で記事を書く必要があるわけです。

読みやすい内容になっているか

文章が読みやすいものになっているかも、重要なポイントになります。

読みにくい文章の記事は、そのページを訪れたユーザーが途中で離脱するため、サイトの滞在時間が短くなる傾向にあります。

ユーザーの滞在時間の長短は、検索エンジンの評価に直接的な影響があるわけではありませんが、ページビューの伸び、ウェブ広告のクリック率、アフィリエイトの収益など、サイトの成果全体に大きな影響があるため、途中で読者が離脱するような読みにくい記事はなるべく避けるべきです。

アフィリエイトサイトの文字数の増やし方

アフィリエイトサイトの記事では、ユーザーに必要な情報を盛り込むと必然的に2000字以上になることが多いため、2000字がひとつの基準とされています。

しかし、実際に記事を書くといつも2000字に届かないという人もいると思います。

その場合は、記事の書き方を再考してみるべきかもしれません。

ここからは2000字を書けるようになる記事の書き方のポイントについて解説します。

周辺情報を網羅する

文章量が少ない記事は、結論だけを書いて終わりというケースが多いですが、これはユーザーにとって分かりやすい文書とは言えません。

結論の周辺には、問題の背景から結論に至るまでの論理、結論を導く際の注意点、結論から外れる例外など、少なくない数の注釈や補足があるはずで、それらを丁寧にフォローしている記事は読者の理解を深め、検索エンジンにも高く評価されます。

関連キーワードを盛り込む

検索キーワードと同時に検索されている関連キーワードを盛り込むことも重要です。

例えば、「レストラン おすすめ」という検索キーワードをターゲットに記事を作る場合には、「レストラン おすすめ 子供連れ」「レストラン おすすめ デート」といった関連キーワードの情報についても積極的に言及するようにしましょう。

幅広い検索ワードに対応できるようになるのはもちろん、より細分化された検索ワードで上位表示を実現できる効果も期待できます。

ただしキーワードによって、全く意図の異なるものについては別途記事を作成する方が、それぞれの情報を求めるユーザーにとってわかりやすい場合もあります。
しっかりとキーワードを検索する方の求めている情報を調査・理解して作成する事が肝要です。

共起語を意識する

検索エンジンがウェブページを評価する基準のひとつに共起語があります。

これはあるキーワードと同時に使われる頻度が多い単語のことで、例えば「SEO」という単語であれば、「検索エンジン」「最適化」「上位表示」「アクセス」などが該当します。

共起語の多い文章は、そのテーマに関する語彙の豊富さを意味し、多彩な表現を駆使して丁寧に記述された記事であるほど共起語は多くなりやすいため、検索エンジンはその記事を高く評価するようになります。

アフィリエイトサイトで文字数が少なくても
上位表示されている理由

文字数が少ないにも関わらず、検索エンジンで上位に表示されているサイトも存在します。

そういったサイトでは、文字数の不足を補って余りある理由によって上位表示を実現している場合がほとんどです。

その代表的な理由を挙げてみましょう。

サイトのドメインが強い

サイトのドメインが強力なため、記事の文字数に関係なく上位表示されているパターンです。

検索エンジンは記事の内容によって検索順位を決定していますが、公式サイトの一次情報のような情報の重要度が極めて高い場合は、記事の文字量やクオリティに関係なく上位表示されます。

競合記事のレベルが低い

競合する他サイトの記事のレベルが低い場合にも、情報の密度の薄い記事が上位に表示されることがあります。

収益化が難しいスモールワードの周辺で起きやすい現象で、競合するサイトの情報が古かったりSEOに興味がない個人サイトだったりすると、文字数が少なく内容が薄いページであっても相対的に高く評価されて上位に表示されることがあります。

必要な情報を満たしている

少ない文字数ながらも、ユーザーが求めている情報が充分にまとまっていると検索エンジンが判断したために上位表示されているケースです。

例えば、極端ですが「臨機応変 意味」などといったキーワードは、今までお話してきたような「網羅性」「周辺の情報」などは特別必要なく、臨機応変の意味さえ知ることができればユーザーは満足するでしょう。
上述したように、検索エンジンはユーザーの需要に応えるページを上位に表示しており、記事の文字数についてはあくまでその結果に過ぎません。

したがって文字数が少なくても、ユーザーが求める情報を満たしていると判断されれば、検索結果の上位に表示されることは充分にありえます。

文字数が多くても上位表示されない理由

充分な文字数で記事を書いたのに、検索結果の上位に表示されない記事は少なくありませんが、その場合は記事の中身を見直してみるべきかもしれません。

検索エンジンは、記事の中身をチェックした上で順位を決定しており、一見、文字数が多く見える記事であっても、次に挙げるようなタイプの記事は上位に表示されません。

コピペで作られている

記事のコンテンツが、他サイトからコピーした内容だった場合には、その記事は全く評価されません。

検索エンジンはコピーを見抜いて検索順位を下げるだけでなく、著作権侵害が報告されたサイトは最悪、ペナルティをうけ検索結果に表示されなくなる可能性があります。

口コミの引用が多い

記事本文の中で引用を乱発しても、文章量が増えたことにはなりません。

記事の中で、他サイトの文章やSNSの投稿について言及したい場合は、blockquoteタグやqタグで囲むことによって、引用であることを明らかにすることができます。

引用タグを利用している場合、コピーした内容であっても検索エンジンの評価が下がることはありませんが、当然、有効な文章としてはカウントされません。

テーマと無関係な記述が多い

記事のテーマとは関係のない文章を書いて記述を引き伸ばす方法も、検索エンジンには通用しません。

実際、途中で話題が脱線している文章を公開しているサイトは少なくありませんが、検索エンジンは記事内容の統一性を判断しているため、無関係な記述を加えても評価の対象にはなりません。

途中で書くネタが尽きたからといって、テーマとは無関係な話題でお茶を濁しても意味がないことを覚えておきましょう。

アフィリエイトサイトのタイトルは何文字にすべき?

記事のタイトルについては、ユーザーの興味を惹き、なおかつ記事の内容が正確に伝わることを重視すべきですが、タイトルの総文字数もそれに劣らず重要です。

なぜなら、検索エンジンの検索結果に表示されるタイトルの文字数には上限があり、それを無視してタイトルを付けた場合、ユーザーに必要な情報が伝わらない恐れがあるからです。

記事タイトルを付ける際に留意したいポイントは次の3つになります。

Googleの検索結果では32文字以上は省略される

Googleでは検索結果に表示される記事タイトルの文字数は最大で32文字となっています。

それ以上のタイトルを付けると省略されるため、ユーザーは検索結果の画面からタイトルを最後まで読むことはできなくなります。

そのため、記事のタイトルは32文字以内に収めるのが鉄則となります。

Twitterカードは全角61字の表示

記事のタイトルでGoogleの他にもうひとつ注意したいのがTwitterに表示された場合の制約です。

記事のリンクがツイートに張られた場合、Twittreカードの機能によりタイトルとサムネイルが表示されますが、Twitterカードに表示可能なタイトルの文字数は公式には70文字、実際には全角の2バイト文字で61文字程度となっています。

ただし、これはデバイスの画面サイズに左右され、スマホの画面で表示した場合には20字程度しか表示されないこともあります。

タイトルはSEOに重大な影響力あり

記事のタイトルは、上述したGoogleとTwitterでの表示可能な文字数を計算した上で付けるのが基本ですが、もうひとつ覚えておきたいのが、記事タイトルに含まれる単語はSEOに重大な影響があることです。

そのため特定の検索キーワードでの上位表示を目指す場合、その単語は必ず記事のタイトルに組み込む必要があります。

記事のタイトルでは、検索キーワードを含み、ユーザーの興味を惹きつけ、なおかつ上限の文字数内に収まるという3つの条件を満たしているものがベストです。

まとめ

今回は、アフィリエイトサイトの記事の文字数について解説しました。

ウェブコンテンツでは物理的な文字量の制約がないだけに、どのくらいの文字数で記事を書けばいいのかは悩みどころです。

最適な文字量の基準は、アクセスの導線となる検索エンジンの評価次第ですが、検索エンジンは文字数をそれほど重視していないというのが実情で、巷で言われている2000字という基準も、評価が高い記事は自然と文字数も2000字以上になるという結果論から導き出されたものに過ぎません。

記事を書く際には、これだけの文字数を超えればOK、というような基準を設けるのではなく、中身が読者のニーズに応えるものになっているかを第一に考えて取り組むようにしましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説しています。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービスです。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。
WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネットグループ株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。