ブログテーマ選びのポイントとWordPressのおすすめ無料テーマ3選

WordPressの魅力のひとつが豊富なテーマ。
世界中で開発されている膨大な数のテーマの中から、自分好みのデザインを選択できますが、最近はデザインだけでなく、機能面を重視したテーマも登場し、選び方が難しくなっています。

今回はWordPressテーマの選び方について解説しましょう。

この記事で分かること

  • ブログテーマを選ぶ際のチェックポイント
  • WordPressの知っておきたい定番無料テーマ

WordPressの「テーマ」とは?

WordPressのカスタマイズ性の高さを象徴する機能が「テーマ」です。
テーマを入れ替えることにより、記事や機能はそのままに、ブログの見た目だけを大きく変えることができます。

同じWordPressのブログでも、選択したテーマによっては、まったく違ったサイトに見えるほどです。

さらに最近のテーマは、デザインのみならず機能面でも高度化しています。
プラグインを使うことなく新たな機能を追加できたり、検索エンジン最適化(SEO)に効果的なテーマも登場してきたりしています。

テーマの選択は、WordPressを使う上で避けては通れません。
テーマの種類と特徴、選び方について、ここでしっかり身に付けておきましょう。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

有料と無料のテーマ、国産と海外産のテーマの違い

WordPressテーマを選ぶにあたって最初の選択肢は、有料のテーマと無料のテーマ、どちらを利用するかです。

WordPressでは膨大な数の無料のテーマが公開されています。
好みのデザインを選びたいのであれば、断然、無料のテーマがオススメです。

ただし、クオリティはピンからキリまであり、中にはかなり質の低いものが混在していることもあります。

それに対して、有料のテーマは品質が安定しているのが特徴です。
デザインの完成度が高いのはもちろんですが、機能面においても細部まで神経が行きた届いたものが多く、マニュアルやフォーラムでのサポートも充実しています。

有料のテーマの価格はおおむね5000円〜2万円程度。
安い買い物ではありませんが、アフィリエイトなどで収益化を想定しているサイトであれば、利益で元手を回収するのは難しくない金額です。

両者の特徴を踏まえて考えるなら、ブログの初心者であれば、まずは無料のテーマを選び、テーマを使いこなす練習から始めるべきかもしれません。

ブログを始めたての頃は、デザインをいろいろと変えてみたい時期でもあるため、無料のテーマで気になったものを片っ端からインストールして、実際に利用する上での利点や不便を体験してみるべきでしょう。

ブログの運営にある程度慣れてくると、見た目よりもパフォーマンスが気になりはじめます。
その時になってから、有料のテーマに切り替えても遅くはありません。

両者の長所と短所を正しく把握するためにも、無料のテーマをある程度使ってから、有料のテーマを選択することをオススメします。

もうひとつの選択肢として、国産テーマと海外産テーマがあります。
テーマの種類は海外産の方が圧倒的に多く、大胆なデザインや派手な色使いのものが多い印象です。

それに対して国産テーマは、使いやすさにフォーカスしたものが多く、デザインはシンプルで無難にまとめられている傾向があります。

国産と海外産、どちらのテーマを選んでもいいのですが、海外産テーマは日本語によるサポートがない点には注意しましょう。
マニュアルもフォーラムも全て外国語です。

また、外国語のフォントを前提にデザインされているため、日本語の表記が馴染まないケースがあります。

トラブルを自己解決する能力と覚悟があれば問題ありませんが、そうでなければ国産のテーマを選ぶのが無難でしょう。

合わせて読みたい

初心者はこれだけ覚えよう!WordPress使い方の基本

WordPressテーマの選ぶ際の5つのチェックポイント

ここではWordPressテーマを選ぶ際に、チェックしたい5つのポイントを解説します。
デザインが大事なのはもちろんですが、それ以外にも抑えておくべき機能がいくつもあります。

下記の5つの条件を完全に満たすテーマを見つけるのは難しいかもしれませんが、テーマを検討する際の優先事項に加えてみてください。

デザイン

テーマの機能の根幹はデザインの変更にあり、ブログの外観がどのような見た目になるのかは、やはり重要です。

形や色の美しさはもちろんですが、トップバナーやサイドバーなどのインタフェースの配置は、ブログの使いやすさに直結しています。

デザインが優れていて、なおかつ使いやすさを兼ね備えたものを選びましょう。

検索エンジン最適化

テーマの中にはSEOの効果を謳っているものがあります。
検索エンジンへの最適化を重視するなら、そういったテーマを選ぶのもアリでしょう。

もっとも近年はカテゴリページ、メタディスクリプション、パンくずリストといった、検索エンジンが重視する機能については標準で対応しているテーマがほとんど。
テーマ間でSEOの効果に決定的な違いは生まれにくくなっています。

上記の機能のほかには、軽量で表示速度が速いテーマもSEOでは有利になります。
挙動の軽さはテーマを選ぶ際の盲点になりがちなので、忘れずにチェックしましょう。

レスポンシブデザイン対応

レスポンシブデザインとは、デバイスの画面サイズに合わせてブログが自動的に変形する仕組みです。

例えばブログをパソコンで開くと、サイドバーは画面横に表示されますが、スマートフォンで開いたときは、サイドバーがメインカラムの下部に移動して、縦方向に延長されたページが表示されます。

ブログを構成するパーツが、画面にピッタリと収まるように動く、可変式の構造になっているわけです。

最近のテーマはほとんどがレスポンシブデザインに対応していますが、テーマを選ぶ際は念のために確認しておきましょう。

子テーマ対応

テーマを独自にカスタマイズするつもりなら、子テーマへの対応が重要なポイントになります。

WordPressテーマでは、コードを自由に書き換えられますが、テーマがアップデートされると、変更は全て初期状態に戻されます。

それを避けるためには、テーマの下層に「子テーマ」を作成します。

子テーマのコードは親テーマに優先して反映されるため、子テーマのコードを書き換えてブログのデザインを変更すれば、親テーマがアップデートされても、デザインの変更は維持されるわけです。

子テーマは自力で作成することもできますが、テーマを分割する面倒な作業が必要になります。

テーマの中には最初から子テーマに対応したものがあるので、テーマのカスタマイズを考えているならそちらを選びましょう。

公式マニュアル

WordPressテーマの中には、高度な機能を備えたものがあり、管理画面を見ただけでは使い方が分からないことがあります。

そういったテーマに公式のマニュアルが付属しているかどうかは、テーマを使いこなす上で重要なポイントです。
マニュアルがあるということは、アフターケアが充実しているということでもあります。

公式マニュアルの有無の確認は、長く使い続けられるテーマかどうかを見極めることにもなるでしょう。

合わせて読みたい

【重要度別ガイド】WordPressインストール後の初期設定

WordPressでおすすめの無料テーマ

ここではWordPressテーマで、特におすすめのものを紹介します。

以下に挙げたテーマは、いずれも無料で国産のもの。
数あるWordPressテーマの中でも特に人気のある定番となっています。

他のテーマの良し悪しを判断する際の基準となりうるテーマなので、まずはこれらからインストールしてみましょう。

Cocoon

アフィリエイトサイトを中心に、熱烈な支持を集めるテーマが「Cocoon」です。

テキスト中心のデザインを標榜するだけあって外観はシンプルですが、吹き出し表示、補足説明のボックス、商品ランキング、ブログカードなど、アフィリエイトブログでおなじみの機能が目白押しです。

また、バナー広告関連の機能が充実しているのも特徴で、簡単なコードの操作で広告の配置を変えたり、広告の種類を切り替えたりできるようになっています。

Amazonや楽天市場のアフィリエイトのタグの挿入にも対応しています。

価格 無料
SEO対策
レスポンシブ
子テーマ
公式マニュアル

Luxeritas

軽さと速さを特徴とするテーマです。

Googleが提供する計測サイト「PageSpeed Insights」で、モバイルとパソコンの両方でスコア100を達成(プラグインを未導入の状態)。
ブログの表示速度に関しては、他のテーマの追随を許さない次元にあります。

Cocoonほどの多機能性はないものの、レスポンシブデザインや子テーマへの対応など、機能面においても必要十分なレベルにあり、ブログの運用で不満を感じることはほとんどないでしょう。

外観は単色を中心に構成されたスクエアなデザインで、ブログに落ち着いた雰囲気をもたらしてくれます。

デザインや機能もそうですが、何よりブログの軽さにこだわりのある人に向いているテーマでしょう。

価格 無料
SEO対策
レスポンシブ
子テーマ
公式マニュアル ×

Simplicity2

Simplicity2は「シンプリシティ」の名の通り、徹底して無駄を省いた機能美のデザインが特徴です。

ブログの基本原則に則ったシンプルなUIを採用していますが、その中身は充実していて、SEO対策、レスポンシブデザイン、子テーマといった需要の多い機能にしっかり対応しています。

SNSや外部ツールとの連携に力を入れているのも特徴で、TwitterやFacebookのみならず、LINE、はてなブックマーク、EvernoteやFeedlyにまで対応。ボタンを押すだけでブログの記事を外部のサービスに送り込めるようになっています。

CSSがシンプルな構成で、コードを改変してのカスタマイズが行いやすいのも便利。装飾や機能が過剰なテーマが多い中で、本当に重要な機能を寄りすぐって搭載したテーマといえるでしょう。

価格 無料
SEO対策
レスポンシブ
子テーマ
公式マニュアル ×

合わせて読みたい

ブログで検索エンジンの上位表示を狙う方法

まとめ

今回は、WordPressテーマの選び方とオススメについて解説しました。

テーマの選定は、服を着替えるようにブログのデザインを変えることができる、ブログの初期設定の中ではもっとも楽しい作業のひとつでしょう。

本記事で解説したように、機能の充実も大事ですが、最近は無料のテーマの高機能化が著しく、機能面での差別化は難しくなってきています。

ブログのデザインは、ユーザーの使いやすさを左右するだけでなく、書き手のモチベーションの維持にも貢献します。
気に入ったデザインを選ぶことは、ブログを長続きさせる上でも重要でしょう。

テーマの入れ替えは無制限に行えます。
気が済むまで試して、本当に気に入ったテーマを見つけましょう。

ブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。
ブログに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

ブログに使うドメインを
今すぐ取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定!
ここからお申込みでドメイン登録料金無料
お申込みはこちら

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内N.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /ドメインを今すぐ取得